SANNET(サンネット)は、楽天コミュニケーションズが運営するインターネットプロバイダです。
2016年の3月31日をもって、新規の受付は終了していますが、現在お使いの方は、乗り換えを検討されているかもしれませんね。今回は、口コミや評判、解約方法まで、詳しく解説します。
SANNETから乗り換えをすべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

.

まずはSANNETの特徴をチェック

SANNNETとは?

SANNETは、1995年から提供が開始された歴史の長いインターネットプロバイダです。
主にフレッツ光に対応したプロバイダサービスを中心に提供していますが、その他にも、ADSLやダイアルアップ、LTEのサービスを行っています。

口コミ・評判からわかるSANNNETのデメリットは?

速度が遅い


SANNETの一番の問題点は、インターネットの質についての口コミが良くないという点です。
インターネットの回線速度は、もちろんお使いの環境によって異なりますが、SANNETに関しては、特に「遅い」「繋がらない」と言った、速度に関する悪い口コミが多かったので、プロバイダ側に問題がある可能性は大きいと言えるでしょう。


大規模な障害がある


SANNETでは2016年12月に48時間以上インターネットに接続できなくなるという大規模なシステム障害がありました。
そこで、ユーザーの不満は爆発し、多くの方が解約をしたようです。

インターネットが不安定になると困るという人は、他の回線への乗り換えをおすすめします。

.

SANNETよりおすすめなのは?

ここなら安心!おすすめインターネットサービスは?

NURO光

インターネット接続サービスなら、NURO光が断然おすすめです。
その理由は、リーズナブルな料金で高速インターネットを楽しめるからです。

NURO光の速さは、なんと業界最速の最大2Gbps。
「インターネットがサクサク快適に使える!」と話題で、SANNETのように「障害があった」「遅い」というような口コミはほとんどありません。

さらに、料金はインターネット回線+プロバイダがセットで4,743円と大変お得です。
ソフトバンクユーザーの方なら、毎月最大2000円の割引もしてもらえます。

提供エリアが関東のみというところはちょっぴり惜しいポイントではありますが、関東の方にはぜひおすすめしたいサービスだと言えます。

NURO光についてはこちらのページでも詳しく解説しています。

.

※NTT東日本、フレッツ光ネクストスマートギガファミリータイプの場合

auひかり

NURO光のエリア対象外の方には、auひかりがおすすめです。

auひかりは、顧客満足度No.1の人気回線。
大手通信会社のKDDIグループが運営しているということだけあり、インターネットの品質やサポートが高く評価されています。

また、月額の料金もSANNETよりリーズナブルで、auユーザーの方は、さらに毎月最大2,000円の割引を適用できるというところもポイント!
auユーザーの方は、ぜひご検討ください。

auひかりのサービスについては、こちらのページでも解説しています。
ソフトバンク光 遅い

.

※au戸建てタイプ、NTT東日本、フレッツ光ネクストスマートギガファミリータイプの場合

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクユーザーの方に特におすすめしたいインターネットサービス。

ソフトバンクの携帯をお使いの方なら、セット割引を利用することで、毎月最大2,000円お得になっちゃいます。

しかも、オプションやキャンペーンなども充実しているため、お得&便利に利用することができます。

ソフトバンク光については、こちらのページでも解説しています。

.

※ソフトバンク光戸建て、NTT東日本、フレッツ光ネクストスマートギガファミリータイプの場合

.

SANNETの解約方法はこちら

SANNETの解約について解説

ここでは、SANNETを解約したいという方のために、解約方法についてまとめました。
現在、SANNETに契約をされている方で、乗り換えたいという方は、解約や気になるメールアドレスについて確認しておきましょう。

契約期間・違約金・解約方法について

SANNETの契約期間は6ケ月となっています。
ただし、6ケ月以降なら、いつ解約手続きをしてもいいというわけではありません。

というのは、SANNETの解約手続きの申請が、毎月20日までとなっているからです。
20日を過ぎてからでも解約は受付もらえますが、その場合、解約日が1ヶ月遅れてしまいます。

つまり、利用料金もその分多く取られてしまうということになるので注意しましょう。

解約の手続きは、電話とネットのどちらからでも可能です。
「PPPログインID」「PPPパスワード」があれば、オンラインで簡単に解約ができるので、ID・パスワードがわかる場合は、ネットから手続きをされることをおすすめします。

具体的なネットからの解約手順は以下の通りです。

  1. 「PPPログインID」と「PPPパスワード」を入力後、「解約申請」の項目を選び、「申請入力画面へ」を押します。
  2. 「サービス解約日」「解約理由」「申請受理の連絡先メールアドレス」を入力し、「解約申請確認画面へ」を押します。
  3. 解約申請終了の画面が出てきたら、完了です。

メールアドレスは残せる??

メールアドレスが、「~@サブドメイン名.sannet.ne.jp」という形になっていることからわかる通り、SANNETから無料で付与されるメールアドレスは、SANNET独自のものになりますので、SANNETを解約すると、メールアドレスは使えなくなってしまいます。

もし残したいという場合は、300円/月支払えば、必要最小限の機能だけ継続できるサービスを継続することができ、メールアドレスを引き続き利用することができますので、検討してみてください。


今回は、プロバイダのSANNETについて詳しく解説しました。
大規模な障害があったということもあり、ユーザーが離れぎみになっている、SANNET……。
ご利用中の方は、今が変え時かもしれませんね。

当サイトでは、お得なインターネット回線を多数紹介しています。ぜひご覧いただき、光回線選びに役立ててくださいね。