ソフトバンク光 オプション

この記事のまとめ
ソフトバンク光には、たくさんのオプションサービスがあります。
オプションが豊富なのは良いことですが、契約時にはどれが必要なオプションかしっかり確認しておくことが重要です。
あなたにとって必要なオプションとは?

hikaritayasushi
「ソフトバンク光のオプション、どれが必要なの?」と疑問に感じる方は多いようです。
そこで、このページではソフトバンク光のオプションの内容や料金を徹底解説!

これを読めば必要なオプションを知ることができます。
不要なオプションの解約方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【状況別】ソフトバンク光の必要オプションは?

ソフトバンク光の必要オプションは?
ソフトバンク光のオプションは、必要に応じて追加することで便利に利用することができます。
ソフトバンク光は様々なオプションサービスを提供しているため、自分にとって必要なオプションサービスを選択しましょう。

状況別に必要なオプションを紹介しますので、どのオプションに契約するか決めるのに参考にしてみてください。

Wi-Fiをレンタルで利用したい人

Wi-Fiをレンタルで利用したい人は、以下の2つのオプションに加入する必要があります。

  • 光BBユニットレンタル(467円/月)
  • Wi-Fiマルチパック(990円/月)

ですが、ソフトバンクユーザーの場合、「オプションパック」(500円/月)というオプションサービスをおすすめします。
こちらのオプションは、上記の2つのオプションに加え、光電話のオプションも利用できるパックで、通常よりお得に利用できます。

光BBユニットのレンタルと、Wi-Fi機能は通常は、別料金となりそれなりの料金が発生しますが、おうち割でWi-Fiマルチパックを契約すると毎月500円のオプション料金で利用することができますよ。
こちらは、ソフトバンクのスマホセット割引の条件として加入必須となっているため、一石二鳥ですよ。

光電話を利用したい人

ソフトバンク光は、光電話も利用することができます。
光電話に加入する場合は、以下のオプションが必要になります。

  • 光電話(500円/月)
  • 光BBユニットレンタル(467円/月)

上記2つのサービスも、すでに紹介した「オプションパック」(500円/月)に含まれるため、必要な場合はパック契約されることをおすすめします。

光電話を利用する場合は毎月基本料金として、500円の料金がかかりますが、通常のアナログ電話よりも基本料金や通話料が安いです。
固定電話を利用していた方で、引き続き同じ電話番号で利用したいという方も番号ポータビリティというサービスを利用することで番号そのままで光電話に乗り換えることができますよ。

IPv6を利用したい人

ソフトバンク光でIPv6を利用するには、

  • 光BBユニットレンタル(467円/月)

を利用する必要があります。
IPv6の利用自体は無料ですが、機器のレンタルには毎月料金がかかります。

光BB光ユニット単体のレンタルを行うこともできますが、おうち割を利用している場合、同時にWi-Fiサービスも利用でき、毎月のオプション料金の安くなる「オプションパック」の利用をおすすめします。

このように、利用用途ごとに様々なオプションサービスがありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

スマホ割に必須なオプションパックとは?

ソフトバンク光は特定のオプションサービスを利用することでソフトバンクのスマホが毎月安くなるおうち割というサービスがあります。
こちらを利用するために必要なオプションパックを紹介します。

スマホ割(おうち割)ソフトバンク光とソフトバンクのスマホを利用することでスマホ代が割引してもらえるというもの。

ですが、以下のオプションへの加入が必須となっています。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • 光電話orホワイト電話or BBフォン

これらすべて契約すると毎月2,000円程度の料金となり損をしてしまうと思いますが、ソフトバンク光ではこれらのサービスをセットにした「オプションパック」という名前で毎月500円という低価格で提供しています。

ソフトバンクのスマホを安くするにはオプションパック一つで割引を受けることができますので、ソフトバンクのスマホを利用している方はぜひオプションパックを契約しましょう。

オプションパックを500円/月で利用する場合の注意点は、不必要なサービスが有っても解約しないように注意することです。
一つでもオプションサービスを解約すると毎月のオプション料金が高くなるだけではなく、スマホの割引を適用することができなくなるため、利用しないサービスがあったとしても解約はせずに残しておきましょう。

おうち割は本当に必要なの?

おうち割は本当に必要なのか?気になっている方もいるかと思います。
おうち割ですが、光回線の料金が毎月500円高くなるのに対し、ソフトバンクのスマホは毎月いくら安くなるのでしょうか。

ソフトバンクのスマホの割引額は、プランによって異なります。
毎月2,000円程度の低価格プラン、ケータイプランなどは基本的に毎月500円の割引となります。

大容量のプランを契約している場合は、毎月1,000円の割引が目安ですね。

そのため、家族の中で自分だけソフトバンクスマホで契約している場合は、毎月500円の割引を適用させるために、毎月500円のオプション料金が必要となるというケースもあります。

ただし、割引額がプラスマイナス0でも、反対に言えば、高速通信のIPv6やルーター機能が無料で使えるということになるので、入っておいて損することはありません。

また、家族でソフトバンクのスマホを利用している場合は、必ずおうち割に申請しておくべきです。
ソフトバンクのスマホを利用している台数分割引を受けることができます。

例えば、4人家族でそれぞれソフトバンクの大容量プランを利用しているなら、大容量プランは毎月1,000円の割引を受けることができますので、4台×1,000円で毎月合計4,000円の割引を受けることができます。

各オプションの詳細を解説!

ここからはソフトバンク光の各オプションサービスの詳細を紹介します。
それぞれのオプションサービスの特徴や機能を理解して使いこなしましょう!

光BBユニットレンタル(467円/月)

光BBユニットレンタル
光BBユニットレンタルはソフトバンク光でIPv6や光電話を利用するために必要な機器のレンタルサービスです。
光BBユニットのみのレンタルの場合、毎月467円の料金が発生します。

他社の光回線はONUにWi-Fiルーターを接続し、Wi-Fiルーターの機能でIPv6を利用することができますが、ソフトバンク光は光BBユニットがないとIPv6を利用することができませんので、IPv6を利用される場合は必ずこちらのオプションサービスを利用する必要があります。

Wi-Fiマルチパック(990円/月)

Wi-Fiマルチパック
Wi-Fiマルチパックは、光BBユニットでWi-Fi機能を利用する際に必要なオプションサービスです。
オプションの利用料金は毎月990円となります。

少々料金が高いようにも感じますが、Wi-Fiマルチパックを契約するとソフトバンクの公衆Wi-Fiサービスである「BBモバイルポイント」のアカウントを1つ無料で発行することができます。

利用できるエリアは駅なカフェなど様々なエリアで利用できますので、カフェでパソコンなどを利用する方にはおすすめですね。

ちなみに、自分でルーターを用意するなら、こちらのオプションは必要ありません。

市販のWi-Fiルーターを利用することでWi-Fiマルチパックの料金を支払う必要がなくなるため、安さを重視される方やスマホ割に申し込まない方は、市販のルーターを使用することをおすすめします。

光電話(500円/月)

光電話
光電話は、光回線を利用した電話サービスなので、アナログ電話に比べ、毎月の基本料金が安く、通話料が安いのが特徴です。
自宅からよく電話をする方、昔から固定電話を利用している方におすすめですね。

すでに利用しているアナログ電話から電話番号を変えることなく乗り換えることも可能ですので、連絡先を変更したりする必要がありませんよ。

毎月の基本料金は500円で通話料はアナログ電話の半分ほどなのでとてもお得です。
ソフトバンク光では光電話の他にホワイト光電話、BBフォンなど数種類の電話サービスを提供しています。
簡単に紹介すると、以下のような違いがあります。

サービス名月額料金特徴おすすめな人
光電話500円NTTが提供電話番号を変えたくない人
ホワイト光電話467円ソフトバンクが提供
(ソフトバンクのスマホ・携帯電話の通話料が無料)
固定電話からソフトバンクのスマホによくかける人
BBフォン無料050の番号で始まるとにかく安く利用したい人

光電話とホワイト光電話はほとんど同じようなもので光電話はNTTが提供する電話サービスでホワイト光電話は光電話のサービスにソフトバンクのスマホ、携帯電話の通話料が無料、提携光電話の通話料が無料とオプションサービスが付帯しています。

電話サービスが複数あるソフトバンク光ですが、基本的には光電話をおすすめします。
シンプルな料金体系でもっとも一般的なサービスです。

電話を多くする方、ソフトバンクのスマホ、携帯電話へ電話を多くかける方は、ホワイト光電話を利用することで安くすることができます。

Yahoo!BB基本サービスは必須ではない

Yahoo!BB基本サービスは必須ではない
Yahoo!BB基本サービスは初月無料ということで、契約する方も多いかもしれませんが、基本的には不必要なサービスです。
インターネットを利用するために必須のプロバイダ料金と勘違いされがちなオプションなので、注意してください。

Yahoo!のショッピングやオークションなどYahoo!のサービスを多く利用する方は、契約し続けることでもらえるポイントが多くなったり、クーポンが配布されたりとお得に利用できる場合もありますので、自分のYahoo!のサービスの利用頻度と相談して利用を継続するか決めましょう。

オプションサービスの料金は、スタンダードプランで毎月300円、プレミアムプランで毎月500円です。

テレビオプション

テレビオプション
ソフトバンク光が提供しているテレビオプションには、「ソフトバンク光テレビ」と「ひかりTV」の2種類があります。
違いは以下の通りです。

ソフトバンク光テレビひかりTV
初期費用6,500円~19,8000円
月額利用750円~4,8121,000円~2,500
チャンネル数47ch80ch以上
オンデマンド動画なし111,000
メリット1チャンネルから契約できる
・料金が安い
・オンデマンド動画が豊富
・初期費用不要
・工事不要
デメリット・初期費用がかかる・チャンネルごとの契約はできない

ソフトバンク光テレビはソフトバンク光の光回線を利用して、地デジやBS(有料放送を含む)を配信するサービスです。

自宅にアンテナを設置する必要がなく、天気が悪くても安定したテレビサービスを利用することができますのでおすすめですよ。
利用料金は、テレビ伝送サービス料が毎月450円、テレビ視聴サービス料が毎月300円ですので、毎月合わせると750円の料金が発生します。

ひかりTVは様々なチャンネルから選択して視聴できるテレビサービスです。
専門チャンネルが数多くあり、複数チャンネルとセットでのプランもありますので自分の好みに合わせたチャンネルを視聴することができます。

料金は契約するチャンネル数、セットプランによって異なりますが、1,000円程度の低価格から利用できますよ。

ちなみに、スカパーに申し込みたい場合は、ソフトバンク光テレビのオプションとして追加することができます。
ひかりTVでも、スカパーで提供されている専門チャンネルの多くは網羅されています。

サポートオプション

サポートオプション
ソフトバンク光のサポートオプションについて紹介します。
ソフトバンク光には、トラブルやお困りごとがあったときに、リモートでサポートしたり出張設定などを行ってくれるオプションサービスがあります。

サポートのオプションサービスは複数ありますので、わかりやすいよう表でまとめました。

オプション名料金オプション内容
BBサポートワイドサービス300円/訪問・電話・リモートサポート
リモートサポートサービス(N)500円/電話やリモート操作でサポート
24時間出張オプション(N)3,000円~
※利用サービスによって異なる
24時間出張サポート

Wi-Fiオプション

Wi-Fiオプション
Wi-Fi関するオプションサービスを紹介します。
ほとんどの方は利用する必要はないと思いますが、利用すると便利なサービスもありますので、紹介させていただきますね。

オプション名料金オプション内容
ホームゲートウェイ光電話あり:基本的に0
光電話なし:基本的に450
光電話、Wi-Fiサービスが利用可能なONU一体型機器
無線LANパック990円/ホームゲートウェイで無線LANを利用できるオプション
公衆無線LAN(おでかけアクセス)290円/ソフトバンクの公衆Wi-FiBBモバイルスポットが利用可能
海外ローミング(おでかけアクセス)1分間20円または40海外から提携会社を通じて日本のサイトにアクセスすることが可能

その他のサービス

その他のサービス
その他のオプションサービスを紹介します。
その他のオプションサービスはセキュリティサービスや、住まいに関するサービスです。

オプション名料金オプション内容
BBセキュリティ300円/パソコン、スマホ、タブレットで利用できるセキュリティサービス
BBお掃除&レスキューサービス内容によって異なる配管の詰まりやトイレのつまりなど日常的なトラブルを解決
BBライフホームドクター500円/健康管理など専門家にサポートしてもらえるサービス
とく放題(B)500円/食料品や日用品を手頃な価格で購入できるサービス
BBマルシェ by 大地を守る会458円/独自の厳しい基準をクリアした安心安全な食材をウェブで注文できるサービス
BBソフト利用するソフトによって異なるWPSOfficeなど様々なソフトを毎月お手頃な価格で利用できるサービス
請求明細発行サービス発行手数料200毎月の料金を請求書支払いできるサービス

不要オプションの解約方法

不要オプションの解約方法
ソフトバンク光の不要なオプションの解約方法について紹介します。

不要なオプションの解約方法は、My SoftBank にアクセス後、解約したいオプションを選択し、利用停止をクリックするのみです。

マイソフトバンクのログイン方法ですが、ソフトバンク光を契約した際にIDとパスワードが発行されたと思いますので、こちらを利用してログインしてください。
ログインできなかった場合や契約書がない場合はサポート窓口に問い合わせを行いましょう。

オプション解約の注意点

オプション解約の注意点
オプションの解約を行う際の注意点について紹介します。
解約前に一度こちらの項目を確認してみてくださいね。

必須オプションを外すとおうち割は利用できなくなる

不要なオプションは解約してしまっても問題ありませんが、まれに解約すると毎月の料金が高くなる場合があります。

例を挙げるとオプションパックを解約した場合がそれに当たります。
オプションパックはソフトバンクのスマホの料金をやすくするために必要なオプションですが、こちらを解約するとスマホの割引を適用することができず、毎月の料金が高くなってしまいます。

また、オプションパック自体も3つのオプションがセットになったパックとなりますが、こちらの中のオプションサービスを一つでも解約するとセット料金が適用されなくなり、本来の料金を支払う必要があります。
スマホ割を引き続き利用したい場合は、オプションパックに含まれているオプションサービスを解約しないようにしましょう。

解約金が発生するオプションもある

オプションサービスに中には解約すると解約金が発生するオプションがあります。
解約金が発生するオプションは、魅力的なサービスが多いですが、短期間の利用を考えているのであれば契約しない方が良いかと思います。

解約金がかかるオプションは以下の通りです。

  • Yahoo!BB基本サービス(プレミアム):3,000円
  • バリューパック:5,000円

※いずれも2年自動更新

また、ホワイト光電話のオプションを外すと、解約工事費がかかります。
新規で電話番号を発行してもらった場合は、1,000円、電話番号を引き継いだ場合は3,000円が請求されるので注意しましょう。

光BBユニットや地デジチューナー(R)は返却が必要

光BBユニットや地デジチューナーなどはレンタル品となります。
解約時には返却が必要となりますので、注意しましょう。

もし、解約しても返却しない場合、違約金が発生しますので、解約後は速やかに返却を行ってください。

まとめ

ソフトバンク光には様々なオプションサービスがあります。

便利に利用できるものもありますが、契約時に不要なサービスを知らない間に契約させられているケースもありますので、ソフトバンク光の契約後は契約したオプションサービスが本当に必要なサービスか一度確認しましょう。

ソフトバンクのスマホや携帯電話に割引を適用させるには、契約が必須のオプションサービスがありますので、これらのオプションサービスは解約しないように注意しましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら