この記事のまとめ
WiMAXでは、WiMAX2+方式とau 4G LTE形式の回線で通信を行います。
それぞれエリアが定められているため、契約前によく確認しておくことが重要です。
WiMAXエリアの調べ方とは?
hikaritayasushi
このページでは、WiMAXのエリア判定方法や、判定で〇ではなかった時の対処法について紹介しています。
また、エリア内での繋がりやすさや契約までの流れ、快適な利用方法についても述べていますので、これからWiMAXを契約しようと考えている方は、是非参考にしてみてくださいね!

WiMAXのエリアは拡大中

WiMAXは通信側も速く、料金も安いためモバイルルーターを利用しようとしている方にはとてもおすすめできるモバイルルーターです。

WiMAXは昔、通信エリアが狭く地方などでは利用できないエリアが多く、都市部でのみの利用となっていました。
ところが、最新WiMAX2+は、地方でも電波に入りがよくなって快適に通信ができるようになりました。
また、WiMAXの公式サイトでも常にエリア情報の更新を行っていますので、どこで利用できるようになったのか?調べることができますよ。
また、現在地や住所から利用できるか調べることができるエリア判定も提供しています。

エリア判定について

エリア判定を利用することで、特定の場所がWiMAX対応エリアか調べることができます。
方法について、詳しく見ていきましょう。

公式ページの「サービスエリアマップ」で確認

公式ページにはマップを確認できる専用のページがあります。

WiMAX(ルーター)のサービスエリア

こちらのページでエリアを検索することで、利用したいエリアでWiMAXを利用できるか調べることができますよ。
住所を入力する方法と、現在地に位置情報を検索してピンポイントでエリアを判定することができます。

現在いる場所で利用できるか調べたい場合は、住所を入力するよりも現在地で検索する方法のほうが正確度が高いのでおすすめです。

また、住所を入力することで検索することができます。
判定が終了すると、○、△、×の3つの中からいずれかが表示され、結果を確認できます。

判定が【〇】の場合

基本的には問題なし

判定が○の場合は、その場所でWiMAXを利用できることを示しています。
WiMAXは電波の周波数が高いため、電波が入りくいことがありますが、それを考慮した上での判定ですので、判定が○の場合は問題なく利用できるかと思います。

○の判定だと、端末のアンテナは基本的に2本以上表示されますので、電波状況の心配は必要ないでしょう。
建物の中や地下に入ると電波状況が悪化する場合もありますが、その場合は窓の近くや電波に良いところに移動することをおすすめします。

また、WiMAXの電波の特性上、建物の中や地下では利用できない場合があることは理解しておきましょう。

判定が【〇~△、△】の場合

判定が〇~△、△の場合、WiMAXを利用できないことがあります。
△であれば電波は入りますが、少し移動しただけで電波が途切れたり、圏外になる可能性もあります。
また、電波が無事に入ったとしても通信速度が遅い場合があります。

WiMAXの電波が弱い地域ですので、その点を理解した上でWiMAXを契約してください。

WiMAXは本来通信速度が速く、快適に利用できるサービスですが、電波状況が悪いと通信速度が一気に悪化します。
そのため、このような電波が悪いエリアでWiMAXを利用する場合、少しでも通信速度を速くできるように端末を窓際に置くなど、工夫する必要があります。

心配ならば、契約前に「Try WiMAX」でお試し

WiMAXを利用できるか心配な場合は、UQ WiMAXのお試しサービスであるTry WiMAXを利用してWiMAXの電波が入るか確認してみましょう。
Try WiMAXは15日間WiMAXルーターを無料でレンタルできるサービスです。
利用したい場所でWiMAXが使えるか調べる目的で提供されていますので、エリアの確認を行いたい方はこの期間を利用して、電波がしっかりと入るのか確認することをおすすめします。

15日間無料で利用できるサービスですが、端末の発送日、返却日を含めて15日ですので、配送にかかる日数を考慮する必要があります。
沖縄や北海道など遠くに地域の場合、配達に日数がかかりますので、こちらを考慮して端末の返却を行いましょう。
もし、15日間を過ぎてしまった場合は、延滞料が発生しますので、注意しましょう。
Try WiMAXについては、以下のページでも詳しく解説しています。

【徹底調査】Try WiMAXのレンタル手順は?注意点やデメリットもしっかり解説

端末機器はWX05を選ぶ

電波が弱いエリアでも快適に利用できる機種として、NECが製造しているWX05という機種をおすすめします。
こちらのWiMAXルーターはWiMAXハイパワーという電波が弱い地域でも快適に利用できる機能を搭載しています。
また、電波が弱い地域では電波の送受信に電力を多く必要としますがWX05は大容量のバッテリーを搭載していて、長時間の利用が可能となっています。
WX05には専用のクレードルがあります。
こちらのクレードルは有線LANへの変換、充電機能がありますが、電波が弱い場所でも安定した受信ができるようにクレードルのアンテナが内蔵されています。
WX05をクレードルに接続することでWiMAXの電波を安定して受信することができますよ。

判定が【×】の場合

基本的には利用が難しい
判定が×の場合はWiMAXの利用は厳しいです。電波が入ったとしても電波がとても弱く、利用できない場合がほとんどです。また、サービスマップで確認するとわかりますが、WiMAXの提供エリアから大きくはずれていると電波は受信できません。
サービスエリアからほんの少し離れていた場合はもしかするとい電波が入る可能性もありますが、利用できるか怪しいので、WiMAXの利用はおすすめしません。

WiMAX・LTEに対応したルーターを選んで利用する

WiMAXの端末にはWiMAXの電波のみ利用できる機種と、WiMAXの電波とauの電波の両方を利用できる端末があります。
auの電波を利用できる機種の利点として、WiMAXエリア外でもインターネットを利用できる、WiMAXとauの電波を合わせて、高速通信を利用できるというメリットがあります。

地方でも安定した通信を利用できますので、出張によく行く方も安心して利用することができますよ。
とても便利ですが、デメリットもあります。まず、2年契約など短期契約プランの場合、auの電波を利用すると、月々1,000円ほどの料金が月々の料金に加算されます。
また、auの電波を利用した通信が月に7GB以上となると、通信速度が当月末まで128Kbpsに制限されます。
月々のオプション料金は3年契約や4年契約を行うことで無料にすることができますが、月7GBの制限は気をつけて利用しないと、制限がかかってしまい、当月末まで快適に利用することができなくなりますので注意しましょう。

機種によっては制限になる前に電波を遮断し、利用者に通知してくれるものもあります。
この機能を利用することで、通信速度が遅くなることを回避できますので、
auの電波を利用する場合はデータ通信量に注意しましょう。

公式ホームページから改善要求する

電波が入らない地域ではUQ WiMAXに改善を依頼することができます。
UQ WiMAXに要望を出すことで、後々電波状況が改善する場合があります。
WiMAXエリア内で電波状況が悪い場合は基地局の調整を行ってくれる場合もありますので、WiMAXの電波状況が悪いという方も改善の要望を提出することをおすすめします。

ですが、この改善はすぐに行われるわけではなく、改善要望から少なくとも数ヶ月は要するかと思いますので、まずは代替サービスの利用を検討しましょう。

WiMAXの繋がりやすさ

WiMAXの繋がりやすさについて、WiMAXの特徴も交えて説明します。

速度は速いが室内に弱い

WiMAXは、下り最大1.2Gbpsと通信速度が速く快適に利用できます。
動画サービスや大容量のファイルの送受信も快適にできる通信速度を持っていますので、基本的にはどのような利用用途でもサクサクに利用できるようになっていますよ。

ですが、電波の周波数が高く、建物の影や地下、室内では繋がりにくいといったデメリットもあります。
外では通信速度が100Mbps出ていたのに、室内では10Mbps程度だったということはよくあります。
WiMAXは旧WiMAXから電波の周波数が高いため室内にとても弱いのです。
新WiMAXに代替わりしてからも電波の周波数は高いままですので、以前繋がりにくいですね。

快適に利用するポイント

ここで、WiMAXを快適に利用するポイントを紹介します。

なるべく窓際に端末を設置

室内通信速度が遅くなった場合の対処法として、窓側にWiMAXの端末を置くという方法があります。
こうすることで、電波をキャッチしやすくなり、WiMAXの速度改善を期待できます。

通信が良くないならau 4G LTEを追加契約

WiMAXのエリアが気になる方はau 4G LTEの追加契約を行いましょう。
さきほどの紹介したようにau 4G LTEを利用するとオプション料金がかかりますが、WiMAXの電波が入らない地域でもau 4G LTEの電波を利用できますので、インターネットを利用できます。
WiMAXの電波状況が心配な方はau 4G LTEのオプションを契約することをおすすめします。

別途料金がかかる

au 4G LTEのオプションを利用すると、月1,000円ほどのオプション料金が発生します。こちらのオプション料金は毎月かかるものではなく、利用した月のみ発生知るオプションとなります。
ですので、地方へ出張、旅行へ行った際に、au 4G LTEを利用した場合は毎月の利用料に1,000円のオプション料金が加算されます。こちらのオプションは2年契約プランのみが対象で、3年契約や4年契約の場合はオプション料金が無料となっています。
au 4G LTEのオプションを利用することで、WiMAXのエリア外でもインターネット通信を利用できますので、安心感もありますね。

7GB制限の対象

au 4G LTEのオプションを利用すると月々7GBのデータ量の制限が発生します。こちらの制限はau 4G LTEで通信したデータ量が対象となりますので、通常のWiMAX通信は対象となりません。
ですが、au 4G LTEのオプションを利用して、7GBのデータ通信を利用して制限がかかった場合、WiMAX通信に切り替えても通信速度は128Kbpsに制限されますので、注意しましょう。

また、WiMAXエリアでもau 4G LTEモードで通信した場合、WiMAX通信とau 4G LTE通信を合わせたキャリアアグリゲーション通信となり、高速通信を利用できますがデータ量は加算されますので注意が必要です。
WiMAX通信でも十分高速な通信が利用できますので、WiMAXエリア内では極力WiMAX通信を利用して、WiMAXのエリア外になったらau 4G LTE通信を利用するようにしましょう。

機種はW05を選ぶ

WiMAXの中で最も快適に利用できる機種はW05です。
W05はWiMAX通信の他にau 4G LTE通信も行える機種です。
通損速度はキャリアアグリゲーションを利用して最大758Mbpsの通信速度でインターネット通信を利用できます。

バッテリーの持続時間も長く、au 4G LTE通信を利用したときのデータ量警告も利用できる端末ですので、最もおすすめできる機種となっています。こちらの他にもWX05というNECの機種もありますが、こちらはau 4G LTE通信に非対応ですが、WiMAXハイパワーに対応していてバッテリーの持ちもW05よりも良いです。
どちらの機種もメリット、デメリットがありますので、自身の利用用途と合わせて検討してみてください。

通信速度が最速

W05の通信速度はWiMAX通信で最大558Mbps、au 4G LTEと合わせたキャリアアグリゲーション通信で最大758Mbpsという超高速通信を利用できます。
WiMAXだけでもとても高速な通信を利用できますので、通信速度を求めるまたはW05で決まりですね。
Wi-Fiも最新の11acに対応していますので、WiMAXの通信速度を生かして通信を行うことができます。
クレードルを利用することで有線LANの通信も利用できますので家でも外出先でも快適に利用することができますよ。

全ての機能が使える

W05はau 4G LTE対応、スケジュール機能対応、データ通信警告対応、リモート起動対応など便利に利用できる機能に対応してます。
他の機種では省略されている機能もありますので、W05は機能面でも特におすすめできます。リモート起動は端末をカバンの中に入れても専用のアプリからリモートで起動できますので、わざわざカバンから出さなくてもリモートで起動してWiMAXを利用できます。他にも、クレードルにセットしたらパフォーマンスを最大に切り替える機能や、利用していない時間が長時間続いたらバッテリーを節約するモードに切り替えたりなど便利に利用できる機能が盛りだくさんですよ。

画像アップロードなども高速

W05は画像のアップロードなども高速で利用できます。
WiMAXは上りの通信もほとんどの場合、実測10Mbps以上の通信速度が出ますので、画像ファイルの他に動画ファイルも高速でアップロードすることができます。
キャリアアグリゲーションを利用することで、au 4G LTE通信も利用できますので、更に高速にアップロードすることができます。

お得な契約方法

WiMAXのお得な契約方法を紹介します。
WiMAXは公式のUQ WiMAXで契約すよりもWiMAX取扱プロバイダで契約するほうがおとくに契約できます。
また、契約プランも複数ありますので、利用用途にあったプランを契約することでお得に利用することができますよ。

契約プランは2種類

契約プランは月7GBの制限があるプランとデータ通信し放題のプランの2つがあります。
月7GBの制限があるプランは月々7GBまでしか高速通信を利用できませんが、月々の料金が低めの設定になっています。

データ通信し放題のプランは月々のデータ量に制限はなく、高速通信を利用し放題となっています。厳密には速度制限がありますが、3日で10GBの利用で、利用の翌日18時から翌々日2時頃まで通信速度が制限されます。
速度制限がかかっても翌日になると速度制限は解除されますので、安心です。
また、速度制限されても通信速度は1Mbps出ますので、ウェブ閲覧はYouTubeの標準画質地度の視聴なら問題なく利用することができますよ。

まとめ

WiMAXは室内や地下には弱いですが、それでも比較的高速な通信を利用できるモバイルルーターです。
電波状況もちょっとした対策やクレードルを利用することで快適に利用できますので、あまり心配は要りませんよ。
WiMAXを利用できる機種も電波の対策はバッチリですし、機種によってはau 4G LTEも利用できますので、電波状況に不安な方も安心して利用できるかと思います。
モバイルルーターの中ではシェアNO.1ですので、モバイルルーターを契約する際はWiMAXがおすすめですよ。
まずは、エリア判定を試してみてください!

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら