この記事のまとめ
タイでは、様々な方法でWi-Fiを使うことができます。
その中でもレンタルWi-Fiは、タイはもちろん、海外でインターネットを使う時に人気の方法です。
レンタルWi-Fiのおすすめサービスは?
hikaritayasushi
タイで使えるレンタルWi-Fiは複数社あり、その中でもいくつかのプランが用意されています。
当記事では、タイ滞在におすすめのレンタルWi-Fiをご紹介!見やすい比較表で、おすすめがすぐにわかります。
さらに、使い方や現地のインターネット事情も解説しているので、タイに渡航前に要チェックです!

【比較表】タイで使えるおすすめレンタルWi-Fi6選

タイで使えるおすすめのレンタルWi-Fiは以下の6つです。
まずは6社の比較結果を確認してみてください。

 グローバルWiFiイモトのWiFiWiHoタイデータフォートラベルJAL ABC
300MB1,170円/日680円/日1,170円/日
500MB1,370円/日1,280円/日980円/日1,370円/日
1GB1,570円/日1,580円/日1,180円/日1,570円/日
無制限2,270円/日2,080円/日1,780円/日590円/日2,270円/日1,250円/日

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、海外で使えるレンタルWi-Fiの中でも知名度が高いサービスと言えるでしょう。
プランやオプションが充実しており、端末を受け取れる空港も17ヵ所以上と、非常に使い勝手が良いのがポイントです。
現地に到着した後でも、電話などでサポートを受けることが可能なので、安心して利用できます。

プラン・料金通常(300MB):1,170円/日
大容量(600MB):1,370円/日
超大容量(1.1GB):1,570円/日
無制限:2,270円/日
オプション・料金翻訳機:400円~/日
ミニフォトプリンター:200円~/日
バッテリー:200円~/日
乗り継ぎ(トランジット)オプション:1,500円
GoPro (ゴープロ)HERO8:1,700円/日
など
保証制度安心補償パック:200円~/日
受取方法空港、宅配便、コンビニ、現地
受取可能空港羽田、成田、関空など17空港
現地でのトラブル対応あり

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、タレントのイモトアヤコさんが広告塔をしていることから、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
イモトのWi-Fiのプランには大容量、ギガ、無制限のほか、30日間借りられるものがあります。
また、盗難紛失補償や旅行保険付きなど、オプションの種類も豊富なのが魅力です。

プラン・料金大容量(500MB/日):1,280円/日
ギガ(1GB/日):1,580円/日
無制限:2,080円/日
30日(500MB/日):23,000円/30日
オプション・料金翻訳機:500円~/日
瞬間除菌・消臭スプレー:500円
3口電源タップ:180円/日
USBポート:150円/日
モバイル充電池:200円~/日
など
保証制度あんしんパック:200円~/日
受取方法空港、宅配、東京本社
受取可能空港成田、羽田、関空、福岡、新千歳、中部国際空港
現地でのトラブル対応あり

WiHo

WiHoには4種類のプランがあります。
300MBから無制限までのプランが用意されているので、Wi-Fiの使用量を考慮したうえで契約するプランを選択しましょう。
現地での会話が心配な方には、AI自動翻訳機のオプションがおすすめです。

プラン・料金300MB:680円/日
500MB:980円/日
1GB:1,180円/日
無制限:1,780円/日
オプション・料金AI自動翻訳機:330円~/日
モバイルバッテリー:220円~/日
3個口電源タップ:165円/日
4口USBポート:110円/日
USBカーチャージャー:110円/日
保証制度あんしん保証:330円~/日
受取方法空港、宅配
受取可能空港羽田、成田、新千歳、中部国際、関空、高松、松山、福岡空港
現地でのトラブル対応あり

タイデータ

タイデータの特徴は、料金の安さです。
タイデータなら、1日あたり590円で無制限プランを利用でき、タイで使えるWi-Fiの中でもトップクラスの安さとなっています。
そのため、料金の安いサービスを探している方におすすめです。

プラン・料金無制限:590円/日
オプション・料金予備バッテリー:100円/日
ポケトーク:580円~/日
保証制度安心補償:200円~/日
受取方法空港、宅配
受取可能空港成田、羽田、関空、中部国際空港
現地でのトラブル対応あり

フォートラベル

フォートラベルの海外Wi-Fiサービス内容は、グローバルWi-Fiと提携しているため、サービス内容はほとんど同じです。
違う点は、利用金額に応じてフォートラベルで利用できる「フォートラベルポイント」が貯まる点になります。
その為、フォートラベルをよく使う方には、こちらのWi-Fiがおすすめです。

プラン・料金通常(300MB):1,170円/日
大容量(600MB):1,370円/日
超大容量(1.1GB):1,570円/日
無制限:2,270円/日
オプション・料金翻訳機:400円~/日
ミニフォトプリンター:200円~/日
バッテリー:200円~/日
ミニフォトプリンター:200円~/日
GoPro (ゴープロ)HERO8:1,700円/日
など
保証制度安心補償パック:200円~/日
受取方法空港、宅配便、現地
受取可能空港羽田、成田、関空など17空港
現地でのトラブル対応あり

JAL ABC

JAL ABCのプランは無制限のみです。
そのため、無制限プランの契約を検討している方は、JAL ABCも選択肢の1つとなるでしょう。
なお、受取可能空港は3ヵ所だけと少ないため、ご注意ください。

プラン・料金無制限:1,250円/日
オプション・料金POCKETALK(翻訳機):814円/日
eTalk5(翻訳機・WiFiルーター):1,650円/日
モバイルバッテリー:213円/日
保証制度安心補償:210円/日
受取方法空港、宅配
受取可能空港成田、羽田、関空
現地でのトラブル対応あり

プランの選び方-利用用途で選ぼう

レンタルWi-Fiのサービスを利用するには、プランを選択する必要があります。
サービスによって取扱いの有無は異なりますが、プランの種類は300MB、500MB、1GB、無制限の4つのどれかになるでしょう。

Wi-Fiの主な使い道が、サイトの閲覧、またはメールやLINEを利用したメッセージの送受信であれば、容量の少ないプランで問題ありません。

しかし、動画を観たり、大量の画像を送受信したりするような場合は、少ないプランでは不安が残ります。
そのため、インターネットの利用頻度が高くなりそうなら、大容量のプランをおすすめします。
スカイプやテレビ電話を利用する場合も、大容量プランが安心です。

また、プランを決める際はインターネットの用途だけでなく、利用人数も考慮しなければなりません。
複数人で一つのレンタルWi-Fiを利用する場合は、容量の大きいプランを選ぶのが良いでしょう。
なお、その場合はサービスの料金が割り勘できるので、一人で利用するより料金を抑えることができます。

レンタルWi-Fiの申し込み・利用・返却の流れ

次に、レンタルWi-Fiの申し込みから返却までの流れを解説します。

WEBで申し込み

レンタルWi-Fiの申し込みは、サービスの公式サイトで簡単に行えます。
申し込みの期限はサービスによって違いますが、中には当日(最短30分前まで)申し込みが可能なものもあります。

端末を受け取る

申し込みが完了したら、Wi-Fiの端末を受け取ります。
受け取り方には、宅配便で送ってもらう方法のほか、国内空港や現地の空港などで受け取る方法から選べます。
出発から時間がある場合は宅配が利用でき、ギリギリの場合は空港での受け取りのみとなります。

現地で利用する

レンタルWi-Fiを受け取って現地に到着したら、端末のスイッチを入れてください。
その後、スマホやパソコンなど、Wi-Fiにつなぐ端末を操作してパスワードを入力すれば、Wi-Fiの利用を開始できます。

機器を返却する

帰国したら、借りていた機器を返却します。
返却方法はサービスによって異なりますが、空港の返却ボックスまたはカウンターか、宅配で返却するものがほとんどです。

タイでWi-Fiを使う4つの方法-現地フリーWi-Fiは危険?

続いて、タイでWi-Fiを使う方法を解説していきます。
モバイルルーターを借りるかどうかの判断基準として、参考にしてください。

現地のフリーWi-Fiを利用する

タイ国内には、フリーWi-Fiが整っています。
フリーWi-Fiを利用可能な場所は、空港や駅、観光地、病院など様々です。
バンコクなどの栄えた都市では、街中でも使えます。

フリーWi-Fiなので、利用する上で料金を請求されることはありません。

フリーWi-Fiをおすすめしない理由

フリーWi-Fiはセキュリティが緩いので、ウイルスやハッキング、情報抜き取りなどの危険があります。
そのため、特に海外でのフリーWi-Fiの利用はあまりおすすめしません。

ホテルやカフェなど、パスワードが設定されているものなら、利用者が限られているのでまだ安心できます。
しかし、パスワードが設定されておらず、誰でも利用できるようなものは危険なので、ご注意ください。

タイで使えるレンタルWi-Fiを使う

当記事でも解説してきましたが、タイでインターネットを使う方法としておすすめなのは、レンタルWi-Fiを使う方法です。
レンタルWi-Fiのサービスなら、オプションが豊富で現地でのトラブル対応もあるので、安心して利用できます。
また、複数人でWi-Fiを利用できる点も、料金を節約できるので魅力です。

タイで使えるSIMを購入する(日本/現地で購入)

SIMフリー端末やSIMロックが解除されているスマホを持っている場合は、タイで使えるSIMカードを購入するのも良いでしょう。
タイで利用可能なSIMカードを挿入することで、現地でもWi-Fiを利用できるようになります。

日本では、Amazonなどのネットショップで簡単にSIMカードを購入できます。
SIMカードを利用するには端末の設定が必要な場合もあるため、利用する場合は事前に利用方法を確認しておきましょう。

また、SIMカードを現地で買うことも可能です。
商品は現地の空港や街中で売られており、設定は店員が行ってくれるので、SIMを使いたいけど設定がよくわからないという方におすすめです。

利用キャリアの海外サービスに加入する

携帯キャリアは、海外でスマホを利用するためのサービスを提供しています。
この海外サービスに加入すれば、現地でスマホの電源を付けるだけでインターネットを利用できるようになります。
ただし、日本で使用するのと比べて料金が高いので、あまりおすすめしません。

タイのWi-Fi情報まとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

レンタルWi-Fiのプランは、用途を考慮したうえで選択する
サービスの申し込みはインターネットから行う
フリーWi-Fiは危険なのでおすすめしない

タイでWi-Fiを利用するなら、誰でも簡単に利用できるレンタルWi-Fiがおすすめです。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら