ソフトバンク光 wifi

この記事のまとめ
ソフトバンク光でWi-Fiを利用する方法は、2パターンあります。
案外これについては、あまり知られていないので、しっかり確認しておきましょう。
Wi-Fiの利用に必要な契約や準備物とは?
hikaritayasushi

ソフトバンク光でWI-Fi接続を利用したい!」
「でも具体的にどうすればいいの?」

当ページでは、こんな疑問にとことんお答えします。
Wi-Fiを利用するための契約や準備から接続設定方法まで詳しく解説しているので、これを読めばWi-Fiに関する疑問がなくなるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光でWi-Fi接続する方法は2つ

ソフトバンク光でWi-Fi接続する方法
ソフトバンク光でWi-Fiを利用する方法としては、以下の2つがあります。

  • ソフトバンク光で機器をレンタルする
  • 自分でWi-Fiルーターを購入する

前者の場合はソフトバンク光から提供される光BBユニットという機器がレンタルされ、相性の心配などなく、確実に利用することができます。

こちらの機器はIPv6通信も利用できるものとなりますので、高速通信、安定した通信を求める方にもおすすめです。
デメリットとしては、毎月のレンタル料金(467円/月)が発生することですね。

自分でWi-Fiルーターを用意する場合は、自分の利用したいWi-Fiルーターを利用できますが、ルーターの購入費用がかかる点と相性の問題が発生する場合があるという点がデメリットとなります。

ただし、見るとレンタルよりも購入する方が実質の利用料金が安くなるため、コストをできるだけ抑えたいなら、購入する方がおすすめです。
ですが、このあと紹介するIPv6を利用する場合は、レンタルが必須ですのでそのような場合はレンタルする方がお得になりますよ。

光BBユニットのレンタルだけでは、Wi-Fiを利用できないので注意–Wi-Fiマルチパックとは?–

実は光BBユニットをレンタルしても、それだけでWi-Fiを利用できるわけではありません。
加えて「Wi-Fiマルチパック」というオプションを契約しなければWi-Fi機能を利用することができないのです。

機器のレンタル料金(467円/月)はあくまで光BBユニットのレンタル料金となっていますのでWi-Fi機能を利用する場合は別途、Wi-Fiマルチパックの契約料金(990円/月)が必要となります。

ただし、オプションパックをというものを契約すると「BBユニットレンタル料金」「Wi-Fiマルチパック料金」「ひかり電話基本料金」の3つのオプションが500円/月で利用できますので、レンタルでWi-Fiを利用される方はこちらのオプションセットを契約することをおすすめします。

IPv6を利用する場合は光BBユニットの契約が必須

IPv6を利用する場合は光BBユニットの契約が必須
ソフトバンク光でIPv6を利用したい場合は、BBユニットの契約が必須となっています。
IPv6接続とWi-Fiをする場合、以下のどちらかの組み合わせで利用する必要があります。

  • 光BBユニット+Wi-Fiマルチパック
  • 光BBユニット+市販ルーター

市販のIPv6対応ルーターだけでは、IPv6接続ができませんので注意しましょう。

そのため、IPv6を利用するなら、必ず光BBユニットのレンタル料金がかかると考えておきましょう。

レンタルと市販ならどちらがいいの?

レンタルと市販ならどちらがいいの?
レンタルと市販ならどちらがいいのか?は状況によって異なります。
ケース別にまとめてみたので、確認してみてください。

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方→レンタル
上記以外でIPv6を利用される方→レンタル+市販のルーター
上記以外の方→市販のルーター

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方は、おうち割の適用条件に光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+光電話のオプション(全部で500円/月)が含まれているので、レンタルの方がお得に利用できます。

それ以外でIPv6を利用したい方は、光BBユニット+市販ルーターがおすすめです。
というのも、500円/月で3つのオプションが利用できるオプションパックは、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザー限定で提供されているものだからです。

光BBユニット+Wi-Fiマルチパックを契約すると1,457円/月もかかってしまうため、光BBユニット(467円/月)と市販のルーターを組み合わせて利用した方が賢明でしょう。

それ以外の方で、とにかく安くWi-Fiを利用したい場合は、市販ルーターのみでWi-Fiを利用することがおすすめです。
ただし、光BBユニットを利用した方が速度は出やすい傾向があるため、その点も踏まえて検討してみてください。

ソフトバンク光を利用される多くの方は、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーかと思いますので、ほとんどの場合レンタルでOKですよ。

市販ルーターのおすすめは?

市販ルーターのおすすめは?
市販のWi-Fiルーターでおすすめの機種を紹介します。

Wi-Fiルーターは様々な機種がありますので、どれを選べばよいかわかりませんよね。
そのようなときは、以下で紹介するWi-Fiルーターを利用することをおすすめします!

NEC Aterm WG2600HS

1つ目に紹介するWi-FiルーターはNEC製のAterm WG2600HSです。
こちらのWi-Fiルーターは最大通信速度1,733Mbpsと超高速で通信を行うなうことができます。

また、推奨接続台数が18台とかなり多いため、複数の機器を接続しても安定した通信を行うことができますよ。
ハイパフォーマンスな機種なので、妥協したくないという方はこちらのWi-Fiルーターをおすすめします。

BUFFALO WSR-1166DHPL

続いて紹介するWi-FiルーターはBUFFALOのWSR-1166DHPLです。
こちらのWi-FiルーターはAmazon価格で3,500円程度と低価格なのですが、最大通信速度が866Mbpsと高速通信を利用できるため、コストパフォーマンスに優れています。

価格面で選ぶのであれば、こちらのWSR-1166DHPLをおすすめします。

TP-LINK AC1200


最後に紹介するWi-FiルーターはTP-LINK のAC1200です。

こちらのWi-FiルーターはメッシュWi-Fiという機能を備えており、最大100台までの中継機を設置することができます。
ですので、オフィスや自宅などでWi-Fiの死角をなくしたい方におすすめのWi-Fiルーターです。

価格も2台セットで12,000円程度とお得ですよ。

代理店エヌズカンパニーなら Aterm WG2600HSがもらえる!

代理店エヌズカンパニーなら Aterm WG2600HSがもらえる!
ソフトバンク光をこれから契約したいと考えている方には、代理店エヌズカンパニーからの申し込みがおすすめです!
というのも、代理店エヌズカンパニーでは、上で紹介したおすすめルーターAterm WG2600HSがプレゼントしてもらえるからです。

また、それに加えて28,000円のキャッシュバックも受け取れるため、大変お得に契約できます。

こちらのWi-Fiルーターをもらえる条件のエヌズカンパニー経由で申し込むだけと特に難しい条件はありませんので、おすすめですよ。

もちろん公式キャンペーンも併用できるので、お得に申し込みたい方や高性能ルーターが欲しい方はチェックしてみてください。

ソフトバンク光のWI-Fi接続・設定方法は?

ソフトバンク光のWI-Fi接続・設定方法は?
ソフトバンク光のWi-Fiの接続方法と設定方法を紹介します。
接続方法は、BBユニットをレンタルしている方はBBユニットとONUをLANケーブルで接続し、ONUの光ケーブルを光コンセントに接続するのみです。

市販のWi-Fiルーターを利用する場合は、Wi-FiルーターとONUをLANケーブルで接続し他はBBユニットのときと同様でONUと光コンセントを光ケーブルで接続します。
設定方法は、光BBユニットの場合もWi-Fiルーターのときの同様で、BBユニット(Wi-Fiルーター)にログインし、ユーザー名とパスワードを入力するだけです。

まとめ

ソフトバンク光でWi-Fiを利用する場合は、レンタルと市販ルーターのどちらでも利用することができますが、高速通信を利用できるIPv6を利用するには、BBユニットが必須なのでレンタルを行う必要があります。

レンタル料金はソフトバンクまたはワイモバイルユーザーなら、複数のオプションがセットで500円で利用できますので、おすすめですよ。
高速通信を利用したい方はぜひBBユニットをレンタルしてくださいね!

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら