この記事のまとめ
ポケットWi-Fiサービスとして、近年人気が上昇しているを提供している、WiFiO(ワイファイオー)。
プランも3種類あり、自分に合ったコースを選べるのが特徴です。
WiFiO(ワイファイオー)の口コミ・評判は?

hikaritayasushi
「WiFiO(ワイファイオー)が気になるけど、実際どうなの?」
あなたは今そんなふうに考えているのでは?
このページでは、WiFiO(ワイファイオー)の料金・速度・実際の評判などを徹底調査してまとめました。
他社との比較やコスパについても解説していますので、迷っている方は参考にしてみてください。

WiFiOのプランと料金

WiFiOは無制限プラン、容量無制限プラン、容量無制限SIMプランの3つのプランを提供しています。
こちらのプランは、名前が似ていて、プランごとの特徴や料金がわかりにくいですよね。
こちらでは、プランごとの料金や初期費用などを表でまとめましたので、比較の参考にしてください。

プラン名無制限プラン容量無制限プラン容量無制限SIMプラン
契約年数2年なしなし
初期費用4,000円事務手数料
クーポンあり:0円
クーポンなし:3,980円
端末登録手数料
4,980円
事務手数料
クーポンあり:0円
クーポンなし:3,980円
月額料金3ケ月目まで:3,480円
4ケ月目から:3,980円
3,680円3,980円
支払い方法クレジットカードクレジットカードクレジットカード
解約金12ケ月目まで:19,000円
24ケ月目まで:14,000円
25ケ月目:0円
26ケ月目から:9,500円
なしなし
端末G3000FS030W利用者で用意
最大通信速度150Mbps150Mbps端末に依存
月間通信容量無制限無制限無制限
帯域制限500GB以上の通信を行うと月末まで
128Kbpsの帯域制限を行う可能性あり
特定通信(P2Pや短期間の大容量通信、オンラインゲーム
やVoIP(IP電話)、FTP(ファイル転送)など)
を長時間行うと一時的に128Kbpsに帯域制限を行う可能性あり
特定通信(P2Pや短期間の大容量通信、オンラインゲーム
やVoIP(IP電話)、FTP(ファイル転送)など)を長時間行うと
一時的に128Kbpsに帯域制限を行う可能性あり
同時接続台数5台15台1台(利用端末)
利用端末がテザリングに対応している場合、その上限台数
故障時の賠償金20,000円20,000円4,000円(SIM)
補償オプションあり
毎月500円
初月加入必須
あり
毎月500円
初月加入必須
なし
ウイルスソフトなしあり
毎月500円
初月加入必須
なし

料金の比較表はこの様になっています。
2年間の契約が必要なプランは無制限プランのみでそれ以外のプランはいつでも解約可能となっています。
プランの選び方としては、2年間の利用予定があり、料金が安くしたいという方は、「無制限プラン」、短期間の利用を検討しているという方は「容量無制限プラン」、端末を自分で用意したい方は「容量無制限SIMプラン」がおすすめですね。
ちなみにWiFiOで提供している端末の最大通信速度は150Mbpsですので、これ以上の速度で通信を行うことができません。
そのため、通信速度を重視する方はSIMプランを契約して自前で端末を用意することで最大通信速度を高速化することができます。
端末故障時の補償プランですが、1年に1回までは無料で利用することができます。
1年のうちに2回壊してしまうと2回目は20,000円の料金が発生してしまうので注意しましょう。

WiFiOのメリット

WiFiOのメリットについて紹介します。
WiFiOは数ある容量無制限の回線を提供しているサービスの一つです。
WiFiOはどのようなメリットがあるのか確認してみましょう。

3つのプランで自分に合ったものを選べる

WiFiOは「無制限プラン」「容量無制限プラン」「容量無制限SIMプラン」という
3つのプランを提供しています。
3つのプランはそれぞれ利用者の目線に合わせたプランとなっており、契約期間がないものやSIMのみのものなど利用用途に合わせて契約できるプランとなっています。
また、どのプランも3日間10GBまでといった短期間の制限がないプランとなっていますので、通信量を気にすることなく利用することが可能です。
(ただし、「無制限プラン」は、月間データ量500GB以上使用した場合、「容量無制限プラン」「容量無制限SIMプラン」については地域ごとに定められた基準に従い、速度制限(128kbps)がかかる場合があります。)

容量無制限プランは契約期間の縛りなし(違約金なし)

「容量無制限プラン」「容量無制限SIMプラン」では契約期間の縛りがありません。
そのため、短期間の利用を検討している方でも気軽に利用することができます。
ただし、これらのプランは、契約期間の縛りがある「無制限プラン」に比べ、月額料金が多少高くなっています。
ですので、ご自身がどれくらい継続利用できそうか?を考えて、慎重にプランを選ばれることをおすすめします。

レンタル型だから端末費用がかからない

ポケットWi-Fiなど他のサービスは端末を購入する必要がある場合もあります。
そうなると、料金が高くなってしまいがちですよね。
ところが、WiFiOの端末はレンタルとなっており、利用料金に含まれているため、端末料金が別途発生することはありません。
ただし、「容量無制限プラン」は端末登録料ということで初月のみ4,980円の料金がかかってしまいます。
事務手数料はクーポンで無料にすることができますので、実際の初期費用は他のプランとそれほど変わりませんが、上記料金が発生することは覚えておきましょう。
また、レンタル端末ということで補償が気になると思いますが、補償プランに加入している場合、年1回までは無料で交換できますので、もしもの際も安心ですよ。

ウイルス対策ソフトが3台まで使える(容量無制限プランの場合)

「容量無制限プラン」は毎月500円という低価格な料金でウイルス対策ソフトを利用することができます。
利用できる端末は、Windowsパソコン、Macパソコン、iOS、Androidですので、ほとんどすべての端末で利用することができますよ。
3台まで利用できるということで複数の端末を利用している方におすすめですね。
ウイルス対策は怠ってしまうと大事な情報が盗まれたり、パソコンなどを悪用される危険性がありますので、まだウイルス対策ソフトを導入していないという方はこちらのオプションを利用してウイルス対策を行いましょう。

公式クーポンが使える

WiFiOは公式でクーポンの提供を行っています。
こちらのクーポンを利用することで契約時に発生する事務手数料を無料にすることが可能です。
ただし、クーポンを利用できるプランは「容量無制限プラン」と「容量無制限SIMプラン」の2つのプランのみとなっていますので、注意しましょう。
クーポンの利用方法は、申込時に表示されるクーポンコードを入力する欄にコードを記入すればOKです。
申込時に入力しないとクーポンを適用することができませんので注意してくださいね。

クーポンのページはこちら

WiFiOの口コミ・評判

WiFiOの口コミを紹介します。
WiFiOのような無制限WiFiサービスを契約する際は、実際の利用者の口コミが重要になってきます。
実際の利用者の口コミを確認して利用者の満足度を確認してみましょう。

良い口コミ

はじめに良い口コミを紹介します。
良い口コミにはこのようなものがありました。

通信速度が速い

WiFiOの通信速度は、安定して速いようです。
こちらの方の通信速度の結果は90Mbpsと最大通信速度150Mbpsに対してここまでの通信速度が出るととても快適と言えると思います。
室内でも山奥でも快適に利用できているということで通信の安定性は高いようですね。

エリアが広く安定して利用することができる

WiFiOのエリアは広くほとんどのエリアで問題なく利用することができるようです。
ユーザーの中には、本州をほぼ横断した方がいらっしゃいましたが、問題なく利用できていたようです。
モバイルWi-Fiは、エリアが重要なのでこのように広範囲で利用できるのはありがたいですね。

悪い口コミ

続いて悪い口コミを紹介します。
悪い口コミにはこのようなものがありました。

端末が再起動を繰り返す

WiFiOの端末が2時間に1回のペースで再起動するなど、端末の不具合に悩まされている方もいらっしゃいました。
WiFiOの端末は無制限プランと容量無制限プランで利用している端末が異なるのですが、無制限プランの端末は海外メーカーの端末なので不具合が出る可能性が高いと思います。
容量無制限プランの端末は日本メーカーの端末ですので無制限プランの端末に比べ、安定性は高いと思います。
もし、不具合が出てもWiFiOのサポートに連絡することで交換してもらえる場合もあるので、もし不具合が出たら一度サポートに連絡してみましょう。
WiFiOに限らず、クラウドSIMを利用している端末はほとんど海外製ですので、このような不具合はあるかもしれませんね。

100GB程度で通信制限がかかる

WiFiOのプランの「容量無制限プラン」「容量無制限SIMプラン」には、明確な通信制限がありませんが、月間100GB程で制限を受ける場合があるようです。

通信制限後の通信速度は128Kbpsとウェブ閲覧ですら快適に利用できない通信速度となります。
月に100GB以上利用しない方は問題ないかと思いますが、月に100GB以上利用したい方は制限にかからないように注意が必要ですね。

速度は快適?

WiFiOの通信速度については、上で紹介した口コミにもあった通り、快適に通信できている方が多いようです。
クラウドSIMは通信の状況に応じて、最適な回線を選択しますので快適な通信を利用できることが特徴です。
通信速度は利用用途にもよりますが、通信速度が10Mbpsほど出ていると快適に利用できることがほとんどです。
WiFiOの口コミを調査した結果、ほとんど10Mbps以上の通信速度が出ていたため、快適に利用できると思いますよ。

WiFiOのデメリット・注意点

続いて、WiFiOのデメリット、注意点について紹介します。
プランごとに、デメリット、注意点がありますので、プランごとに分けて紹介しますね。

無制限プランのデメリット・注意点

はじめに無制限プランのデメリット、注意点を紹介します。
無制限プランは、他のプランに比べ料金は安いですが、注意点が多くありますのでよく確認してくださいね。

無制限プランは月間500GB以上で制限がかかる可能性あり

無制限プランは、毎月500GBの通信を行うと通信制限がかかる可能性があります。
無制限プランは、名前的には毎月の通信量が無制限となっていますが、あまりにも大容量の通信を行うと通信制限の対象となる可能性があります。

毎月500GBの通信というと1日あたり15GB以上の通信となりますので、ほとんどの方は対象とならないかもしれませんが、家族でWiFiOを利用し、YouTubeなどの動画配信サービスを長時間利用すると500GBに達する可能性があります。
500GBの通信を行えば、必ず制限がかかるわけではありませんが、一度制限にかかると、一時的に通信制限、または月末まで通信制限がかかった状態となる可能性がありますので大容量の通信を行う場合は注意しましょう。

無制限プランは2年縛りあり

WiFiOの無制限プランのみ2年の縛りが設定されています。
2年縛りということで2年以内に解約を行うと、違約金が発生します。
違約金は、以下のようになっています。
・12ケ月目までに解約→19,000円
・24ケ月目までの解約→14,000円
・25ケ月目(更新月)の解約→0円
・26ケ月目以降の解約→9,500円

契約更新月のである25ケ月目の解約は0円で解約できますが、25ケ月目をすぎると契約更新となり違約金が発生するようになります。
25ケ月目以降の違約金は9,500円です。
無制限プランを解約する場合は、なるべく違約金が発生しない25ケ月目に解約することをおすすめします。

保障オプション(500円/月)は初月加入必須

WiFiOでは保障オプションを提供していますが、こちらのオプションは初月のみ加入が必須となっています。
契約時に強制的に申し込みを行うため、利用しない方は申込後、解約の連絡を行う必要があります。
保障オプションは毎月500円の料金が発生しますので、1年間利用すると6,000円の料金が発生します。
保障オプション未加入の場合、端末の故障時には20,000円の料金を支払う必要があるため、故障時には高額な料金を支払う必要があります。
保障オプションは必要ないという方もいるかもしれませんが、万が一のことを考えると加入しておいた方が安心できますよ。

事務手数料が4,000円かかる

無制限プランは契約時に事務手数料が4,000円発生します。
また、WiFiOは日割りに対応していないため、契約月には月額料金の3,480円と保障オプションの500円、事務手数料の4,000円の料金が発生しますので、注意しましょう。

容量無制限プランのデメリット・注意点

続いて容量無制限プランのデメリット、注意点を紹介します。
こちらのプランは、契約期間の縛りがないため、解約時の料金が発生することがありません。注意点は少なめとなっていますが、契約前に確認しておきましょう。

容量無制限プランは端末登録料に4,980円かかる

容量無制限プランは、クーポンで事務手数料を無料にすることが可能ですが、その代わりに端末登録料という手数料が発生します。
こちらの料金は4,980円ということでそれなりに高額です。
初月には、こちらの料金に加え、月額料金の3,680円、保障オプション500円、ウイルス対策ソフトオプション500円の料金が発生しますので10,000円近くの料金が発生するので、覚えておいてくださいね。

クーポンを使わないと事務手数料が3,980円かかる

容量無制限プランは公式サイトに専用のクーポンがあります。
こちらのクーポンを利用すると毎月の料金が割引され、契約時に発生する事務手数料が無料となるのですが、クーポンを利用しないと事務手数料3,980円が発生します。
クーポンを利用する場合としない場合では、料金が大きく違うため契約する場合は必ずクーポンの利用を行いましょう。

クーポンのページはこちら

保障オプション(500円/月)は初月加入必須

無制限プラン同様、容量無制限プランも初月は保障オプションの契約が必須となっています。
こちらは、端末故障時には無料で交換できるオプションです。
2ケ月目からは、必要ない場合解約しても問題ありませんよ。

ウイルス対策オプション(500円/月)は初月加入必須

容量無制限プランは保障オプションの他にウイルス対策オプションの利用が初月のみ必須となっています。
他のウイルス対策ソフトを利用している方など、必要ない場合は後から解約しても問題ありません。
月額500円という低価格で利用できるため、ウイルス対策ソフトを未だ導入していない方には、おすすめできます。

容量無制限SIMプランのデメリット・注意点

最後は容量無制限SIMプランのデメリット・注意点について紹介します。
こちらは自分で端末を用意するタイプのプランです。
こちらのプラン特有の注意点もありますので、確認してみてくださいね。

保障がない

容量無制限SIMプランには保障がありません。
端末を提供していませんので保障サービスを利用することができません。
万が一、容量無制限SIMプランのSIMを利用した端末が故障しても補償などはありませんので注意してくださいね。

クーポンを使わないと事務手数料が3,980円かかる

容量無制限SIMプランも容量無制限プラン同様、クーポンがあります。
こちらもクーポンを利用すると事務手数料の料金が無料となりますのでクーポンを利用して契約することをおすすめします。
クーポンは容量無制限プランと同じ場所に記載されていますので、下記のURLからアクセスし、クーポンコードを確認してください。
契約時にこちらのクーポンコードを入力すると適用することができますよ。

クーポンのページはこちら

プレミアム保障オプションとは?

WiFiOが提供している保証サービスの「プレミアム保障」オプションについて紹介します。
こちらのオプションはレンタル端末の故障時に弁償金を支払わなくとも端末を交換してくれるサービスです。
毎月利用料金は500円で1年に1回まで故障端末を交換してくれますので、外出時に持ち歩く方は利用をおすすめします。
プレミアム保障オプションを利用しない場合、故障時には20,000円の料金が発生しますので注意が必要です。
毎月の利用料金が500円、2年利用すると考えると500円×24ケ月で12,000円ですので1回故障させることを考えるとお得ですよ。
万が一のことも考えて加入しておくことをおすすめします。

提供端末のスペック詳細

WiFiOの提供している端末について確認してみましょう。
提供している端末は無制限プランと容量無制限プランで異なりますので契約するプランはどのような端末なのかよく確認しましょう。

プランと提供端末について、表でまとめました。

プラン無制限プラン容量無制限プラン
端末名称G3000FS030W602HW
最大通信速度150Mbps150Mbps37.5Mbps
同時接続台数5台15台14台
連続利用時間8時間20時間8.5時間
WiFi規格11b/g/n11a/b/g/n/ac11a/b/g/n/ac
重量150g128g135

プランごとの端末はこのようになっています。
無制限プランはクラウドSIMを利用したサービスで、端末はG3000というものになっています。
容量無制限プランは提供している端末が2種類あり、一つはソフトバンクのポケットWi-Fiとなっています。
ポケットWiFiの通信速度について少々気になったことがあるのですが、WiFiOのサイト上では最大通信速度が37,5Mbpsと記載されています。
利用時間で見ると容量無制限プランのFS030Wが一番長いですね。
容量無制限プランは端末を選択することができませんが、どちらの端末でもそれぞれメリットがありますよ。

WiFiOは他社と比較してどう?

申し込み窓口WiFiOゼウスWiFiTHE WiFiそれがだいじWiFiGMOとくとくBB WiMAXBroad WiMAXMugen WiFiどんなときもWiFiモナWiFiどこよりもWiFiめっちゃWiFiChat WiFiよくばりWiFi限界突破WiFi縛りなしWiFiSAKURA WiFiNOZOMI WiFiFuji WiFiSPACE Wi-FiY!mobile
2年間合計94,020円76,920円91,48476,32073,11380,49478,72083,52083,52078,72083,52081,12082,80082,50084,00088,320101,48089,00088,320105,120
初期費用4,0003,0003,0003,0003,80003,0003,0005,0003,0003,0008,4803,80003,0003,0007,9602,00003,000
違約金1年未満:19,000
2年未満:14,000
更新月:0
それ以降:9,500
2年未満:9,500
契約更新月:0
2
年目更新月以降:9,500
4
年目契約更新月:0
2年未満:9,800
契約更新月以降:0
3年未満:9,500
契約更新月以降:0
端末代も加算
2年未満:24,800
契約更新月以降:0
更新月以降:9,500
1年未満:19,000
2
年未満:14,000
契約更新月:0
更新月以降:9,500
1年未満:9,000
2
年未満:5,000
更新月以降:0
1年未満:19,000
2
年未満:14,000
契約更新月:0
それ以降:9,500
02年未満:9,000
契約更新月以降:0
2年未満:9,000
契約更新月以降:0
01年未満:18,000
2
年未満:12,000
契約更新月:0
それ以降:9,500
2年未満:18,000
契約更新月以降:0
更新月以降:5,000
000003年未満:9,500
サポートプレミアム保障:500あんしんオプション:400安心サポート:300
安心サポートワイド:500
それがだいじ安心パック:500円(初月無料)安心サポート:300
(最大2ケ月無料)
安心サポートワイド:500
(初月無料・2ケ月目200円)
安心サポートプラス:550
Mybroad
サポート:907
補償オプション:500
次月利用オプション:0
あんしん補償:400MONAセーフ:500機器補償サービス:400補償オプション:500端末補償:500端末補償:500安心サポート:500補償サポート:500端末補償:350安心サポート:300円(必須)端末補償:500故障安心パック:500
キャリアソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクau WiMAXau WiMAXソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクソフトバンクソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンクソフトバンクソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
au
ドコモ
ソフトバンク
支払い方法クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカードクレジットカード
口座振替
契約期間22232222定めなし1年/22定めなし22定めなし定めなし定めなし定めなし定めなし3

