海外wifiレンタルを徹底調査!サービス内容や料金比較・注意点まとめ

海外にいるときも日本と同じようにメールや電話を使いたい。
そんな時に海外wifiのレンタルを検討される方も多いのではないでしょうか。

今回は、たくさんあるwifiレンタルについて徹底調査しました。
サービス内容や料金比較、気になる通信速度についても分かりやすく説明していきます。
またレンタル時の注意点についてもお伝えいたします。

この記事が、安心して海外wifiを使うことができる手助けになれば幸いです。

海外へ行くのにwifiレンタルは本当に必要?レンタル以外の選択肢は?

海外でスマホが使えないのは、利便性だけでなく、不安になってしまうことが多いでしょう。
だからこそ、フリーwifiを利用している人が多く、気軽にスマホやパソコンがネットに繋げてしまうんです。

持ち運びもできますが、これを利用するとなると、一般的にレンタルになるでしょう。
ところがレンタルの欠点といえば、料金が発生することや、受取・返却が面倒なところ。
むしろネットを使わないのなら、必要ないのでは?と思う人も少なからずいるはずです。

海外にもフリーwifiはあるので、ほとんどネットを使わなくても大丈夫だという人は、レンタルの必要はないでしょう。

しかし、海外のフリーwifiの場合、情報を盗まれる可能性もあるので要注意!
セキュリティー面に問題があるので、必要最小限にしてくださいね。

それが怖いのなら、wifiをレンタルしたほうが無難です。
今ならお得で使いやすいところが増えているので、試してみるといいですよ。

海外wifiをレンタルするメリットとは?

海外で使いやすいのは、レンタルしてwifiを使うこと。
日本で作られたwifiサービスなので、フリーwifiのようにセキュリティー面も気にする必要もありません。
その他にもwifiレンタルを使うメリットはたくさんあるので、海外へ旅行に行くならおすすめですよ。

海外で安全かつ安心してインターネットが使える

まず日本のwifiレンタルサービスを利用する大きなメリットは、安心してインターネットが利用できるところです。

上記でも紹介しましたが、スマホを使っていて情報を抜き取られる心配もなく、料金に関しても安心して使えるでしょう。

もともとwifiとは定額制のプランが多く、上限を気にせずwifiが利用できます。
wifiではなく、海外のパケットも使えないわけでありませんが、かなり利用料が高額です。

安心してインターネットを使えないばかりか、パケットであってもセキュリティー面でも不安が残るでしょう。
Wifiレンタルサービスだと、暗号化した電波を使っているので、悪さをされる心配もありません。

旅行の期間だけ借りることができる

Wifiレンタルという名前のとおり、端末を借りて海外で使うサービスになります。
海外にいる時だけ端末が使えるようになり、帰ってきたらすぐに返却できるので、それ以上の無駄な料金は発生しません。

長期間の滞在でもそれに合わせたプランも用意しており、利用する期間だけの料金になります。
もちろん返却する必要があるので、返し忘れをしないようにしてくださいね。

複数台で利用できる

もともとwifiをレンタルする場合、端末を持ってそれに接続すれば、海外でもインターネットができるようになっています。

そしてその端末は性能がいいものが多く、1台で複数の端末を接続できるようになっているんです。
現地で調達する場合、1契約につき1台しか端末を繋げないこともあります。

スマホはもちろん利用できる上に、パソコンといったものも接続できるようなので、仕事で海外へ行く人でも使いやすくなっています。

日本で手続きができる

海外で利用するwifiレンタルサービスですが、日本国内で、出発する前に手続きを済ませられます。

しかも、ほとんどのサービスでは、webから申し込みができるので、かなり気軽に利用できるでしょう。
端末を送ってきてくれるので、焦らなくてもかまいません。

自分に合った海外wifiレンタルを選ぶには?

今ではグローバル化が進んでおり、海外へ出かける人が増えていて、wifiレンタルサービスの数も増えています。

内容もサービスによって違い、プランも含めると自分に合ったwifiサービスを見つけやすくもなっているんです。
そこで失敗した…とならないように、ちょうどいい見つけ方を紹介しますね。

渡航先で利用できるか

今の技術は進歩していて、海外用のwifiレンタルサービスを使っていたら、どこでも通信ができると思っていないでしょうか?
じつはwifiレンタルサービスによって、利用できる国や地域に違いがあるんです。

せっかく契約したのに、海外先で接続できない失敗もよくあります。
それが起きないように、行先が対応しているwifiレンタルサービスなのか、チェックしておきましょう。
大手だからといって、渡航先が対応しているとも限りません。サービスによって全然違いますよ。

容量・速度など料金プランが自分に合っているか

そして次に気にしてほしいのが、通信できる限度がどれくらいなのか?
さらに通信速度によっても全然違います。

これはwifiレンタルサービスだけでなく、プランによっても変わってくるので、チェックしてから自分に合ったものを見つけましょう。

スマホなどを触る時間が長く、ストレスなく利用したいのであれば、大容量プランがあるwifiレンタルサービスを使ってみてください。

公式に発表しているはずですが、何も書かれていないサービスは控えたほうがいいでしょうね。

口コミ・評判をチェック

公式サイトに書かれている内容だけでは、リアルな使い勝手をチェックするのは難しいですよね。
そこで、各サービスの口コミもチェックしてみましょう。

例えば利用者が多いTwitterなどのつぶやきだと、本当に使った評価をしているので、参考になります。
その中でも使いやすそうなサービスを見つけて、利用すると失敗しにくいですよ。

海外wifiレンタルを会社ごとに徹底比較!

例:アメリカの料金 4G LTE プラン 3G プラン
グローバルwifi 超大容量1,470円
フォートラベルグローバルwifi 超大容量420 円~ 大容量420 円~
イモトのWifi ギガ1,500円~ ギガ1,280円~
Wi-Ho(ワイホー) 1GB/日1,250円
jetfi 1GB1,580円
ジャパエモ 5日2,500円
アロハデータ(ハワイのみ) 1日930円
JAL エービーシー 1日1,000円

海外のwifiレンタルサービスの数が増えていると紹介しましたが、おすすめのサービスだけでも上記の数だけあります。
1日で計算されたプランや、国別で分けられたプランなど、たくさんあるのでちょうどいいものを見つけてみましょう。

イモトのWiFi

イモトのWiFi

イモノのwifiは、イモトアヤコさんがCMをしているwifiレンタルサービスです。

イモトのwifiの大きな特徴は、定額制でシンプルな料金設定と、利用国の多さだけでありません。
「イモトのデータチャージ」といわれるサービスを開始し、それが他のwifiレンタルサービス業界では初めての試みになっています。

このサービスはプランの要領を使いきってしまっても、必要な容量を追加できるというもの。
500MB単位での計算となり、それが1回で500円。
つまり1MB1円と格安です。

このサービスも200ヵ国で利用可能であり、使い方としても簡単になっています。

端末のボタンを押して、受信する端末のパスワードを入力するだけ!
それだけで安定して通信ができると、人気が高まっているwifiレンタルサービスです。

イモトのwifiの料金プラン

使い勝手のいいイモトのwifiは、プラン内容もシンプルでわかりやすいものとなっています。
データ容量は500MBと1GBの2種類となっており、通信速度プランなら4G /LTEと3G通信プランの2種類の全部で4通りになります。

アメリカだと早割りという割引を使うと、1GBの大容量で高速通信プランを選ぶと、1日で1,500円だけでOK!
LTEだと下りで最大75Mbps、登りだと最大25Mbpsと使いやすい速度が出ます。

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルwifiは海外のwifiレンタルサービスでは有名であり、利用国数が多くて通信速度が安定していて、かなり使いやすいwifiレンタルサービスになります。
なんと200ヵ国で利用できるようになっており、初めて利用する人におすすめです。

特徴は、なんといっても定額制で、追加で料金が発生しないところ。
現地の通信会社と提携しているため、安定して通信ができるようになっています。

それなのに料金は、比較的リーズナブルなので、安心してwifiが使えるでしょう。
海外でトラブルがあったとしても24時間サポートと連絡が取れるので、そのあたりも人気が出ている要因です。

グローバルWiFiの料金プラン

人気のプランとしては大容量プラン。
1日で500MBまで使えるので、3人スマホなどを使っていたとしても、不満なく使える範囲でしょう。
そして4G-LTEプランだと、なんと最大で150Mbpsほどになるため、日本で使っている通信速度と変わりません。

料金を見てみても、超大容量プランをアメリカで使ったとしても1,470円。他のwifiレンタルサービスと変わりがないのがわかるでしょう。
オプションも充実しているので、迷ったらグローバルwifiを利用してみてくださいね。

フォートラベル GLOBAL WiFi

フォートラベル GLOBAL WiFi

フォートラベルも人気が高いwifiレンタルサービスのひとつ。
フォートラベルの大きな特徴は、なんといっても格安で利用できる料金。

ほとんどの場合、1日で1,000円以下になっているので、気軽に利用ができるでしょう。
しかも利用国が200ヵ国のため、海外でwifiを使うのなら、試す価値がありです。

それなのに高速通信もできて、トラブルがあったとしても、サポートも充実しているところもポイント!
もちろん定額制になっているので、それ以上の料金が発生する心配もないでしょう。

フォートラベルの料金プラン

リーズナブルにwifiが利用できるフォートラベルは、アメリカだと高速プランである4G LTEのみですが、それでも通常要領で120円と格安です。

その通常プランが250MBと2人で軽く通信する程度なら十分な容量。それなのに小銭だけで済むなら、誰でも安心できますね。
気になる通信速度だと、上りで50Mbps、下りだと150Mbpsとなります。

Wi-Ho(ワイホー)

Wi-Ho(ワイホー)
ワイホーはwifiレンタルサービスとしては、比較的歴史が長く、2010年からサービスを開始しています。
そのため人気が高いサービスとしても有名であり、受取から設定まで簡単にできるんです。

また、ワイホーも比較的リーズナブルに使えるサービスのひとつ。1か国だけなら、最低で390円でレンタルができてしまうので、試しに使ってみるのもいいでしょう。

そして使いやすさを追求するために、オプションが充実しているところもポイント!
トラブルが起こっても安心の保証機能だけでなく、AIによる自動翻訳機器や、モバイルバッテリーなんかも追加でレンタルできますよ。

Wi-Ho(ワイホー)の料金プラン

ワイホーは複数旅行する人向けと単国だけのプランの、大きく分けて2種類用意されています。1カ国だけなら1日で最低で390円とかなりお得であり、それだけでも人気が高いのがわかるでしょう。

そして上記で紹介したオプションであっても、AI翻訳機だと1日540円。
モバイルバッテリーであっても1日で216円と、リーズナブルになっています。安心保証に関しても216円からのため、ついでにオプションを付けても気にならないレベルですね。

jetfi

jetfi

Jetfiはサービスを開始してまだまだ新しいのに、それでも評判は上々です。

Jetfiは低価格で利用でき、利用も便利だというユーザーの声が多いです。

さらにwifiの端末がモバイルバッテリー代わりにもなるため、スマホの充電も気にしなくてよくなるのもポイント!
使いやすさを追求しているからこそ、後発で出てきたjetfiは、今でも人気が出ているわけです。

利用可能国は100ヵ国以上となっており、有名な国に持ち運ぶのなら問題はないでしょう。
空港での受け取りの他に、コンビニ受け取りもできて便利ですよ。

jetfiの料金プラン

Jetfiはアジアプランと、グローバルプランの2種類の上に、使い放題プランも用意されています。
アジアプランとは名前のとおり、アジア圏内で使えるプラン。
そしてグローバルプランは世界中の1か国から複数国で使えるプランです。

アジアプランなら680円から利用可能!リーズナブルになっており、長期利用パックもあるので、長期で海外旅行へ行く人でもおすすめですよ。
通信速度も下りの4Gなら最低でも150Mbpsと快適に利用できるでしょう。

ジャパエモ

ジャパエモ
ジャパエモの特徴は3日以上利用したら、お得になるプランがある点です。
アメリカの料金だと、5日間で2,500円となっていますが、1日だと500円と格安!
その代わりに3G通信となってしまうため、動画などを利用しない人にはちょうどいいでしょう。

またデータ容量を超えてしまった人は、1GB単位で追加ができるところもポイント!
使いすぎてしまっても安心できますね。

ジャパエモの料金プラン

プランとしては上記で紹介したように、国ごとに違いますが、アメリカなら5日間からの利用となります。
それでも1日あたり500円ですから、長期で滞在するとお得に使えるでしょう。

3G通信のため3~5Mbps程度と速度的には速くありませんが、同時接続が5台できるなど、使い勝手はいいでしょう。

アロハデータ

アロハデータ

アロハデータは他のwifiレンタルサービスと大きく違い、ハワイで使える便利なサービスになります。
日本人はハワイに行く人が多いというのもあり、エリアを絞っているのにも関わらず、人気が高いんです。

しかも、使える地域を絞っているからこそ、どこにいても安定して通信ができるため、口コミを見てみるといい評価ばかり。
しかも3種類のプランが用意されており、使い方によったらかなりお得になるのでおすすめです。

アロハデータの料金プラン

アロハデータはスーパーアロハデータ、アロハデータベーシック、アロハデータBIGの3種類のプランが用意されています。
それぞれデータ容量や連続通信時間に違いがあり、料金にも差が出てしまうでしょう。

1番料金が高いスーパーアロハデータを選んだとしても、1日に930円とかなりお得!
使い放題で高速通信ができるので、スマホをストレスなく使いたい人におすすめです。

JAL エービーシー

JAL エービーシー
JALエービーシーは、航空会社大手であるJALがサービスを提供している、wifiレンタルになります。
海外用のサービスと国内の2種類ありますが、知名度があるからか、海外用の需要も増えているんです。

JALエービーシーの特徴は、航空会社というのもあり、受け渡しがスムーズなところがポイント!

しかも、料金設定もシンプルで計算もしやすく、ポイントまでたまってしまうので、海外旅行を何度も行く人にぴったりです。

JALエービーシーの料金プラン

料金設定がシンプルなJALエービーシーは、なんとどの国を利用しても、1か国だけなら利用料金は1,000円と決まっています。
計画を立てていたとしても、スマホを確認せず、すぐに料金が思い浮かべるでしょう。

さらに海外で使える携帯電話サービスもしており、1日のレンタル料は250円と格安!そ上で通話料も加算されますが、それでもかなりお得に利用できますね。

海外wifiをレンタルする時の注意点

自宅で使っているwifiに関しては、特に気にせず使っていたとしても、wifiをレンタルした場合は注意するべきところが多くあります。
正しい使い方ができていないと、無駄な料金が発生するだけでなく、海外独特のトラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

レンタルした端末に沿った設定を

まずwifiを使用するには、端末とスマホなどの受信する機器を、正しく設定しないと使えません。
しかも端末によっても設定も方法が、少し違うところも把握しておきましょう。

間違えた設定をしていると、海外に行ったらいつの間にか、パケットを利用していたケースをよく耳にします。
アプリの自動更新を自動にしていたら、100MBも使ってしまうでしょう。
このような点は特に注意してください。

使い過ぎに注意

しっかり端末の設定を守って、wifiの設定ができていたとしても、使いすぎてしまうと意味がありません。
中には使い放題のプランもありますが、限度が決められているプランなら、すぐに上限を超えてしまいます。

そうなるとwifiをレンタルしても、うまく通信ができなくなるため、動画などデータ容量を消費しないようにしてくださいね。

盗難や紛失に注意

そして海外は日本よりも治安が良くないところが多く、wifiだけでなく、荷物を窃盗されないようにしましょう。
カバンを盗まれて、wifiの端末が入っていたら、紛失したとして別料金が発生してしまう可能性があります。

まとめ

海外ではスマホなどの通信をすると、高額な通信料が発生する可能性もあり、wifi端末をレンタルする必要があります。

さまざまなレンタルサービス会社がありますが、自分に合ったところを見つけると快適に海外でスマホなどを使えるでしょう。

海外Wi-Fiレンタルの記事一覧
【徹底調査】イモトのwifiってどう?口コミからわかったメリット・デメリットとは
【口コミ徹底調査】グローバルWi-Fiってどう?料金・キャンペーンも詳しく解説!