Pocket

KCNは、近鉄ケーブルネットワークの通信サービス。
奈良県を中心に提供されているサービスですが、口コミなどの情報は少なめなので、迷っている方もいるかもしれませんね。今回は、KCNについて詳しく解説します。

.

まずは、KCNの特徴をチェック

KCNとは?

KCNとは、近鉄ケーブルネットワーク株式会社が提供するインターネット&ケーブルテレビのことです。
地域密着型のブロードバンドサービスで、奈良県全域と京都府南部を中心に展開されています。

口コミ・評判からわかるKCNのメリットは?

月額料金が2,800円


KCNの1番の魅力は、月額料金の安さです。
もともとの料金は戸建ての1Gタイプなら、4,800円と特別安い!というわけではありませんが、現在は、「光1Gスタート割」というキャンペーンを行っているため、お得に利用できます。

戸建てにお住まいの方は、2年間毎月2,000円割引してもらえるので、月額基本利用料が2,800円という驚きの値段になります。

auスマートバリューがある

KCNでは、auの携帯セット割である「スマートバリュー」が利用できます。
携帯代の利用料金から最大2年間、毎月最大2,000円が割引してもらえるので、通信費を大幅にカットすることが可能です。

また、auスマートバリューは、契約者の家族も割引の対象となるので、例えば家族4人でauのスマホをご利用の場合、最大毎月8000円も割引してもらえることになります。
これが1年2年と積み重なると、大きな貯金額になりそうですね。

ソフトバンクのセット割がある

KCNでは、ソフトバンクのセット割引が適用できます。
これは、ソフトバンクのスマホとKCNの光ファイバーインターネットと電話をセットにすることで、携帯代が2年間毎月最大2,000円割引になるというキャンペーンです。

また、auと同じくソフトバンクも家族内のソフトバンクユーザーなら、契約者と同様毎月最大2,000円割引してもらえます。

口コミ・評判からわかるKCNのデメリットは?

3年縛りで違約金が高い


KCNは、月額基本料2,800円で利用できるサービスですが、ずっと同じ値段が続くわけではなく、3年目には値段が高くなってしまいます。

「じゃあ、2年使ったら解約すればいいのでは・・・?」と思ってしまいますが、この割引の契約期間は3年間となっているので、2年で辞めた場合、違約金が取られてしまいます。

違約金は、継続利用期間が短いほど高くなる仕組みになっており、利用から1年で解約した場合62,400円、2年で解約した場合31,200円となります。

さらに撤去工事費も必要となるので、解約に伴って発生する金額がかなり大きくなってしまいます。

速度は…

https://twitter.com/koji1920/status/608518871608250368


速度に関しての口コミは、「速くなった」という人と「遅くなった」という人が半々で、評価にはばらつきがありました。

これは、KCNに限ったことではありませんが、お使いのインターネット環境などによってもずいぶん変わってくるようですね。

キャッシュバックがない

インターネット乗り換えの醍醐味といえば、キャッシュバック!ですが、KCNでは、今のところ公式のキャッシュバックキャンペーンは行われていないようです。
やはり格安でインターネットサービスを提供するためには、大きな還元をすることが難しいのかもしれません。

他社の乗り換えキャンペーンだと3~4万円といった高額キャッシュバックもあるため、それに比べると見劣りしてしまうと言わざるを得ません。

マンションは戸建てよりお得感がない

KCNが大々的に打ち出している月額2,800円のプランは、戸建て用のものです。
マンションの月額は、スタンダードなコースで320Mの3,800円/月です。

一般的には、戸建てよりマンションの方が、利用料金が安くなるはずですが、KCNの場合は戸建ての方がお得なため、マンションの方はあえてKCNを選ぶメリットは少ないと言えます。

また、マンションの速度は一番速いプランで320Mとなっていますが、これは下り(ダウンロード)の最大速度であり、上り(アップロード)は、最大10Mしか出ません。
インターネットのヘビーユーザーさんには、KCNのマンションタイプはおすすめできないと言えるでしょう。

.

KCNよりおすすめなのは

KCNよりお得なのは?

マンションならauひかり

マンションにお住まいなら、KCNよりauひかりの方がおすすめです。
KCNは、料金の安さが魅力ですが、上でも説明した通り、マンションの料金は他社と比べて特別安いわけではありません。

auひかりの料金は、KCNと同じ3,800円/月
KCNだと最大10Mでちょっと心配な上りの速さですが、auひかりなら最大35Mなので安心です。

その上、KCNは「違約金が高い!」という口コミが多くありましたが、auひかりのマンションタイプには、契約期間の定めがなく、違約金が発生しないので、気軽に乗り換えすることが可能です。

auひかりについては、こちらのページでも詳しく解説しています。

戸建てなら、ソフトバンク光

戸建てにお住まいの方には、softbank光がおすすめです。
KCNは、キャッシュバックが0円というところが残念なポイントですが、ソフトバンク光なら、こちらのサイトから申し込みをすると、最大48,000円分の特典が受けられます。

しかも、ソフトバンクユーザーなら、毎月最大2,000円の割引もしてもらえます。
ソフトバンク光については、こちらのページでも詳しく解説しています。

.

やっぱりKCNが気になる方は、こちらをチェック

KCNのエリアをチェック!

KCNのサービスエリアは、限れているので、申し込みをしようと思っても「エリア外だった!」ということになってしまう可能性も…。
事前にお住まいのエリアが、提供エリア内であるかどうか確認しておくことをおすすめします。

KCNのエリアは、奈良県全域と京都南部、大阪府・三重県の一部です。

※上の画像は公式ページより引用

KCNの料金を解説

KCNの料金プランは、月額2,800円(プロバイダ料込)のプランの他にもいくつかあるので、ご紹介しておきます。

戸建てプランを解説

戸建てプランは、100M・300M・1Gの速さから選べます。
300Mと1Gのタイプは、2年契約を約束することで「とく割」という特別価格で提供されます。

また、現在行われている「光1Gスタート割」は「光1ギガプレミアム」のコースを3年間利用する約束で、はじめの2年間は月額料金2,800円で利用できるというもの。
2年経過すると、とく割コースの料金(4,800円/月)に切り替わります。

.

3年目以降も利用を続けたいという場合は、「光長割」に申し込みをするといいでしょう。
この割引に申し込みをすれば、3~5年目は通常料金の100円引き6年目以降は300円引きで利用することができます。

詳細の料金は以下の通りです。

※上の画像は公式ページより引用

マンションプランについて解説

KCNのマンションプランは、330M・160M・5Mの速さの中から選べます。
戸建てタイプと同様2年間の継続利用を約束すると「とく割」という割引が適用され、通常よりお得にインターネットを利用することができます。

ただし、プラン名の速度表示は、下りの最大速度であり、上りの最大速度は、320Mコースの場合10M、160Mコースの場合5Mとなります。(5Mコースは上り下りともに5Mです)

下りの最大速度は、上りより遅くなっているので、その点を踏まえた上で、コースを選択することをおすすめします。

※上の画像は公式ページより引用

ネット・電話・テレビの初期費用は?

インターネットを乗り換える上で意外とネックになるのが工事費などの初期費用ですよね。

しかし、KCNでは、初期費用割引のキャンペーンを行っているため、それほど高額にはなりません。
ただし、テレビサービスの初期費用は、プランによって異なります。

一部のコースでは、工事費が23,000円~となっているので、事前に確認しておきましょう。(テレビのコースについては後程説明します)また、電話の初期費用は、いずれの場合も無料となっています。

初期費用の詳細は以下の通りです。

.

KCNの速度について解説

KCNの速度は、最大で1Gです。
この速度は、インターネットで動画の視聴などを行う時も問題ないスピードであるといえます。

また、KCNは、地域に特化したサービスで、KCNが保有する独自の回線を利用して提供されているため、繋がりやすさも問題ないと思われます。
ただし、インターネットの速度は、お使いのインターネット環境によって大きく変わってくるので、1Gのプランでも遅く感じてしまうというケースも全くないわけではありません。

また、マンションタイプは、一番速いタイプでも下りの最大速度320Mで、下りが10M。
これだと、「遅い」と感じてしまうこともあるかもしれません。

マンションにお住まいの方で、インターネットの大容量コンテンツなどを楽しみたいという場合は、他社の回線を選んだ方が、いいかもしれませんね。

KCNのテレビについて解説

料金プランは?

KCNはケーブルテレビ局を運営しているということもあり、サービスが充実しています。
見られるチャンネルは、プランによって異なりますが、種類としては、地上波放送・ローカルチャンネル・地デジタル・BSデジタル・CSデジタル・有料オプションチャンネル・FM放送の全てに対応しています。

戸建てのプランには、5種類があります。

地デジコース(700円/月)

KCNチャンネル(2ch)と地上波放送(9ch)の全11chが視聴できるコース

地デジ・BSコース(1,500円/月)

KCNチャンネル(2ch)・地デジ(9ch)・BSデジタル(11ch)の全22ch+有料オプションチャンネル(3ch)が視聴できるコース

地デジ・スーパーコース(1,500円/月)

KCNチャンネル(3ch)・地上波放送(10ch)・BS放送(9ch)・CS放送(7ch)の全29ch+有料オプションチャンネル(21ch)が視聴できるコース

プライムコース(4,700円/月)

KCNチャンネル(3ch)・地上波放送(10ch)・BS放送(9ch)・CS放送(60ch)の全82ch+有料オプションチャンネル(18h)が視聴できるコース

スタンダードコース(4,000円/月)

KCNチャンネル(3ch)、地上波放送(10ch)、BS放送(9ch)、CS放送(46ch)の全68ch+、有料オプションチャンネル(21ch)が視聴できるコース

 

実際にどんな放送チャンネルがあるのか気になる方は、こちらのページをご覧ください。

マンションのプランは、3つのタイプから選択することになります。
コースの詳細と料金は以下の通りです。

ディズニー2チャンネルコース(1,800円/月)

地上波・BS・ディズニー・ショッピングの全31ch+有料オプションチャンネル(21ch)が見られるコース

スタンダードコース(4,000円/月)

KCNチャンネル(3ch)、地上波放送(10ch)、BS放送(9ch)、CS放送(46ch)の全68ch+、有料オプションチャンネル(21ch)が視聴できるコース

プレミアムコース(4,700円/月)

KCNチャンネル(3ch)・地上波放送(10ch)・BS放送(9ch)・CS放送(60ch)の全82ch+有料オプションチャンネル(18h)が視聴できるコース

マンションのテレビサービスで見られるチャンネルの詳細については、こちらのページでご確認ください。

料金は、テレビサービスを単体で申し込んだ場合のものになります。
インターネットとセットで申し込みをする場合は、セット割引が適用されるため、上の料金より安くなります。

セットで申し込みをするという場合は、こちらのページから、シュミレーションしてみてください。

録画はできる?

KCNでは、無料で外付けUSB-HDD録画機能付きのチューナーが提供されます。
USBやHDDに直接書き込み、デジタル録画をすることができます。

ただし、この無料チューナーでは、録画中に他のチャンネルを視聴することができません。
また、高画質での録画も対応していません。

もし、その点が気になるようであれば、高性能の録画機器をKCNからレンタルすることをおすすめします。
ダブル録画機能が付いているものなら1,200円/月で、ブルーレイ機能が付いているものなら、2,200円/月でレンタルができます。

また、レンタルをしたくないという場合は、対応機器を自分で用意することで、高画質のまま録画をすることができます。
対応機器については、事前に問い合わせをされることをおすすめします。

KCNの光電話について解説

KCNの電話基本料は、インターネットとセットで申し込みをした場合、300円です。
また、NTT固定電話への通話料は日本全国どこでも7.99円/3分となっています。(ソフトバンクユーザーの場合は、ソフトバンクの携帯電話への通話が無料になり、時間を気にせず通話することができます。)

NTTアナログ回線の電話基本料は1,600円/月、他社の光回線も500円/月が多い中、KCNは300円/月なので、インターネットを申し込みされる方は、ぜひ検討されることをおすすめします。

また、上でも説明した通り、電話の初期費用はキャンペーン中につき0円となっています。

ただし、電話のオプションサービスには、5つの種類があり、申し込むオプションによっては、工事費用が必要になります。

オプションの種類と料金・工事費は以下の通りです。

※上の画像は公式ページより引用

ちなみに、複数のオプションを申し込みたいという場合はパックでお得なプランに申し込みすることをおすすめします。
パック1は5つのオプションが全てセットで900円/月、パック2は3つのオプションがセットになって630円/月です。

この場合、いずれも工事費は無料になります。

wifiについて解説

今の時代は、wifi接続が定番となってきたので、インターネット回線を乗り換える時は、無線ルーターはどうしたらいいの?と気になる方も多いのではないでしょうか。

KCNでは、無線ルーターが100円/月でレンタルすることができます。
月々100円という料金は、他社に比べると安いので、ありがたいですね。

自分で無線ルーターを用意するなら、レンタル料は不要ですが、対応機器については、事前に問い合わせをして確認されることをおすすめします。

KCNの工事は?

KCNの工事方法は、他社の方法と同様のもので、宅内に光回線を引き込んでインターネットを接続可能な状態にするという内容になります。

基本的には、エアコンの配管口など、すでにある穴から引き込みを行いますが、適当な穴がない場合は、穴を開けて回線を引き込むことになるので、借家にお住まいの方は、大家さんに許可を取っておきましょう。

工事日は、KCNからかかってくる日程調整の電話で相談の上決定されますが、連絡までに1ヶ月以上かかるケースもあるようなので、気長に待つようにしましょう。

開通までは、約1ヶ月程度とされていますが、混み合っている場合は、2ケ月以上時間がかかってしまうこともあるようです。

工事費は、上でも解説している通り、割引キャンペーンにより3,000円~となっています。

ただし、契約内容や建物の状況によっても変わる可能性があるため、事前にかかってくる電話で、しっかりと確認されることをおすすめします。

引っ越しをするときは?

引越しをする時は、工事が再度必要になりますが、撤去工事は無料でしてもらえます。
今入っているプランはいったんリセットされ、利用期間ははじめからカウントされますが、サービスを継続する場合は、違約金を取られることはありません。

ただし、契約中のいずれかのサービスを解約する場合、違約金が発生するので、注意しましょう。

プロバイダやメールアドレスはどうなる?

KCNはプロバイダもセットになったサービスなので、その他の会社は選べません。

また、メールアドレスは、KCNのインターネットに加入すると1つだけ無料でもらえます。
それ以上必要な場合は、アドレス1つにつき月額100円で追加することができます。(最大4個の追加が可能)

付与されるメールアドレスの変更は月3回まで可能なので、迷惑メールが来た時などは活用できそうですね。
また、メールの保存容量は200MBとなっています。

KCNのメールアドレスを使わないという場合も、KCNからのお知らせが届く可能性もあるため、転送設定をしておくことをおすすめします。
転送設定は、こちらのページから行うことができます。

ちなみに、KCNのインターネットを利用する場合、現在お使いのプロバイダは解約することになりますので、今のプロバイダメールは使えなくなってしまいます。

ただし、メールアドレスを残したい場合は、月額数百円で対応してもらえる場合もあるので、各プロバイダにお問合せください。

KCNのセキュリティ対策ツールは?

KCNでは、残念ながらセキュリティソフトの無料提供はありません。
ただし、有料オプションとして、パソコンセキュリティサービス(400円/月)とメールセキュリティサービス(300円/月)があります。

パソコンセキュリティサービスは1契約につき3台のパソコンに導入可能で、ウイルスや不正アクセスの防御、迷惑メールの選別、有害サイトへのアクセス制限といった機能を果たしてくれるソフト。

メールセキュリティサービスは、ウイルスに感染したメールを自動的に判定してくれるというものです。

KCNでセキュリティ対策ソフトも全部そろえてしまいたいという方は、検討されるといいでしょう。

KCNのサポートは?

無料サポートについて

KCNの無料サポートには電話窓口とメール窓口があります。
他社のサービスでは「サポートに電話がなかなか繋がらない!」ということもよくあるようですが、KCNは相談内容によって細かく窓口が分かれているので、電話がつながりやすく、より適切な回答をしてもらえそうです。

また、加入後のサポートは24時間無休なので、突然のトラブルの時も安心ですね。

ここでは、契約前の相談窓口と契約後の窓口の詳細を記載しておきます。

詳しい連絡先については、こちらのページをご覧ください。

◆加入前の相談
電話番号:0120-333-990
※受付時間9:00~21:00、日・祝は17:30まで
メール:こちらから
◆加入後の相談
インターネット・電話についての相談電話番号:0120-333-892
テレビについての相談電話番号:0120-950-144
※24時間年中無休

有料サポートについて

KCNの有料サポート「KCN安心サポート」は、月額500円で、テレビ・インターネット・固定電話のあらゆるトラブルに対応してもらえるというもの。
パソコンの遠隔サポートなら何度でも追加料金なしで依頼することができ、訪問サポートも特別価格でお願いできます。

パソコンの設定や接続に不安がある方は、はじめだけでも加入しておくと安心できるでしょう。

.

もしもやめたくなったら?

KCNの解約・違約金について解説

契約期間と違約金について

KCNの違約金は、他社に比べて高い上、非常に細かく設定されているので、解約する際は注意が必要です。

基本的に、解約には撤去工事費として最低でも5,000円は請求されると思っておきましょう。
それに加え、各サービスの解約に伴う違約金も発生しますので確認が必要です。

また、契約期間が設定されていないプランでも、契約解除料として、費用が請求されるケースもありますので注意しましょう。
解約金や工事費は、ご契約内容やお住まいの住居によっても異なるため、詳細は、問い合わせをされることをおすすめします。

.

KCNの解約方法

KCNの解約は、解約希望日の14日前に電話で申し出をする必要があります。(電話サービスの場合、解約希望月の15日、または、機器撤去希望日の14日前)

解約の際は、上記のサポート窓口に電話をすれば、対応してもらえます。
解約申請後は、撤去工事が必要となりますので、心づもりをしておきましょう。


今回は、奈良県を中心にサービスを展開しているKCNについて解説しました。
KCNは、安くてお得で、月額料金がとっても魅力的ですが、違約金が高すぎて、一度入るとやめられない!という点がちょっとコワいですね。

その点、auひかり(マンションタイプ)なら、KCNと同じ月額で違約金は発生しません。
また、戸建ての方はソフトバンク光なら、KCNほど大きな違約金が取られる心配はありません。
当サイトでは、その他のインターネットサービスについても詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

Pocket