インターネット 工事不要

新しくインターネットを契約したい! だけど工事は面倒! という方は、工事不要のインターネットサービスを探されているのではないでしょうか。このページでは、そんな方のために工事不要インターネットの種類とおすすめサービスをご紹介します。また、失敗しないサービスを選んでいただくため、料金や速度を徹底比較して、お得で快適なサービスを検証しています。

さらに、工事不要インターネットのデメリットや注意点、固定回線との違いについてもとことん解説♪

「こんなはずではなかった!」と後悔しないためにも、工事不要インターネットの特徴をしっかりチェックしておきましょう。

この記事が、あなたのインターネット選びの参考になれば幸いです。

工事不要インターネットの種類

まず、工事不要のインターネットにはどのような種類があるのかをご紹介していきます。
工事不要のインターネットには、主に2つの種類があります。

  1. 据え置き型ホームルーター
  2. モバイルルーター・WiMAX

まずは、この2つがどう違うのか、説明していきましょう。

据え置き型ホームルーター

ホームルーター据え置き型のホームルータとは、自宅やオフィスに設置するタイプのルーター(電波発信器)のことです。

メリットとしては、持ち運び型のルーターに比べて電波を受信しやすいところや、同時に接続可能な機器の数が多いという点です。

デメリットとしては持ち運びができないため、自宅やオフィスのみでの使用に限られてしまうという点です。

インターネットを使うのは自宅がほとんどで、外ではあまり使う機会がないという人にオススメです。

実際最近ではWi-Fiスポットが増えてきているので需要は高いかもしれませんね。

モバイルルーター・WiMAX

モバイルルーターモバイルルーターとは名前の通り、外出先などどこでもインターネットを使用することができるタイプのルーターです。

メリットとしては、持ち運びができるのでどこでもインターネットが使えるという点です。

デメリットは、据え置き型ホームルーターに比べて電波を受信しにくい点や、同時に接続できる機器の数が少ないという点です。

外出先でインターネットを使うことがほとんどで、自宅では使用しないという方におすすめです。

自宅で使う方にとっては電波の受信の弱さや、同時に接続できる機器の少なさがかえってデメリットになりますので、あまりおすすめできません。

工事不要のおすすめインターネット・Wi-Fiランキング

工事不要のおすすめインターネット・Wi-Fiランキング

工事不要のインターネットをランキング形式でご紹介します!
ですがその前に、まず状況別のおすすめサービスをチェックしてみてください。

・auユーザー→WiMAX
・ソフトバンクユーザー→ソフトバンクエアー
・ドコモユーザー&その他→ソフトバンクエアー

1位:簡単に導入できて安い!ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー工事不要のインターネットの中でも、1番のオススメはソフトバンクエアーです。
おすすめポイントは3つあります。

まず一つ目は、「設置がかなり簡単」というところです。

インターネットの設置と聞くと、なんだか面倒くさそうなイメージはありませんか?

しかし、ソフトバンクエアーは、本体が届いたら電源を入れるだけでその日から使えます。

もちろん工事は必要ないので、インターネットを使ったことがない方や、機械が苦手な人でも簡単に使うことができます。

2つめのポイントは「通信速度が速い」というところです。

従来のソフトバンクエアーの通信速度は、下り最大110Mbpsであるのに対し、ソフトバンクエアーでは下り最大481Mbpsに改善されました。

今後の通信速度の改善にも期待できそうです。

最後に3つ目のポイントは、「データ容量の制限がない」というところです。

家族で使用している場合や、たくさんの機器をインターネットに繋ぎたい人にとって「データ容量の制限がない」ということはかなり魅力的ですね。

また、代理店のキャンペーンサイトから申し込みすれば、30,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、大変お得に契約できます。

設置がかなり簡単 通信速度が速い データ容量の制限がない

月額料金 3,800円~
キャッシュバック額 30,000円
スマホセット割 最大1,000円/月(ソフトバンク)
最大通信速度 下り最大481Mbps

\有料オプション加入不要で一番お得に申し込める!/

2位:速くて持ち運びもOK!GMOとくとくBBのWiMAX・W06

GMOとくとくBB w06
次におすすめするのがWiMAX2+です。
WiMAX2+のおすすめポイントは2つあります。

まず1つ目は「家でも外でも使える」というところです。

例えば今まではオフィスや自宅だけでしかインターネットを繋げなかった人も、WiMAX2+を使えば屋内外問わずインターネットを使うことができます。

2つ目のポイントは「『GMOとくとくBB』がかなりお得」というところです。
「GMOとくとくBB」というのは、GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーサービスのことです。

WiMAX+2のプロバイダ会社はたくさんあるのですが、このとくとくBBの2年プランに申し込むと、「端末代金が無料になる」「月額料金が値引きされる」という特典があり、大変お得に利用できます。

さらに今なら期間限定で最大34,700円のキャッシュバックも行われています。
中でも、W06という端末は、最大速度1.2Gで工事不要インターネットの中では最速です。
お得なプランで申し込みたいという方は、ぜひWiMAX2+を検討してみてはいかがでしょうか。

端末代金が無料になる 月額料金が値引きされる

月額料金 1~2ケ月目:3,609円
3~24ヶ月目:4,263円
25ケ月目以降:4,263円
キャッシュバック額 最大34,700円
スマホセット割 最大1,000円(au)
最大通信速度 1.2Gbps

3位:据え置きタイプのWIMAX!GMOとくとくBBのSpeed Wi-Fi HOMEL02

GMOとくとくBB L02
auユーザーで、据え置きタイプのWiMAXが気になる方は、「Speed Wi-Fi HOME L02」の機種がおすすめです。
こちらは、コンセントに繋ぐだけで、高速通信ができる端末になっています。
下り最大速度は1Gpbs。
こちらも、GMOとくとくBBで取り扱いがあります!
他のプロバイダでも「Speed Wi-Fi HOME L02」は契約できますが、キャッシュバックが少ないので、お得になりません。
WiMAXを申し込むならGMOとくとくBBをおすすめします。

月額料金 1~2ケ月目:3,609円
3~24ヶ月目:4,263円
25ケ月目以降:4,263円
キャッシュバック額 最大31,550円
スマホセット割 最大1,000円(au)
最大通信速度 1Gbps

ドコモの割引がある工事不要Wi-Fiサービスはないの?

pikamaro

ドコモの割引をしてくれる工事不要インターネットはないの?

pikajii

残念ながら、ドコモ向けのサービスはないのじゃ・・・

.

ソフトバンクエアーではソフトバンクのスマホ割、WiMAXではauのスマホ割があります。
ドコモユーザーの方は「ドコモの割引がある工事不要インターネットはないの?」とお探しかもしれませんね。

しかし、残念ながら現在ドコモの割引がある工事不要Wi-Fiサービスはありません。
工事が必要になりますが、ドコモの割引のあるドコモ光を選ぶことも検討するといいでしょう。

工事不要のサービスにこだわるのであれば、料金の安いソフトバンクエアーか、速度が速いWiMAXのどちらかを選ぶことをおすすめします。

工事不要インターネットの料金・速度・特徴を比較

工事不要インターネットの料金・速度・特徴を比較
工事不要なインターネットの特徴を表にしてまとめたので、それぞれ比較しながら見ていきましょう。

料金

月額料金 最大キャッシュバック 2年間総額
ソフトバンクエアー 3,800円~ 30,000円 ソフトバンクユーザー:55,200円
ソフトバンクユーザー以外:61,200円
WiMAX2+ 1~2ケ月目:3,609円
3~24ヶ月目:4,263円
25ケ月目以降:4,263円
34,700円 auユーザー:44,654円
auユーザー以外:65,954円

pikamaro

2年間の総額はソフトバンクエアーの方が安いね!

pikajii

じゃが、auユーザーはWiMAXの方がお得じゃ!

.

まずは、料金の比較からです。
このように、auユーザーならWiMAX、ソフトバンクユーザーならソフトバンクエアーがお得であることが分かります。

どちらでもない場合は、ソフトバンクエアーの方がお得になっています。
月額料金はあまり変わりませんね。

速度

.

通信速度 端末
ソフトバンクエアー 下り最大481Mbps Airターミナル
WiMAX2+ 下り最大440Mbps
~1.2Gbps
(※機種によって異なる)
Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX HOME 01など

netyu

端末速度はWiMAXのW06が1.2Gbpsで工事不要インターネットの中で、最速になっているよ。

.

次に通信速度を比べてみましょう。
ソフトバンクエアーとWiMAXでどちらが速いのか?といえば、WiMAXの方が最高速度は速くなっています。
ただ、選ぶ端末によって、最高速度が違うので、注意が必要です。

WiMAXの中では、W06という機種が下り最大1.2Gbpsで最速となっています。
ただし、実測はそれほど変わらないと考えられるので、特別速度にこだわりがない場合は、料金の安さで選んで問題ないでしょう。

特徴

最後にそれぞれの特徴を比べてみましょう。

特徴
ソフトバンクエアー ・簡単に使える
・ソフトバンクのスマホ割あり
・キャッシュバックあり
・据え置き型のみ
・環境によって速度に差が出やすい
WiMAX2+ ・お得なプラン
・キャッシュバックあり
・端末の種類が多い(持ち運び・据え置き型)
・地下鉄などで繋がりにくい

まずソフトバンクエアーの特徴は、すでにご説明した通り「簡単に使える」という点です。

工事不要のインターネットサービスの中でも、使いやすさといえばソフトバンクエアーというイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

次にWiMAX2+ですが、端末の種類が多い点が魅力です。
そのため、導入の簡単さを重視するなら、ソフトバンクエアー。
端末や速度にこだわりたいなら、WiMAXを選ぶといいでしょう。

利用状況別の選び方は?

利用状況を重視して選びたいという方は以下を参考にしてみてください。

速度

・オンラインゲームや高画質動画の視聴は欠かせない方→光回線
・工事不要インターネットの中で速度が速いものを選びたい方→WiMAX
・速度より安さを重視したい方→ソフトバンクエアー

反応速度が求められるオンラインゲームや高画質動画を見る用途で利用するなら、工事不要インターネットより光回線の方がおすすめです。
そのような使い方をしなければ、工事不要インターネットでも多くの場合は問題ありません。
工事不要という点を重視して、その中で速度が速いものを選ぶなら、WiMAXを利用するといいでしょう。

建物(戸建てorマンション)

「うちの家の場合はどんなサービスがいいの?」と気になっている方もいるかもしれません。
工事不要インターネットは、マンション・戸建ての両方で契約可能で、建物タイプによって料金が変わることはありません。
戸建ての場合は、光回線の料金が高いので、工事不要インターネットにした方が料金が安くなる可能性は高いです。

マンションの場合は、光回線と工事不要インターネットが同じくらいの料金なので、工事が面倒なら、工事不要インターネットの中で比較検討するといいでしょう。
また、速度について一般的な戸建てであれば、2階でも工事不要インターネットを利用することができます。
3階建てやあまりに広い家の場合は、場所によって繋がらない可能性もありますが、それほど心配する必要はないでしょう。

マンションは、工事不要インターネットでも、ほとんどの場合問題なく利用できますので、速度の条件やお使いのスマホキャリアで選ぶといいでしょう。

一人暮らしor家族暮らし

一人暮らしの方の場合は、上でも説明した通り、「オンラインゲームや高画質動画の視聴は欠かせない」という人意外は、問題なく工事不要インターネットが利用できるでしょう。
家族暮らしの場合も、上記のような使い方をしない限りは、それぞれがスマホやパソコンを使っても、ほとんど速度に影響しません。
そのため、一人暮らしor家族暮らしで選ぶというよりは、インターネットの使い方によって、選ぶといいでしょう。

利用する場所

家で使う→ソフトバンクエアー、HOME L02(WiMAX)
外で使う→w06(WiMAX)
※地下鉄で利用するなら、どんなときもWi-Fi

工事不要インターネットで選ぶのであれば、家で使うなら、ホームルーターのソフトバンクエアーかWiMAXの据え置き型タイプHOME L02をおすすめします。
持ち運ぶのであれば、WiMAXのW06がおすすめです。
ただ、WiMAXは地下鉄で繋がりにくいという欠点があるため、「どうしても地下鉄で使いたい」という人には、どんなときもWi-Fiというサービスをおすすめします。
どんなときもWi-Fiは、WiMAXと別の回線を利用しているため、地下鉄でも快適にインターネットを利用することができますよ。

工事不要インターネットと固定回線の違い

工事不要インターネットのデメリットは?

工事不要インターネットのデメリット
簡単に利用が開始できて便利な工事不要インターネットですが、デメリットもあります。

まず、どうしても、光回線などの固定回線と比べて通信が不安定なところがあります。

また、工事不要インターネットは、電波を受信してインターネットに接続するので、ルーターを使用する環境によっては通信が途切れることがたまにあります。

国民生活センターは、モバイルデータ通信の回線契約について、以下のように呼びかけています。

契約前には、利用したい場所が通信可能エリアかどうか必ず確認をすること。通信可能エリア 内であっても、利用する場所によってはつながりにくい場合もある。ある特定の場所でしか利用 するつもりがないのであれば、そのリスクも踏まえて検討してほしい。

速度は固定回線の半分程度と考えておくといいでしょう。

そのため、速度を重視される方にはおすすめできません。

仕事で使う人にとっては、通信が途切れることがかなりのリスクを招くことにもなりかねません。

その他、ホームルーターに関しては、「コンセントが必要になる」というデメリットがあります。

そのため停電などの緊急時にはネットが使えなくなってしまいます。

電気を使い過ぎるとブレーカーが落ちてしまい、仕事などに支障が出るリスクもあります。

固定回線のメリット・デメリット

固定回線のメリット・デメリット
工事不要のインターネットと比べて、固定回線にはどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

まずメリットとして、「通信速度が速い」という点が挙げられます。

工事不要のインターネットの通信速度がだいたい下り300〜400Mbpsであるのに対して、固定回線の場合下り最大2Gbpsの速度でインターネットを使うことができます。

また固定回線の通信は、工事不要インターネットに比べてかなり安定しています。

「通信速度が速い方がいい」「安定した通信環境でインターネットを使いたい」という方は、通信速度が速いルーターを探すより固定回線を使った方が早いかもしれません。

メリットだけを見ると、「やっぱり固定回線の方が良さそう」と思ってしまうかもしれませんが、もちろん固定回線にもデメリットがあります。

やはり大きなデメリットは、「回線工事が必要」ということです。

また回線工事の何が面倒かというと、予約の日程が合いにくいという点です。

引っ越しの多い時期だと予約が殺到するので、自分が希望する日にちに予約することができず、結局何ヶ月も待たなくてはいけないということもありえます。

さらに、工事費用もあるので、固定回線は何かとお金がかかってしまうというデメリットもあります。

その他、固定回線の場合は初期設定があります。

工事不要のソフトバンクエアーやWiMAXは届いたら電源をつけるだけというのに対して、固定回線の場合は自分で初期設定をする必要があります。
機械が苦手という方にとって、これは不安要素の一つです。

ここまで固定回線のメリット・デメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

メリットやデメリットを見比べて、工事不要のインターネットを利用するかどうかを決めてみてください。

工事不要インターネットの失敗例と注意点

重いファイルで通信制限

重いファイルで通信制限
通信制限があるプランに申し込むと、重いファイルをダウンロードしただけで通信量を超えてしまったということがよくあります。
(ソフトバンクエアーは通信量無制限・WiMAXはギガ放題なら無制限ですが、3日間で10GBを超えるような場合は、通信制限がかかります)
例えば通信量が2GBだった場合、動画やネットを見るくらいなら支障はありません。

しかし重いファイルをダウンロードすると、この通信量を一気に超えてしまうことが多いです。

仕事などで、重いファイルをダウンロードすることが多いという人は注意してください。

通信量が足りない

通信量が足りない

WiMAXの月間7GBプランに申し込んでしまうと、「家族みんなでネットを使う」「たくさんの機器をネットに接続する」ような人は、すぐに通信量を超えてしまうと考えられます。

また、通信制限があるルーターに同時に接続すると、通信速度は遅くなってしまいます。
なるべく事前に自分の環境にあったプランを選ぶようにしましょう。

もしすでに同じ失敗をしている方は、通信制限があるプランから、通信制限がなくネットを使い放題のプランに変えたほうが良いでしょう。

違約金や契約期間に要注意

条件を確認
工事不要のインターネットにはかなりお得なプランが存在します。
しかし、そのお得な価格だけを見て即決するのはおすすめできません。

きちんと内容を把握したうえで申し込みをするようにしましょう。

特に、契約年数や違約金は要チェックポイントです。

また、はじめは安くても料金が段々と上がっていくサービスもありますので、長期的な目で料金が本当にお得なのか確認をしてみてください。
ちなみに、ソフトバンクエアーは違約金9,500円(分割購入の場合は端末代の残債も支払い)WiMAXは24ヶ月目までに解約すると24,800円、25ケ月目以降の解約で9,500円の違約金が発生します。
契約期間は、ソフトバンクエアーが2年、WiMAXが3年となっています。

工事不要インターネットの速度は実際どれくらい?

結局、工事不要のインターネットの速度はどのくらいの速さなのでしょうか?
その目的ごとに、どの程度の速さなのかを見ていきましょう。

オンラインゲームはできる?

オンラインゲームはできる?

結論から言うと「できないことはない」です。

しかしオンラインゲームをする人にとって重視したいのは何より「通信速度」です。

固定回線と違って工事不要のインターネットは、通信が不安定になる可能性が高いです。

途中で止まったりすることはストレスでしかないので、固定回線を使ってオンラインゲームをする方が快適と言えるでしょう。

動画の視聴はスムーズ?

動画の視聴はスムーズ?
動画の視聴に関しては、「動画を見る頻度」によって、その快適さは変わってきます。

「1日1時間未満程度しか動画は見ない」と言う方にとっては、なんの問題もなく動画を楽しむことができます。

一方、「1日のほとんどを動画に費やしている」ような方は、すぐに通信量を超えてしまう可能性があります。

例えばWiMAX2+では、3日間で10GB以上データ通信を使うと通信速度制限がかかります。

動画を見る機会が多い人や、通信制限は気にしたくないと言う方は注意してプランを選ぶようにしましょう。

家族で利用しても大丈夫?

家族で利用しても大丈夫

冒頭でも説明した通り、据え置き型のホームルーターなら同時にたくさんの機器を接続することができます。

「家族みんなでインターネットを使いたい」「同時にたくさんの機器をインターネットに繋ぎたい」と言う方は据え置き型のホームルーターを使用すれば問題ないでしょう。

ただし、皆が動画を見たりオンラインゲームをしたりすると、さすがに速度が遅くなる可能性があります。

モバイルルーターを使用する場合、同時にたくさんの機器をネットに接続して楽しむことはできないので、家族で利用する場合は、モバイルルーターに契約するのは避けましょう。

まとめ

さて、今回の記事では工事不要のインターネットがどのようなものか、そしておすすめのインターネットサービスやメリット・デメリットなどをご紹介しました。

もし工事不要のインターネットサービスを検討しているという方はこの記事を参考にしていただければと思います。少しでもこの記事が皆さんの役に立てば幸いです。

コメントを残す

CAPTCHA