こんにちは、okuです。
あなたは、他の人に比べて「仕事が遅い…」という悩みを持っていませんか?

私も普段パソコン仕事をしているのですが、キーボードを打つのは遅いし、特にExcelを使うのが苦手で、他の人より仕事が遅いという悩みがありました。

しかし、最近その悩みがかなり解決されつつあります!!
というのも、最近ショートカットキーの裏技を覚えたからです。

今回は、私が仕事で特に助けられているExcelのショートカットキー厳選16個を、お伝えします。
これを取り入れないなんて、ハリーポッターが魔法を知っていながら、使わないようなものかも……。

ショートカットキーをちらっとカンニングできる、チートシートも載せておきますので、ぜひ活用してみてください。

.

仕事に役立つショートカットキーまとめ

一発表示

①グラフを一発で作る
→[Alt]+[F1]

②今日の日付(年月日)を入力
→[Ctrl]+[;]

③選択しているセルの値を「通貨(¥)」にする
→[Ctrl]+[Shift]+[$]

行・列・セルの操作

④セルや行・列を挿入
→[Ctrl]+[Shift]+[;]

⑤その列全体を選択
→[Shift]+[Space]

⑥選択範囲を上、下、左、右に拡張する
→[Shift]+[↑↓←→]

⑦選択したセルを削除して詰める
→[Ctrl]+[-]

シート

⑧新規シート作成
→[Shift]+[F11]

⑨シートの移動
→[Ctrl]+[Page Up(Page Down)]

罫線

⑩セルの外枠に罫線を描く
→[Ctrl]+[Shift]+[&]

⑪選択している罫線を削除
→[Ctrl]+[Shift]+[ろ]

ファイルの保存・展開

⑫名前を付けて保存
→[F12]

⑬新規ファイルを開く
→[Ctrl]+[N]

⑭ファイルを開く
→[Ctrl]+[O]

計算

⑮オートSum
→[Alt]+[Shift]+[=]

書式

⑯太字書式
→[Ctrl]+[B]

.

チートシートを作ってみた

ショートカットキーは、慣れるまでは、なかなかスムーズに使いこなせないものです。
そこで、いつでも見て確認できるようにチートシートを作ってみました。
(上でご紹介したショートカットキーの他に、よく使うものも入れてあります)

この画像を職場の壁紙に貼っておくといつでも使えて便利です。

.

その他のExcel小技集

.

Excel画面の拡大縮小(ズームイン・ズームアウト)を簡単にする方法

Excel画面の拡大縮小は、通常右下のズームスライダーで行います。

.

でも、この小さいポイントにマウスを合わせるのも少し面倒ですよね。
しかし、このズームスライダーを使わなくても[Ctrl]を押しながら、マウスのコロコロを動かせば簡単に拡大・縮小ができます。
これは、Wordなどでも使える方法で、すでに使っているという方も多いかもしれませんね。

.

行の高さや列幅を均等に変更する方法

表などを作る際に、行や列の幅を均等に整えたい!ということは、けっこうあります。
そんな時は、幅を均等にしたい行や列をまとめて選択し、行(または列)の境目を動かせば、簡単にできます。

.

これを知った時は、1列ずつ幅を設定していた過去の自分がみじめになりました……。

.

Excelシートを別ウィンドウで開く方法

Excelファイルを別ウィンドウで2つ開きたいのに重なってしまう……と困ったことはありませんか?
しかし、簡単に別ウィンドウで開く方法があるんです。
通常は、エクスプローラーから、必要なファイルを2つ開くかと思いますが、このようにすると、2つのファイルが重なって表示されてしまいます。

.

そのため、ホーム画面からExcelウィンドウを2回開くようにしてみてください。
そうすれば、2つのExcelシートが別ウィンドウで表示されるので、そこから、「ファイル」→「開く」を選択して、必要なファイルを開いてください。

.

.

ちなみに・・・

ちなみに、Excelの行と列、どっちがどっちか、すぐわからなくなるのは私だけでしょうか……?

そんな時は、「ぎょー!!」「れつっ!!」と言ってみてください。
「ぎょー!!」と言っているときの「ぎ」の口は横に引っ張られているはず。
「れつっ!!」と言っているときの「つ」の口は、縦長くなっているはずです。

私は、これで行が横、列が縦だと覚えました。
あ、職場でやる時は、変な人だと思われないように気を付けてくださいね。

あとは、行の漢字には、横の二重線があるから「横」列の漢字には縦の二重線があるから「縦」という覚え方もあります。

.


今回は、仕事に役立つExcelショートカットキーをご紹介しました。

もうすでにショートカットキーを使っているという方も、1つでも使える技を増やしていただければ、嬉しいです。
ショートカットキーを覚えれば、何となく自信も持てますし、実際に仕事の効率も格段に上がります。
ぜひ活用してみてください。

スポンサードリンク