ゼウスwifi

この記事のまとめ
2020年4月1日に販売が開始されたゼウスWiFi。
速度制限なしでインターネットが使い放題である点が魅力です。
「神コスパ」のキャッチコピーが印象的な広告でも話題になっていますね。
ゼウスWiFiの使い勝手や速度、メリット・デメリットとは?
hikaritayasushi

ゼウスWiFiは、今話題の無制限Wi-Fiの一つです。
安くて使い放題のポケットWi-Fiとして注目を集めていますが、
「本当に使えるの?」
「評判はどうなの?」

というところが気になりますよね。

このページではゼウスWiFiのサービスを徹底調査!
メリット・デメリットについて、詳しく解説します。

ゼウスWiFiの特徴・メリット

ゼウスwifi メリット
ゼウスWiFiは、今流行りの無制限ポケットWi-Fiです。
最近は、無制限ポケットWi-Fiサービスが数多く登場していますが、他のサービスに比べてもお得に利用できる料金設定になっています。
それでは、具体的にゼウスWiFiの特徴を説明していきます!

料金が安い

まずゼウスWiFiの大きな特徴は、料金が安い点。
ポケットWi-Fiを使いたい人には嬉しいプラン内容になっています。

 月額料金
初月(日割りでの計算)3,480
2ヶ月目~6ヶ月目2,980
7ヶ月目~24ヶ月目3,280
25ヶ月目以降3,480

初月は日割り計算をしてくれるので、月の途中でも損することなく契約できます。
ただし、上記の料金は、「ゼウスWiFiデビューキャンペーン」適用時のものです。
キャンペーンが終了すれば、はじめから3,480円/月となりますので、キャンペーン期間中に申し込むことをおすすめします。
ゼウスwifi 料金

速度制限なしで使い放題

従来のポケットWi-Fiサービスでは、「使い放題プラン」でも、3日間決まったデータ容量以上使ってしまうと、速度制限がかかっていました。
ところがゼウスWiFiは、速度制限がなく、インターネットが使い放題となっています。
つまり、月間何ギガバイトまでという制限も、3日間の通信量制限もなしで利用できるということです。

ゼウスWiFiを使っていれば、WiFi環境のない外出先でも安心して、動画が見られます。

3キャリアの回線を利用できる

ゼウスWiFiでは、クラウドSIMという仕組みを採用しています。
クラウドSIMでは、以下の3キャリアの回線を利用することが可能となっています。

  • ソフトバンク
  • au
  • ドコモ

通信できる範囲が広いため、どこでも繋がりやすいということ。
ゼウスwifi クラウドsim
しかも、状況に応じて最適な回線に自動で切り替えてくれるため、通信速度が安定しやすいのもメリットです!
料金設定が安い上に、繋がりやすいのは魅力的ですよね。

海外でも利用可能

ゼウスWiFiが利用できる範囲は、日本国内だけではありません。

なんと海外でも利用できるようになっているのが、ゼウスWiFiのもうひとつのポイント!
海外旅行をよくしているなど、インターネットの利用範囲が広い人にはちょうどいいポケットWi-Fiサービスですね。

とはいえ、海外で利用するとなると、料金にも違いが出てくるので注意しましょう。

ゼウスWiFiのデメリット

上では、ゼウスWiFiのメリットを紹介しましたが、デメリットも事前にしっかり確認しておくことが重要です。

良くない点もしっかり把握した上で、ご自身に合っているか?検討してみてください。

2年契約の縛りがある

ゼウスWiFiは、2年契約が必須となっています。
ゼウスWiFiに限らず、ほとんどのインターネットサービスは、契約期間の縛りがあるため、ゼウスWiFi特有のデメリットとは言えませんが、早めに解約する予定がある人は注意しましょう。

契約期間2年間
違約金2年未満:9,500

契約更新月:0

2年目更新月以降:9,500

4年目契約更新月:0

契約更新月に解約すれば、特に料金が発生しませんが、それ以外の月に解約すれば、9,500円余分に請求されてしまいます。

無駄な料金を支払いたくない人には、更新月をしっかり把握して乗り換え準備をしておきましょう。

7ケ月目から料金が高くなる

もともとゼウスWiFiは、かなり料金が安いサービスになっています。
ただし、7ケ月目から、料金が高くなっていくので、その点は把握しておいた方がいいでしょう。

6ケ月目までは2,980円ですが、7ケ月目から3,280円となり、25ヶ月目以降は3,480円になります。

「いつの間にか料金が高くなっている…」ということにならないように、料金設定をしっかり確認しておいてください。

レンタル型なので契約終了時に返却が必要

ゼウスWiFiは、端末レンタル型のサービスとなっています。

そのため、契約が終了した時点で、返却する義務が発生します。

以下のものが必要になってくるので、契約して端末が届いた時には、個装箱などの必要なものはしっかり保存しておきましょう。

契約終了時に必要なもの・レンタル端末本体

・個装箱

紛失・故障時弁済費18,000

上記のように、もし欠品があった場合は、別料金を支払って弁償しないといけません。
この料金も高額になっているので、注意して使うようにしましょう。

ゼウスWiFiを実際に使ってみたレビュー

ここからは、筆者が実際にゼウスWiFiを利用してみた感想をありのままお伝えしたいと思います。
体験したからこそわかった、ゼウスWiFiのメリット・デメリットについても紹介しますので、チェックしてみてください。

まず、ゼウスWiFiを申し込みして送られてきたのは以下のセットです。
箱の中に端末と説明書、充電ケーブルが入っていました。
ゼウスwifi セット内容
個人的には、真っ白な箱がおしゃれで開封の時テンションが上がりました♪

検証①:ゼウスWiFiの速度はどう?実測値は?

ポケットWi-Fiを契約するにあたって、1番気になるポイントが実際の速度ではないでしょうか。
そこで、ゼウスWi-Fiの速度を色々な時間帯に測ってみました。
結果は、以下の通りです。

下り(ダウンロード)上り(アップロード)Ping
6時台6.52Mbps8.38Mbps68.0ms
8時台20.7Mbps14.5Mbps83.0ms
10時台24.1Mbps13.8Mbps59.0ms
12時台14.6Mbps10.7Mbps55.0ms
15時台13.1Mbps12.6Mbps51.0ms
17時台11.2Mbps6.78Mbps54.0ms
19時台14.2Mbps1.05Mbps63.0ms
21時台19.2Mbps18.3Mbps53.0ms
23時台18.8Mbps4.8Mbps71.0ms
25時台21.7Mbps5.85Mbps75.0ms
平均16.41Mbps9.67Mbps63.2ms

下り(ダウンロード)速度は、6.52Mbps~24.1Mbps、平均16.41Mbps。
上り(アップロード)速度は、4.8Mbps~18.3Mbps、平均9.67Mbps。

Pingは、51.9ms~75.0ms、平均63.2msという結果になりました。

下り速度は、測定値に少しばらつきがありましたが、ほとんど10Mbpsを超す速度が出ていたので、ポケットWi-Fiとしては及第点と言えそうです。
上り速度は、少し遅めですが動画のアップなどをあまりしない人なら、それほど不便に感じることはなさそうです。

検証②:ゼウスWiFiでオンラインゲームはできるのか?

ゼウスWiFiでオンラインゲームができるのか?を検証したところ、これについては「ゲームによる」ということがわかりました。
私がやってみたのは、「ぷよぷよクエスト」と「Call of Duty」「マリオカート」です。

「ぷよぷよクエスト」と「Call of Duty」は、スムーズにプレイすることができました!
「Call of Duty」は、以前他社のポケットWi-Fiで速度が遅くて止まってしまったことがあったので、今回快適に遊べて、嬉しく思いました。

しかし、「マリオカート」でオンライン対戦をしてみたところ、うまく遊べませんでした。
ゲームはなんとかできるのですが、カクカクとした動きになり、カートがなかなか進まず、対戦結果は最下位に・・・。

オンラインゲームでの利用は外せない!という方は他のインターネットを選ぶ方がいいでしょう。

そもそも、ポケットWi-Fiのサービス自体、あまりオンラインゲームに向いていないので、本気でオンラインゲームをやりたいという方は、光回線を検討してみてくださいね。

検証③:動画の視聴はスムーズ?4K動画も見られる?

ゼウスwifi 4K動画
YouTubeなどで、動画の視聴をよくするという人は、「動画は快適に見られるの?」という点が気になりますよね。
結論から言えば、ゼウスWiFiは動画もサクサク視聴できる速度であることがわかりました。
検証のため、特にデータ通信量がかかる4K動画を再生してみましたが、どの動画もスムーズに見ることができましたよ。
動画の視聴に関しては、心配いらないでしょう。

検証④:外出先や地下鉄でも快適?

ゼウスwifi 地下鉄外出先で測定してみたところ、比較的速い速度が出ました。
遅くなるということは全くなく、むしろ外出先の方が得意な印象を受けました。
↓外出先での測定結果↓

下り(アップロード)20.6Mbps
上り(ダウンロード)20.7Mbps
Ping57.0ms

続いて、電車・地下鉄ではどうか?試してみました。
地下に入ると繋がりにくくなるタイプのポケットWiFiもありますが、地下鉄でも変わらない速度が出ました。
4K動画の視聴もスムーズに楽しむことができましたよ。
ゼウスWiFiは、外出先で利用したい方にもおすすめできるサービスだと言えそうです。
↓地下鉄での測定結果↓

下り(アップロード)15.8Mbps
上り(ダウンロード)9.91Mbps
Ping49.0ms

検証⑤:複数の端末を繋いでも快適?

ゼウスWiFiをお家のインターネットとして複数端末を繋げて使いたい!という方もいるかもしれませんね。
そこで、実際に家族のスマホを順番に繋いで、何台まで快適に使えるか検証してみました。
4K動画を一斉に流してみたところ、4台までは快適に視聴できましたが、5台目から動画が時々止まってしまいました。
(以下の写真、中央下側の端末で、動画が止まってしまっています。)
利用方法や端末のスペックによっても変わると思いますが、だいたい4端末くらいなら繋いでも快適に利用できそうです。
ゼウスwifi 複数台

検証⑥:電波強度はどう?1階に置いたまま2階で使える?

ゼウスwifi 電波強度
ゼウスWiFiの端末がきちんと電波を受信できているか?は、画面上部の「4G」と表示されたところを見ればわかります。
電波はほとんどのタイミングで4本中3本立っていたので、安定していると言えそうです。

1階に置いたまま2階で使えるのか、検証してみたところ、これに関してはあまりいい結果が出なかったです。
動画を見ると途中で止まってしまい、快適に見ることができませんでした。
ゼウスWiFiの端末を近くに置いて利用する分には問題ありませんが、1階から2階など離れた場所で使うのはあまりおすすめできません。

検証⑦:他社サービスと比べて実測値はどう?

ゼウスWiFiが他のインターネットサービスと比べて速度が速いのか?遅いのか?を知るために、速度測定結果を比較してみました。

光回線(NURO光)と比べてどう?

光回線と比べてどれくらい差が出るのか、調査した結果は以下の通りです。

ゼウスWiFi下り:14.5Mbps
上り:4.39Mbps
Ping55.0ms
光回線(NURO光)下り:24.2Mbps
上り:68.7Mbps
Ping24.0ms

上記の表は同じ環境で、スマホ端末の速度を測定した結果です。
光回線の下り速度は、ゼウスWiFiの約1.5倍出ることがわかりました。
そして、差が大きかったのは上りの速度です。
光回線の下り速度は、ゼウスWiFiの15倍出ていました。

Pingは、値が小さいほど安定しているということなので、これに関しては倍ほどの差となりました。
とはいえ、下り10Mbps以上あれば、動画の視聴やホームページの閲覧などでほとんど問題になることはありません。
オンラインゲームをする方や大容量データのアップロードをする方は光回線の方が適していますが、それ以外の方はゼウスWiFiでも快適にネットを利用できるでしょう。

他のポケットWiFiと比べてどう?

続いて、ゼウスWiFi以外のポケットWiFiと比較した時はどうなのか?について検証した結果を紹介します。

ゼウスWiFi下り:16.41Mbps
上り:9.67Mbps
Ping:63.2ms
他社ポケットWi-FiFS030下り:22.74Mbps
上り:12.16Mbps
Ping135.73ms
他社ポケットWi-FiG4下り:14.26Mbps
上り:24.72Mbps
Ping81.81ms

※数値は、測定結果の平均値
このように、他社のポケットWiFiと比べると平均的な速度であることがわかります。
下り速度で言えば、他社のポケットWiFiサービスでよく提供されているFS030が1番速いという結果になりました。
ただ、Pingに関してゼウスWiFiは比較的優秀であることがわかります。
光回線を引くのが難しく、オンラインゲームを時々楽しみたいような方はゼウスWiFiを選ぶといいでしょう。

実際に使ってみて感じたメリット・デメリット

ゼウスwifi レビュー
ここからは、ゼウスWiFiを実際に使ってみてわかった、メリット・デメリットを紹介します!

メリット

端末が使いやすく、操作がしやすい

ゼウスWiFiの気に入った点は、端末が使いやすく、操作が簡単であるということです。
画面がない端末だと、本当に繋がっているのか?電波は来ているのか?気になってしまいますが、ゼウスWiFiは画面も見やすく、直感的に操作できる点がよかったです。

また、データ節約設定や接続端末のブロック機能もあり、機能性に優れていると感じました。
データ節約設定をONにすると、大超量のデータ消費を抑えることができます。
また、接続端末は「接続状況」から確認でき、繋げたくない端末はブロックできるので、セキュリティの面でも安心感がありました!
ゼウスwifi ブロック

起動が比較的速い

ゼウスWiFiは、電源を入れてから起動するまでの時間が速いです。
他社のポケットWiFiだと、起動に4分以上かかり、ストレスを感じた経験があるのですが、ゼウスWiFiは30秒以内に立ち上がってくれるので、困ることがありませんでした。
使いたい時にすぐ使えるのは嬉しいポイントですね。

デメリット

速度は他社に比べて速くはない(特に上り)

ゼウスWiFiの速度は、他社に比べて特別速いというわけではありません。
ポケットWi-Fiとしては、平均的な速度でした。
特に上り速度は遅めなので、メッセージツールに写真を複数枚、同時にアップするとエラーになることもありました。

とはいえ、ほとんどの場合下りは10Mbps以上をキープしており、安さ・気軽さにおいては、非常に優れたサービスですので、動画や写真のアップをあまりしないライトユーザーの方にはおすすめできる端末だと思います!

ゼウスWiFiの最大通信速度と端末スペック

ゼウスWiFiを実際に使うとなると、どの程度の通信速度なのか気になりますよね?
それを知るために、まずはゼウスWiFiの端末のスペックを確認してみましょう。
ゼウスwifi 端末スペック

モデルH01
チップセットQualcomm MSM8909
周波数帯LTE-Fdd Band1/2/3/4/7/5/9/12/13/17/18/19/20/26/28
LTE-Tdd Band34/38/39/40/41
WCDMA Band1/2/4/5/8
GSM850/900/1800/1900 MHz
WAN標準IEE802.11b/g/n
最大通信速度下り150Mbps / 上り50Mbps
PortType-CInput DC 5V-1A5V-2A
連続使用時間最大10時間
バッテリー容量2700mAh Li-ion Battery
サイズ126×64×13mm
重量130g
ディスプレイ2.4inch
解像度QVGA(240320)
SIMスロットNano SIM slot×1
同時端末接続数最大10台まで(推奨:5台まで)

通信速度に定評があるWiMAXと比較すると、ゼウスWiFiの最大通信速度はそこまで速くありません。
ただし、他社の無制限ポケットWi-Fi端末と比べると、ほぼ同じスペックです。

ちなみに、連続使用時間や重さなどのスペックも、大差がありません。

無制限のポケットWi-Fiを検討中の方であれば、他社とほぼ同じスペックなのに、料金設定がお得なゼウスWiFiを選ぶ意味が十分あります。

ちなみに最大接続台数が10台というのも、他のWi-Fiサービスにはあまりありません。
推奨は5台となっていますが、どうしてもたくさんの端末を接続したいという場合には、10台まで接続することができますよ。

ゼウスWiFiの口コミ・評判

ここまで、ゼウスWiFiの特徴やスペックを見てきて、魅力を感じる人もいれば、まだまだ不安が残る人も多いでしょう。

そこで気になってくるのが、ゼウスWiFiの口コミ・評判ですよね。
ところがまだサービスを開始して間もないため、ゼウスWiFiの口コミはほとんどありません。

ですが、通信速度は下りで最大150Mbpsの端末であれば、普通に使っていて申し分ない速度が出るでしょう。

料金も最安値レベルで、人気サービスになると予想されます。

いい評判ばかりになれば、おそらくたくさんの人がゼウスWiFiを使い出すため、さらにこの流れが加速する可能性も考えられます。
ポケットWi-Fiサービスでは、加入者が増えすぎて、端末の発送が遅れるような場合もあります。
ゼウスWiFiが気になる人は、早めに契約しておくべきですね。

ただし、悪い評判として、「繋がりにくい」という声も出てくると予想されます。
これはゼウスWiFiに限らず、ポケットWi-Fiサービスではよくある口コミですね。
いくらクラウドSIMを利用しているゼウスWiFiでも、場所によっては繋がりにくくなることもあるでしょう。

例えば、以下のような場所だと、ゼウスWiFiは繋がりにくくなる可能性はあります。

  • 鉄骨の建物の周辺
  • 地下のようなコンクリートで閉ざされた空間
  • 電波が届きにくい山奥
  • 海の近くや海上

電波の繋がりが悪い場合は、少し移動するなどして、通信しやすい環境を探すようにしましょう。

他社と比べてどうなの?

ゼウスwifi 他社と比べてどうなの?
ゼウスWiFiは、他のサービスよりお得だと紹介してきましたが、どの程度お得なのか知りたい人も多いでしょう。
そこで他社のポケットWi-Fiサービスの料金を、具体的に比較してみました。

申し込み窓口★ゼウスWiFiTHE WiFiそれがだいじWiFiGMOとくとくBB WiMAXBroad WiMAXMugen WiFiどんなときもWiFiどこよりもWiFiめっちゃWiFiよくばりWiFi限界突破WiFi縛りなしWiFiSAKURA WiFiNOZOMI WiFiFuji WiFiSPAXE Wi-FiY!mobile
2年間合計77,420円91,484円76,320円101,004円80,494円78,720円83,520円78,720円83,520円</td82,800円82,500円84,000円88,320円101,480円89,000円97,980円105,120円
初期費用3,000円3,000円3,000円3,800円0円3,000円3,000円3,000円3,000円3,800円0円3,000円3,000円7,960円2,000円0円3,000円
違約金2年未満:9,500円
契約更新月:0円
2年目更新月以降:9,500円
4年目契約更新月:0円
2年未満:9,800円
契約更新月以降:0円
3年未満:9,500円
契約更新月以降:0円
※端末代も加算
2年未満:24,800円
契約更新月以降:0円
更新月以降:9,500円
1年未満:19,000円
2年未満:14,000円
契約更新月:0円
更新月以降:9,500円
1年未満:9,000円
2年未満:5,000円
更新月以降:0円
1年未満:19,000円
2年未満:14,000円
契約更新月:0円
それ以降:9,500円
2年未満:9,000円
契約更新月以降:0円
2年未満:9,000円
契約更新月以降:0円
1年未満:18,000円
2年未満:12,000円
契約更新月:0円
それ以降:9,500円
2年未満:18,000円
契約更新月以降:0円
更新月以降:5,000円
0円0円0円0円0円3年未満:9,500円
サポートあんしんオプション:400円安心サポート:300円
安心サポートワイド:500円
それがだいじ安心パック:500円(初月無料)安心サポート:300円
(最大2ケ月無料)
安心サポートワイド:500円
(初月無料・2ケ月目200円)
安心サポートプラス:550円
Mybroadサポート:907円
補償オプション:500円
次月利用オプション:0円
あんしん補償:400円機器補償サービス:400円端末補償:500円端末補償:500円安心サポート:500円補償サポート:500円端末補償:350円安心サポート:300円(必須)端末補償:500円故障安心パック:500円
キャリアソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクau WiMAXau WiMAXソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクソフトバンクソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクソフトバンクソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
支払い方法クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード
口座振替
</td
契約期間2年2年3年2年2年2年2年1年/2年2年2年2年定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし3年

ゼウスWiFiは、他社サービスよりかなり月額が抑えられています。

7ケ月以降料金は上がるものの、2年間のトータル料金も最安値級。
使い放題ポケットWi-Fiサービスを、お得に使いたい人にはおすすめです。

ただし、2年以上使うとなると、月額料金は最安値にはなりません。
長期で利用する予定の人は、よく考えてから契約したほうがよさそうです。

ゼウスWiFiがおすすめできる人・おすすめできない人

ゼウスWiFiを使うメリットは、なんといっても2年間で1番料金がお得に設定されている点。

つまりおすすめする人は、2年で解約できる人です。
あとは使い放題プランを希望しているのなら、圧倒的にゼウスWiFiがいいですね。

おすすめの人2年で解約できる人

・速度制限を気にせず使いたい人
・外出先でも動画を見たい人

おすすめできない人・長期で利用したい人

2年以内で解約する予定の人
4K動画の視聴やオンラインゲームを頻繁にする人

2年で解約できない人は、ゼウスWiFiだと損をしてしまう可能性があります。
また、4K動画の視聴やオンラインゲームを頻繁にするというようなヘビーユーザーさんは、光回線の方が安心できるでしょう。

ゼウスWiFiの解約方法と違約金

ゼウスWiFiを使ってお得にインターネットを利用したい人は、解約の方法について知っておくべきでしょう。
そこで解約の方法について紹介しますね。

1.マイページから、解約手続きをする
2.箱に梱包して端末を返送

マイページのログイン画面は以下のようなものです。
ゼウスwifi 解約
これでゼウスWiFiの解約が完了です。
また解約する場合は、契約更新月を覚えておく必要があります。

2年未満で解約する場合はもちろん、更新月以外のタイミングでも、9,500円の違約金を払わないといけません。
損をしないように、契約更新月がいつなのか、メモを残すなどして忘れないようにしてくださいね。

ゼウスWi-Fiの使い方

ゼウスWiFiの使い方は簡単です。
ステップごとに説明するので、この通りに行えば確実に設定を完了させることができますよ。
確認してみてください。

①まずは、画面左上の「データ利用量SSID」をタップします。
ゼウスwifi 設定

②すると、画面の下の部分にWiFi名とパスワードが表示されます。
ゼウスwifi 設定画面

③繋げたい端末のWi-Fi設定画面から、「ZEUSWiFi」で始まっている該当のネットワーク名を選択し、②で確認したパスワードを入力すれば、接続完了です!
ゼウスwifi 端末接続

まとめ

ゼウスWiFiは速度制限が設けられていない、使い放題ポケットWi-Fiサービスです。
月額料金がお得になっているので、使い放題のポケットWi-Fiをお探しの方にはおすすめできます。

2年のトータル金額も他社に比べてお得なので、月々のインターネット料金を安くしたい方はぜひ検討してみてください!

 






この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら