ソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンク光とソフトバンクエアーのどちらがいいんだろう?と悩んでいるかもしれません。
結論から言えば、もし工事ができる状況であれば、ソフトバンク光の方がおすすめです。
工事ができない・面倒という方は、ソフトバンクエアーを選ぶといいでしょう。

ちなみに、両者の重要なポイントをまとめると以下のようになります。
・速度→ソフトバンク光の方が速い
・料金→契約内容によって変わるが、あまり変わらない
・手軽さ→ソフトバンク光は工事(工事費無料)が必要なのに対し、ソフトバンクエアーは即日使える

このページでは、ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いについて、とことん解説しているので、ぜひご覧いただき検討してみてください。

ソフトバンクエアーと光回線の違いは?

ソフトバンクでは、「ソフトバンクエアー」と光回線である「ソフトバンク光」の2つのサービスを提供しています。
では、これらは具体的にどのようなサービスなのでしょうか?
今回は、両サービスの違いを解説していきたいと思います。
ぜひこの記事を参考に、あなたに合うサービスを検討してみてください。

ソフトバンクエアーとは


ソフトバンクエアーとは、「Airターミナル」という端末を使ってインターネットが利用できるサービスのことをいいます。
回線工事が不要で、コンセントを挿すだけでインターネットができるというお手軽さが魅力です。また、SoftBankの携帯電話を契約していない人でも利用できます。
一方で、「Airターミナル」を家の外へ持ち出して使うことができないため、おもに家でインターネットを使う人向けのサービスと言えそうです。

光回線とは

光回線とは、現在のインターネット接続の主流である回線です。
光回線の一番のメリットは、通信速度が早いことです。
例えば、動画の読み込みといった大容量の通信でも、特に問題なく利用することができます。
一方で、料金が高いというデメリットがあるといわれています。

しかし、近年の光回線の普及で、他の回線に比べ、ずば抜けて高い料金設定はなくなりつつあります。

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いは?

ソフトバンクエアーとソフトバンク光の違いについて、
・回線の違い
・通信の安定性
・料金

の3点があります。

これらについて詳しく見ていきましょう。

回線の違い

項目 ソフトバンクエアー ソフトバンク光
回線種別 LTE(無線) 光回線
回線工事 不要 必要(工事費用あり)

ソフトバンクエアーの回線

ソフトバンクエアーは無線で、そのため回線工事も必要ありません。
コンセントに挿すだけで、インターネットを使うことができます。

ソフトバンク光の回線

一方でソフトバンク光は、開通工事が必要です。工事費用が別途で最大24000円かかります。
電話やインターネットで申し込みしたあと、自宅で業者を呼んで工事を行い、機器の接続することで、ソフトバンク光が使えるようになります。
また、賃貸のアパートやマンションに住んでいる場合、大家さんの事情で開通工事が禁止の場合もあります。こうした場合は回線が引けませんので、工事不要のSoftBank Airなどを使うしかありません。
ただし、現在フレッツ光を利用中でソフトバンク光に乗り換える場合は工事が不要です。
なぜかというと、ソフトバンク光の回線自体は、フレッツ光の回線を使っているからです。回線はそのままで、契約の移行だけで完了です。

ソフトバンクエアーは回線無しで工事不要ですが、ソフトバンク光は回線ありで工事が必要です。

通信速度はソフトバンク光の方が速い

通信速度については、やはりソフトバンク光の方が速いと言わざるを得ません。
ソフトバンク光が最大1Gbpsなのに対し、ソフトバンクエアーは、最大350Mbpsとなっています。
また、ソフトバンクエアーは、エリアによっても最大速度が違い、最大速度がこれより遅くなる場合もあるため、事前に自分のエリアが最大350Mbpsに該当しているかどうか確認しておく必要があります。

サービス名 ソフトバンクエアー ソフトバンク光
通信速度 下り最大350Mbps 下り最大1Gbps

 

ソフトバンクエアーの通信速度

ソフトバンクエアー最新機種のAirターミナル3は、下り最大350Mbです。
また、ソフトバンクエアーは光回線ではないので、光回線よりは速度は遅いということになります。

ソフトバンク光の通信速度

ソフトバンク光は、最大1Gbpsと超高速での通信ができるため、ストレスなく通信が可能です。
つまり、通信速度の面ではソフトバンク光がソフトバンクエアーより安定しているといえます。

また、インターネットだけでなく、光テレビという形式でスカパーを見られるサービスや、光電話などのオプションサービスなどの利用も可能です。

料金は契約状況によって変わるが、大きな違いはない

料金は契約状況によって、変わってきます。
大きな違いはありませんが、大まかに言うと、マンションの場合はソフトバンク光の方が安く、戸建ての場合はソフトバンクエアーの方が安いということになります。
詳細は以下の通りです。

サービス名 ソフトバンクエアー ソフトバンク光
月額料金 3,800円~ 一戸建て:5,200円

マンション:3,800円

ソフトバンクエアーの料金

ソフトバンクエアーの値段は端末をレンタルするか購入するかによって、変わってきます。
レンタルは月額490円かかるため、分割購入の方がおすすめできます。
分割購入の場合、3年以上使うと、本体代が実質無料になります。

・レンタルする場合

画像:https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/air2017-05/

・分割購入する場合

画像:https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/air2017-05/

・ソフトバンクのスマホご利用の場合の割引

ソフトバンクのスマホを利用する場合は、上の料金からスマホ代が割引になるサービスがあります。
割引される料金は、スマホの契約プランによって変わってきます。

画像:https://www.softbank.jp/ybb/special/setwaribiki-04/

・ワイモバイルのスマホを利用の場合

ソフトバンク以外に、ワイモバイルとのスマホセット割も行っています。
こちらも、スマホの契約プランに応じた割引額となります。

画像:http://www.ymobile.jp/plan/discount/hikarisetwari/

ソフトバンクエアーの値段は、購入条件などにより様々なパターンがありますが、
スマホをソフトバンクもしくはワイモバイルに変えると、スマホ代が割引になりますよ。

ソフトバンク光の料金

ソフトバンク光を契約するにあたり、かかる諸費用は主に下記の3つです

・契約事務手数料
・開通工事費
・月額利用料金

それぞれについて、場合分けしてご説明します。

初期費用

初期費用に関しては、ソフトバンク光を新規で申し込む方も、サービス変更だけの方もかかる費用は同じ。
3,000円だけ請求されます。

開通工事費

お住まいの住宅の状況により、費用が変わります。
・フレッツ光を利用中の場合→無料
・フレッツ光以外のサービスを利用中の場合・新規で光回線を導入する場合→24,000円
・光ファイバー導入済みのマンションの場合→2,000円(工事担当者は訪問しません)

ただし、現在は、新規導入する場合の24,000円が無料になるキャンペーンが行われているため、0円で開通できます!

月額料金

お住まいの住宅が一戸建てかマンションかによって、金額が変わります

戸建て マンション
5,200円 3,800円
ソフトバンクスマホのスマホご利用の場合の割引

また、ソフトバンク光を契約する場合に、ソフトバンクのスマホやケータイをセット契約すると、以下のように割引になります。
割引額は、ソフトバンクエアーと全く同じになっています。

画像:https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-hikari/

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換えは可能?

ソフトバンクエアーに契約してみて、もし遅かったらソフトバンク光に乗り換えたいという人もいるかもしれません。
ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換えることはできますが、ソフトバンクエアーを解約後に新規でソフトバンク光に申し込む、という手順を踏む必要があります。
そのため、本体代金の残債や違約金は請求されます。
ただ、ソフトバンクエアーはソフトバンクと同系列の回線であるため、他社の回線から乗り換えする際の違約金などを負担してくれる、「あんしん乗り換えキャンペーン」は対象外となります。
場合によっては、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へのサービス変更でも適用となるキャンペーンもありますが、その際は代理店で申し込む場合に受けられるキャッシュバックは対象外となっていますので、注意してください。

まとめ 

ソフトバンクエアーと、光回線であるソフトバンク光は、
・回線の違い
・通信の安定性
・値段
の3点に違いがあることがお分かりいただけましたでしょうか。

両サービスの特徴を踏まえて、契約を検討するようにしましょう。