インターネットの開通―。
「どうすればいいかわからないし、面倒くさそう。」 と思ってしまいますよね。
でも、インターネットの開通は、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単にできます。 このページでは、インターネットを開通させたい方に、2018年現在、最もおすすめできるサービス3つを厳選してご紹介しています。

また、申し込みするサービスが決まれば、あとは申し込み→工事→開通という流れになりますが、それぞれのステップについて詳しくご説明します。

その他、お得に申し込みをするポイントについてもお伝えしますので、これから契約される方は必見です。

インターネットの開通にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめインターネットサービスBEST3

最近ではインターネットにもいろいろなものが出ています。正直どれがいいのか分からないという人も多いでしょう。

インターネット回線にはいくつかの種類がありますが、現在の主流は光回線とモバイル回線の2種類です。

光回線

光ケーブルを利用した通信方式です。
通信速度が速いため、動画やゲームを快適に視聴・プレイできます。

以前はADSLの利用者も多かったのですが、NTTではADSLの新規申し込みが終了しており、現在は新規申し込みで光回線を選択するのが一般的です。

モバイル回線

モバイル回線とは持ち運べる無線通信のことで、「ポケットWi-fi」や「モバイルWi-Fi」、「WiMAX」などを指します。

大容量のデータをダウンロード・アップロードしない方や、一人暮らしで自分しかインターネットを利用しない方は、モバイル回線でも快適にインターネットを利用できます。

また、モバイル回線は持ち運びができるため、外出先でも利用できる点がメリットです。

インターネットの使用環境によってはモバイル回線でも充分ですが、自宅で快適にインターネットを利用したいのであれば、光回線をおすすめします。

そこで、ここではおすすめのインターネットサービスを3つ紹介していきます。

1番おすすめはNURO光

どのインターネットサービスにするべきか迷っている方に、真っ先におすすめしたいのが、NURO光。
NURO光の特徴はなんといっても業界最速の通信速度です。

下り最大2Gbpsとなっているため、ファイルのダウンロードはもちろん、ゲームも快適に利用することができます。

そして、月額4,743円というリーズナブルな料金もおすすめのポイント。

この月額料金には、プロバイダ料金や、無線LAN、回線利用料金、セキュリティーサービスが全て含まれているので、安心です。

ソフトバンクユーザーなら、さらにスマホ代が最大2,000円/月お得になります。

工事費用は4.0000円かかりますが、これを30ヶ月継続利用すれば実質無料になります。

また契約期間が2年間となっており、2年間の間に解約してしまうと、9.500円がかかってしまいます。

その他に契約事務手数料がかかり初回月のみ3.000円となっております。

このNUROは関西、東海、関東の3つのエリアが対象となっています。

また、料金が明確な戸建てプランは、7階以下の集合住宅での利用も可能となっています。

月額料金 戸建て 4,743円
マンション 1,900円~
キャッシュバック額 30,000円
スマホセット割引 最大2,000円/月(ソフトバンク)
最大通信速度 2Gbps

NURO光は公式ホームページから申し込みで30,000円もらえる

NURO光への申し込みは、公式ホームページから行うのが、1番安心で、お得です。

今なら、公式ホームページからの申し込みでもれなく、30,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも行っています。

その他、サポート無料などの特典もありますので、ぜひチェックしてみてください。

インターネット 開通

画像:https://www.nuro.jp/hikari/pr/index.html

速度が速いauひかり

auひかりは最大1Gbpsのインターネットサービスで速度が速いことで人気があります。
さらにauのスマホとのセット割引があることもポイント。

1台につき毎月最大2,000円割引され、家族の分もお得になります。

また、違約金負担キャンペーンが実施されているので、現在のサービスを解約する必要がある場合も、違約金なしでやめることができます。

戸建ての場合は通常プラン(契約期間なし)、ギガ得プラン(2年契約)、ずっとギガ得プラン(3年契約)の3種類から選ぶことが出来ます。

通常プランですと、6.300円となっており、ギガ得プランでは5.200円、そしてずっとギガ得だと、4.900~5.100円という金額設定になっております。

マンションタイプですと、マンションミニ、マンションギガとなり、マンションミニは5.000円マンションギガは4,010円となっております。
(マンションミニタイプでは3階以下にお住まいの方への対象です。)

月額料金 戸建て 5,100円
マンション 3,800円
キャッシュバック額 50,000円
スマホセット割引 最大2,000円/月(au)
最大通信速度 1Gbps

auひかりの申し込みなら代理店NNコミュニケーションズ

代理店NNコミュニケーションズから、auひかりに申し込みすると最大で現金50,000円のキャッシュバックがあります。

50,000円のキャッシュバックを受けるには、「ネット+電話」のセット申し込みが必要になります。

また、ネットのみ申し込みの場合は43.000円のキャッシュバックになります。

キャッシュバックの申請手続きなどの必要はなく、100%現金で還元してもらえるので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

インターネット 開通

画像:https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

ソフトバンクユーザーにおすすめのソフトバンク光

ソフトバンクユーザーの方には、ソフトバンク光がおすすめです。

というのは、ソフトバンクスマホとセットで利用するとおうち割光セットという割引が適用でき、毎月最大2,000円スマホ代がお得になるからです。

速度は、ソフトバンク光も最大1Gbpsと高速通信。
戸建ての場合だと5.200円の月額となっており、集合住宅の場合だと月額3.800円です。

キャンペーンも多く、現在は違約金負担キャンペーン、乗り換えキャッシュバック(24,000円)、新生活応援キャッシュバック(24,000円)が実施されています。

月額料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
キャッシュバック額 28,000円
スマホセット割引 最大2,000円/月(ソフトバンク)
最大通信速度 1Gbps

ソフトバンク光なら代理店NEXTがおすすめ

ソフトバンク光に申し込みしたいなら、代理店NEXTから手続きされることをおすすめします。

NEXTから申し込みすれば、28.000円のキャッシュバックを受け取れます。
その他に「24.000円キャッシュバック+高速無線ルータープレゼント」のコースもあります。

ソフトバンクから表彰されている優良代理店なので、トラブルの心配もなく、お得に契約できますよ。

インターネット 開通

画像:https://softbank-hikaricollabo.com/

インターネットの開通方法・流れ

ここでは、インターネットの開通方法、利用開始までの流れを詳しくご説明します。

基本的な流れは、どの回線も変わりませんが、おすすめインターネットサービスである、NURO光、auひかり、ソフトバンク光、それぞれの手続きについても詳しくお伝えしていきます。

ステップ1:インターネット回線を選ぶ

まず、インターネットを開通させるには、どのインターネットサービスにするか、選択する必要があります。

NURO光なのか、auひかりなのか、ソフトバンクひかりなのか、それとも違う回線なのかです。

自分の使っているのが、ソフトバンクならソフトバンク光かNURO光を使ってスマホもお得に割引してもらいましょう。

またauを使っている人ならば、auひかりを使ってお得に契約をしましょう。

ドコモを使っている人にはドコモ光もおすすめです。

スマホのセット割引は、積み重なるとかなり大きな額になりますので、まずは、ご自身の利用されているスマホ会社を基準に選ぶことをおすすめします。

ステップ2:プロバイダを選ぶ

プロバイダはIPアドレスを発行し、インターネット回線と自宅にあるパソコンなどの端末を繋ぐ役割を持ちます。

IPアドレスとはインターネット上の住所のようなもので、プロバイダがIPアドレスを管理をしています。

光回線などのインターネット回線だけを契約しても、インターネットは利用できません。
インターネットに接続するためには、回線とプロバイダ両方の契約が必要です。

なお、有名なプロバイダとしては、@niftyや、AsahiネットBIGLOBE、DTI、hi-ho、OCN、plala、So-net、WAKWAKなどがあります。

最近では、ほとんどの場合、回線とプロバイダがセットになっていますが、ご自身で別々に契約しなくてはいけない場合もあるので、確認が必要です。

ちなみにNURO光は、So-netのプロバイダと一体のサービスになっていますので、プロバイダを選ぶ必要はありません。

auひかりは、プロバイダ一体型サービスなので、ご自身で別にプロバイダ契約する必要はありませんが、選択可能なプロバイダ7種類(@nifty、@TCOM、AsahiNet、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net)の中から選ぶ必要がありますので、事前に決めておいた方がスムーズでしょう。

ソフトバンク光は、Yahoo!BBのプロバイダと一体型のサービスになっているので、プロバイダを選択したり、ご自身で契約したりする必要はありません。

ステップ3:申し込み

プロバイダを選んだ後は、申し込みになります。
基本的には、どのサービスでも、電話・WEBでの申し込みが可能ですので、ホームページから、確認して申し込みをしましょう。

以下では、NURO光、auひかり、ソフトバンク光それぞれの申し込み方法について詳しくまとめています。

NURO光

NURO光はWeb申し込みと電話申し込みの2種類があります。
Web申し込みは24時間対応していますが、電話対応は9時~23時となっております。

比較的遅い時間まで電話対応がされているので、仕事が終わってからでも問題はなさそうです。

auひかり

auひかりもNURO同様にWeb申し込みと電話申し込みがあります。

Wwb申し込みでは利用中の携帯会社や、住んでいる建物の種類、希望サービスや名前、住所、電話番号、メールアドレスを記入する欄があります。

そして確認の電話をする際の時間希望の曜日を選ぶことができるようになっています。

確認電話の希望も1時間毎と10時~19時となってます。

NUROよりも電話申し込み時間が短いのでスマホから簡単にできるWeb申し込みをすると良いかもしれません。

ソフトバンク光

ソフトバンク光も上記のNURO、auひかりと同様にWeb申し込みと電話申し込みの両方ができます。

Web申し込みの際は、申し込み内容項目の選択、名前、住所電話番号、が必要になります。

そして確認希望時刻選択、確認希望曜日の選択があり、利用中の携帯会社の選択が必要になります。

こちらもauひかりと同様に10時から1時間刻みで選択する事ができます。
最後は19時半までとなっております。

曜日も月曜日~祝、祭日まで選ぶ事が出来るので自分にあった時間帯と曜日が細かく選択できますね。

ステップ4:確認の電話

どのサービスでも、申し込みをした後3日前後で、担当者から電話がかかってきます。
代理店から申し込んだ場合は、代理店の担当者から連絡が入ります。

そこで、契約内容の最終確認やサービス内容の説明、工事日程について説明があります。
希望の工事日時を聞かれますので、あらかじめ予定を確認しておきましょう。

サービスについてわからないことがある時は、この電話の時に確認しておいてください。
以下では、それぞれのサービスの場合についても説明しています。

NURO光

申し込み後は、工事日程の連絡が入りますが、NURO光の場合は、So-netのメールアドレスからメールで連絡されるか、SMSのショートメッセージでお知らせが来るようになっています。

ですが、希望日時での取得ができなかった場合は電話での日程調整の連絡が入るようになっています。

auひかり

auひかりの場合、電話で連絡が来ます。
この際、土日祝日を希望すると追加で3,000円が別途料金としてかかります。

電話確認がとれると光回線工事の2日前までには基本の機器が届きますので、大切に保管しておいてください。

ちなみに、代理店から申し込みした場合は、ここでキャッシュバックの振り込み先口座情報を聞かれますので、事前に準備しておきましょう。

ソフトバンク光

申込後は、受付完了の連絡が入ります。
そして、利用可能なエリアなのか、必要な初期費用や利用料金などはどれくらいか、申し込みの最終確認の連絡がきます。

ここで、工事日の確認も一緒に行われます。
希望の回線や工事の日程などの連絡がありますので、その際に自分の都合のいい時間帯をつたえておきましょう。

ソフトバンク光の場合も、代理店から申し込むと、代理店の担当者から連絡が入り、キャッシュバックの振込先口座情報などを尋ねられます。

ステップ5:開通工事

開通工事では、光回線を電柱から宅内に引き込む工事が行われます。
この工事には、ほとんどの場合立ち合いが必要です。

所要時間は1時間~2時間程度ですが、事業者やお住まいの環境によっても違いますので、事前に確認しておくといいでしょう。

申し込みから、開通工事までの期間目安は1ケ月ですが、人気のサービスだとそれ以上待たされることもあるので、早めの申し込みをおすすめします。

NURO光

NURO光の工事は宅内工事と屋外工事の計2回、作業が行われ、どちらも立ち合いが必要になります。

宅内工事では、ホームゲートウェイ(OCN)や光コンセントを設置する場所を相談しながら決めることができるので、事前にどのあたりでパソコンや電話を使うかなど決定しておき、伝えられるようにするといいでしょう。

そして次に野外工事が必要となります。
戸建ての場合は、必ずキャビネットの取り付けを行います。

申込者宅の外壁にビスをとめ設置します。
このさいにビスは3か所に留める必要があり、穴の大きさは4㎜程の大きさになります。

キャビネットのビス留めが不可能な場合は両面テープでの作業も可能となっているようなので、気なる方は担当者に話をしておくといいでしょう。

次に設置した光キャビネットから宅内へと光ケーブルを引き込みます。

引き込み方法は3つあり、光キャビネットから引き込み口まで距離がある場合は外壁にケーブルを固定する金具を取り付ける必要があります。
そしてコード配線とONUの設置を行います。

屋外工事は、電柱から光ケーブルを引き込みます。
外壁に金具を取り付け、中からケーブルを固定するのです。

そして、キャビネット同士をつなげてケーブル同士を接続します。

マンションタイプでは、宅内工事はMDFからケーブルを通し、建物の配管を利用して各部屋までケーブルを引き込みます。

その後光コンセントを取り付けし、光コードの配線とONUを設置します。

屋外工事は中から光ケーブルを引き込みます。
そして既設引き込み口から線を入れます。

その際に電話線や電力線などの引き込み口までケーブルを配線します。
そしてMDFないで光ケーブル同士を接続します。

auひかり

auひかりの工事当日は、戸建ての場合2時間、マンションの場合1時間程の作業が行われます。
その際は、立ち合いが必要になります。

工事の内容としては、最寄りの電柱から宅内まで光ファイバーの引き込みを行うというものです。
そして申込者宅に光コンセントを設置します。

その際外壁に引留め用の金具を取り付け、その金具に光ファイバーを付けます。

その際に壁に穴をあける必要がありますが、既に引留め金具があり、流用が可能であれば新規に取り付ける必要がないようです。

また引き込み口付近まで壁に光ケーブルを固定する金具を数か所とりつけます。

エアコンのダクトや、通気口などを利用し申込者宅に光ケーブルを引き込みます。
その後引き込み口付近に光コンセントとONUを設置します。

宅内の機器の接続は申込者本人が行います。
各設定については、プロバイダ別のサポートを確認する必要があります。

ソフトバンク光

ソフトバンクも上記のauひかりと同様の工事内容となっており、光ケーブルを電柱から申込者宅まで引き込みます。
そして光ケーブルを室内まで引き込みます。

その際に電話線やエアコンのダクトまた新たに穴をあけるといったどれかで線を引き込みます。
そして光コンセントを設置します。

光コンセントとNTT機器の接続をおこない光信号を確認できれば作業終了となります。

ただし、お住まいの建物にすでに回線が引き込まれている場合があります。
(ソフトバンク光の場合は、フレッツ光の回線を利用することになります)

その場合、工事内容が変わってきますので、工事日程調整の電話の時に、光コンセントがあるかないかを伝えられるようにしておくといいでしょう。

ステップ6:接続・設定

工事が終わったら、基本的には、自分で接続・設定を行いましょう。

インターネットをするためには、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末、インターネット接続に必要なモデムやホームゲートウェイが必要です。

モデムはアナログ信号とデジタル信号を変換する機械のことで、ADSLなどを利用するときに使用します。
光回線の場合は、ONUと呼ばれるモデムと同じ役割がある機械を設置します。

ONUから複数の端末に接続するために設置するルーターを「ホームゲートウェイ」と呼びます。
また、Wi-Fiを利用するには無線LANルーターとLANケーブルが必要になります。

インターネットを利用するために必要な端末は自分で用意する必要がありますが、モデムやホームゲートウェイなどは回線業者から送られてきます。

必要なものが全て揃ったら、モデムやホームゲートウェイから利用したい機器をつなぎ、パソコンやスマホからインターネットの接続設定をすればOKです。

インターネットの接続設定は少し難しいかもしれませんが、モデムやホームゲートウェイには、設定方法が説明された資料が同梱されています。
また、公式サイトでも設定方法を確認できます。

どうしても自分で設定する自信がない場合は、有料で接続・設定をしてもらえる場合もありますので、確認してみてください。

インターネット開通までの期間について

光回線の利用を申込んだとしても、すぐに開通するわけではありません。
このページで紹介している光回線を例に出すと、開通までの期間は次の通りです。

NURO光

約1ヶ月~1ヶ月半

auひかり

ホームタイプで約1~2ヶ月、マンションタイプで約2週間

ソフトバンク光

約1ヶ月

すぐにインターネットを使いたい人は、乗り換えや引っ越しをする1ヶ月ほど前に申し込みをすると良いでしょう。

なお、この期間はあくまでも目安です。
予約がいっぱいで工事日の調整ができない時は、さらに時間がかかることもあります。

開通までの間にインターネットを利用する方法

「インターネットの開通に1ヶ月もかかるのは困る」という方は、ポケットWi-Fiのレンタルを検討してみましょう。

ポケットWi-Fiは、工事不要で利用できます。
また、最短で申し込みの翌日から利用できるため、インターネット開通までのつなぎには最適です。

インターネットの開通にかかる初期費用はいくら?

インターネットの開通には、初期費用として工事費と契約事務手続料が必要です。

料金は契約する回線や居住環境(戸建か集合住宅か)によって異なります。
参考までに、NURO光、auひかり、ソフトバンク光の初期費用は次の通りです。

NURO光

工事費40,000円+契約事務手数料3,000円

auひかり

工事費37,500円(ホームタイプ)/30,000円(マンションタイプ)+契約事務手数料3,000円

ソフトバンク光

工事費24,000円+契約事務手数料3,000円
(光ファイバー導入済みのマンションなどで立ち合い工事が必要ない場合は工事費2,000円)

※3回線とも土日祝に工事をする場合は別途3,000円が必要

インターネットをお得に申し込むためのポイント

ここでは、インターネットをお得に申し込むためのポイントについてまとめています。

インターネット代は月々の大きな出費となりますから、少しでも良い条件で契約できるよう、以下の内容をチェックしてみてください。

携帯とのセット割引があるサービスに申し込む

上でもお伝えした通り、自分の使っているスマホのキャリアに合わせてセット割引を行っている業者で契約することをおすすめします。

スマホキャリア別でセット割引を行っているインターネットサービスは以下の通りです。

au

auひかり、auひかりちゅら、ビッグローブ光、So-net光、@nifty光、コミュファ光、ピカラ光、eo光、BBIQなど

ソフトバンク

ソフトバンク光、NURO光

ドコモ

ドコモ光

こうすることで、料金を大幅に抑えることができます。

セット割引は、インターネットの申し込みとは別に自分で申請しなければいけない場合が多いので、申し込み方法をしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、宅内ではスマホをwifi接続すれば、スマホの通信費が余計にかかる心配はありませんので、忘れずに設定しておきましょう。

キャッシュバックのある窓口で申し込む

NURO光やソフトバンク光、auひかりといったインターネットサービスは、いろいろな窓口でキャンペーンが行われています。

公式キャンペーンは、どの窓口から申し込んでも共通ですが、代理店やプロバイダが行っているキャンペーンは独自のものであり、同じサービスでも申し込み窓口が違うだけで特典が変わってきます。

そのため、キャッシュバックを行っている窓口を利用すると、非常にお得に契約できます。

キャッシュバックの条件をしっかり確認して、自分に合った申し込み先を選択してください。

工事費無料のサービスに申し込む

インターネット環境を設置するにあたって大きな出費となるのが、工事費用です。

戸建てやマンションタイプによって金額も変わってきますが、工事費用が安いとは言えません。

なので工事費用を会社で負担してくれるという場所を選ぶと安く利用することができますよ。

申し込みする際には、月額料金だけでなく、工事費や工事費キャンペーンについてもしっかり確認してみてください。

失敗しないインターネットの選び方

口コミを参考にする

失敗しないインターネットを選ぶには、口コミを参考にすることも重要です。

もちろん口コミが全てというわけではありませんが、実際にサービスを利用しているユーザーの声はある程度参考になります。

以下のページでは、インターネットサービスの口コミをまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

光回線ほんとうの口コミをTwitterで集計しました。2017年版光回線おすすめランキング1位は?

自分の利用状況に合っているか考える

検討されているインターネットサービスが快適に利用できるかどうかは、利用環境によっても変わってきます。

例えば、1人でインターネットを使う場合と、家族みんなで同時にインターネットを使う場合なら、断然一人で利用している方が速度は速くなります。

また、普段インターネットを利用する目的によっても変わってきます。

オンラインゲームで遊んだり、毎日高画質動画を見たりするような人は、光回線が必須ですが、調べものでページを閲覧する程度という人は、料金の安いADSLやWiMAXでも十分かもしれません。

基本的には、今回おすすめした、NURO光やauひかり、ソフトバンク光のような光回線を導入しておくと、困ることは少ないですが、ご自身の利用環境に合わせて、同じような利用方法をしている人の口コミなどをチェックしておくと、より安心して契約することができますよ。

トータルコストを考える

様々なインターネットサービスを検索していると、どれも安そうで、比較しにくいと感じている方もいるかもしれません。

しかし、肝心なのはトータルコストです。

いくら月額料金が安くても、キャッシュバックや割引が全くなく、違約金も高額というようなサービスにすると、結果的には割高になってしまうこともあります。

トータルコストは、

  • 月額料金
  • プロバイダ料金
  • 契約事務手数料
  • 工事費
  • キャッシュバック
  • 割引
  • オプション料金
  • 違約金

全て含めて計算するのが、ベストです。

よくわからないという方は、NURO光やauひかりのように工事費実質無料、キャッシュバック・携帯セット割引のある光回線を選んでおけば間違いないでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、インターネットの開通についてお伝えしました。

インターネットの契約は、難しいイメージがありますが、実際にやってみると決して難しいことはありません。

このページを参考に、ご自身に合ったインターネットを見つけて、スムーズに開通していただければ幸いです。