自宅以外の場所でも快適にインターネット接続ができるポケットwifiの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
たくさんの会社や料金プランがあって、どこで契約するのが一番良いのか迷ってしまいますよね。

今回は、各社の料金や速度、最新キャッシュバックキャンペーン内容などを比較して、一番安いところはどこなのかを徹底的に調べてみました。
安いと評判の格安SIMや、レンタルの情報もまとめてあります。

安くて快適に使えるポケットwifiを探している方はぜひ参考にしてみてください。

安いポケットWifi選びのコツ

皆さんはポケットWi-Fiを利用していますか?ポケットWi-Fi1つあるだけでパソコンやゲーム機を外出先でもインターネットに接続できますのでとても便利ですよね。
ですが、このポケットWi-Fi、毎月の料金が気になって契約をためらっている方も多いのではないでしょうか。こちらでは毎月の料金が気になっている方に向け、ポケットWi-Fiを安く利用するコツを紹介します。

端末代金が安い(端末の種類も確認)

端末代金が安いプロバイダで契約することでポケットWi-Fiを安く利用することができます。
ポケットWi-Fiは端末と毎月の料金がセットになっているものもありますが別れているものもあります。また、契約すると端末が無料でもらえるプロバイダもありますので端末代金がセットになっているプランや無料のプランを選択することをおすすめします。
WiMAXは毎月の料金も安く、ほとんどのプロバイダで端末代金が無料ですので、WiMAXを検討してみても良いですね。

契約期間の縛りがない

契約期間に縛りがあると解約するときに違約金が発生したりして結局高くなってしまうことがあります。
現在販売されているポケットWi-Fiはほとんどのプランで契約期間に縛りがあります。2年や3年という契約期間を設けているプロバイダがほとんどですので契約する際は注意しましょう。契約期間がないプロバイダもありますが、そのような場合は毎月の料金が高くなってしまいますのでよく考えてから契約しましょう。
また、プラン以外にも端末代金が分割で設定されていて、2年、3年利用することで端末代金が無料になるプランについても注意が必要です。
このようなプランの場合は、端末代金は毎月発生しているけど割引のおかげで実質0円になります。ですが、このようなプランは2年、3年以内に解約してしまうと端末分割代金分の残りの代金が発生してしまい高額な端末代金を請求されてしまいますので注意が必要です。Yモバイルやソフトバンクのモバイルルーターは毎月の料金が安いですが、小端末代金が分割ですので、注意してくださいね。

実質月額料金が安い

ポケットWi-Fiは毎月の料金が安いことももちろん重視しますが、この料金以外にもキャッシュバックなどお金が戻ってくるキャンペーンも重視しましょう。
ポケットWi-Fiを契約するときにキャッシュバックなどのキャンペーンを目にした方もいるかと思いますが、こちらのキャンペーンの金額を契約期間分の料金から引くことで実質の料金を割り出すことができます。WiMAXはキャッシュバックのキャンペーンを開催していることが多く、実質の料金で見るとWiMAXがお得になることが多いです。
逆に、キャリアのポケットWi-Fiは毎月の料金が高い割にキャッシュバックなどのキャンペーンなどがありませんので、実質の料金が高くなりがちです。
ポケットWi-Fiを契約する際は毎月の料金だけではなく実質の料金も参考に契約しましょう。

通信速度が速い

ポケットWi-Fiを利用する上で重要になるのは通信速度ですよね。せっかくポケットWi-Fiを契約するのであれば通信速度が早いほうがインターネットを快適に利用することができますし、ストレスも溜まることがありません。現在提供されているポケットWi-Fiはほとんどのもので通信速度が高速なのでストレスフリーで利用することができます。
格安SIMを利用したポケットWi-Fiの料金は安いのですが、速度が遅くなりがちなので料金を取るか、通信速度を取るかで選びましょう。

お得なキャンペーンがある

ポケットWi-Fiは利用するものによってはお得に利用できるキャンペーンがいろいろあります。キャッシュバックキャンペーンはもちろん、毎月の料金から割引してくれるキャンペーン、スマートフォンや同社のサービスとセットで利用することで割引されるキャンペーンなど各社様々なキャンペーンを開催していますのでお得に利用できるキャンペーンを探してみましょう。こちらでも後ほどキャンペーンを紹介させていただきますが、どれもお得に利用できるキャンペーンばかりですよ。せっかくポケットWi-Fiを利用するのですから、とことんお得に利用できるように様々なキャンペーンを適用させましょう。

ポケットWiFi主要5社料金徹底比較

ポケットWi-Fiを提供している主要5社について比較してみましょう。
各社それぞれ利点がありますし、料金も異なりますので表などを用いて比較します。
表などを参考に自分にぴったりなポケットWi-Fiを見つけてくださいね。

 
ドコモ、au、ソフトバンクなど様々な会社がポケットWi-Fiを提供していますが、いまいちどの会社がどのようなプランを提供しているのかわかりませんよね。
こちらでは各社の料金や通信速度などを表で比較します。

キャリア 月額料金 データ上限 通信速度 端末代金
ドコモ 4,300円〜 最大20GB(料金変動) 1,288Mbps 25,272
au 3,696円〜 最大7GBまたは無制限 1,237Mbps 店舗確認
ソフトバンク 1,900円〜 5GBまたは7GB 612Mbps 36ヶ月利用で実質0
Y!mobile 2,480円〜 5GBまたは7GB
一部エリア無制限(オプション契約必須)
612Mbps 36ヶ月利用で実質0
WiMAX 3,696円〜 最大7GBまたは無制限 1,237Mbps 0

表でわかるように、各社で料金や通信速度、端末代金などが大きく異なりますね。
次の項目ではこの表の中でおすすめできるポケットWi-Fiを紹介させていただきます。

実質料金が一番お得なのはWiMAX

実質の料金が一番お得なのはWiMAXです。
WiMAXは他社に比べ、端末代金が0円という場合がほとんどで余計な端末費用がかからないということで圧倒的にお得です。
こちらの表では3,696円からとなっていますが、こちらの料金はWiMAX本家のUQ WiMAXの料金ですのでプロバイダが提供するWiMAXを利用することでさらに料金を抑えることができます。
料金も安く、通信速度も1Gbpsを超えていますので動画再生からネットサーフィンまでストレス無く利用することができますよ。

無制限でお得に使えるのは?

無制限でお得に利用できるのもWiMAXです。
こちらの表の中で無制限プランを提供しているのはWiMAXとY!mobileです。
WiMAXはWiMAXエリア内であれば、常にデータ通信無制限で利用することができますが、Y!mobileは特定のエリアのみでしかデータ通信無制限を利用することができません。
また、Y!mobileでデータ通信無制限を利用するには指定のオプションに加入する必要があります。オプションに加入することで毎月の料金が高くなってしまいますので、WiMAXと比べても料金面で劣ってしまいます。

速度が速いのは?

通信速度が早いポケットWi-FiはドコモとauとWiMAXです。表の中で1Gbpsを超える通信速度で利用できるポケットWi-Fiはこちらの3機種のみとなっています。
こちらの中でauとWiMAXはどちらも同じ回線を利用していますので、特に差はありませんが、ドコモのポケットWi-Fiはこちらの通信速度に繋がりやすさを備えていますので通信速度と繋がりやすさを重視する場合はドコモのポケットWi-Fiを利用しましょう。
主要都市でのみの利用の場合はWiMAXでも繋がりにくいといったことはほとんどありませんので、そのような方はWiMAXでも安心して利用できますよ。

端末代金が安いのは?

端末代金が安いポケットWi-FiもWiMAXとなります。
WiMAXはほとんどの端末が0円で利用することができますので、他社のポケットWi-Fiよりも圧倒的に安い価格で利用することができます。
ソフトバンク、Y!mobileも3年間利用すると実質0円で利用することができますが、万が一3年以内でポケットWi-Fiを解約してしまうと端末代金の割引がなくなってしまい、残りの分割代金を一括で支払う必要がありますので注意してください。
ソフトバンク、Y!mobileのポケットWi-Fiは他社のポケットわいふぁいに比べ端末価格が高く設定されていて、3年以内に解約した方から料金を搾り取るといったことを行っていますので、3年利用する予定のない方はソフトバンク、Y!mobile以外で契約しましょう。

ポケットwifiが安いところはココ!最新キャンペーン情報

(キャッシュバックキャンペーンの内容やセールスポイント、他より優れている点を紹介してください)
続いて、ポケットWi-Fiをお得に契約できるプロバイダを紹介します。
これから紹介するプロバイダはポケットWi-Fiを契約するとキャッシュバックがあったり毎月の料金をお得に利用できたりとポケットWi-Fiをお得に利用できるプロバイダとなっています。
ポケットWi-Fiのプロバイダ選びに悩んだらこちらのプロバイダから選択して契約することをおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBはWiMAXの中で最高クラスのキャッシュバック、割引を行っています。
キャッシュバックがほしいという方はキャッシュバックを、毎月の料金を安くしたいという方は月額割引と要望に応じて2種類のキャンペーンから選択することができますよ。

キャンペーン内容

最大31,600円のキャッシュバック
または
約30,000円の料金割引

注意点

キャシュバックを選択された方は契約から1年後にGMOとくとくBBのメールアドレスにキャッシュバックの手続きメールが届きますのでこちらの手順に従ってキャシュバックの申請を行ってください。
メールの受け取りから45日が契約するとキャシュバックを受け取ることができなくなってしまいますので注意してください。
月額割引を選択された方は毎月の料金から自動的に割引されますので手続きはとくに不要となっています。
契約する端末によってキャッシュバックの金額などが異なりますので契約の際には端末ごとのキャッシュバックなどを比較して契約しましょう。

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAXはauスマートバリューを利用する事ができるWiMAXです。
auのスマートフォンとセットで利用することで毎月の料金から最大1,410円の割引を受けることができますので、auのスマートフォンを利用している方はスマートフォンの料金もお得にすることができますよ。

キャンペーン内容

BIGLOBEは毎月のWiMAXの料金がお得になるキャンペーンを開催しています。
3年間利用することで最大46,970円の割引を受けることができます。

注意点

BIGLOBE WiMAXは他社のWiMAXとは異なり、端末代金が分割となっていますので契約期間内に解約してしまうと端末の残債が一括で請求されますので注意しましょう。

Broad WIMAX

Broad WiMAXは月額料金の割引を行っているWiMAXプロバイダです。
毎月の料金はWiMAX最安値クラスの料金なのでとにかく料金を安くしたいという方におすすめのWiMAXです。
また、Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンを開催していて、他社のポケットWi-Fiを利用している方がBroad WiMAXに乗り換える場合、乗り換え元のポケットWi-Fiの違約金を負担してくれるキャンペーンを開催しています。
機種の古いWiMAXを利用していて、機種変更をしたいという方はBroad WiMAXに乗り換えて最新機種を利用しましょう。

キャンペーン内容

月額割引
初期費用無料キャンペーン
違約金負担キャンペーン

注意点

Broad WiMAXはWiMAX最安値クラスの料金ですが、支払い方法を口座振替にすると割引が少なくなりますのでBroad WiMAXを利用する場合はクレジットカードで支払いましょう。

格安SIMやレンタルは安いの?

ポケットWi-Fiの中には格安SIMを利用するもの、レンタルできるのもなど様々な種類があります。
格安SIMを利用する方法は以前からありましたが、レンタルは最近始まったサービスですね。とことん価格を抑えることができる格安SIMと今話題になっているレンタルサービスのポケットWi-Fiを比較してみましょう。

1,000円以下も!格安SIMとは

格安SIMとは自社のモバイル回線を持っておらずドコモやソフトバンクなどモバイル回線を運用しているキャリアの回線を利用してモバイル回線を提供するサービスです。
自社でモバイル回線を用意しないことから維持費等の負担などが少ないため格安でモバイル回線を提供することができます。
キャリアよりも圧倒的に安く利用することができますが、サポートが受けにくい、通信速度が遅いといったデメリットもありますので、契約には注意と知識が必要です。

格安SIMのメリット(安い、契約のしばりなし)

格安SIMのメリットはその名の通り格安で利用することができます。毎月の料金を気にする方はもちろん、お子さんなどに持たせるスマートフォンとして話題になっていますよね。
料金が安いことで、自宅の余っているスマートフォンを再利用することができますし、タブレットなどに利用することができますので、余っている端末がある方はおすすめですよ。
他にも契約期間の縛りがないとうことで気軽に利用することができますよ。
一度契約してみて、サービス内容に不満があっても違約金の負担なしで解約できますので一度利用してみてはいかがでしょうか。

格安SIMをおすすめしない理由(速度・キャッシュバックなし、無制限プラン条件悪い、端末を自分で用意など)

格安SIMのデメリットは店舗数が少ないため、万が一にときは自分で対処しなければいけない、通信速度が遅くなることがるという点ですね。
格安SIMを提供する会社は実店舗を持っている会社は少なく、基本的にインターネット経由でのサポートとなります。ですので、トラブルなどが発生しても自分で対処する必要があります。
通信速度は自社で利用できる帯域が限られていますので、キャリアで契約したSIMよりも通信速度が劣る時間帯などがあります。通信速度が遅くてもインターネットに接続することもできますし特に問題なく利用することはできるのですが、動画サービスなどは利用しにくくなる場合がありますので注意してくださいね。
また、格安SIMを利用する場合は自分で端末を用意する必要がります。
格安SIM会社で販売しているものもありますが、基本的には自分で用意、設定を行わなければいけませんので知識がない方は少し難しいかもしれません。
キャッシュバックについても行っていないことがほとんどですので、キャッシュバック目当ての方は契約しないことをおすすめします。
WiMAXなどが行っている無制限プランなども格安SIMの場合、様々な条件がついていることが多いです。
通信速度が制限されていたり、一定量利用すると制限がかかったりなどとかなりシビアですので、無制限プラン利用したいという方はWiMAXをおすすめします。

以上のことから格安SIMはあまりおすすめできませんが、通信速度が遅くてもインターネットに繋がれば良い、安いほうが良いという方は格安SIMでも問題ありませんので利用用途次第では格安SIMを良い選択肢になりますよ。

レンタルは短期や海外利用におすすめ

 レンタルWi-Fiは基本的に短期、海外でも利用におすすめです。
出張先にWi-Fi環境がない場合はスマートフォンのテザリングかポケットWi-Fiのレンタルとなりますが、テザリングはスマートフォンのバッテリーを消費しますしデータ量をより消費してしまうためあまりおすすめできません。レンタルWi-Fiであれば低価格でインターネットに接続することができますし、バッテリーも長時間持ちますので仕事でも安心して利用することができますよ。
海外で利用する場合はスマートフォンのローミングとポケットWi-Fiのレンタルの2つの方法がありますが、スマートフォンのローミングを利用すると1日あたり3,000円と高額な料金が発生しますので、レンタルWi-Fiを強くおすすめします。
複数人で海外に渡航する場合は利用料金をシェアすることでレンタル費用を抑えることができますよ。また、通信プランが複数ありますので最適なプランから選択することもできます。

ポケットwifiのメリット・デメリット

メリット(月額料安い、出先でも使える、工事不要ですぐ使えるなど)

ポケットWi-Fiのメリットは月額料金が安い、出先でも使える、工事不要の3点です。こちらのメリットを項目ごとに紹介します。

月額料金が安い

こちらは特定のポケットWi-Fiに言えるのですが、料金が比較的安いです。WiMAXなどはプロバイダを通して契約することで毎月4,000円程度の料金でデータ通信を無制限で利用することができます。また、様々なキャンペーンを適用することでキャッシュバックをもらえたり、違約金を負担してくれるなど様々なキャンペーンも開催しています。
以前は高額な料金でポケとWi-Fiを利用していましたが、時代の進歩とともに料金も安くなり手軽に利用できるようになりましたね。

出先でも使える

WiMAXなどのポケットWi-Fiはインターネットに接続するために電波を利用しています。電波を利用するということは電波の届く範囲であればどこでも利用できるということになります。最近は、電波状況が改善され、どこでも利用できるようになりましたね。
地下や建物中などまだまだ繋がにくいエリアもありますが、今後このつながりにくさは解消されると思いますのでより便利に利用できると思いますよ。

工事不要

先ほども紹介したように、ポケットWi-Fiは電波を用いてインターネットに接続していますので、自宅に光ケーブルなどを引き込む必要がなく工事不要ですぐに利用することができます。
光回線は通信速度や品質が安定しているのですが、工事が必要なため開通までに時間がかかったり、工事に立ち会いが必要だったりと何かと手間が多いです。ですが、ポケットWi-Fiであれば工事の必要はなく端末の到着後、すぐに利用することができますよ。

デメリット(電波が届かないエリアあり、速度制限、速度不安定、持ち歩きが必要など)

デメリットは電波の届かないエリアがある、速度制限、速度が不安定になることがある、持ち歩きが必要などです。
こちらのデメリットを項目ごとに紹介します。

電波の届かないエリアがある

こちらは電波を利用しているので、しかたないですがどうしても山奥などの電波が届きにくい場所、建物の影、地下などは電波が届きにくく、場合によっては圏外になることもあります。特に、WiMAXなど比較的周波数の高い電波を利用しているポケットWi-Fiはこの傾向が強く、建物の中に入ると電波が弱くなることがあります。利用可能エリア内でもこのように建物の影などで繋がりにくくなるのは仕方ありませんので、注意してくださいね。

速度制限

ポケットWi-Fiもスマートフォン同様、速度制限があります。
毎月利用できるデータ量が決まっていますので、このデータ量を超えて利用するとその月の通信速度が制限されてしまいます。
WiMAXなどのデータ通信無制限プランにも実は速度制限があり、3日で10GBのデータ通信を行うと10GBを超えた翌日の18時から24時までの間通信速度が制限されます。
WiMAXの速度制限はYouTubeの標準画質が見られる程度の制限ですので、通常利用には問題ありませんが他社のポケットWi-Fiはネットサーフィンですら困難になりますのでデータ通信の利用には注意しましょう。

速度が不安定になることがある

ポケットWi-Fiで利用される電波は大勢の人が利用するものですので、混雑する時間帯は通信速度が低下する場合があります。
混雑する時間は12時から14時、18時から24時までも間でこの時間帯は通信速度が不安定になることがあります。

持ち歩きが必要

ポケットWi-Fiは1つの機器ですので利用する場合は持ち運びが必要です。
スマートフォン程度の大きさ、重さですのでスマートフォンをもう1台持っていると同じくらい負担になります。また、スマートフォン同様バッテリーの充電が必要となりますので、バッテリーの充電を忘れてしまうとせっかく持っていったのに利用できないということになってしまいますので、外出の前にバッテリーの残量などを確認しましょう。

まとめ

ポケットWi-Fiを利用することで、外出先でもパソコンなどをインターネットに接続することができます。
各社ポケットWi-Fiを販売していますが、料金面、通信速度面などで特におすすめなのがWiMAXです。
様々なキャンペーンを開催していてお得に利用することができますし端末代金0円のプロバイダが多く、契約時、解約時に料金負担も少なく済みますよ。
ポケットWi-Fiで迷っている方はこちらで紹介したポケットWi-Fiを契約すればまちがいありませんので、ぜひ検討してみてくださいね。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。