この記事のまとめ
近年、多くのインターネットサービスでIpv6接続が使えるようになっていますが、ソフトバンク光もIPv6に対応しています。
IPv6は、従来の形式とは違った新しい方式でインターネットを接続することで、より快適に通信が可能になります。
ソフトバンク光のIPv6利用方法とは?

hikaritayasushi
あなたは今、「ソフトバンク光のIPv6接続を利用したい」と思っているのでは?
しかし、利用前には
・ルーターはどうすればいい?
・本当に切り替えして大丈夫?
と不安に思ってしましますよね。
そこで、当ページでは初心者の方でもわかりやすいよう、ソフトバンク光のIPv6利用方法について詳しく解説します!

ソフトバンク光のIPv6サービスとは?

ソフトバンク光のIPv6サービスは、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」という名前で提供されています。
こちらを利用すれば、IPv6という通信方法を利用でき、快適にインターネットを利用できます。

従来規格は、IPv4という通信方式ですが、こちらは広く普及しているため、通信が渋滞すると、速度が低下し快適に利用できません。
しかし、IPv6を利用すると速度が低下しにくく、高速な通信が期待できます。

そのため「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」をまだ利用されていない方は、申し込みされることをおすすめします。

ちなみに、名前に「IPv4」と入っていますが、これはIPv6で通信を行いながらも、IPv4での通信も行えるということを示しています。
そのため、IPv6に対応していないサービスを利用する時は、IPv4での通信が可能です。

ソフトバンク光でIPv6を利用するには、光BBユニットのレンタルが必須!

ソフトバンク光でIPv6を利用するには、ソフトバンク光で利用されている、「光BBユニット」という機器のレンタルが必要となります。
こちらの機器を利用しないとソフトバンク光でIPv6を利用することができませんので、IPv6を利用される方は必ず申し込んでくださいね。
申込方法は、会員サイトにログインし、IPv6の項目がありますのでこちらから申し込みを行いましょう。
光BBユニットは後ほど紹介しますが、レンタル料金(467円/月)が発生します。
ですが、ソフトバンクのスマホ割を利用する場合は、元から加入が必須条件となっているため、別途申し込みする必要はありません。

市販のルーターは利用できる?

ソフトバンク光でIPv6を利用する場合も光BBユニットと併用することが可能です。

その場合、光BBユニットとLANポートに市販のルーターを接続することでWi-Fiを利用することができます。

ただし、Wi-Fiルーターによっては、接続設定が必要な可能性もありますので、もしLANポートに接続しても、インターネットに接続できない場合はWi-Fiルーターにログインして設定変更を行ってください。
市販のルーターの接続方法については、後程詳しく解説します。

料金は、光BBユニットのレンタル料のみ(467円/月)

IPv6の利用料金は、光BBユニットをレンタル料467円/月のみとなっています。

ですが、スマホ割「おうち割光セット」を利用する場合は、適用条件にすでに「光BBユニットレンタル」のオプション加入が含まれています。

おうち割光セットの条件は、以下の3つのオプション(セットで500円/月)に加入することです。

・光BBユニットレンタル(467円/月)
・Wi-Fiマルチパック(990円/月)
・ホワイト光電話・光電話(N)・BBフォンいずれか1つ(467円~/月)

3つのオプションに加入すれば、セットで500円/月で利用することができますので、負担が少なくて済みますよ。

Wi-Fiの利用方法は2つ

ソフトバンク光でWi-Fiを利用する方法を紹介します。
ソフトバンク光でWi-Fiを利用する方法は2つあります。
Wi-Fiマルチパックを利用する方法と、市販のWi-Fiルーターを利用する方法です。
この2つのWi-Fi利用方法について紹介しますね。

Wi-Fiマルチパックに申し込む場合

Wi-Fiマルチパックを利用する場合、光BBユニットのWi-Fiルーターの機能を有効化し、Wi-Fiルーターをして利用することができます。
こちらの機能はWi-Fiマルチパックを申し込むと利用できる機能となっていますので、おうち割光セットを申し込んだ方は利用できる機能となっています。
こちらの機能の利点としては、別途Wi-Fiルーターを購入する必要がありませんので、配線が増えることがなく、スッキリとした見た目になります。

市販の無線LANルーターを使用する場合

市販のWi-Fiルーターを利用する場合は、光BBユニットの背面のLANポートに接続することで利用することができます。
Wi-Fiルーターを購入する必要がありますが、高性能なWi-Fiルーターを利用できるなど自分の利用環境に最適なWi-Fiルーターを利用することができます。

ソフトバンク光のIPv6利用の流れ

ここからは、ソフトバンク光でIIPv6を利用する流れについて紹介します。

ソフトバンク光をすでに利用している場合

ソフトバンク光をすでに利用されている方は、マイページにログイン後、申込みをすることで利用することができます。
具体的な流れは以下の通りです。
① マイページからBBユニットを申し込む
② BBユニットが到着したら接続を行う
③ 接続設定を行う
④ 完了

それぞれのステップについて、さらに詳しく見ていきましょう。

① マイページからBBユニットを申し込む

My SoftBankにログインします。
マイページにログイン後、お客様情報→ご契約情報→お申込サービスの順にクリックし、IPv4での接続を確認してください。こちらでもし、IPv6という表示がされるとすでにIPv6サービスを利用していることになります。
IPv4という表示を確認できたら、画面上部のオプションサービスのお手続き→どこでもインターネットをクリックするとBBユニットのレンタルの項目が表示されますので、こちらをクリックし、BBユニットを申し込んでください。

② BBユニットが到着したら接続を行う

BBユニットが到着したら接続を行いましょう。
BBユニットの接続は以下の画像のように行ってください。

ソフトバンク光 ipv6 接続

市販のWi-Fiルーターを利用している方は、パソコン、テレビに接続のように光BBユニットの背面のLANポートに今まで利用していたWi-Fiルーターを接続してください。

③ 接続設定を行う

接続設定は、市販のWi-Fiルーターを利用している方が必要となる可能性があります。
②の接続を行って、接続したWi-Fiルーターにスマホなどを接続しインターネットにアクセスできない場合は接続設定が必要となります。
接続設定は、ブラウザを起動し、Wi-Fiルーターにログインして行うことができます。
詳しくは、利用しているWi-Fiルーターの説明書に記載されていると思いますのでこちらを参考にしてください。
ほとんどのWi-Fiルーターは簡単設定機能がありますので、こちらの機能を利用すると接続設定も簡単に終わらせることができますよ。

④ 完了

接続設定などが完了したらインターネットにアクセスしてみてください。
YahooやGoogleなどウェブページが表示されたら設定は完了です。

ソフトバンク光に新規加入する場合

新規でソフトバンク光を利用する方の利用方法を紹介します。
新規の場合は、ソフトバンク光を申し込む際、同時に光BBユニットを申し込むことができます。
① ソフトバンク光を契約する際、同時にBBユニットを申し込む
② 工事を行う
③ BBユニットの接続を行う
④ 接続設定を行う
⑤ 完了

という流れになっています。

① ソフトバンク光を契約する際、同時にBBユニットを申し込む

はじめにソフトバンク光の申込みを行います。
申込みの画面にアクセス後必要事項を入力し、ソフトバンク光を申し込みます。
その際、BBユニットの申込み濃霧が表示されますので、BBユニットの申込みをおこないましょう。

② 工事を行う

ソフトバンク光の申込みが終わったら次は工事です。
申込後、オペレーターから工事日の案内の電話が来ますので、その電話に従い工事日を決めましょう。
工事日になると工事が行われます。
光回線を宅内に引き込む工事で、所要時間は2時間ほどです。

③ BBユニットの接続を行う

工事が終了したらBBユニットの接続を行いましょう。
BBユニットの接続は工事業者が行ってくれる場合もありますが、自分で行う場合は以下の画像のとおりに接続を行ってください。

ソフトバンク光 ipv6 接続

④ 接続設定を行う

接続設定は市販のWi-Fiルーターを利用するかしないかで接続設定が異なります。
市販のWi-Fiルーターを利用する場合は、光BBユニットの背面のLANポートに接続します。
その後、ブラウザからWi-Fiルーターにログインし接続設定を行うことでインターネットに接続することができます。
光BBユニットのWi-Fi機能を利用することもできますので、その方法はこのあと紹介しますね。

⑤ 完了

設定後、インターネットにアクセスできたら設定は完了です。

IPv6の設定方法

ソフトバンク光でIPv6を利用するには、HGWという光回線の信号をLANの信号に変換する機器の設定が必要となります。
こちらの設定方法も簡単ですので、安心してくださいね。

① ホームゲートウェイにログインする

ブラウザのアドレスバーの「ntt.setup/」と入力します。
パスワードの設定画面が表示されますので、こちらで任意のパスワードを設定して下さい。

② PPPoEの接続を停止させる

ログイン後、PPPoEの接続を停止させます。
IPv6PPPoEという項目があると思いますので、こちらをクリックし、「切替、停止」という項目をクリックし、停止させます。

③ パケットフィルタリングを無効化する

パケットフィルタリングという機能が有効の場合、IPv6通信が正常に利用できない可能性がありますので、こちらの機能を無効化する必要があります。
こちらの設定は、先程のPPPoEの設定同様、ログイン後、詳細設定→IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)をクリックします。
IPv6ファイアウォール機能の項目で「無効」にチェックを入れ設定変更を行います。
注意事項が表示されますので、確認し「承諾」をクリックしましょう。

以上で設定は完了です。

市販の無線LANルーターを使用する場合の注意事項

※市販ルーターを「アクセスポイントモード」にして、光BBユニットのルーター機能をOFFしておくことを書いてください
市販のWi-Fiルーターを利用する場合、注意点があります。
こちらの設定を行わないとインターネットに正常に接続できない可能性がありますので、市販のWi-Fiルーターを利用する場合は必ずこの設定を行ってください。

① 光BBユニットのルーター機能をOFFにする

光BBユニットのルーター機能を利用している場合、市販のWi-Fiルーターの利用に不具合が発生することがありますので、光BBユニットにログインし、こちらの機能をOFFに設定しましょう。

② 市販のWi-Fiルーターをアクセスポイントモードにする

続いて市販のWi-Fiルーターのモードをアクセスポイントモードに設定しましょう。
こちらの設定はWi-Fiルーターの機種によって異なります。
背面の物理スイッチで設定できるのものあれば、Wi-Fiルーターにログインして設定するものもあります。
詳しくは利用するWi-Fiルーターの取扱説明書を確認してください。

IPv6が接続できているか確認する方法は?

IPv6に接続できているか確認する方法は複数ありますが、こちらではもっとも簡単な方法を紹介します。

こちらのYahoo!BBのIPv6接続確認ページにアクセスするとIPv6接続の確認テストが行われます。

画面に「お客様はIPv6インターネットで接続しています」という表示が出れば、接続・設定が成功していることになります。
ぜひチェックに活用してみてください。

ソフトバンク光IPv6は実際どれくらい速度が出る?

ソフトバンク光のIPv6はどれほどの通信速度が出るか確認してみましょう。
Twitterなどの口コミを参考に、ソフトバンク光のIPv6の通信速度を紹介します。

Twitterの口コミを確認しましたが、ソフトバンク光のIPv6を利用している方は通信速度が高速で快適に利用できているようですね。
下り速度が300Mbps~550Mbps程出ている方が多いようです。

速度を速くしたい方にとって、申し込む価値は十分ありますので、検討してみてください。

ソフトバンク光IPv6サービスに関するよくある疑問

ソフトバンク光のIPv6サービスでよくある疑問を紹介します。
不安な点や疑問があれば、ご覧になってくださいね。

IPv6が利用できない!切り替わらない時の原因と対処法は?

IPv6が利用できない原因としては以下の原因が考えられます。

・ONUの設定がうまく行っていない
ソフトバンク光でIPv6を利用する場合、ONUの設定を変更する必要がありますが、こちらの設定がうまくできていないとIPv6通信を正常に利用することができません。
設定漏れの可能性としては「パケットフィルタリング」の設定、「IPv6 PPPoE」の設定ですね。
こちらの2つの設定は忘れがちなので一度確認してみてください。

・光BBユニットの接続が間違っている
光BBユニットは直接ONUに接続します。
すでに利用しているWi-FiルーターのLANポートに接続しても利用することができませんので注意してくださいね。
また、ONUと光BBユニットの接続の際、接続するLANポートも決まっていますので一度確認して見てくださいね。

IPv6に変更しても速度が遅い時は?

もしIPv6に変更しても通信速度が遅い場合は設置場所に問題がある可能性があります。
光BBユニットのWi-Fi機能を利用する場合でも市販のWi-Fiルーターを利用する場合でも物陰に設置したり、水の近くに設置すると通信速度が低下してしまいます。

Wi-Fiルーターの設置場所として最適な場所はできるだけ高い場所です。
スマホの電波塔のように高いところへ設置すると電波がよく飛び通信速度が向上しますよ。
もし、高い場所に設置できない場合は中継機を設置しましょう。
中継機は一見意味の内容にも思えますが、実際は通信速度を大幅に向上できる優秀なアイテムなのです。
通信速度に悩んでいたら中継機の設置も検討してみてくださいね。

マンションタイプ(VDSL方式)だとIPv6が使えないって本当?

マンションタイプのVDSL方式だとIPv6通信を利用できないと思われがちですが、VDSL方式でも問題なくIPv6を利用することができます。
VDSL方式は電話線を利用しているため、光配線方式など主流の方式に比べると、通信速度は低下してしまいますが、それでもIPv4通信を利用するよりも高速に通信を行うことができますので利用する価値はありますよ。

IPv4のみ対応のサービスでも問題なく使える?

PS4のオンラインゲームなどIPv4にしか対応していないサービスも数多くあります。
このようなサービスでIPv6通信では利用できないように思っている方もいるかと思いますが、問題なく利用することができます。
IPv4にしか対応していないサービスでもIPv6通信で一時的にIPv4を利用できますので、その点は安心してくださいね。

また、IPv4接続を利用したい場合も、特に設定は必要なく、自動で切り替わってくれます。

まとめ

ソフトバンク光では光BBユニットをレンタルすることで、Pv6通信を利用できます。
IPv6通信を利用すれば、ネットサーフィンや動画視聴、オンラインゲームなど、快適に楽しむことができますので、この機会に利用してみてくださいね。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら