自宅のみならず外出先でも気軽にネットを使いたいという方に人気のUQコミュニケーションズ社のモバイルwifiルーターの「wimax」。
利用されている方や検討中の方も多いのではないでしょうか。

今回は、wimaxで快適にインターネットを利用する方法について詳しく解説します。

特にwimaxの速度制限について、注意点や回避方法、速度制限がかかってしまった場合の解除方法や通信状態について徹底調査しました。
速度制限がないwimaxのプランもあるのかも併せて紹介いたします。

wimaxを検討中の方は、是非参考にしてみてくださいね。

wimaxの速度制限の種類

WiMAXはモバイルルーターの種類の中で、人気がある機種のひとつです。
高速通信ができて安定していることから、たくさんの方が利用されています。

ただし、WiMAXにもスマホと同じように速度制限が設けられているので、1ヶ月の通信が規定量を超えないように注意が必要です。

では、まずWiMAXで速度制限がかかる条件について見ていきましょう。

月間で7GBの制限

WiMAXの料金プランには「ギガ放題」と「ライトプラン」の2種類ありますが、ライトプランの場合は月間で7GB以上使うと、速度制限がかかります。

WiMAXを使って動画を見ない方であれば、1ヶ月で7GBもあれば十分でしょう。
ところがもし速度制限になってしまうと、かなり速度が遅くなります。

速度制限の詳細

WiMAXの速度制限がかかると128kbpsまでスピードが落ちます。
128kbps とは、LINEくらいしかできない程度のスピードです。

もともとの通信速度は光回線にも劣らないWiMAXですが、速度制限がかかると、ほとんどネットを利用できません。
速度制限は月初めに解除されるため、もし月の上旬に制限がかかってしまうと、長い間ネット利用が不便になります。

ライトプランで契約される方は、動画の視聴を制限するなど、月の通信料が7GBを超えないよう注意してください。

3日間で10GBの制限

1ヶ月の通信料に上限がない「ギガ放題」にも速度制限がかかる条件があります。
連続する3日間の通信料が10GBを超えると制限がかかるので、長時間動画を視聴する方は注意しましょう。

速度制限の詳細

ギガ放題プランで速度制限にかかってしまうと、ライトプラン同じように128kbpsまで速度が落ちるわけではありません。
ギガ放題プランは「使い放題」のプランなので、速度制限がかかった場合でも、スピードは1Mbpsです。

これくらいの速度制限なら、画質をおさえたyoutubeの動画を見られるでしょう。

ギガ放題プランなら、速度制限にかかったとしても利用者に極端な負担がかからないため、WiMAXが人気になっている理由ですね。

au 4G LTEを使った場合の制限

WiMAXには、auの電波を使ってさらに高速通信できる機能があります。

通常の機能で問題なく使えている方には不要ですが、山間部などの通信が不安定になってしまうところだと、利用したい機能です。
一時的な利用で役立つため、旅行の時などに設定しておけば、ストレスなく通信ができるでしょう。

ところが、この機能を利用中に速度制限にかかってしまうと、残りの日数を超えるまでがとても不便です。

速度制限の詳細

au 4G LTEにも「月に7GB」までという通信量の制限があり、7GB以上使用すると速度制限がかかります。
速度制限がかかると、ライトプランと同じく速度が128kbpsになるので注意しましょう。

au 4G LTEを利用するには、オプション料金として月額1,005円が必要(3年契約プランを除く)なので、追加料金を支払ったうえに速度制限にかかるのは勿体ないですよ。
旅行で使うのならスマホなどを触るのではなく、他のもので時間を潰すなどして、なるべく通信の容量を残していく努力が必要でしょう。

wimaxの速度制限がかかってしまった場合の解除方法

先に説明したように、WiMAXの速度制限がかかると、今までの速度に比べてかなり遅くなります。
ネットを利用する際にストレスがたまるので、誰でも制限を解除したいと思うでしょう。

そこで、WiMAXの速度制限を解除する方法がないのか調べてみました。

解除方法はない(制限解除を待つのみ)

結論から言うと、WiMAXの速度制限は解除できません。
というのも、WiMAXの制限が設けられている理由は、たくさんの人が利用しすぎて、回線がパンクしないようにするためだからです。

無線で接続しているWiMAXでも、たくさんの人が同時に通信をしていると、道路と同じで渋滞が発生してしまいます。
そして、渋滞が大規模になると通信ができなくなり、WiMAX利用者全員に迷惑が掛かるのです。

WiMAXはそのような事態を防ぐ意味で速度制限を設けているため、速度制限を簡単に解除できないようにしているのでしょう。
そのため、速度制限を解除するためには、とにかく待つしかありません。

地道に制限が解除されるまでは、WiMAXを使わずに置いておきましょう。

制限の時間は限定的

速度制限がかかると、基本的に終日インターネットの速度が落ちることになります。
ただし、ギガ放題プランの場合は、速度制限が夜の6時から夜中の2時までに限定されます。

この時間帯はたくさんのユーザーが通信するため、回線の混雑を避けるために速度が落とされてしまうようです。

wimaxの速度制限の注意点・回避方法

続いては、WiMAXを利用する際の速度制限回避法をご紹介します。
簡単に実践できる方法なので、ぜひ試してください。

通信量の大きいアクションを把握

WiMAXの速度制限を回避するには、通信量の大きいアクションを把握することが大切です。
通信量とはデータ容量のことで、同じ時間の使用でも、ネットの利用方法によってはかなり差が出ます。

特に、動画の視聴は通信量を消費しやすいので注意しましょう。
くに、youtubeで動画を見ていて、速度制限にかかるケースが多いようです。

youtubeは、見ていて面白い上に、場合によっては自動再生されます。
そのため、画面を見ていない状態でも自動で動画が再生され、いつの間にか通信量を消費していたケースはよくあります。
しかも、高画質モードだと通信量の消費が大きいため、既定の通信量をすぐにオーバーしてしまうでしょう。

高画質動画を7時間視聴するだけで10GBまで到達したケースもあるので、よく動画を閲覧される方は注意が必要です。

なお、動画視聴よりもSkypeなどの音声通話のほうが通信量を消費しません。
映像はかなり通信量を消費することを意識して、インターネットを利用しましょう。

自分の通信利用量を考えてプランを選択

速度制限を避けるためには、契約プランの選択も重要です。
あなたのネット利用に合ったプランを選択すると、速度制限を避けられるだけでなく利用量の節約にもなります。

「自分が1ヶ月にどれくらいネットを使っているか分からない」という場合は、メモを残しておきましょう。
そのメモをもとにプランを選択すれば、ストレスなくネットを利用できるはずです。

速度制限を気にせず使うなら「ギガ放題プラン」がおすすめ

ついつい動画視聴ばかりしてしまうのなら、使い放題である「ギガ放題プラン」にしてみてください。
3日で10GBを超えると速度制限がかかりますが、よほど頻繁に動画を見ない限り10GBは超えません。

自分の使っているデータ通信量を把握する

先ほど「自分が1ヶ月に消費する通信量をメモに残しましょう」と説明しましたが、ここからは通信量を確認するための具体的な方法をご紹介します。

モバイルルーター端末での確認方法

通信量をチェックするには、まずWiMAX本体の画面を見てみましょう。
画面を見ると、直近の3日分の使用量と、月間の通信量が把握できます。

ただし、画面に表示されている通信量は大まかなデータである点に注意が必要です。
より正確な通信量を確認するには、次にご紹介するアプリを使用しましょう。

専用のスマホアプリでの確認方法

スマホのアプリを利用すると、あなたのWiMAX使用量がすぐに分かります。

WiMAXには大きく分けて2種類の機種が用意されているので、それぞれのメーカーのアプリを使ってください。

  • NEC WiMAX 2+ Tool
  • Huawei HiLink

上記のアプリ名で検索すれば、該当するアプリがすぐに表示されます。
お使いのWiMAXと同じメーカーのアプリを利用してみましょう。

wimaxの速度制限がかかってしまった場合の通信速度

WiMAXを注意して使っていたとしても、うっかり速度制限にかかってしまうかもしれません。
速度制限にかかった場合のスピードについて、改めて説明します。

制限中は通信速度が1Mbpsに低下

先に説明したように、ギガ放題プランの場合は速度制限にかかるとスピードが1Mbpsまで落ちます。

速度制限は通信を安定させるために行うWiMAX側の対策なので、仕方ありません。
1Mbpsならある程度ネットは利用できますが、不便を感じる方が多いでしょう。

実際の口コミ

速度制限がかかると、本当に1Mbpsまでスピードが落ちるのでしょうか?
実際に速度制限を経験された方の口コミを見てみましょう。

こうして見ると、本当に1Mbps以下までスピードが落ちるようです。
中には0.09Mbpsまで落ちた方もいらっしゃいます。

しかし、その一方で以下のような口コミもありました。

1Mbpsまで落ちているわけではないので、速度制限がかかった場合、実際のスピードには多少差があるのかもしれません。

とはいえ、既定の通信量をオーバーすると速度制限にかかることは間違いないので、動画の閲覧を減らすなど工夫をして、通信量を節約してください。

まとめ

WiMAXは持ち運びができるモバイルルーターで、高速通信ができる反面、使い方によっては速度制限にかかりやすいデメリットもあります。

具体的には、2つある料金プランのうち、ライトプランは1ヶ月の通信量が7GBを超えると速度が落とされます。
また、使い放題プランであるギガ放題でも、3日で10GBのデータを消費してしまうと、ネット利用者の多い時間帯(夜6時~夜中2時)に1Mbpsという遅さになってしまうんです。

速度制限を避けるには消費量をチェックしつつ、動画の視聴を控える方法が有効です。
WiMAXの通信量や速度制限の条件と、あなたのインターネットの利用方法を検討したうえで、WiMAXを契約するか考えてみましょう。