この記事のまとめ
WiMAX2+の「ハイスピードプラスエリア」は、通常のハイスピードモードより広い範囲で電波が利用できる便利なモードです。
しかし、データ容量が通常より少なくなるため、使うのをためらっている方も多いでしょう。
ハイスピードプラスエリアの注意点とは?
hikaritayasushi
「ハイスピードプラスエリア」は、WiMAX2+のオプションの一つで、設定することで安定した通信環境が実現できます。
当記事では、ハイスピードプラスエリアのメリット・デメリット、さらに無料で利用できる方法・おすすめプロバイダを解説。
ハイスピードプラスエリアが気になっている、使ってみたいとお考えの方は、是非チェックしてみてください。

WiMAXの「ハイスピードプラスエリア」とは?

ハイスピードプラスエリアモードにすれば、通常のハイスピードモードよりもインターネットを利用できるエリアが広くなります。

ハイスピードプラスエリアモードで利用できるのは、WiMAX 2+方式とau 4G LTE方式の2種類です。
そのため、WiMAX 2+方式に対応していないエリアでも、au 4G LTE方式でインターネットに接続することが可能です。

2種類の通信方式を対応エリアに合わせて切り替えることによって、通常よりも広い範囲でインターネットを利用することができます。

ハイスピード(通常モード)との違いは?

ハイスピードプラスエリアモードに対して、通常のモードはハイスピードモードと呼ばれています。
通常のハイスピードモードで利用できるのは、WiMAX 2+方式のみです。
それに対し、ハイスピードプラスエリアモードは2種類の通信方式に対応しています。
このように、モードによって利用できる通信方式に違いがあります。

ハイスピードプラスエリアモードの対応機種

ハイスピードプラスエリアモードを利用できるのは、限られた端末のみです。
端末によっては使えないこともあるので、ハイスピードプラスエリアモードご利用希望の場合は端末選びにご注意ください。
ハイスピードプラスエリアモードに対応している機種は、以下の通りです。

・ Speed Wi-Fi NEXT WX05
・ Speed Wi-Fi NEXT W05
・ Speed Wi-Fi NEXT W06
・ Speed Wi-Fi HOME L02

比較的最近の機種であれば、ハイスピードプラスエリアモードに対応しています。

ハイスピードプラスエリアモードのメリット・デメリット

次に、ハイスピードプラスエリアモードのメリットとデメリットを解説します。

メリット

ハイスピードプラスエリアモードには、通信できるエリアが広がるだけでなく、その他にもメリットがあります。
そのメリットとは、以下の2つです。

通信速度が速い

ハイスピードプラスエリアモードでは、通信方式を2種類利用できる「キャリアアグリゲーション」が可能なため通信速度が速くなります。
このキャリアアグリゲーションによる効果の1つが、データ送信時間の短縮です。
データを迅速に送信できるため、通常モードより高速な通信が期待できます。

安定して繋がりやすい

ハイスピードプラスエリアモードでは通信速度が速くなるのに加えて、安定した通信が可能になります。
なぜなら、WiMAX 2+方式の接続が不安定になっても、もう一方のau 4G LTE方式によるフォローを受けられるからです。
例えば、新幹線や車で移動中などは、速度が不安定になる傾向がありますが、ハイスピードプラスエリアモードを利用することで、快適な通信が可能になります。

デメリット

一方で、ハイスピードプラスエリアモードにはいくつかデメリットもあります。
利用するなら、一度確認しておくことをおすすめします。

オプション料金がかかる

ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合、プランによってはオプション料金1,005円/月が発生します。
具体的には、2年契約だと料金が発生します。

2年契約の場合→オプション料金1,005円/月

3年契約の場合→オプション料金無料

なお、7GB・ギガ放題の3年契約プランであれば、オプション料金は無料になります。
プランによってオプション料金の有無が異なるので、ご注意ください。

月間7GB以上使うと通信制限がかかる

ハイスピードプラスエリアモードは通信速度が速く安定しているため、便利な機能です。
しかし、月間7GB以上使うと通信制限がかかるというデメリットがあります。

メッセージや多少のインターネット利用であれば7GBでも充分かもしれませんが、大容量のデータ通信を行う場合はすぐに容量を超えてしまうので、注意してインターネットを利用する必要があります。

ハイスピード(通常モード)に戻しても通信制限が続く

ハイスピードプラスエリアモードで通信制限を受けてしまった場合、通常のハイスピードモードに戻しても制限は継続し、翌月1日まで通信制限がかかった状態が続きます。
モードが違っても、容量制限は引き継がれるという点に注意しましょう。

ハイスピードプラスエリアモードの設定方法

続いて、ハイスピードプラスエリアモードの設定方法を解説します。

ハイスピードプラスエリアを設定/解除する方法

ハイスピードプラスエリアモードと通常のモード(ハイスピードモード)は、自由に切り替えることが可能です。
設定/解除の方法は簡単です。

ハイスピードプラスエリアモードを利用したい場合は、まず機器の設定画面を開きます。
その後、「通信モード設定」を押し、「ハイスピードプラスエリアモード」を選択してください。
操作が完了すれば、ハイスピードプラスエリアモードでインターネットを利用できるようになります。

また、ハイスピードプラスエリアモードから通常のハイスピードモードに戻す場合は、
機器の設定画面にある「通信モード設定」を選び、今度は「ハイスピード」を選択しましょう。
以上の操作で、ハイスピードプラスエリアモードの解除が完了します。

通信制限を防ぐ!「通信モードの自動切り換え」設定

ハイスピードエリアの設定をOFFにし忘れることがないよう、WiMAXには「通信モード自動切替機能」というものがあります。

これは、予め自分で設定しておいたデータ量になると、自動で通常モードに切り替えしてくれるというものです。

ハイスピードモードはギガ放題プランの場合、無制限となっており、3日で10GB以上使用しない限り、通信制限は受けません。
そのため、通信制限にかからないようにするためには、こちらの機能を活用することをおすすめします。

通信モード自動切り替えの設定は、ホーム画面から行います。
ホーム画面にある「通信モード自動切り替え」を選択し、設定をオンにしてください。

ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用する方法

ハイスピードプラスエリアモードを利用するには、基本的にオプション料金がかかります。
2年契約にした場合のオプション料金は月額1,005円です。
しかし、上でも説明した通り、3年契約にすれば毎月の料金は無料になります。

また、2年契約にはハイスピードプラスエリアモードのオプション料金がかかるのに加えて、月額料金が高い、キャッシュバックなどの特典を受けられないといった、デメリットがあります。
そのため、3年契約を選んだ方が、総合的に見てお得になります。

ハイスピードプラスエリアモード利用におすすめのプロバイダはBraod WiMAX

ハイスピードプラスエリアモードの利用におすすめのプロバイダは、Broad WiMAXです。
Broad WiMAXは月額料金が安く、数あるWiMAXサービスの中でも最安値級です。
さらに、乗り換えで違約金分を負担してもらえるキャンペーンも実施中です。
そのうえ、Broad WiMAXを選べば、ハイスピードプラスエリアモード対応の最新機種を使えます。

このように、Broad WiMAXはメリットが多いので、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを利用したいと考えている方は、Broad WiMAXのプロバイダを選んでみてはいかがでしょうか。

プラン名ギガ放題プランライトプラン
毎月の利用できるデータ量無制限7GB
契約期間3年3年
料金1~2ケ月目:2,726円
3~24ケ月目:3,411円
25ケ月目以降:4,011円
1~24ケ月目:2,726円
25ケ月目以降:3,326円

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードまとめ

最後に、当記事で解説してきた内容をまとめます。

・ WiMAXのハイスピードプラスエリアモードでは、2種類の通信方式を利用できるため、通信速度が速く、安定して繋がりやすい
・ ハイスピードプラスエリアモードで月間7GB以上使用すると、通信制限を受ける
・ ハイスピードプラスエリアモードで通信制限を受けると、通常モードに戻しても制限が解除できない
・ 通信制限を防ぐためには、通信モード自動切り替え設定をオンにしておく
・ おすすめサービスはBroad WiMAX

ハイスピードプラスエリアモードは、速度・通信が安定する便利な機能です。
興味のある方は、ぜひハイスピードプラスエリアに対応したプラン・機種を揃えて利用してみてください。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら