光回線を使っているけど何となく遅く感じる。
もっと速くなる方法はないの?という方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな方に知っていただきたい「光回線を高速化する方法」についてお伝えします。

ちょっとした方法で、劇的に光回線の速度が速くなり快適なネット生活を楽しめるようになる可能性は十分にあります!!

インターネットをもっとサクサク利用したい!と感じている方は、ぜひ最後までお読みください。

.

周辺機器を調整する

まず無線LANなどの自宅内の機器に対して改善策を講じると速くなることがあります。
初心者でも比較的簡単に取り掛かれる方法ですので、ぜひ試してみてください。

LANケーブルを変える

LANケーブルにはいろいろ規格があります。古い規格のものだと、光回線の速度を十分に活かしきれない場合があります。

現在以下のような規格があり、数字が上がるほど性能がよくなります。

・カテゴリー5
・カテゴリー5e
・カテゴリー6
・カテゴリー6a
・カテゴリー7

カテゴリー5は、現在ほとんど販売されてないほど古い規格ですので、交換して、カテゴリー6以上にするといいでしょう。
カテゴリー7はかなり高速ですが、価格も高くそこまでのスペックはいらないかもしれません。
カテゴリー6aがおすすめです。

無線LANルーターを再起動する

嘘のような話ですが、無線LANルーターを再起動しただけで、速度が上がる場合もあります。
急にネットが繋がらなくなった場合もそうですが、何となく遅いと感じた時は再起動すると改善するかもしれません。
ルーターの処理能力が下っていた場合、再起動すると、処理スピードが上がり、インターネットの通信速度が速くなります。

ルーターの電源を抜き、しばらく待ってから電源コードを入れる、あるいはスイッチを切って、しばらく待ってから電源を入れるなどして試してみましょう。

無線LANルーターのドライバを更新する

無線LANルーターのドライバを更新すると、速度が速くなる場合もあります。
無線LANのドライバは、お使いの製品メーカーの公式ホームページからダウンロードできますので、試してみてください。

無線LANルーターの位置を変える

障害物が遮っているなどで無線LANルーターを置いている位置が悪くて、電波が届きにくく、速度が出ない場合もあります。
1階に置いてあるルーターを2階に変えるなど、位置を工夫することで速度が速くなることもあります。

無線LANルーターの中継機を置く

上記のルーターの位置を変えることと同じですが、途中の場所に無線LANルーターの中継機を置くことで、電波を届きやすくすることができます。
中継機は、インターネットや家電量販店などで、5,000~10,000円で販売されています。

無線LANルーターを変える

無線LANルーターが古い場合も速度が落ちます。
新しい規格に変えると速度が劇的に速くなることもありますので、古い無線LANルーターを使っている場合は、買い替えをおすすめします。

無線LANルーターは、IEEE802.11のあと「11b」「11g」「11a」「11n」「11ac」の規格があります。
11bがもっとも通信速度が遅く、次に11g、11aと続きます。

11nや11acに変えると速度が急激にupするかもしれません。

パソコンを有線でつなぐ

無線LANよりも、パソコン直接LANケーブルを用いて有線で繋いだ方が速度は速くなります。
オンラインゲームをするのに、速度が遅くてイライラする場合は有線で接続してみると改善されます。

.

パソコン側の調整をする

パソコンが原因の場合、
・ブラウザのキャッシュ履歴をクリアにする
・ブラウザをIEから、Google Chromeなどに変えてみる。
・ウィルス対策ソフトをいったん外してみる
・セキュリティソフトを変える
・パソコンを買い換える

などの方法で速度の問題が解決する場合もあるので試してみましょう。

.

フリーソフトを入れる

光回線高速化するために、フリーソフトを使うと改善することもできます。
素人には難しいパソコンの設定を簡単に変えて、速度をUPさせてくれます。
下記のようなフリーソフトがありますので、チェックしてみてください。

SpeedyFox

SpeedyFoxは、Google ChromeやFirefoxなどのブラウザのデータベースを最適化して、快適にしてくれるソフトです。
データベースが長期間利用していくと肥大化して断片化していくのを最適化して読み取りスピードをあげてくれます。
SpeedyFoxダウンロード

X-TUNE

Windows8/7/vista/XPに対応しているフリーソフトです。
ワンクリックで、インターネットの設定を使っている回線に合わせて最適化してくれます。
使っているインターネット回線を選択するだけで、だれでも手軽に使うことができますし、「上級者向けの高速化」でハイレベルな高速化もできます。
X-TUNEのダウンロード

.

インターネットサービスの見直し

プロバイダを変える

プロバイダ側の問題で速度が遅いと感じることもあります。
特に夜間になると急に遅くなる場合などは、プロバイダが原因だと考えられます。
このような例に当てはまるなら、乗り換えを検討してみるといいもしれません。

また、プロバイダが原因で速度が遅いかどうかは、以下の方法で調べることができます。
まず、こちらのページから光回線の速度を調べます。(NTT東日本のフレッツ光回線の場合)

「簡単!サービス情報設定サイトナビ」を選択してください。自宅から最寄りのNTT基地サーバまでの回線速度が測定できます。その数字を控えておいてください。

次に「スピードテスト」などで検索をして、回線スピードテストのサイトを開き、プロバイダを介した時の通信速度を測定してみましょう。

フレッツ光の速度は出ているのに回線のスピードテストをすると遅い場合は、プロバイダが原因だと思われますので、乗り換えを検討されるといいでしょう。

ただ、ここが良い、ここが悪いと一概にいえないのがプロバイダで、お住いの地域によっても変わってきます。
老舗のOCNやYahoo!BBの方が、設備などが充実しているので、良いのでいいという意見もありますが、周りで使っている人が多すぎると速度が遅くなるということもあり、大手よりも中堅以下の方が快適という場合もあります。
プロバイダは、使ってみないと本当の速度がわからないものだと考えておきましょう。

.

光回線サービスを変える

光回線の速度自体が、遅い場合もあります。
集合住宅では、1つの光回線を同じマンション内でわけあっていると、加入者が同じ時間にたくさん使うと遅くなる場合があります。

一戸建てでも、1本の光ファイバーを地域でわけているので近所に同じ光回線を使う人がたくさんいると、遅くなります。

速度が気になる場合は、光回線自体を変更することも、おすすめです。

.

おすすめ光回線

パソコンや家庭内のネットワークが問題の場合は、対策することもできますが、プロバイダや光回線が問題で遅い場合は、思い切って回線の契約先を変えてみるのもいいかもしれません。
以下ではおすすめの光回線を紹介しておきます。

auひかり

auひかりは、NTTのフレッツ光ではなく、独自の光回線です。
最大速度は1Gbpsと高速で、評判も高いと言えます。
プロバイダ込みの料金で、一戸建ての場合5,100円(ずっとギガ特プラン1年目)、マンションの場合は3,800円です。

プロバイダも7社(au one net・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・ASAHINET・DTI)から選ぶことができ、料金はどのプロバイダを選んでも同じです。

またauの携帯電話やスマートフォンを使っている方には、割引プランがあるので、かなりお得になります。一人あたり毎月最大2,000円、家族で合算して最大8,000円の割引してもらえます。

また他の光回線からの乗り換えの場合、違約金や解約工事料も負担してくれます。
今使っている光回線が契約期間内という方も更新月まで待たず、すぐにauひかりに乗り換えることができますよ。
その上、キャッシュバックキャンペーンもあるからもーっとお得に。
以下のキャンペーンサイトからの申し込みなら、36,000円のキャッシュバックが受け取れます。

.

NURO光

速度が速いと評判の光回線が、NURO光です。
なんと下りが最大2Gbpsと業界最速 !

NURO光はソニーの子会社の光回線で、NTTのフレッツ光回線ではなく、独自の光回線を持っています。特にソフトバンクの携帯電話、スマートフォンと併用すると毎月最大2,000円割引のサービスがあるので、検討されるといいでしょう。
料金は、戸建て7階以下のマンションで4,743円。
この料金にはプロバイダ料金、セキュリティ、無線LANも含まれているので、安心です。

お住いのマンションがNURO光対応マンションの場合は、「NURO光forマンション」を使うこともできます。
同じマンションで使っている人が増えると料金が安くなるので、10人以上だと1,900円まで月額料金が下がります。

公式サイトからの申し込みで30,000円のキャッシュバックも受け取ることができ、お得に利用できます。

関東の1都6県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨木県)のみの提供ですが、お住まいの地域が対応エリア内の方は、ぜひチェックしてみてください。

.

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーで、関東地方以外にお住まいの方にはソフトバンク光がおすすめです。
ソフトバンク光は、NTTのフレッツ回線を使う光コラボのサービスです。
フレッツ光を使っている方は、工事の必要がなく、そのまま利用できます。

月額料金は、戸建て5,200円、マンション3,800円。

ソフトバンクユーザーだと、携帯代のセット割キャンペーンも適用でき、最大1人2000円の割引、家族で最大毎月8000円値引きになります。

.


光回線が遅い場合、高速化するための対策についてご紹介しました。
本来なら快適でサクサク使えるはずの光回線ですから、高速化して快適なネット生活が送れるようになるといいですよね。
光回線やブロバイダの見直しも検討してみて、高速化をはかってみてください。