Pocket

フレッツ光とauひかりは、インターネット回線の中でも特に有名ですよね。
どちらも評判の良いサービスなので、迷っている方いらっしゃるのではないでしょうか?

また、「現在フレッツ光を利用しているけれど、auひかりに加入してみようかな?」とお考えの方もいるかもしれませんね。
今回は、両者の違いについてわかりやすく解説します。

.

徹底比較はこちら

料金はauひかりの方が優勢!

戸建ての月額料金はauひかりの方が安い

まずは、気になる料金から、比較してみましょう。

フレッツ光の料金は、戸建ての月額料金が4,600円~で、プロバイダは500円が最安なので、月々のインターネット料金の合計は5,100円~となります。(NTT東日本フレッツ光ネクストスマートタイプの場合)

auひかりの戸建てプランは3年契約となっており、1年目が5,100円、2年目が5,000円、3年目が4,900円とどんどん下がっていきます。

よって、戸建ての場合は、auひかりの方が安いと言えます。
しかも、フレッツ光は一番安くて5,100円なので、プロバイダの選択によっては、700円ほどauひかりの方がお得になります。

.

マンションの月額料金はプロバイダによる

.

マンションタイプは、同じ建物内の契約者数によっても月額料金が違ってきますが、16契約以上の場合、auひかりが3,800円、フレッツ光が3,450円~となっています。

これだけ見るとフレッツ光の方が安く見えますが、どちらが安いかは、プロバイダの選択によって変わってきます。

というのも、auひかりはどのプロバイダを選択しても月額料金は同じですが、フレッツ光は、選ぶプロバイダによって料金が変わってくるからです。

インターネット回線とプロバイダ料金の月額を合計すると以下のようになります。

.

※「―」はauひかりに対応していないプロバイダ

上の表のように選ぶプロバイダによって、料金が変わってきます。
@TCOMや、@nifty、BIGLOBE、So-netといった大手プロバイダを選択する場合、auひかりの方が料金は安くなります。

安定した通信を確保するために、大手プロバイダを選びたいなら、au one netの方がおすすめできます。

携帯セット割引はauひかりだけ

料金を比較する上で、忘れてはならないことが、携帯とのセット割引です。

フレッツ光には、携帯電話とのセット割引サービスがありませんが、auひかりは、auユーザーの方なら、セット割引「auスマートバリュー」を利用することができます。

auスマートバリューなら、携帯料金が毎月最大2,000円割引となります。
また、auをお使いのご家族の分も適用対象となりますので、例えば4人家族なら、最大8,000円もお得になります。

そのため、戸建ての方はもちろん、マンションの方もauの携帯をお持ちの方なら、auひかりの方がお得になります。

ただし、ネットに加えて光電話も契約することがauスマートバリューの条件となりますので、その点は注意しましょう。

初期費用もauひかりの方がお得

インターネットの開通に必要なのが、初期費用。

この初期費用は、案外大きな金額になることもあり、乗り換えのネックになってしまうこともありますよね。

フレッツ光とauひかりの初期費用は、以下の通りです。

.

ご覧の通り、auひかりはキャンペーン中につき、工事費が実質無料なので、初期費用は、3契約事務手数料3,000円のみで済みます。

一方、フレッツ光は戸建て18,800円、マンション15,800円です。
auひかりのほうが断然お得ですね。

ただし、auひかりの工事料金が「実質無料」というところには、気を付けなくてはいけません。

auひかりのキャンペーンは、戸建て37,500円(1,250円×30ケ月)、マンション30,000円(1250円×24ケ月)を月々分割で割引することで、工事費を無料とする仕組みになっています。

つまり、戸建ての場合30ケ月、マンションの場合24ケ月継続利用しなければ、工事費は無料とならないというわけです。

途中で解約すると、まだ割引されていない分の工事費残債を一括で支払わなくてはいけなくなるので、注意しましょう。

また、戸建ての場合は、光電話を同時契約することが工事費無料の条件となりますので、覚えておきましょう。

速度はauひかりの方が速い&安定している!

フレッツ光とauひかりの最大速度は、どちらも1Gbpsです。
しかし、この表示速度は、ベストエフォート型といって、「最大限この数値に近づける努力をします」という速度であり、実際の速度は、違っています。

どちらが速いかは、お使いの環境や地域によっても異なりますが、比較的auひかりの方が速度は安定しているようです。

というのも、フレッツ光は、全国で最もシェアが大きく、加入者数が多いため、地域によっては、回線が混雑してしまうからです。

一方、auひかりはフレッツ光に比べるとまだ加入者が少ないので、インターネットが渋滞しにくい傾向にあります。

また、口コミを見ていても、auひかりの方が、速度に満足されている方が多いことがわかります。

インターネットをさくさくとストレスなく利用したいなら、auひかりを選択されることをおすすめします。

キャッシュバックは、auひかりの方が大きい!

乗り換えをするときには、キャッシュバック額も確認しておきたいところですよね。
フレッツ光には、基本的にキャッシュバックはありません。

しかし、auひかりなら、ネットと一緒に、電話と電話オプションパックに加入すると、最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

さらに、au one netのプロバイダを利用して、光電話にも加入された方を対象に10,000円のキャッシュバックを行っています。

また、代理店による顧客獲得にも力を入れているため、中には最大70,000円のキャッシュバックを行っている代理店もあります。

エリアはフレッツ光の方が広い!

サービスの提供エリアでは、フレッツ光が圧勝です。
フレッツ光は、日本全国の90%以上の地域で利用可能だと言われています。

auひかりのエリアは、随時拡大はしているものの、まだまだ利用できない地域もあります。

マンションは、沖縄以外の全国地域(一部を除く)に対応していますが、戸建ては、利用できる地域が限られてしまっています。

具体的には、大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛媛県、静岡県、岐阜県、沖縄県が提供エリア外となっています。

いくら加入したいと思っても、エリア外では、契約することができないので、事前にお住まいの地域が、提供エリアに該当しているかを確認しておくことをおすすめします。

auひかりの提供エリアは、こちらのページから詳細検索できます。

また、フレッツ光の提供エリアは、以下のページから確認することができますのでチェックしてみましょう。
◆東日本の方はこちら
◆西日本の方はこちら

選べるプロバイダ数は、フレッツ光の方が多い!

選べるプロバイダの数は、フレッツ光の方が断然多いと言えます。

フレッツ光の場合、ほぼ全てのプロバイダに対応可能で、300以上の中から選ぶことができますが、auひかりの対応プロバイダは、7社のみです。

auひかりの対応プロバイダは、以下の通りです。

・@nifty
・@TCOM
・AsahiNet
・au one net
・DTI
・So-net

auひかりも主なプロバイダは対応しているので、特に困ることはないとは思いますが、これ以外のプロバイダを選びたいという場合は、フレッツ光を選択せざるをえないでしょう。

テレビサービスはフレッツ光の方が〇!

テレビサービスに関しては、auひかりよりもフレッツ光の方が充実しています。

フレッツ光には、「フレッツ・テレビ」というサービスがあり、これに契約すると、月額660円で、BSデジタル全30chを視聴することができます。

また、スカパー(CS)も見たいという場合は、「スカパーの基本料金+見たいチャンネルの視聴料」を追加で支払えば、視聴が可能になります。

一方、auひかりのテレビサービスは、CSチャンネル(スカパー)の視聴を目的としたもので、フレッツ光のように、BSチャンネルを視聴することはできません。

ただし、料金は、43チャンネル見放題で月額1,980円と他社に比べてお得なので、BSよりスカパーを見たいという人にはおすすめできます。
フレッツ光は、スカパー47チャンネルのパックが、月額3,672円となっています。

契約期間は戸建てならフレッツ光、マンションならauひかりの勝利!

契約期間の縛りが長いと、もし乗り換えしようと思っても、違約金が気になって解約しづらいですよね。

ここからは、フレッツ光とauひかりの契約期間を比較してみましょう。

フレッツ光の契約期間は、2年間です。
一方、auひかりは、戸建てが3年で、マンションには契約期間の定めがありません。

そのため、戸建てならフレッツ光、マンションならauひかりの勝利ということになりますね。

フレッツ光の違約金は、戸建てが9,500円、マンションが1,500円です。
一方、auひかりの戸建てプランの違約金は、15,000円となっています。

フレッツ光・auひかり(戸建て)のどちらも、契約は自動更新型となっており、解約の申請をしない限りは、契約期間終了後、契約が更新されます。

そのため、契約更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)の期間内以外に解約すると違約金が発生してしまいます。

違約金を払わずに解約するには、契約更新月の期間中に手続きを行う必要がありますので、覚えておきましょう。

.

フレッツ光からauひかりに乗り換えるなら

フレッツ光からauひかりへ乗り換えについて解説

上でご紹介した通り、フレッツ光・auひかりそれぞれにメリット、デメリットはあります。

しかし、auユーザーの方は特にauの方が価格面のメリットが大きいため、フレッツ光から乗り換えをする人も増えているようです。

ここからは、「フレッツ光からauひかりに乗り換えしたい!」という人に知っておいてほしい乗り換えの方法や注意点について解説します。

フレッツ光からauひかりに転用することはできる?

フレッツ光からauひかりへは、工事をして乗り換えをすることはできます。

しかし、「転用」することはできません。
フレッツ光とauひかりは別の回線網を利用したサービスです。

「転用」という言葉は、フレッツ光の回線をそのまま残して、別のサービスに乗り換えをすることをいうので、「転用」という言葉は適していません。

つまり、「転用」ができるのは、光コラボレーションと呼ばれるフレッツ光の回線を利用したサービスのみになります。

auひかりは、独自の回線を利用したサービスであり、光コラボレーションには属していません。

「転用」の場合は、ほとんどの場合、工事なしで新しいサービスに加入することができます。

乗り換えの流れは?

フレッツ光からauひかりに乗り換えるなら、以下の手順で、契約を進めましょう。

①auひかりに申し込む
②フレッツ光に電話をして解約する
③プロバイダに連絡して解約をする

フレッツ光を利用されている方は、基本的にプロバイダを別途契約されているはずですので、フレッツ光とは別にプロバイダにも解約手続きを行う必要があります。

ただし、auひかりに対応したプロバイダをauひかりでも引き続き利用したいという場合は、プロバイダは解約を解約する必要はなく、そのままauひかりに乗り換えることが可能です。

工事はどうなる?

auに乗り換えをする際は、基本的にauひかりの工事が必要となります。

ただし、auひかりでも一部NTTのバックボーンを利用して、サービスが提供されるケースもあるようです。
そのため、フレッツ光からauひかりに乗り換えをする際は、フレッツ光の配線は撤去せずに残しておきましょう。

この場合は、簡単な機器の取り付けだけで済むので、30分程度の作業時間で終わります。

ただし、工事方法は、ケースバイケースで、新たな光回線の引き込み工事が必要な場合もありますので、詳細は事前に問い合わせをしておきましょう。

ちなみに、工事費はNTTの回線を再利用した場合も、新たに引き込み工事をした場合も同じ金額になります。

この点は、実質無料キャンペーンを適用するなら、心配はいらないかと思いますが、念のため覚えておくようにしましょう。

電話や電話番号はどうなる?

フレッツ光の光電話を利用していた方は、auひかりの光電話サービスに移行しても無料で同じ電話番号を引き継ぐことが可能となっています。

ただし、電話番号によっては、引き継ぎができない場合もありますので、事前に問い合わせをしておきましょう。(フレッツ光のサービスに加入する際に新しく電話番号を発行した場合はナンバーポータビリティを利用することができません)

インターネットは、工事後に設定をすれば、すぐに利用できるようになりますが、電話を利用できるようになるまでには、2週間ほど時間がかかります。

ただし、この期間はフレッツ光の電話を利用することができるので、特に問題となることはないでしょう。

メールアドレスはどうなる?

フレッツ光からauひかりに乗り換える場合、メールアドレスはどうなるのか、気になっている方もいるかもしれませんね。

メールアドレスは、プロバイダが変われば、変更されてしまうので、auひかりに乗り換えに当たって、プロバイダを解約される方は、新しいメールアドレスを利用することになります。

同じプロバイダを継続利用する場合は、現在お使いのメールアドレスを引き続き使うことができます。

また、プロバイダを変更するけれど、アドレスは残したいという方向けに、多くのプロバイダでは、メールアドレスだけを残すプランが提供されています。

月額数百円で、メールアドレスを残すことができますので、必要な場合は、チェックしてみてください。

勧誘にご注意!!

フレッツ光をご利用中の方をauひかりに加入させるため、auひかりの代理店から勧誘電話がかかってくることは、よくあるようです。
悪質な代理店では、「NTTの者ですが…」などと嘘をついて、契約を勧めてくるような場合もあります。

また、電話からだと、詳しいことが確認できないまま、契約させられてしまうことも考えられます。

ですから、auひかりへの乗り換えをご検討中の方も、電話での勧誘には乗らずに、しっかりとご自身で料金や契約内容を調べて、確認した上で自分から契約の申請をされることをおすすめします。

.

auひかりをお得に申し込みするなら、こちら

最大70,000円キャッシュバックのお得なキャンペーン実施中

株式会社NEXTでは、auひかりに加入される方を対象に、戸建て最大70,000円、マンション65,000円のキャッシュバックを行っています。

auひかりのキャンペーンで還元される金額を合わせると最大157,500円もお得になります!!

「代理店」と聞くと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、NEXTはKDDIの正規代理店なので、トラブルの心配もありません!
お得に乗り換えたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

.

こちらの光回線もチェック

NURO光もおすすめ

インターネットの乗り換えをご検討中の方に、ぜひご紹介しておきたいインターネットサービスがNURO光です。
NURO光は、フレッツ光の2倍の通信速度の最大2Gbps!!

しかも、プロバイダ料もセキュリティもコミコミで4,743円とリーズナブルな料金で利用できます!
関東エリアのみの提供となっていますが、該当する地域にお住まいの方には、大変おすすめです。

気になる方は、ぜひ、チェックしてみてください。


今回は、フレッツ光とauひかりの違いについて徹底解説しました。
最後に、2社の比較のまとめをしておきます。

プロバイダにこだわりたい方→フレッツ光
BS・CS(スカパー)を見たい方→フレッツ光
料金・キャッシュバックを重視したい方→auひかり
速度にこだわりたい方→auひかり
auスマホをお使いの方→auひかり
CS(スカパー)のみでいい方→auひかり

また、フレッツ光については、こちらのページで、auひかりについてはこちらのページでも解説していますので、ぜひご覧ください。

フレッツ光とauひかりにはそれぞれ違った魅力はあるので、自分にはどちらが合っているのか、よく検討してみてくださいね。

Pocket