この記事のまとめ
ソフトバンク光は、NTTの光回線を利用した光コラボサービスです。
最大速度は下り1Gbpsとなっており、特にソフトバンクユーザーにはお得なインターネットと言えます。
ソフトバンク光の実際の速度とは?

hikaritayasushi
「ソフトバンク光に契約したいけど、速度が遅いという噂もあって不安」という方も多いのでは?
そこで、このページではソフトバンク光の速度について徹底調査!
実際の速度や最大限スピードを出すためのポイントを紹介しています。
万が一遅かった時の対処法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光の速度を徹底調査!「遅い」って本当?

ソフトバンク光の通信速度は、遅いという噂があります。
では、この「ソフトバンク光は遅い」という情報は本当なのでしょうか?

実際にソフトバンク光を利用されている方の口コミを調査してみると、実際に
快適に利用できていないという方もいらっしゃいました。
しかし、これが全てだと思うのはまだ早いです。
というのも、光回線はお使いの環境によって速度に差が出やすいため、ソフトバンク光に限らずどんなサービスでも「遅い」という口コミは一定数あります。
速度に満足しているユーザーも多いので、次は良い口コミについて見てみましょう。

多くのユーザーは速度に満足している

「遅い」という口コミがあるのは事実ですが、実のところソフトバンク光の多くのユーザーは速度に満足されています。

中には、下り速度が500Mbps以上出ている方もいらっしゃいました。

通信速度が遅い、速い両方の口コミを確認しましたが、実際の通信速度は利用してみないとわからないところは多いです。

ですが、口コミを検証すると速度に満足されている方のある共通点がわかりました。
それについては、「ソフトバンク光の速度を最大限まで上げるポイント」で紹介しています!

実測値を調査した結果!平均値はどれくらい出るの?

ソフトバンク光の速度に関する口コミを調査した結果、1Mbpsを切る方もいれば、速い方で500Mbpsを超える通信速度で利用できている方もいました。

平均値を調査すると、以下のような数値であることがわかりました。

・下り平均:190Mbps

・上り平均速度:138Mbps

Ping平均値:20.87ms

このような速度であれば、問題なく動画視聴やオンラインゲームを楽しむことができます。
「遅い」という口コミが目立ってしまいがちですが、調査の結果ソフトバンク光は、快適に利用できる速度であることがわかりました!

ソフトバンク光の速度を最大限まで上げるポイント

ソフトバンク光を利用していて通信速度に満足できていない方もいるようですね。
ですが、以下の方法を実施すれば、ソフトバンク光の速度を最大限まで上げることができます。
快適に利用したい方は、ぜひ実践してみてください。

ポイント①:光BBユニットをレンタルする

ソフトバンク光を快適に利用できている方の共通点は、ソフトバンクからレンタルできる「光BBユニット」をレンタルしているということ!

速度が気になるなら、ご自身でルーターを用意するのではなく、光BBユニットをレンタルしましょう。
レンタル料は467円/月かかりますが、高速通信が期待できるため、オプションに加入する価値はありますよ。

ポイント②:IPv6接続を利用する

IPv6接続を利用すれば、さらに速い通信速度でインターネットを楽しむことができます。
IPv6とは、次世代型の通信規格で、従来の通信よりも混雑しにくいため、快適に利用できます。

IPv6通信を利用する場合、光BBユニットをユニットのレンタルが必須となりますので、申し込みをしておいてください。

IPv6通信は光BBユニットをユニットのレンタルさえしていれば、無料で利用できます。
申し込みはMy Softbankから行うことができますので、手続きされることをおすすめします。

ポイント③:光BBユニットに同梱されているLANケーブルを利用する

速度を最大限までアップしたいなら、光BBユニットに同梱されているLANケーブルを利用されることをおすすめします!

実は、LANケーブルの規格も通信速度に大きく関係しているので、注意が必要です。
もし、最大1Gbpsの速度に対応していないLANケーブルを使ってしまうと、速度が遅くなってしまう可能性があります。
同梱のLANケーブルを紛失などしてしまった場合はLANケーブルの規格の一つである「カテゴリー6」以上のケーブルを利用することをおすすめします。
カテゴリー6以上のケーブルであれば同梱されているケーブルと同等のケーブルとなりますので、こちらの規格のケーブルを探してみてください。

ソフトバンク光の速度チェック方法

ソフトバンク光の通信速度をチェックする方法を紹介します。

それは、スピードテストを利用することです。
ちなみに当サイトでもスピードテスト機能を提供していますので、活用してみてください。

その他には、以下のようなサイトがあります。

USEN
FAST
Radish

測定結果は「Mbps」という単位で表示されます。
目安としては、下り5Mbpsでウェブページを快適に閲覧できる通信速度、10Mbpsで通常画質の動画を快適に利用できる通信速度、20Mbpsで高画質な動画を快適に視聴できる通信速度となります。

万が一遅かったら確認!原因と対処法は?

ここからは、速度が遅い時の原因と対処法を説明します。
こちらの方法を試すことで解決する場合もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ルーターを再起動する

パソコンは長時間起動しておくと、動作が重くなったりフリーズしてしまったりします。
Wi-Fiルーターも中身はパソコンと同じ仕組みとなっていますので、長時間起動し続けていると熱を持ったり、動作が遅くなる場合があります。
ですので、もしWi-Fiルーターを長時間起動していなかった場合は一度Wi-Fiルーターを再起動してみましょう。

ルーターの位置を変える

Wi-Fiルーターの位置を変えることで通信速度が向上する可能性があります。
スマホの電波塔は高いところにありますよね?
電波塔は高いところに設置することでより遠くへ電波を飛ばすことができます。
Wi-Fiルーターも同様で高いところに設置することでより遠くへ電波を飛ばすことができますので、現在設置しているWi-Fiルーターの位置が低い位置にある場合、一度高いところへ設置してみてください。
また、台所など水が近いところへの設置をしている方は位置をずらすことをおすすめします。
水は電波を吸収する性質があるため、水が近いと電波は減衰し、通信距離が短くなってしまいます。
当てはまる方は、設置位置を見直してみてください。

光BBユニットを新しい機種に変えてもらう

光BBユニットはレンタルした時期によって性能が異なります。
こちらの性能ですが、旧機器と新機器を比較すると性能が大きく違うようです。
ソフトバンクに問い合わせると新しい機種の光BBユニットを送ってもらえます!
古い機種(E-WMTA2.1)を利用している場合は、一度ソフトバンクに問い合わせてみてください。

Wi-Fiの周波数を変更する

Wi-Fiルーターは現在販売されているもののほとんどは2.4Ghz帯と5GHz帯を切り替えたり、同時に利用することができます。
2.4GHz帯は電波が回り込むため、広範囲で通信を行うことができますが、電子レンジや他の無線機器と同じ周波数の電波を利用しているので電波が干渉してしまいますので通信速度が遅くなる場合があります。
その反面、5GHz帯はWi-Fi通信を利用できるエリアは2.4GHz帯に比べ、狭いですが通信速度は2.4GHz帯の数倍の速度で通信を行うことができます。

速度が遅い場合は、周波数の設定が利用環境に適していない可能性があるため、切り替えてみましょう。

まとめ

ソフトバンク光は速度面で不安を感じている方も多いようですが、利用者の多くは快適に利用できていることがわかりました。

通信速度が遅い場合は光BBユニットというオプションを利用することでIPv6通信を利用できるため、通信速度を向上させることができます。
現在ソフトバンク光を利用している方で光BBユニットを利用していない方は利用することをおすすめします。新規で申し込みを考えている方は光BBユニットの契約を忘れずに行ってくださいね。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら