ポケットwifi 遅い
ポケットWi-Fiを使っている中で、どうしてこんなに遅いのか、と感じることや、これを改善するにはどうしたら良いのか?と感じたことは1度だけではないでしょう。

この記事ではポケットWi-Fiを利用する中で、遅くなってしまう原因とその対処方法について解説します。

これから契約しようかな、もしくは契約してしまったが遅くてたまらない、そんな人にどうしたら改善できるか、事前・事後に知っておくべきことをお伝えします。

自分のWi-Fiの速度を確認する方法は?

さて、自身のポケットWi-Fi速度が遅いと思ったときに、どのように確認をすればよいでしょうか。

まずポケットWi-Fiの画面上の表示から見てみましょう。
ポケットWi-Fiは、その機械が電波を発するのと同時に、電波を基地局から受信しています。
そのため、その基地局との通信状況を確認してみましょう。

ポケットWi-Fiにあるアンテナマーク(アンテナピクト)が、3本の状況であれば、問題ないと言えるでしょう。
しっかりと電波を拾うことができ、問題なく通信ができている状況です。

ではこれが2本や1本のときはどうでしょうか。かなり通信の速度が遅くなっていることが体感として実感できるかと思います。

ではアンテナが3本立っている状況で、速度に不満がある場合はどのようにしたら良いでしょうか。
そこで確認のために使うのが、Wi-Fi速度チェックツールです。

Yahoo!やGoogleにて検索を行うと表示がされるサービスを利用し、接続速度を確認してみましょう。
実際の通信速度を教えてくれるWEBページでは、この速度が早い、遅いというのをある程度教えてくれます。

では、この状況でWi-Fi速度が遅いと表示された場合の原因について以下で説明をしていきたいと思います。

ポケットWi-Fiが遅い原因と対処法

ポケットWi-Fiが遅い原因と対処法

接続エリアの問題

先述したとおり、場所によってはいわゆる電波塔から発信されている電波の受信環境や状況が悪く、速度が遅くなってしまうパターンがあります。
しかしながら、場所を変えることで速度が変化する、ということでもあります。

そもそも、ポケットWi-Fiで受信する電波は、反射に弱く、例えばビルや建物が密集しているところでは、総じて受信しづらくなる傾向にあります。
そのような環境下で利用する場合は、できるだけ窓側でポケットWi-Fiを利用してみることをおすすめします。

また、一部エリアでは、auやsoftbankの回線がつがりづらい、といった症状が発生することもあります。
外出先や、客先でなかなか接続してくれないといった症状が発生した場合、一度聞いてみることをおすすめします。

輻輳(ふくそう)状態

輻輳とはあまり聞き慣れない言葉ですが、災害時や野外のイベント、チケットの予約などで電話やインターネットが繋がりにくくなったこと、といえば記憶にある方も多いのではないでしょうか。

一度にかなり多くの人が、ネット環境に接続を行おうとすると、このような症状が発生します。
例えば、DDoS攻撃といったサーバーエラーを発生させる悪質な行為も、一時的にトラフィックを増大させ、処理能力を超えることで説お口園や接続不可の状態になるという点では同様です。

この状況は、災害発生時や、屋外での大規模なイベントで発生する可能性がありますが、そこまで大規模ではなく、お昼時や夕方の帰宅時間といった時間に接続速度が一時的に遅くなるのも、一種の輻輳状態とも言えるでしょう。
これは我々には改善しようがないため、その状況が改善されることを待つ他ありませんが、この状況下であれば、皆が同じような状況となるため、発生環境としてはわかりやすいのではないでしょうか。

通信利用制限!速度制限を解除するには

速度制限を解除するには
また、そんなに使ったつもりはないのに、容量の制限を超え、速度制限が発生し、接続速度がかなり遅くなってしまう、ということもあるでしょう。
では通信上限はどのように確認すればよいでしょうか。

1ヶ月間の通信上限

1ヶ月間の通信容量の上限は、当然プランによって異なりますが、大方7GBとなっているのではないでしょうか。
この7GBの上限を突破することで、通信速度が目に見えてわかるとおりに遅くなります。
しかし、この7GBではなく、大容量の20GBや50GBといったプランで契約している場合も当然あるでしょう。

このプランでも、上限を突破していなくても、速度制限が発生してしまう場合があります。
それはどういった状況で発生するのでしょうか。

3日間の通信上限

モバイルWi-Fiには3日間の合計の通信量が3GBを超えた時点で、速度が遅くなる、という制限があるプランが多いです。
そのため、1日あたり1GB以上の通信を連続して行った場合、このような状況が発生する可能性があります。

この3日間というカウントは、直近3日間となるため、

1月1日 2.5GB
1月2日 0.5GB
1月3日 1.2GB
1月4日 0.5GB
1月5日 1.0GB

と利用した場合、1月2日時点で3GBを突破するため、速度制限が発生し、1月4日には合計が2.2GBの利用のため解除となります。

なお、接続速度の変更は通信上限の3GBを超えた日の昼から翌日の昼までが対象となります。
継続して短期の上限を突破している場合、この制限が継続します。

なお、3日間の上限が10GBというプランも存在します。
youtubeなど映像を見るなどした、長時間の利用でなければ上限を超えることはないかもしれませんが、このような可能性があることは覚えておく必要があります。

なお、通信容量の上限を突破した場合の速度制限解除は,
500MBあたり、1,000円などで解除できるでしょう。
別途WEBページからの申し込みが必要となりますが、どうしても遅い状況が耐えられない場合、検討してみても良いかもしれません。

他の電波と干渉する

他の電波と干渉する
また、ポケットWi-Fiの電波に限らず、強い電波を発する製品の近くで利用した場合、電波同士が干渉し合うことで、速度が遅くなることがあります。
例えば冷蔵庫や電子レンジといった製品がそれに相当します。

また近くにポケットWi-Fiが複数ある場合、無線のチャンネルが混み合うことで、接続速度が低下したり、繋がりにくくなる場合があります。

これはポケットWi-Fiの設定で変更することができますので、周囲に複数の電波が発生している場合は、試してみることをおすすめします。

状況別に解説!こんなときはどうする?

ポケットWi-Fiが特定の時間で遅くなる場合の原因と対処法

ポケットWi-Fiが特定の時間で遅くなる場合の原因と対処法

昼の時間帯

昼の時間帯で接続が遅くなるのは、大方の場合、昼休みの時間とかぶることで接続速度が遅くなります。
これは、輻輳の項目で説明したとおりです。

根本的な対策としては、ポケットWi-Fiを利用している以上、改善が難しいと考えられます。
固定の回線を利用することができるのであれば、それをりようしてみてはいかがでしょうか。

また、エリアを変えることで多少改善される可能性もありますが、東京エリアで、千葉のエリアの電波に接続することは現実的には難しく、移動が前提となってしまいます。

夜の時間帯

夜の時間帯が遅くなるのも、上記の昼の状況と同様です。
これを根本的に解決することは難しいです。多くの人が活動している時間帯は、総じて遅くなる傾向にあることは念頭に置いておくべきでしょう。

固定回線への接続が可能であれば、そちらに切り替えることや、他のWi-Fiサービスに接続することが可能であれば、そちらを試してみること、また時間をずらすこと、など対症療法のみでユーザー側は対処する他ありません。

接続が途切れるとき

接続が途切れる原因は、

  • 回線の通信環境が悪い(ポケットWi-Fiなのか、それとも自分自身の接続したい端末なのかの場合分けは必要です)
  • 近くに強い電波を発するものがある
  • 端末の故障

などが考えられます。

端末の故障の場合は、交換することで対処できますので、購入店舗などに相談してみることをおすすめします。

接続できても遅いとき

これは先ほど説明した通りの、輻輳状態や、端末故障など複数の原因が考えられます。
上記の説明を見て、自分なりに場合分けを行った状態で、判断してみることをおすすめします。

また、3年や4年利用している端末では、バッテリーの持ちを含め、当然最新機種と比較すると、遅いと感じることも当然出てくるでしょう。
そういった場合には、最新機種との比較検討を行った上で、端末を交換することを視野に入れてもいいかもしれません。

契約後つながらないことが判明

本来であれば、契約の際に、接続が難しいエリアが存在するという旨は重要事項として説明をされなくてはいけないこととなっています。
新規契約の際に、説明を受けていなかった、ということであれば、購入点に相談をするべきでしょう。
当時交わした契約書に、蛍光ペン等で線が引いてあるなど、説明を行った証拠がなければ、ある程度考慮してもらえる可能性はあります。

しかし、説明を聞いたのが過去のことで忘れてしまった、ということがあるかもしれません。
お互いの対話が必要になる部分かと思いますので、要相談と言えるでしょう。

なお、ここに書いたとおりですが、山や海上などでは、当然接続が難しいです。
そのような特殊環境で利用することを想定いているのであれば、対応エリアの確認が必要でしょう。
提供キャリアのWEBページにて対応エリアが地図にてありますので、確認をしてみてください。

まとめ

ここまでポケットWi-Fiが遅いという状況に対して、どのようにすることで改善することができるか、という内容について簡単にご紹介しました。

実際に制限がかかったときに、遅くなってしまったために、利用をしないことや、契約を解除することは簡単ですが、その原因が周囲の環境にあった場合、気づかないことは非常にもったいないと言えるでしょう。

この記事を見て、そのような状況を減らし、快適にインターネットを利用できるようになると良いですね。





この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら