WiFi 比較

この記事のまとめ
端末を持ち歩くだけで、外出先でWi-Fiを利用できる「ポケットWi-Fi(レンタルWi-Fi)」
サービスがたくさんありすぎて、どこがおすすめかわからない!という方も多いのではないでしょうか?
今一番安くお得に契約できるのはどこ?
hikaritayasushi
ポケットWi-Fiは、現在30社以上からサービスが提供されており、それぞれの違いが分からず選ぶのが難しいですよね。そこで当ページでは、数あるポケットWi-Fiからおすすめ10社をピックアップし徹底比較!
わかりやすい比較表で、あなたにピッタリのポケットWi-Fiを見つけていただけます。

【厳選10社】ポケットWi-Fi徹底比較表

ポケットWi-Fi徹底比較表
ポケットWi-Fi10社のサービス内容を比較したものが、以下の表です。

Broad WiMAXUQ WiMAXMugen WiFiゼウスWiFiTHE WiFiNo.1 WiFi縛りなしWiFiそれがだいじWiFiY!mobileカシモWiMAX
月額料金2,726円~3,880円~3,050円~1,980円~3,480円~1,980円~3,300円~3,380円~4,380円~1,380円~
データ容量無制限無制限100GB20GB、40GB、100GB100GB10GB他2GB100GB無制限無制限
速度制限10GB/3日10GB/3日100GB/月プランによる100GB/月プランによる2GB/1日100GB/月10GB/3日10GB/3日
キャンペーン初期費用無料au 4G LTEオプション料永年無料なしなし手数料無料初期費用・初月無料
月額割引
初月無料なしなし契約後2ヵ月の月額料金が割引
U-NEXT forスマートシネマ見放題プランが1ヵ月無料
契約期間3年2年2年2年2年要問い合わせなし2年なし3年

安くてお得!一番おすすめはBroad WiMAX

Broad WiMAX
ポケットWi-Fiを契約するなら、Broad WiMAXが最もおすすめです。
Broad WiMAXは回線速度が速く、加えて月額料金も比較的安いため、コスパの良いサービスをお探しの方に大変おすすめです!

WiMAXの独自回線を利用しているため、下り最大1.2Gbpsの高速通信が可能となっています。
これなら、動画の視聴やオンラインゲームにも安心して利用できます。

料金もシンプルで、2,726円~/月という最安値レベルの設定になっています。
もちろん端末代は0円です。

また、他社サービスを解約してBroad WiMAXに乗り換えた場合、他社の違約金をBroad WiMAX側に負担してもらえるサービスもあります。
その他に、万が一Broad WiMAXに満足できなくても、違約金なしで乗り換えができる「いつでも解約サポート」というサービスもあり、安心して契約することができますよ。

月額料金2,726円~
キャンペーン・割引初期費用無料
契約期間3年
3年間利用した場合の総額131,626円
事務手数料3,000円
データ容量無制限
速度制限10GB/3日
対応エリア全国
おすすめ端末Speed Wi-Fi NEXT「W06」
端末代金実質無料
通信速度下り最大1.2Gbps
違約金12ヵ月以内:19,000円
24ヵ月以内:14,000円
25ヵ月以降:9,500円

Mugen WiFi

mugen wifi
Mugen WiFiの回線速度は、下り最大150Mbpsです。
WiMAXよりは遅いですが、料金面ではMugen WiFiの方が若干お得になります。

WiMAXは地下鉄などで電波が弱くなる傾向がありますが、Mugen WiFiはクラウドSIMというドコモ・ソフトバンク・auの電波を利用する仕組みを採用しているため、繋がりやすい点が特徴です。
過去にWiMAXを使ったことがあり、繋がりやすさに満足できなかった方には、特におすすめできます。

料金は3,050円~となり、選ぶ機種によって料金が異なります。
また、違約金が他社に比べて安いのも特徴です。

月額料金3,050円~
キャンペーン・割引30日間お試しキャンペーンあり
契約期間2年
3年間利用した場合の総額109,800円
事務手数料3,000円
データ容量100GB/月
速度制限100GB/月
対応エリア全国
おすすめ端末G4
端末代金無料
通信速度下り最大150Mbps
違約金12ヵ月以内:9,000円
24ヵ月以内:5,000円
25ヵ月以降:0円

ZEUS WiFi(ゼウス WiFi)

ゼウスwifi
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の特徴は、月額料金の安さです。
そのため、3年間利用したとしても、支払い総額が10万円以内で済ませることもできます。

月間20GB・40GB・100GBとプランが豊富なので、ライトユーザーさんからヘビーユーザーの方まで幅広い方におすすできます。
契約期間は2年ですが、2年以降はいつ解約しても、違約金がかからない点も良心的です!

月額料金1,980円~
キャンペーン・割引100GBプランのみ、割引キャンペーン中
契約期間2年
3年間利用した場合の総額71,280円~
事務手数料3,000円
データ容量20GB、40GB、100GB
速度制限プランによる
対応エリア全国
おすすめ端末H01
端末代金無料
通信速度下り最大150Mbps
違約金24ヵ月以内:9,500円
24ヵ月以降:0円

THE WiFi

THE WiFi 端末
THE WiFiは、契約時の事務手数料が無料なので、気軽に利用できるサービスです。

また、データ通信量の条件が無いので、通信制限が心配な方におすすめできます。
こちらも、ドコモ・au・ソフトバンクの回線に繋がるクラウドSIMを利用しているため、繋がりやすいというメリットがあります。

さらに、違約金も比較的安めなので、早期解約してもそれほど負担はかかりません。
国内にある15万箇所のWi-Fiスポットも利用することができるため、外出先でよくインターネットを利用する方におすすめです。

月額料金3,480円~
キャンペーン・割引手数料無料
契約期間2年
3年間利用した場合の総額137,226円
事務手数料無料
データ容量無制限
速度制限無制限
対応エリア全国
おすすめ端末U2s
端末代金無料レンタル
通信速度下り最大150Mbps
違約金24ヵ月以内:9,800円
25ヵ月以降:0円

No.1 WiFi(ナンバーワンWiFi)

ナンバーワンwifiNo.1 WiFi(ナンバーワンWiFi)は法人の方、個人事業主の方向けのモバイルルーターです。
専用の4G LTE回線を使用しているため、繋がりやすく、ビジネスでも安心して利用できます。

通常は、月間10GBプランが2,290円/月ですが、期間限定キャンペーンを行っており、以下のリンクから申し込めば、1,980円/月で利用できます。
さらに初期費用や初月利用料も無料!
月間10GBプランの他に、大容量プランも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

月額料金1,980円~
キャンペーン・割引月額割引
契約期間要問合せ
3年間利用した場合の総額約69,300円
事務手数料3,000円
データ容量10GB/月~
速度制限プランによる
対応エリア全国
おすすめ端末FS030W
端末代金無料
通信速度下り最大150Mbps
違約金要問い合わせ

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiの特徴・メリット
縛りなしWiFiには、その名の通り契約期間の縛りがありません。
さらに、1日2Gという短期間でデータ容量が区切られているプランのため、もし通信制限になっても翌日にはまた高速で通信できる点が特徴です。

このように、縛りなしWiFiは気軽に利用できるため、短期利用の方におすすめです。
※契約縛りあり、月額3000円~のプランもあります。

月額料金3,300円~
キャンペーン・割引手数料割引
契約期間なし
3年間利用した場合の総額約118,800円
事務手数料3,000円
データ容量2GB/1日
速度制限2GB/1日
対応エリア全国
おすすめ端末FS030W
端末代金無料
通信速度下り最大150Mbps
違約金0円

それがだいじWiFi

それがだいじwifi
それがだいじWiFiは、月額3,380円で、月に100GBの大容量データ通信が利用できます。
そのため、使用可能データ量当たりの料金が安く、コスパが良いサービスと言えます。

また、3日間の通信量制限もないので、通信制限の心配なく利用できるのも大きなメリットです。
このことから、通信制限が心配な方や、日ごろから大容量の通信を行う方におすすめできます。

月額料金3,380円~
キャンペーン・割引なし
契約期間2年
3年間利用した場合の総額約122,000円
事務手数料3,000円
データ容量150GB
速度制限150GB/月
対応エリア全国
おすすめ端末U3
端末代金無料レンタル
通信速度下り最大150Mbps
違約金9,500円

カシモWiMAX

カシモWiMAXとは
カシモWiMAXは、速度が速いと定評があるWiMAX回線を安く利用できるのがポイントです。
契約から2か月は、月額1,380円で利用できます。

そして、ギガ放題プランなら月間のデータ容量制限がないので、通信制限の心配が無いのが嬉しいポイントです。
※3ヶ月以降の月額は通常料金となります。
※3日間で10GB以上の通信を行った場合は、通信制限が入るため注意が必要です。

月額料金1,380円~
キャンペーン・割引契約後2ヵ月の月額料金が割引、U-NEXT forスマートシネマ見放題プランが1ヵ月無料
契約期間3年
3年間利用した場合の総額135,668円
事務手数料3,000円
データ容量無制限
速度制限10GB/3日
対応エリア全国
おすすめ端末Speed Wi-Fi NEXT「W06」
端末代金実質無料
通信速度下り最大1.2Gbps
違約金12ヵ月以内:19,000円
24ヵ月以内:14,000円
25ヵ月以降:9,500円

Y!mobile


格安スマホで有名なY!mobileですが、ポケットWi-Fiの取り扱いもしています。
Y!mobileのポケットWi-Fiは、以前は契約縛りがありましたが、現在は縛りや違約金なく利用することが可能です。

また、ご自身や家族の方がY!mobileの携帯をご利用であれば、スマホセット割の対象となります。
通常料金は他社と比べて少し高いですが、Y!mobileユーザーの方なら500円ほど安くなるので、選択肢に入れるのもアリでしょう。

月額料金4,380円~
キャンペーン・割引なし
契約期間なし
3年間利用した場合の総額約157,680円
事務手数料3,000円
データ容量無制限
速度制限10GB/3日
対応エリア全国
おすすめ端末803ZT
端末代金10,800円
通信速度下り最大972Mbps
違約金なし

UQ WiMAX

UQ WiMAX
UQ WiMAXもWiMAXの回線を利用するため速度が速いです。
そして、無制限プランなら快適にインターネットを利用できます。

また、auユーザーなら、月額最大1000円の割引キャンペーンを受けられるところもポイントです。

月額料金3,880円~
キャンペーン・割引au 4G LTEオプション料永年無料
契約期間2年
3年間利用した場合の総額約139,680円
事務手数料3,000円
データ容量無制限
速度制限10GB/3日
対応エリア全国
おすすめ端末Speed Wi-Fi NEXT「W06」
端末代金15,000円
通信速度下り最大1.2Gbps
違約金13ヵ月以内:19,000円
25ヵ月以内:14,000円
27ヵ月以降:9,500円

ポケットWi-Fiを比較するための5つのポイント

ポケットWi-Fiを比較するための5つのポイント
ポケットWi-Fiには、様々なサービスがあることが分かりました。
ここからは、各社のサービスを比較するためのポイントについて解説していきます。

料金-キャンペーン&割引を含めた料金が安いかどうか

ポケットWi-Fiを契約する際は、実質の月額料金を把握することが大事です。
月額料金だけでなく、キャッシュバックや割引も考慮したうえで、お得かどうか判断しましょう。

また、ポケットWi-Fiは2年間か3年間の契約期間があるものが多いので、その点についてもあらかじめ確認しておくと安心です。

速度-最大速度&実測値をチェック

サービスの速度説明では、最大速度が提示されていることが多いです。
しかし、どんな環境でも必ず最大速度が出るとは限りません。

そのため、最大速度だけでなく、実測値も調べる必要があります。
SNSなどでは、実際のユーザーの口コミや実測値が投稿されている場合も多いため、参考にするといいでしょう。

対応エリア

ポケットWi-Fiの対応エリアは、サービスによって異なります。
サービスによって、都市部では繋がりやすいけれど、それ以外では通信が安定しないといった場合もあります。

そのため、自身が利用する地域に対応しているかどうか、契約前に調べておきましょう。

容量-月ごとの容量と帯域制限もチェック!

各サービスやプランの、月ごとの容量はもちろん、帯域制限も確認しましょう。
帯域制限とは、3日で10GBといった、日ごとの通信制限です。

月の容量が無制限だからといってデータを使いすぎると、帯域制限の上限に達して、通信制限になってしまうという事もあります。
プランによっては帯域制限がないものもありますので、通信制限が心配な方はそういったプランを選ぶと良いでしょう。

端末性能-端末の性能で速度が変わる

契約する際には、端末の性能もよく確認しましょう。
古い端末の場合、十分な速度が確保できず、満足できないこともあり得ます。

そのため、契約する際は、最新の端末を選ぶのが最も安心でおすすめです。

そもそもポケットWi-Fi(レンタルWiFi)とは?

そもそもポケットWi-Fi(レンタルWiFi)とは?
次に、ポケットWi-Fiの種類やメリットについて解説します。

ポケットWi-Fiの回線の種類

ポケットWi-Fiで利用する回線は以下の2種類に分けられます。

WiMAX

WiMAXは、LTEに比べて速度が速く、データ容量無制限のプランが用意されている回線です。
3日で10GBまでといった制限はあるものの、大容量の通信が利用できます。

しかし、WiMAXは利用のエリアが限られているというデメリットがあります。
LTEよりも電波が届きにくいので、契約する際には、自身の利用エリアが対応しているかのチェックが必須です。

LTE

LTEはWiMAXよりも対応エリアが広いのが特徴です。

そのため、WiMAXの電波が届かない地方のエリアでも利用ができます。
また、屋内や山間部でも繋がりやすいというメリットもあります。

しかしながら、容量はWiMAXには及びません。
速度制限が不安な方は、WiMAXの方がおすすめです。

光回線(固定回線)との違いは?

光回線の場合、自宅に光回線を引き込むことで、インターネットを利用できるようになります。
一方、ポケットWi-Fiは光回線のように回線を引く必要がなく、端末が電波をキャッチするので、工事不要でインターネットを利用できる仕組みとなっています。

このように実際に回線を引くかどうかという点が、ポケットWi-Fiと固定回線の大きな違いです。

光回線を引くためには工事の手間がありますが、その分回線速度は優れており、安定性も高いのが特長です。

一方、ポケットWi-Fiは、無線接続のため安定性は光回線に劣るものの、工事無しで利用でき、料金も安く、持ち運びができるというメリットがあります。

ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

ポケットWi-Fiのメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 気軽に持ち運べる
  • 月額料金が安い
  • 工事が不要

ポケットWi-Fiは便利なサービスですが、デメリットもあります。

  • 回線速度・安定性は光回線に劣る
  • 通信制限の心配がある

光回線とポケットWi-Fiでお悩みの場合は、上記のメリット・デメリットを考慮した上で、どちらにするか決めましょう。

ポケットWi-Fiに関するよくある質問

ポケットWi-Fiに関するよくある質問
ここからは、ポケットWi-Fiによくある質問と回答をまとめています。

オンラインゲームや動画配信サービスは利用できる?

ポケットWi-Fiには、速度制限が設けられていることが多いので、オンラインゲームや動画視聴など、大容量のデータ通信には向いていません。
通信データが大きくなるサービスを利用する場合は、光回線を選んだ方が安心です。

WEBから申し込んだ方が良いの?

ポケットWi-Fiの申し込みは、WEB限定のキャンペーンや割引などが行われているため、インターネット上で行う方がお得なことが多いです。
店舗だと割引やキャンペーンが少ないため、損してしまう可能性があります。

ポケットWi-Fiは日本国内でしか利用できない?

ポケットWi-Fiの対応エリアは日本だけではありません。
海外で利用できるサービスもあり、旅行用の短期間レンタルも可能です。

ポケットWi-Fiで5Gは利用できる?

ポケットWi-Fiは5Gに対応しているものの、利用できるのは都市部にいる人たちに限られます。
対応エリアは徐々に広がっていきますが、日本中で利用できるようになるまで数年はかかるでしょう。

また、すべてのポケットWi-Fiサービスで利用できるかどうかも定かではありません。

まとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

  • おすすめのポケットWi-FiはBroad WiMAX
  • ポケットWi-Fiを契約する際は、実質月額料金や対応エリアに注意する
  • ポケットWi-Fiは、料金の安さや持ち運べるメリットがある
  • ポケットWi-Fiの申し込みは、インターネット上での申し込みがお得

ポケットWi-Fiのご利用をお考えの方は、ぜひおすすめのBroad WiMAXの契約を検討してみてください。
違約金を負担してもらえるキャンペーンも実施されているので、お得に契約が可能です。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら