「最近外でWi-Fiを使うことが多くなった。」そんな時におすすめなのがWiMAXです。
今やWiMAXのような手軽に使えるWi-Fiルーターは、外でネットを使う方にとって必要不可欠なものになっています。

しかし、「WIMAX」について検索するとよく似た「WiMAX2」というものも出てきます。
この2つは全くの別物ですが、正確な違いはあまり知られていません。

そこで、この記事ではWiMAX2の特徴やメリット・デメリットなどをご紹介!
WiMAX2を他社サービスとも比較しました。

この記事がWiMAX2を検討中の方の役に立てば幸いです。

WiMAX2とは?

WiMAX2とは、2013年からサービスを開始した移動型通信サービスの1つです。
正式名称は「WiMAX2+」ですが、通称「WiMAX2」と呼ばれています。

外出時などWi-Fiを利用したい時に、ルーターと呼ばれる小さな端末を持ち歩けば、そこに接続する形でpcやスマホをインターネット接続できる仕組みになっています。

WiMAX2はau系の通信回線!他のサービスは?

①au系(UQコミュニケーションズ系)WiMAX2

まずは本記事でご紹介しているWiMAX2です。
WiMAX2はUQコミュニケーションズが提供するサービス。

au系通信サービスではありますが、ほぼUQコミュニケーションズからauが借りている状態です。

②ポケットWi-Fi

WiMAX2を含めてポケットWi-Fiと呼ばれることも多いですが、実際にはauやdocomo、softbankなどのキャリア回線を使ってネットにつなぐもののことを指します。

③格安SIM

格安SIMもauなどから回線を借りて接続するネット回線です。

しかし、通信容量によって価格が異なるため、大量の通信容量を必要とする方には向いていません。
マップを使用する方やメールの送受信など、通信使用量の少ない方におすすめです。

WiMAXとWiMAX2の違いは?

WiMAXとWiMAX2の主な違いは通信速度です。
WiMAXは2004年からサービスを開始しましたが、さらなる高速化を図るためWiMAX2のサービスが開始されました。

現在WiMAXへの申し込みは終了しており、WiMAX2のみ契約できます。

WiMAX2の特徴は?

通信速度はどのくらい?制限はある?

まずはWiMAX2とWiMAXの通信速度を比較します。

下り 上り 通信制限
WiMAX 13.3Mbps 15.4Mbps なし
WiMAX2 588Mbps 30Mbps 3日間で10GB
(無制限の場合)

これを見るとWiMAX2は遥かに性能が良くなっていると言えますね。

通信可能エリアは事前にチェック!

WiMAX2の利用可能エリアは拡大しています。
しかし、山間部などはまだサービスの提供が遅れているため、契約前にUQコミュニケーションズのホームページから利用可能エリアを検索しておきましょう。

また、UQコミュニケーションズでは15日間お試しレンタル「トライWiMAX」というサービスを行っています。
つながるか不安な場合は、試しておくのがおすすめです。

WiMAX2のメリットは?

①WiMAX2のメリットは、通信費が安いこと!

WiMAX2の最大のメリットは通信費の安さです。
月額料金は契約するサービスにもよりますが3,000~4,000円で済む上、ギガ放題プランも選べます。

さらにauユーザーであれば「auマートバリューmine」という月額割引サービスも利用可能!
ケータイ代が月に最大1,000円も安くなります。

②WiMAX2のメリットは、通信速度が速いこと!

WiMAX2は最大708fMbpsの速さを誇るため、制限を気にせず動画などを視聴できます。
使い放題のプランを選べば、制限も気にすることなく、快適に利用できます。

動画のアップロードやオンラインゲームをする方、家族で使う方は、不十分に感じるかもしれませんが、そうでなければ十分な速さといえるでしょう。

③WiMAX2のメリットは、あらゆる端末に接続可能であること!

WiMAX2は、スマホ、PC、タブレットなど、さまざまな端末との接続が可能です。
WiMAX2さえあれば、インターネットに困ることはまずないでしょう。

接続方法も簡単で、端末が届いたらすぐにインターネットを使うことができますよ。

WiMAX2のデメリット・注意点とは?

①最大通信速度を期待してはいけない

よく見かける下り最大~という宣伝の魅力的な言葉。
実はこれは理論上出るであろう最大速度を書いているので、実際はこの20%~80%の速度になってしまいます。

これは、WiMAX2に限ったことではなく、インターネットサービス全般に言えることですが、最大速度での通信が可能だと思っていると、損をした気分になってしまうので気を付けましょう。

②まだ使えないエリアが存在する

WiMAX2の使えるエリアは拡大し、全国展開されているものの、まだ使えないエリアも多く存在します。
山間部や離島などで使用する場合は、事前にホームページで利用可能エリアを確認しておきましょう。

③WiMAX2のデメリットは、障害物に弱いこと

WiMAX2は壁などの障害物があると電波が届きにくくなります。
マンションや戸建てで窓がない、または仕切りが多い作りの家などは、その都度ルーターを持ち歩かなくてはならない場合があるため注意が必要です。

通信環境に不安がある場合は、15日間のお試しサービスを利用しましょう。

④WiMAX2のデメリットは、通信制限がある

使い放題のプランなら、1ケ月の通信量制限はありませんが、もう一つどうしても避けられない制限があります。
それが、短期間に大量の通信を行った場合にかかる通信制限です。

18時~深夜2時の間に3日間で10GBを利用すると利用制限がかかります。
ただ、この時間帯に10GBを超えるのは難しく、YouTubeなどを視聴する方やSNSを利用する分には全く問題ありません。

⑤WiMAX2のデメリットは、UQからの契約だと高い

WiMAX2はUQコミュニケーションズが提供している回線サービスです。
そのため、公式な契約先はUQコミュニケーションズですが、公式から契約をすると割高になります。

本家のUQコミュニケーションズの料金は以下の通りです。

  1. 制限なしのギガ放題:4,380円
  2. 通常プラン:3,696円

できるだけお得に申し込みしたいなら、UQからではなく、プロバイダからの契約がおすすめです。
実は、プロバイダは、UQコミュニケーションズの提供しているWiMAX2と全く同じものを安い料金やキャンペーンで販売しています。

つまり、プロバイダがWiMAX2を販売する代理店として名前を変えてサービスを提供していると考えるとわかりやすいです。
安いところだと、月2,000円代~利用できるところもあるので、チェックしてみてください。

WiMAX2を申し込み時に、おすすめの機種は?

速度が欲しいならW05

速度を求める方におすすめしたいのは「W05」です。

WiMAX2,WiMAX2プラス

通信速度が、下り最大558Mbpsと高速で、速度を求める方に人気があります。

長時間使いたいならWX05

バッテリーの持ちを重視したい方には「WX05」もおすすめです。

WiMAX2,WiMAX2プラス

速度は、W05が下り最大558Mbpsであるのに対し、440Mbpsと劣りますが、バッテリーの持ち時間は、W05が約6.5時間であるのに対し、約8時間となっており、長時間使いたい人におすすめです。

WiMAX2を契約するならプロバイダーがおすすめ

上でも説明した通り、WiMAX2は、公式のUQコミュニケーションズから申し込むより、プロバイダーと契約する方がおすすめです。
どのプロバイダーから申し込んでも、WiMAX2の通信速度や速度制限などは同じです。

ただ、プロバイダーごとにWiMAX2の利用料金や料金やサービスが異なるため、より安くサービスの充実しているプロバイダーを選びましょう。

プロバイダーとWiMAX2を契約するメリット

  • 独自の料金設定で公式よりも安く契約できる
  • キャッシュバックサービスがあるプロバイダーも多い
  • 支払うトータル金額が安くなる可能性が高い
  • 20日以内なら解約が可能である会社もある

WiMAX2のおすすめサービス徹底比較!

WiMAXの申し込みプロバイダーは多数あります。
ここからは特におすすめのプロバイダーを5つ厳選し、比較してご紹介します。

サービス名 月額料金 実質支払費用
GMO とくとくBB WiMAX 1~2ケ月目:3,609円(抜)
24ケ月まで:4,263円(抜)
25ケ月以降:4,263円(抜)
【2年の場合】
38,004円
(スマホ割最大1,000円込)

【3年の場合】
77,160円
(スマホ割最大1,000円込)

Broad WiMAX 最大3ケ月:2,726円(抜)
24ケ月まで:3,411円
25ケ月目以降:4,011円
79,495円
(スマホ割最大1,000円込)
So-net WiMAX 3年間:3,380円一律 88,680円
(スマホ割最大1,000円込)
BIGLOBE WiMAX 1・2ケ月目:2,695円(抜)
24ケ月目まで:3,380円(抜)
それ以降:4,380円
93,310円
(スマホ割最大)
UQWiMAX 3,696円 87,056円

1位:GMOとくとくBB

WiMAX2,WiMAX2プラス
比較表を見るとGMOとくとくBBが最もお得なのがわかります。
月額料金が安い上に、高額なキャッシュバックを受け取れるのが魅力。

GMOとくとくBBに申し込む場合は、キャッシュバックキャンペーンの申請を忘れないようにしましょう。
キャッシュバック額は、最大32,000円ですが、実は選ぶ機種などによりキャッシュバック金額が変わるので注意しましょう。

キャッシュバックの機種による金額の違い

本体のみ 本体+クレードル(充電台)セット
WX05 32,000円 29,000円
W06 32,000円
W05 32,000円 29,000円
L01 31,500円

端末は当日発送されるためすぐに使用できます。
他のプロバイダーと比べてトータルでの支払いが安いのも魅力です。

良い口コミ

悪い口コミ


https://twitter.com/izumi67k/status/1042897736285081600

良い口コミも悪い口コミも、キャッシュバックキャンペーンについての口コミが目立ちますね。
キャッシュバックはポイントさえおさえれば、きちんと受け取ることができますので、それほど心配する必要はありません。

キャッシュバックが受け取れるのは12ケ月後です。
11ケ月目にGMOからメールは来るものの、自分で申請を忘れてしまうと貰えなくなってしまう点に注意しましょう。
キャッシュバックについては以下の記事でも詳しく解説しています。

とくとくBBのキャッシュバックは、受け取りが難しすぎる!?確実にGETするには?

コストパフォーマンスを求めるなら、GMOとくとくBBが1番おすすめです。

2位:Broad WiMAX

WiMAX2,WiMAX2プラス

Broad WiMAXは月額料金を抑えたい方におすすめです。
業界の中でも安く契約できるため、根強い人気があります。

WiMAX2,WiMAX2プラス
             
さらに、どの端末を選んでもキャンペーン適応時なら端末代金が無料!
新しい端末を試してみたい方にもおすすめです。
キャンペーン適応の条件は最安値プランに申し込むことと、クレジットカード払いで毎月の支払いをすることです。

また、契約時に有料オプションに加入しなければいけないなどのデメリットもあります。
無料期間中に有料オプションの解約を忘れてしまうと、結局高くなってしまうので注意が必要です。

良い口コミ

悪い口コミ

3位:So-net

WiMAX2,WiMAX2プラス

他のプロバイダーは大体、初月と2ケ月目までが安く設定されており、その後は通常金額となる場合が多いですが、So-netは、3年間月額料金が変わりません。
月額料金だけを見るとそれほど安くはありませんが、3年間料金が値上がりしないためトータルすると安く済みます。

ただ端末の到着が3日~10日と、やや遅めであることがデメリットです。

良い口コミ

悪い口コミ

4位:BIGLOBE WiMAX

WiMAX2,WiMAX2プラス
BIGLOBEは実績のある老舗プロバイダーです。
魅力的なのは口座振替の支払いができる点。
クレジットカードを利用したくない方にもおすすめです。

ただ、口座振替の場合は月額が上がってしまう点と、キャッシュバックの仕組みが少しわかりにくいのがデメリット。
また2年以内に解約すると高額な違約金がかかるため中途解約の可能性がある場合はおすすめできません。

良い口コミ

悪い口コミ

サービスも通信も良い口コミが多く、おすすめです。

5位:UQWiMAX

WiMAX2,WiMAX2プラス
WiMAX2本家のUQコミュニケーションズ。
先ほどもご紹介した通り、月額は一番割高です。

メリットとしては公式ブランドであるため安心感を得られること。
他にはキャンペーン次第で商品券を貰えることもあるので、チェックが必要です。

良い口コミ

悪い口コミ

まとめ

WiMAX2はプロバイダーから契約するのがおすすめです。

さまざまなプロバイダーがありますが、1度契約をすると2~3年間使用し続けることになるため、契約前にそれぞれのプロバイダーのメリットとデメリットとを検討しておくのがおすすめ。

どのプロバイダーと契約してもWiMAXの性能は同じなので、プロバイダー独自のサービスに注目して選びましょう。