【徹底調査】プロバイダのおすすめは?失敗しない選び方・注意点とは

新しくプロバイダの契約をしたいけど、どれがいいかわからない!
あなたはそんなお悩みを持っているのでは?たしかにプロバイダはたくさんありすぎて、どう違うのかわかりづらいですよね。
そこで、今回は、初心者さんでも失敗しないプロバイダの選び方を徹底解説!
光回線別におすすめのサービスもご紹介します。また、お得なプロバイダの契約方法や失敗なくお得に乗り換えるコツ、乗り換えの手順や注意点、気になるプロバイダの速度についてもご紹介!
お得で快適なインターネットライフをスタートさせるために、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

そもそもプロバイダとは?

プロバイダとは、家のパソコンなどとインターネット回線をつなげるために必要な事業者のことです。
ISP(Internet Service Provider)とも呼ばれており、インターネットとの架け橋になっています。

インターネット回線やプロバイダには、それぞれさまざまな業者があり、どちらも自分で選べます。

  • インターネット回線例・・・「光回線」「ADSL」「CATV」「モバイル回線」など。
  • プロバイダ例・・・「So-net」「@nifty」「OCN」「AsahiNet」など

プロバイダごとに利用料金・サポートなどのサービス内容などが異なるので、契約前によくチェックしておきましょう。
なお、インターネットを利用するために必要な「インターネット回線」と「プロバイダ」をセットで取り扱っている業者もあります。

上手なプロバイダ選びのポイントを解説

回線に対応したプロバイダ選びが先決

プロバイダはどれを選んでもいいわけではありません。
というのも、使っている通信回線によって、対応可能なプロバイダが変わってくるからです。

通信回線にはフレッツ光やauひかりなどさまざまなものがありますが、それぞれ通信回線に対応するプロバイダを選択しなければいけません。

各回線の公式サイトなどで利用可能なプロバイダは紹介されていますので、その中から選ぶ必要があるということは覚えておきましょう。

エリア確認を行う

サービスの契約なので料金も大切ですが、プロバイダを選ぶ際は「通信速度」にも気を配る必要があります。
どれだけ高速回線を選んだとしても、プロバイダによって質が落ちてしまうことも考えられます。
そのためにも自分が住んでいる地域が最適なのかエリア確認を行いましょう。
当然地域によっては質が落ちてしまう場所もあります。
SNSなどの口コミサイトで、実際に利用している人がどうなのかを確認することもできますよ。

サービス内容で選択

先程、プロバイダはインターネットを接続するためのもの。
数百社もの業者がありますが、それぞれ提供しているコンテンツやサービスは少しずつ違っています。
代表的なところで言えば、ドラマやアニメといった動画配信、ゲーム、音楽配信、ショッピング、ブログなどが挙げられます。

もちろん有料のものもありますが、会員限定で割安に利用することも可能です。
他にも、パソコンの設定を無料で行ってくれるなどのサービスを展開しているところもあります。
そういったサービス比較して決めるのもおすすめです。

キャンペーンで選ぶ

インターネット関連サービスで、新規契約や乗り換えを考える際に、是非活用したいのがキャンペーンです。
これだけ多くの業者がひしめいている状態なので、顧客獲得のために料金が安くなるキャンペーンを行っているところも少なくありません。

他にも高額キャッシュバックを受け取ることができたり、特定のサービスを無料で提供してくれたりといったキャンペーンも行われています。

加入者が多すぎないプロバイダがおすすめ

プロバイダを選ぶなら、人気のところがいい!という方もいるかもしれません。
確かに加入者が多数ということもあり、契約するにはトラブルもなく安心できそうですよね。

ただし、プロバイダは加入者が多すぎると、回線が混みやすくなっているといったトラブルが考えられます。
「皆が入っているから」と安易な考えは決して通用しません。
もちろん加入する地域にもよりますが、圧倒的な加入者数を誇っているプロバイダよりは、シェア率がそれほど高くない、中間のプロバイダを選択することをおすすめします。

フレッツ光で選ぶおすすめのプロバイダは?

光回線の中でも圧倒的な知名度を誇っているのが、NTT西日本/東日本が提供しているフレッツ光です。

フレッツ光の場合、プロバイダと回線料金を別々で支払わなければいけません。
そして、プロバイダは、多くの選択肢があり、自分でどれを使うか決める必要があります。
主なプロバイダは、以下のものになります。

月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
速度 キャンペーン 無料サービス
★Sonet 1,000円 900円
  • セキュリティ(最大12ケ月)
  • 安心サポート(最大12ケ月)
  • 生活トラブルサポート(最大12ケ月)
★BIGLOBE 1,200円 900円
  • セキュリティ(3ケ月)
  • お助けサポート(最大2ケ月)
  • 生活トラブルサポート(初月)
  • UNEXT(1ケ月)
@nifty 1,000円 950円
  • IPv6サービス
ぷらら 1,000円 800円
  • 迷惑メール振り分け
  • 有害サイトブロック
OCN 1,100円 900円
  • メールウイルスチェック
hi-ho 1,200円 890円
BB.excite 500円 500円

総合的に〇なのは、SonetとBIGLOBE

まず、料金が最安なのは、BB.exciteです。
ですが、あまり速度の評判が良くないのが難点です。
サービス内容が手厚く、速度も問題なく利用できるプロバイダとしては、SonetやBIGLOBEがおすすめです。

お得に乗り換えたいなら、光コラボがおすすめ

プロバイダをお得に乗り換えたいなら、フレッツ光の回線とプロバイダがセットになった、光コラボサービスを選ぶと料金が安くなります。
上では、Sonet、BIGLOBEをおすすめしましたが、「プロバイダの料金が高い!」と思った方も多いのでは?

ですが、各プロバイダの光コラボに乗り換えれば、料金がずっと抑えられますよ。
というのも、プロバイダのキャンペーンは、あまり充実していませんが、光コラボなら、高額キャッシュバックキャンペーンが行われているからです。

以下の表の例なら、フレッツ光+プロバイダに比べて、Sonet光は、戸建て1,790円、マンション626円毎月お得になっています。
ビッグローブ光は、戸建て1,515円、マンション665円お得になる計算になります。

ちなみに、現在フレッツ光に加入している方は、工事なしで光コラボに転用することができるので、工事費もいらず、スムーズに乗り換えできます。

月額料金 最大キャッシュバック 実質月額(3年) フレッツ光+プロバイダと比較
Sonet光 【戸建て】
5,580円
【マンション】
4,480円
【戸建て】
45,000円
【マンション】
38,000円
【戸建て】
3,710円
【マンション】
3,424円
【戸建て】
5,500円
【マンション】
4,050円
ビッグローブ光 【戸建て】
4,980円
【マンション】
3,980円
26,000円 【戸建て】
4,285円
【マンション】
3,285円
【戸建て】
5,800円
【マンション】
3,950円

※フレッツ光の月額料金は東日本
※転用の場合、ビッグローブ光は、キャッシュバック10,000円(代理店利用時)

おすすめ光コラボランキング

光コラボでお得に申し込むなら、以下のサービスがおすすめです。
キャッシュバックを活用すれば、速度が速くて、サービスがしっかりしているプロバイダに、お得に乗り換えできますよ。

1位:Sonet光

光コラボを検討されている方に1番おすすめしたいのが、Sonet光です。
その1番の理由は、ズバリお得さ♪
新規申し込みなら45,000円、今フレッツ光を利用されている方が転用した場合でも35,000円のキャッシュバックが受け取れるからです!

Sonet光の公式ページからの申し込みでは、キャッシュバックがもらえませんが、代理店BIGUPから申し込めば、35,000円もお得になります。
オプション加入の必要もなく、良心的な代理店なので、安心して申し込みできますよ。

良心的な代理店

代理店BIGUPの特徴

  • 新規45,000円、転用35,000円のキャッシュバック
  • オプション加入なし
  • 簡単手続き
  • 最短2ケ月末後に振り込み

2位:ビッグローブ光

2番目におすすめしたい光コラボが、ビッグローブ光。
速度が安定しており、オプションが充実している点が魅力です。

こちらも代理店キャンペーンのキャッシュバックを利用すれば、新規で26,000円、転用で10,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができます!

このキャンペーンを行っているエヌズカンパニーも、信頼できる代理店の1つ。
オプション不要で、キャッシュバックの受け取りも簡単なので、もらい損ねる心配なしですよ。

もらい損ねる心配なし

代理店NNコミュニケーションズの特徴

  • 新規26,000円、転用10,000円のキャッシュバック
  • オプション加入なし
  • 簡単手続き
  • 最短2ケ月後に振り込み

3位:nifty光

nifty光も人気のある光コラボの一つです。
月額料金が戸建て4,500円、マンション3,400円で光コラボの中でも安いのが特徴で、格安SIMのNifmoが毎月200円になるという点でも選ばれています。

nifty光も代理店でのキャッシュバックが積極的に行われており、活用すれば、お得に申し込みことができます。
代理店の中でもイチオシなのが、NNコミュニケーションズです。

新規申し込みで25,000円、転用でも10,000円もらえて、かなりお得になりますよ。

活用すればお得に申し込み可能

代理店NNコミュニケーションズの特徴

  • 新規25,000円、転用10,000円のキャッシュバック
  • オプション加入なし
  • 簡単手続き
  • 最短2ケ月後に振り込み

その他のおすすめプロバイダ

auひかりはSonet

auひかりはプロバイダを7社から選択することができます。
どのプロバイダを選んでも、月額料金は同じなので迷っている方もいるかもしれませんが、7社の中でおすすめしたいのは、Sonet。

その理由は、Sonetなら、代理店キャンペーンで最大52,000円のキャッシュバックが受けられるからです。

  • セキュリティソフト(最大1年間無料)
  • 安心サポート(最大1年間無料)
  • 電話サービス(60ケ月無料・ホームタイプ)
  • 暮らしのトラブルサポート(最大1年間無料)

といったサービスを受けることができます。
ちなみに、BIGLIBEと@niftyでも、最大52,000円のキャッシュバックがもらえますが、オプションサービスはSonetが1番充実しているので、迷っている方はSonetを選択されることをおすすめします。

プロバイダ名 キャッシュバック額 無料オプション
Sonet 最大52,000円
  • セキュリティ最大1年間無料)
  • 安心サポート最大1年間無料
  • 暮らしのトラブルサポート最大1年間無料
BIGLOBE 最大52,000円
  • セキュリティ最大3ケ月無料
  • お助けサポート最大2ケ月無料
@nifty 最大52,000円
  • セキュリティ最大3ケ月無料
  • サポート初月無料
DTI 最大38,000円
  • ホームページサービス100MB
auonenet 10,000円
  • セキュリティ最大2ケ月無料
  • サポート最大2ケ月無料
Asahinet
  • 最大1年無料
@TCOM

以下のリンクの代理店NNコミュニケーションズなら、auひかりをSonetのプロバイダで申し込むことで最大52,000円のキャッシュバックを受け取ることができますよ。

auひかりをSonetのプロバイダで申し込む

ドコモ光はぷらら

大手のNTT系列であるドコモ光では約20社からプロバイダを選択することができます。
ドコモ光のプロバイダの中で1番おすすめしたいのは、ぷららです。

ぷららなら、公式ページからの申し込みで15,000円のキャッシュバックを受けることができ、大変お得です。
その他、以下の特典も受けることができますよ。

  • Wi-Fiルーターレンタルが無料
  • 新規工事費無料
  • 訪問設定サポート1回無料
  • セキュリティソフト最大24ケ月無料
申し込み窓口 キャッシュバック金額 振り込み時期 オプション条件
★ドコモ光ぷらら 15,000円 5ケ月後 なし
ドコモ光GMOとくとくBB 15,000円 5ケ月後 あり(DAZN)
ドコモ光nifty 15,000円 8ケ月後 なし
wiz 15,000円 6ケ月 あり(DAZN)
visionary 15,000円 書類到着の翌々月末 あり(ひかりTV)
ネットナビ 18,000円 1ケ月 あり(ひかりTV)
価格.com 15,100円 2ケ月~8ケ月 なし
※ただし、プロバイダ指定あり

他のプロバイダや代理店と比較しても断然ぷららのキャンペーンがお得なので、迷っている方は、ぷららで申し込みすれば間違いなしです!

他のプロバイダや代理店と比較しても断然ぷららのキャンペーンがお得

NURO光はSo-net

関東地区限定の光回線ですが、下り最大2Gbpsと超高速通信を誇っているNURO光。
SONYの子会社であるSo-netが運営しているということもあり、プロバイダはSo-netしか選択できないようになっています。
今まで別のプロバイダを使っていた人にとってはデメリットに感じるかもしれませんが、以下の特典を受けることができます。

  • 最大40,000円のキャッシュバック
  • 利用開始日から3か月間は月額料金500円
  • 契約事務手数料が無料
  • 工事費相当分を割引
  • 設定サポート1回無料

これだけの特典を受け取れるなんて、嬉しいですよね。
唯一のデメリットは関東圏しか申し込むことができないという点ですが、それでもユーザー数が限られてくるため、安定した通信速度で利用することができます。

ソフトバンク光はYahoo!BB

関東圏以外在住の方でソフトバンクユーザーにおすすめなのがソフトバンク光です。
ソフトバンク光自体をYahoo!BBが提供しているため、プロバイダはYahoo!BB以外使うことはできません。
また、ソフトバンク光では以下の特典を受けることができます。

  • 最大28,000円の高額キャッシュバック
  • 他社解約時の違約金・工事を全額キャッシュバック
  • (西日本限定)1,000円×12か月値引きキャンペーン

大手のYahoo!BBが運営しているからこそ、可能なサービスばかり。
フレッツ光以外からの乗り換え限定で、工事費相当額の商品券をもらえるため、負担なく乗り換えることができます。
他社でよく見られる現金のキャッシュバックではないため、注意が必要です。

以下のページからの申し込みなら、最大28,000円の現金キャッシュバックを受けることができるので、おすすめです。

お得にプロバイダに申し込むには

お得にプロバイダを契約するためには以下の方法がおすすめです。
・キャンペーンを利用する
・正規代理店から申し込む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

キャンペーンを利用する

以下のようなキャンペーンを利用すると、通常の価格よりも安く契約できます。
・キャッシュバックキャンペーン
・違約金負担・割引
・スマホとのセット割引

月額料金やサービスが同じプロバイダなら、キャッシュバック額の高い方へ申し込んだ方がお得です。
また、乗り換えの方には違約金負担キャンペーンがおすすめ。
約3,000~10,000円の違約金を全額、または一部負担してもらえます。

auやソフトバンクユーザーの方はスマホセット割キャンペーンを利用すればさらにお得。
毎月のスマホ代がスマホユーザーの数だけ安くなるので、同じ回線を利用する家族が多ければ多いほど節約できます。

以上がプロバイダの行っている主なキャンペーンですが、その他にも無線ルーターやゲーム機などのプレゼントキャンペーンを行っている場合があります。

プロバイダのキャンペーンが受け取れない?失敗を防ぐ3つのポイント

申し込み書類の不備や確認不足などで、キャッシュバックを受け取れない場合や違約金を負担してもらえない場合があります。

キャンペーンへ申し込む際は以下の3つのポイントを押さえておきましょう。
・適用条件
・必要書類
・受け取り時期(平均約6~12か月後)

キャッシュバックキャンペーンの中には、有料オプションへの加入を適用条件の一つにしているものもあるので要注意です。

また、違約金負担キャンペーンを受ける場合は、必ず「違約金の支払いを証明する書類」を用意しておきましょう。
契約者名義と違約金負担者の名義にも要注意。
この2つが異なっていると違約金を負担してもらえない場合があります。

適用条件や必要書類が多く複雑であればあるほど、書類の不備などでキャンペーンが適用されない場合があります。
より確実にキャッシュバックなどを受け取るためには、適用条件などがシンプルで必要書類の少ないキャンペーンへの申し込みがおすすめです。

代理店から申し込む

代理店とは、元請けのプロバイダまたはインターネット回線業者の代わりに、新規契約者を獲得するために設けられた店舗のことです。
つまり、プロバイダやインターネット回線業者の外注セールスマンだけ集めたお店。

代理店はたくさんあり、それぞれの代理店は他の代理店と差をつけるためにお得な特典を付けたり、割引サービスをしたりしています。
そのため、代理店のサイトから申し込む方が、公式サイトから申し込むよりも安く契約できるのが魅力です。

ただ、代理店から契約する場合は、「正規販売代理店」と標榜している店舗か必ず確認しましょう。
正規販売代理店でない店舗は、元請けのプロバイダ業者から正式な依頼を受けていない・認められていない店舗です。

中には高額な料金を請求してくる悪質な代理店もあります。
代理店を選ぶ際は、必ず正規販売代理店と標榜している店舗を選びましょう。

失敗なくお得に乗り換えるコツ

プロバイダは2~3年ごとに乗り換えるのがおすすめです。
さまざまなキャンペーンを利用すれば今よりも利用料金を抑えて、より快適に使えます。

プロバイダを乗り換える際は、以下の4ポイントを押さえておきましょう。

  1. 今より条件のよいプロバイダを探す
  2. スマホセット割の有無をチェック
  3. プロバイダ独自のキャンペーンをチェック
  4. 通常時の月額料金も把握

今より条件のよいプロバイダを探す

まずは現在契約しているプロバイダの条件をチェックします。

料金・通信速度・サポートなどのサービス充実度などを確認しておきましょう。
節約したい方は今よりも月額料金の安い業者を選ぶのがおすすめ。

また、現在の通信速度が遅いと感じている方には、ややマイナーなプロバイダを選ぶのがおすすめ。
通信速度は利用者の多さにも比例するので、現在メジャーなプロバイダを使っている方は再検討してみましょう。

ただ、通信速度が遅い原因にはさまざまなモノがあり、一概にプロバイダを変えたから改善されるとは言えない点には留意が必要です。

スマホセット割の有無をチェック

ドコモ・auなどのスマホを使っている方は、スマホ割のあるプロバイダを選ぶのがおすすめです。
スマホ割は、対象のプロバイダと契約することで、月々のスマホ利用料金が割引になるサービス。

家族で同キャリアのスマホを使っている方が多いほど、毎月の固定費が節約できます。

スマホ割対象のキャリア・・・ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMなど

ただ、スマホ割にこだわり続けるのはおすすめできません。
スマホ割よりもプロバイダ独自のキャンペーンに注目した方がお得な場合も多いので、スマホ割は、あればお得な特典程度にとらえておきましょう。

プロバイダ独自のキャンペーンをチェック

それぞれのプロバイダは、独自キャンペーンを実施しています。
実施していることの多いキャンペーンは以下の3つです。

【よくあるプロバイダのキャンペーン3つ】

  • 工事費・初期費用・月額料金の割引
  • キャッシュバック・ポイント還元
  • デバイス・ゲーム機などのプレゼント

中でもキャッシュバックは特に実施していることの多いキャンペーンです。
キャッシュバックキャンペーンを利用する場合は、適用条件などにも注目しておきましょう。

通常時の月額料金も把握

2~3年など長いスパンで契約する場合・中途解約金・違約金が高いプロバイダと契約する場合は、月額料金が途中で上がらないかというポイントにも注目しましょう。
キャンペーンなどで一見安そうに見えるプロバイダも、使い続けるうちに月額料金を上げていることがほとんどです。

また、月額料金が途中で上がることを隠している悪質なプロバイダや代理店には要注意。
通常時の月額料金がはっきりと明示されているプロバイダの方が、安心感があります。

プロバイダ乗り換えの流れ

プロバイダの乗り換えは、現在使っているインターネット業者はそのまま継続して使えるのがメリット。
プロバイダの乗り換えだけで済むので、インターネット回線を新しく契約したり工事したりする手間が省けます。

乗り換えの手順

プロバイダーを乗り換えるのに必要なのは、乗り換え先への申し込み・解約手続きの2つです。

【プロバイダ乗り換えまでの6ステップ】

  1. 乗り換え先のプロバイダーへ、インターネットまたは電話で申し込む
  2. 現在使用しているプロバイダーに解約を申し込む
  3. 解約時、必要に応じて書類を送る
  4. 乗り換え先のプロバイダーからアカウントID・パスワードを受け取る
  5. 設定をする
  6. インターネット利用開始

プロバイダの解約は電話でしか行えないことが多いので、あらかじめ解約窓口の電話番号などを調べておくとスムーズに解約できます。

注意点

プロバイダを乗り換える際に注意するポイントは以下の通りです。

【プロバイダ乗り換え時の注意点】

  • 更新月を必ず確認する
  • 解約金や違約金の発生に注意
  • メールアドレスが変わる場合がある
  • 解約によって使えなくなるサービスがある

更新月を必ず確認する

プロバイダは、違約金・解約金のかからない更新月に乗り換えるのがおすすめです。
プロバイダは2~3年単位で契約するのが一般的ですが、その内無料で更新できるのはたった1か月間。

更新月を過ぎると自動で契約が更新され、解約しようとすると違約金・解約金がかかります。
しかも、その1か月間の起算方法は、「契約日を含む月から2年後」「契約日を含まない次の月から3年後」など、プロバイダによって異なるので、契約時によく確認しておきましょう。

解約金や違約金の発生に注意

プロバイダを契約更新月以外に解約した場合、「違約金」「解約金」がかかります。
違約金・解約金はプロバイダによって異なっているので、更新月以外に解約を検討している方は確認しておきましょう。

なお、乗り換え先のプロバイダによっては、違約金・解約金の負担キャンペーンを実施している場合があります。
プロバイダの違約金・解約金が高くて乗り換えを迷っている方は、解約金・違約金を負担してくれるプロバイダを検討するのがおすすめです。

メールアドレスが変わる場合も

プロバイダを乗り換えると、現在使っているプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。
現在メインで使っているメールアドレスがプロバイダから提供されている場合、あらかじめフリーメールなどで他のメールアドレスを作っておきましょう。

なお、プロバイダがメールサービスを個別で提供している場合、メールサービスのみの契約も可能です。
現在使っているプロバイダが提供しているメールアドレスをこのまま使いたい場合は、解約前にメールサービスのみ契約しておきましょう。

メールのみの利用料金はプロバイダによって異なりますが、約200~400円前後で利用できます。

解約によって使えなくなるサービスも

プロバイダを解約すると、それまでプロバイダが提供していたサービスが使えなくなるので注意しましょう。
代表的なモノにメールサービスがありますが、そのほかにもサポートサービス・セキュリティサービスなど、オプションでサービスをつけていた方は解約前に要確認です。

また、現在のプロバイダで使っていたサービスを引き続き使いたい方は、乗り換え先のプロバイダでも提供しているか確認しておきましょう。
なお、乗り換え先のプロバイダがメールサービスを提供していた場合でも、現在使っているプロバイダのメールアドレスを引き継ぐことはできません。

プロバイダは料金で決めてOK?激安プロバイダにデメリットはある?

プロバイダの月額料金は最も安いもので約500円、高いもので1,000円以上します。
最も安いものの方が節約できますが、安いものはそれなりのデメリットを持っていることもあるので注意が必要です。

プロバイダは料金だけで決めてしまうのではなく、以下のポイントも押さえて選ぶのがおすすめです。

・サポート体制
・通信速度

特にサポート体制の充実はとても大切。
サポート窓口が明確で、つながりやすく、機器が故障した際や不明点がある場合は丁寧なサポートを受けられるプロバイダを選びましょう。
通信速度に関しては、繋いでみないとわからないところもありますが、スピードテストサイトなどで、気になるプロバイダで実際どれくらい速度が出ているのか調べておくと、失敗する可能性は低くなるでしょう。

プロバイダによって速度は違う?失敗しないためには?

インターネットを快適に利用するために重要となるのが通信速度ですが、プロバイダによって通信速度が変わることがあります。

特に、独自の回線を持っているプロバイダは回線速度が比較的速いです。

回線をレンタルしている光コラボの場合、回線の不具合が起こった時には、レンタル先の回線サービスに確認し改善を依頼しますが、独自回線なら自社内で回線の管理ができます。

常にベストな状態へと管理し、不具合が起こった時の対応も早いので、通信速度を重視する方には独自回線を持っているNURO光やコミュファ光、auひかりなどがおすすめです。

まとめ

Yahoo!BBのように、回線とプロバイダを両方兼ねている業者が存在していることで、ユーザーが重要視無くなってきてしまっているプロバイダ。
もちろんどこの通信回線業者を利用するのかも大切ですが、プロバイダ業者も同じくらい慎重に選ぶことをおすすめします。

今回は料金とキャンペーン内容を中心に各回線のおすすめプロバイダをご紹介しましたが、サービスの充実度によっても大きく異なってきます。
しっかりと見極めて、自分に合ったプロバイダ探しをしてみてくださいね。

プロバイダサービス徹底調査の記事一覧
SANNET(サンネット)は解約した方がいい!?口コミ・解約方法まとめ―SANNET完全ガイド―
KCNのサービス内容や評判は?料金から解約方法まで徹底解説!―KCN完全ガイド―
hi-hoのプロバイダ&スマホの評判・口コミはどうなの?―hi-ho完全ガイド―