※無制限プランで比較

現在、様々な会社が容量無制限のWi-Fiを提供していますが、それらと比較してWiFiOはどうなのでしょうか。
他社の無制限Wi-Fiと比較すると、容量無制限の回線を探している側からするとクラウドSIMを利用できるプラン、容量無制限のSIMを利用できるプランがあるなど利用用途にあわせて最適なプランを契約できるサービスであると思います。
事務手数料などの初期費用を他社と比較すると少々高いような気もしますが、サービスの内容としては上位にランクインするかと思います。
クラウドSIMはどこも似たようなプランの提供となっているため、内容としては同等です。
クラウドSIM以外の容量無制限プランを提供しているサービスは少ないので、こちらのプランを提供、SIMのみのサービスも提供しているWiFiOは他社と比較しても自由度の高いサービスと言えるでしょう。

WiFiOに関するよくある質問Q&A

WiFiOに関するよくある質問を紹介します。
WiFiOを契約する際に気になる点などを詳しく紹介しますので、気になる方はこちらを確認してみてくださいね。

端末やSIMはいつ届く?

WiFiOで契約した端末、SIMは契約後3営業日以内に発送されます。
土日祝日は休業ですので、金曜日に申し込んだ場合は水曜日までに発送されます。
発送日から1日から3日程度で到着し、遅くても1週間程度で利用できるでしょう。
また、WiFiOは日割りがないため、契約時に翌月1日に到着する発送オプションがあります。
こちらを利用した場合、翌月1日に到着するように発送されます。

テザリングはできる?

WiFiOの提供する容量無制限SIM利用時のテザリングですが、WiFiO自体は動作の保証を行っていません。
一部の端末では利用できることもありますが、基本的にはテザリングに対応していないと考えておいた方がいいでしょう。

日割りはできる?

WiFiOは利用料金の日割りを行っていません。
その代わり、契約付きの翌月1日に利用開始となる発送オプションを提供しています。
こちらを利用すると月のどのタイミングで契約しても利用開始は翌月1日となりますので料金の無駄がなくなります。
月の途中で契約し、急ぎではない場合は無駄な料金を抑えるためにも、翌月1日の利用開始をおすすめします。

クーリングオフはできる?

WiFiOでは、初期契約解除といって、契約から8日以内であれば、無料で解約できる制度を適用できます。
WiFiOのような通信サービスは「電気通信」というサービスなのですが、2015年にこの制度の適用対象となっています。
ですので、もし通信に不具合などあった場合は、申し込みから8日以内に連絡するようにしましょう。

解約方法は?

WiFiOを解約する場合は、WiFiOのお問合わせフォームから解約したいという旨を連絡し、折返しの連絡を待ちましょう。
解約後は利用していた端末を返送する必要があります。
指定住所へ必ず返送を行ってください。
返送を行なわなかった場合は機器損害金として料金が発生してしまいますので注意しましょう。
また、返送料金は利用者負担となっており、どの配送方法を利用しても構いませんが、追跡がない発送方法だとトラブルになる可能性もありますので、返送を行う際は必ず追跡番号付きのサービスを利用して下さい。

海外で利用できる?

WiFiOの利用は日本国内でのみの利用となります。
海外での利用はできませんので、注意しましょう。

運営会社は?

WiFiOの運営会社は株式会社エージェントという名古屋にある会社です。
設立は平成18年と比較的新しい会社ですね。
資本金は1,000万円の会社ですので、規模としてはあまり大きくない会社です。
広告事業やBPO関連の事業を行っています。

まとめ:wifiOはおすすめ?

WiFiOは、他社と比べて特別コスパが良いというわけではありません。
ただし、比較的使いやすいサービスなので、ご自身の利用状況に合っていると感じた方は、契約されるのもいいでしょう。

特にクラウドSIMのサービスは様々な会社が提供し、キャンペーンも多く開催していますので、他社のキャンペーンもチェックして最適なサービスを契約しましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら