光回線を利用する時、多くの場合ルーターが必要になります。
しかし、「ルーターって何?」「なんとなくわかるけどどんなものがいいの?」という方もいるかもしれません。

光回線に合った最適なルーターを用意したり、より良いものに買い替えたりするだけで、インターネットがこれまでより快適に利用できる場合も多くあります。

今回は、ルーターとは何か?というところから、選び方まで徹底的に解説しますので、光回線のルーターについての疑問をお持ちの方は、参考にしてみてください。

ルーターとは?

ルーターとは、わかりやすく言うと家に引かれているインターネット回線をパソコンやスマホなど複数の機器につなげて共有するための機械です。

ルーターがない場合は、1つのインターネット回線に対して1台のパソコンなどの機器しか繋ぐことができません。

ルーターは、パソコンなどにIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)を割り振る役割をもっています。
これをサーバー機能と言います。

サーバー機能によってパソコンはインターネットの世界とやり取りをすることができるようになるのです。

かつてルーターは有線で1台のルーターに複数の機器をLANケーブルでつなげて使う方式でしたが、その後無線ルーターが普及しました。

無線LANが普及し始めた当初は、機器との相性が悪ければ、接続できず不便でしたが、世界標準の無線LANの規格に統一され、多くの機器で安定した無線通信を行うことができるようになりました。
この無線LAN世界基準に「Wi-Fi」という名前が付けられたのです。

現在はほとんど全てのパソコンやスマホなどの機器がWi-Fi規格でインターネットに無線接続することができます。
そのためルーターにWi-Fi機能をつけて複数の機器をWi-Fi方式の電波で結ぶものも登場しました。
これは、「Wi-Fiルーター」と呼ばれることもあります。

ルーターなしでも光回線は使える?必要性は?

ルーターなしでも光回線は使えます。
ただしルーターなしでインターネットを使える端末は、基本的には同時に1台のみ。

昔はパソコンも高価で一家に1台でしたが、現在はスマホやタブレットが普及し、ゲームもオンラインになるなど1人数台の機器を使っているので、ルーターなしというのは現実的ではなくなってきています。
最近のテレビや掃除機、エアコンなどの家電もWi-Fiで繋がり操作できるので家庭にルーターは必須と言えるでしょう。

ルーターの価格は?どれくらいのものを選べばいい?

ルーターの価格はだいたい3,000円くらいから20,000円弱ぐらいに渡っています。
価格が高額になるものほど、速度が速く、たくさんの機器を繋いでも安定する傾向があります。
また簡単に接続できるなど操作性もよくなっています。

速度にこだわりがなく、ご家庭でネットや動画を見るぐらいで、速さもそこそこでよい場合は3000円ぐらいのものでよいでしょう。

標準的なものをお求めなら5,000円から8,000円くらいのものを選ぶと、操作性もよく速さや電波の強さも十分でしょう。

オンラインゲームや動画をよく見るなど品質がよいものを求める場合は1万円以上のものを選ぶとよいでしょう。

ルーター選びのポイント

ルーターを選ぶ際のポイントは、無線LAN(Wi-Fi)の規格は現在6つあります。IEEE802.11までは同じですが、その後が古い順からb、g、a、n、ac、adとあります。

無線LANの周波数帯は2.4GHzと5GHzがあり規格によって周波数帯や速さが違うのです。そのため、通信機器にあった規格のルーターを選ぶとよいでしょう。

ルーターの規格は複数の規格を組み合わせて11ac/n/a/g/bなどというように扱えるものがほとんどです。
異なる周波数のものを切り替えや同時使用が可能な場合もあります。

11adが最新の規格ですが、まだ普及していません。
普及している最新規格は11acで、速さも早くて快適に使えます。

そのため、迷った時は、11acの規格に対応しているものを選ぶといいでしょう。

機器側の規格を確認

無線LANの規格が11acでも繋ぐパソコンやスマホなどの機器の、無線規格が合っていなければ意味がありません。
無線接続する機器側の規格についても確認しておきましょう。

適切な速さが出るものを選ぶ

どのくらいの速さを求めるのかによって、選ぶべきルーターも変わってきます。
光回線は速くて快適ですが、ルーターの規格が古くて遅い場合は、光回線の速さに対応できません。

ネットでホームページをみたり動画を少しみたりするぐらいならば、問題ありませんが、オンラインゲームをしたり、たくさんの動画をみたりする場合は速さが速いルーターを選ぶ必要があります。

アンテナ数をチェック

最近のルーターは複数のアンテナでデータを複合することができるMIMOという技術を採用しています。
アンテナの数が多いほど速度が早くなります。

アンテナ内蔵か外付け型か

アンテナが外に飛び出した形のルーターと内蔵しているルーターがあります。
外に出ているタイプは、アンテナの向きを自分で調整することができるので、より電波が入りやすいように使うことができることが利点です。

しかしデコボコしたアンテナが付いているので見た目はいまいちです。
また、突起部分があるので、お子さまがいるご家庭では危険と言えるかもしれません。

操作性の良さを確認

ルーターの操作性も重要です。
操作がややこしいと初心者には接続も難しくなります。
シンプルに操作できるものがよいでしょう。

例えば、最近はネットワーク設定もパソコンを使わずにスマホで設定できるものもあります。
アプリで簡単に使うことができるので、パソコンがなくても設定できます。

ビームフォーミング・MU-MINOなどの技術は取り入れられているか

最新技術のビームフォーミング対応ルーターは、iPhoneのWi-Fiスピードを高速化する技術で障害物が多い電波が届きにくい場所でも快適にWi-Fiが利用できます。

また、MU-MINOに対応しているルーターは、複数のアンテナで同時に高速で送受信することで同時接続が快適になります。

ルーター付き回線終端装置

光回線を家庭に引くときには、回線終端装置(ONU)が必要です。
回線終端装置は、光回線に接続され、光信号をデジタル信号にして家庭のパソコンに送るもので、これがなくてはパソコンなどをネットにつなぐことはできません。

回線終端装置は必ず必要ですので、フレッツ光などの光回線を申し込むと貸してくれて宅内に設置されます。
この時にONUとルーターが一体となったものが設置される場合もあります。
ひかり電話やフレッツテレビを申し込んだ場合は一体型を設置されるようです。

ルーター機能が回線終端装置に内蔵されている場合は、ルーターを用意しなくてもそのまま使うことができます。
機器が増えないのでスッキリシンプルに利用できますね。
一体型ではない場合は別にルーターを用意しなければなりません。

おすすめルーター4選

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)

手のひらサイズでコンパクトさがウリの価格帯が安いルーターです。
スッキリ置けてとても便利。
11acにも対応していますし、ビームフォーミングもついています。

小さなおうちではこれで十分。
コスパが非常によいと評判です。
Nintendo switchにも対応していますし、あらゆるパソコンやゲーム機スマホなどに使えます。

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)

5,000円台の標準的な機能のルーターで、人気があります。
設定がとても簡単でだれでも使いやすいのが特徴。

1階に置くと2階では繋がらないなどの口コミもありますが、概ね安定してつながるようです。
ビームフォーミングにも対応しており、普通の広さの1戸建てで数名の家族が、一般的な使い方をするのにはおすすめです。

NEC WiFi 無線LAN ルーター 親機 11ac/n/a/g/b

8000円から1万円台前半の少し高額なルーターになります。
最高速度が1300Mbpsで、ギガスピードに対応しているのが特徴です。
設定もとても簡単。

子ども安心ネットタイマーがついていて、子どもが使えない時間を設定することができるので、スマホ依存やネット依存、長時間ゲームをしてしまうなどの問題も解消することができます。
横置きや壁掛けもできてデザインもスタイリッシュであるところもポイントですね。

BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b

価格も高く高品質のルーターです。
外付けアンテナで従来品よりもエリアが拡大します。
セキュリティもしっかりしていて、来客用のゲストポート機能もあり家庭内ネットワークに入らずに来客もWi-Fiが使えます。

またUSB3.0ポートでハードディスクを繋いで高速NASのとしての利用も可能。
操作も楽々でスマホでも設定できます。

ルーターの接続・設定の仕方

ルーターの接続方法は、まず光回線の回線終端装置(ONU)に接続します。
LANケーブルでONUをルーターのWANと書いてあるところに接続します。

それからはルーターによって、設定の方法が違うので、説明書をよく読んで作業を進めてください。

ルーターの設定ができたら今度はWi-Fiでつなぎたい機器をそれぞれ接続していきます。たいていの場合、ボタン一つで接続に対応させることができます。

またパソコンをルーターとつなぎ、プロバイダ情報を入力して接続設定することもできます。
最近では、付属のCD-ROMを使うことが多いようです。

ひかり電話などを使う場合は、回線終端装置にルーター機能があるホームゲートウェイというものを工事の時に設置される場合もあります。
ルーター機能がついていれば、新たにルーターを接続する必要はありません。

ルーターを2台以上(複数)繋ぐことはできる?

普通の家庭で光回線一つの場合ルーターは1台で十分です。
2台繋ぐことはできますが両方をルーターの親機として使うと、両方が干渉しあってトラブルの元になります。

ただし繋ぎたい機器が多い、有線で繋ぎたい、家が広くて電波が届きにくいなどの場合は複数台のルーターを使うとも検討されるといいでしょう。
この場合はルーターを親機としてではなく、アクセスポイントやブリッジポートとよばれる中継機として利用してください。
ルーターのスイッチを切り替えることで簡単に設定できます。

ベストな置き場所は?

ルーターは、一戸建てや広い家の場合、離れすぎると電波が届かなくなることがあります。隅の方に設置すると、逆サイドの端の方には届かない場合もあります。
ですからなるべく家の真ん中、中心におくのがよいでしょう。

ルーターのレンタルサービスってどう?

光回線サービスによっては、ルーターのレンタルを行っている場合もあります。
最適なルーターをレンタルし、設定も簡単にできるので初心者には好都合ですが、レンタル料として月額料金がかかりますし、ルーターを購入した方が安くて機能が高いものが手に入ります。

以下、各光回線契約のルーターレンタルサービスについて簡単にまとめておきます。

ソフトバンク光

光BBユニットレンタルとしてルーターがレンタルされます。
光電話やひかりテレビを使う場合は、光BBユニットが必ず必要でオプションに加入しなくてはいけません。
光BBユニットのレンタル料金は月額467円です。

無線でインターネットを楽しみたい人向けには、Wi-Fiマルチパックというサービスがあります。
Wi-Fiマルチパックの料金が月額990円。
光BBユニットもつけなければ、Wi-Fi接続ができないので、月額1457円も余分にかかります。

ただし、ソフトバンクユーザーなら、これらのオプションと光電話をセットにした「光セット割」に申し込みをすると月額500円で利用ができます。
光BBユニットは特別な設定もいらず、また速度も最適になっていて速いという評判です。

しかしながら、2年間以降は高くなるので、光電話が必要ない場合は、自分で無線LANを購入した方がいいでしょう。

市販の無線ルーターを手に入れて自分で設定すると、月額料金はかかりませんし、問題なくつながります。

ドコモ光

ドコモ光では、無線LAN機能なしのひかり電話対応ルーターは無料で使えます。
東日本エリアでは、無線LAN機能があるルーターを月額300円で、西日本エリアでは無線LANルーターを100円でレンタルしてもらえます。

フレッツ光

NTT西日本の場合は、ひかり電話利用の場合は、無線LAN付きのホームゲートウェイが月額100円で利用できます。
電話利用でない場合は100円プラス、ホームゲートウェイ代金で250円必要です。
合わせて350円ですね。

NTT東日本の場合は、フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプに加入すれは、無線LANルーターを無料で利用することができます。

その他のプランに契約中の方は、750円でルーター付きのホームゲートウェイとLANカードがレンタルできます。
ひかり電話を使う場合は、無料~750円と契約内容によって料金が変わってきます。

結構お高いので、自分でルーターを買って設定した方がやはりお安いのではないでしょうか。

auひかり

auひかりのルーターのレンタル料金は500円です。
ただし携帯電話やスマホとauひかりをセットにしたauスマートバリューに入ると永年無料になります。
これは結構お得ですね。

おすすめ光回線

ここからは、光回線にまだ入っていない方、フレッツ光に入っているけれど転用を考えている方におすすめの光回線をご紹介していきます。
迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

NURO光

NURO光とは、So-netが提供している光回線です。
NTTの光回線ではなくて、独自の光回線を引いています。

とても速いと評判がいいNURO光。
NURO光は、下りが最大2Gbps!
とても速いのが特徴です。

料金は、マンションでも戸建てでも4,743円。
この月額料金にプロバイダ料金や、セキュリティサービスも入っています。

また、ソフトバンクのスマホなどを契約されていると割引サービスがあります。
「おうち割光セット」で、最大毎月2,000円の割引、家族全員の携帯・スマホ料金がそれぞれ割り引かれるのでお得ですよ。

また、公式ホームページからの申し込みで30,000円のキャッシュバックも受け取れます。

ただし、提供されているエリアは関東1都6県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨木県)のみですので注意してください。

.

auひかり

auひかりもNTTではなく独自の光回線網を利用したサービスを提供しています。
「速度が速い!」と評判で最大速度は1Gbpsです。

またキャッシュバックキャンペーンが充実しているのauひかりの特徴です。
他社の解約金なども最大30,000円も負担してくれた上にキャッシュバックもあるというお得さ!

またauの携帯やスマホにはいっていると「auスマートバリュー」といって、携帯代がやすくなります。
最大月額2000円割引で家族の1人1人の割引が合算できるので、大きな値引き額になります。

以下のサイトからの申し込みなら、通常よりさらにお得に申し込みをすることができますので、チェックしてみてください。

.

ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを使っている方はNURO光を検討されてもいいですが、関東1都6県でしか提供されていないので、それ以外の地域にお住まいの方にはソフトバンク光をおすすめします。

ソフトバンク光は、NTTの光回線を利用しているので、フレッツ光を使っている方は転用といってそのまま工事もなく使うことができます。
今までプロバイダ料金とNTTへの光回線料金を別々に払っていた方もソフトバンク光で一本化でき、多くの場合料金も安くなります。
この場合、乗り換えをしても、利用する回線は変わりません。

ソフトバンクユーザーならば「おうち割光セット」で携帯代が割引されます。
一人あたり最大2000円、あわせて最大月額8000円も割引されるので大きいですね。

工事費無料キャンペーンや他社の違約金負担特典もあるので利用されることをおすすめします。
以下のサイトからの申し込みなら、24,000円のキャッシュバックも受け取ることができちゃいます♪

.


いかがでしたか?光回線でのルーターについてご紹介しました。
複数のパソコンやスマホなどの機器を利用するために、ルーターというものが必要であり、無線LANを使えばWi-Fiでインターネットを利用できるということがご理解いただけましたでしょうか。

ルーターにもいろいろの種類がありますので、必要な機能にあわせて、よりよいルーターを選び、快適なネット生活をお送りください。