最近、光回線の中でも台頭しつつあるドコモ光。
2017年1月時点で300万人以上が利用している人気回線です。
ご存知、大手携帯通信会社であるNTTドコモが提供しているのですが、その存在をあまり知らないという人も多いはず。
そこで、今回はドコモ光とフレッツ光の異なるポイントや転用のメリット・デメリットなどについて詳しくご紹介します。

フレッツ光とドコモ光について知りたい方は、以下のページでも解説していますので、参考にしてみてください。

フレッツ光、乗り換えるべき?速度・転用・解約まで徹底解説―フレッツ光完全ガイド―
ドコモ光は遅い?ドコモユーザーは料金が本当にお得になるの?―ドコモ光完全ガイド―

.

ドコモ光がフレッツ光と違うのはココ!

ドコモ光はスマホとのセット割が使える

フレッツ光との大きな違いとして、ドコモスマホとのセット割引があります。
ドコモ光と一緒に契約することによって、1人で利用している場合は500円~1,100円、家族で使う場合は800円~3,200円の割引が受けられます。
もちろん、申し込みやサービス、料金の支払いに関する窓口は一緒なので、面倒な手続きも必要ありません。

ドコモ光はプロバイダを自分で選べる

他社が提供している光コラボの場合、プロバイダはあらかじめ設定されていますが、ドコモ光に関しては自分で選ぶ必要があります。
今まで使っていた好きなプロバイダを選べるという意味ではメリットですが、初心者など知識がない人にとっては、少々面倒な作業になるかもしれませんね。

フレッツ光とドコモ光は提供元が違う

確かに、同じNTTが提供している光回線なのですが、厳密には違います。フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供していて、ドコモ光がスマホなどを扱っているNTTドコモが提供しています。さらには、ドコモ光の場合、光コラボレーションという意味合いが強く、プロバイダを別で契約しなければいけません。

料金の違い

フレッツ光 ドコモ光
光回線を契約するのに、気にして見たいのが料金ですよね。
せっかくなら、月額料金が安い方を利用したいところ。
2つを比較してみると、マンションタイプでは大きな差はありませんが、ホームタイプの場合、1,000円近くの差が生じていることがわかります。
フレッツ光のでは、プロバイダ料金が別で必要になってくるため、少し割高になっているようです。

キャッシュバックの違い

一昔前だと、フレッツ光でもキャッシュバックキャンペーンは頻繁に行われていました。例えば、家電量販店でゲーム機や家電のプレゼントなどです。しかしながら、最近ではフレッツ光のキャンペーンが激減しているため、残念ながらお得とは言えません。
一方でドコモ光の場合は、公式サイト経由で申し込みを行うと、10,000円分のdポイントが付与されます。

無線LANルーターの違い

自宅内であれば、どこにいてもインターネットに接続できる無線LANの存在は必須となっています。
PCだけでなくても、スマホやゲーム機などにも繋げられることからも重宝している人も多いでしょう。
そんな無線LANをフレッツ光では月額300円でレンタルすることができます。

ドコモ光でも基本的にレンタル料300円が必要なのですが、プロバイダに「GMOとくとくBB」を選択すると、高速無線LANを無料でレンタルすることが可能です。

.

フレッツ光からドコモ光への転用

フレッツ光からドコモ光に乗りければ、月額が下がる上、携帯セット割引やキャッシュバックを受けることができるため、ドコモユーザーの方はお得になります。
乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。
ここからは、フレッツ光からドコモ光への乗り換えについてご紹介します。

そもそも転用って何?

光コラボレーションをインターネットで調べたりすると必ず出てくる単語が「転用」です。
これは、単純にフレッツ光から他の光回線サービスに乗り換えることを言います。
ドコモ光は、フレッツ光の回線を利用しています。
そのため、ドコモ光に申し込み後は、工事の必要はなく、簡単な手続きだけで乗り換えをすることができます。
また、フレッツ光のサービスをドコモ光を介して受ける形となるため、フレッツ光の解約金も発生しません。

乗り換える方法は?

フレッツ光からドコモ光へと乗り換える方法は非常に簡単です。
まず、現在利用しているプロバイダやインターネット回線の機材が同じであれば、申し込んでから切り替え日を待つだけです。
新たにプロバイダを別の会社と契約する場合は少し時間がかかりますが、面倒な手続きはほとんどありません。
インターネットから、住所や氏名など、必要情報を入力し、申し込みをすれば、後は折り返しかかってくる電話で案内してもらえます。

.

フレッツ光からドコモ光に転用するメリット

転用方法に関しては然程、面倒な手続きは発生しませんが、それでも面倒だという人は少なからずいるでしょう。
また、フレッツ光に不満を抱えていない人であれば、「乗り換えなくてもいいかな」と考えている方もいるかもしれません。
しかし、ドコモユーザーなら、やはりドコモ光に乗り換えた方がメリットは大きいと言えるでしょう。
以下では、ドコモ光に乗り換えるメリットを挙げています。

プロバイダを変えずに安く利用できる

現在フレッツ光で利用中のプロバイダが、ドコモ光に対応していれば、プロバイダを解約することなく、そのまま利用することが可能です。
しかも、ドコモ光の料金プランは、フレッツ光と異なり、プロバイダ利用料金も一緒にされているため、月額利用料金も安くなります。

スマホのセット割が適用できる

光コラボレーションが誕生して、大きく変わったのが、スマホのセット割適用です。
ドコモ光はスマホを扱っているNTTドコモが提供していることからも、光回線とスマホを一緒に使うことで、トータル料金がお得になる「ドコモ光パック」を展開しています。

サポートや料金窓口が1本化

フレッツ光では、プロバイダと回線の窓口が完全に分かれていました。
そのため、問い合わせなどする際は、「どちらに電話すればいいかわからない!」ということもよくありました。
運営会社が別だったという事もあり、仕方ありませんが、問い合わせ窓口だけでなく、料金の支払いも別なのは面倒に感じてしまいますよね。

ドコモ光ではこれが1本化され、ドコモショップでも対応しているため、手続きが楽です。

dカードGOLD支払ならポイントが貯まる

ドコモが提供しているクレジットカードのdカード。
さらにdポイントが貯まりやすくなるdカードGOLDはドコモユーザーであればメリットが盛りだくさんです。
ドコモのスマホ、ドコモ光の利用料金の10%ポイント還元されます。
さらに、プロバイダと光回線の支払いが1本化されたこともポイントが貯まりやすくなる理由のひとつです。
ドコモ光を継続して利用すれば、どんどんポイントが貯まり、お得になります。

.

フレッツ光からドコモ光に転用するデメリット

ドコモ光は、ドコモユーザーにとってメリットの大きいサービスですが、デメリットがないわけではありません。
ここからは、ドコモ光に転用するデメリットをいくつかご紹介します。

プロバイダによっては、料金が高くなる可能性も

ドコモ光に転用すれば、プロバイダを自由にできると思っている人もいるかもしれませんが、プロバイダによっては月額料金が高くなる可能性もあるので注意が必要です。

どのプロバイダでも契約自体はできるのですが、料金を安くできるのは、ドコモ光が提携するプロバイダに限られます。
利用したいプロバイダが提携先にない場合は「単独型」と呼ばれるプランとなり、トータルの利用料金が高くなってしまう可能性もあります。
また、プロバイダはタイプAとタイプBに分かれており、どちらのプロバイダを選択するかによっても、月額料金が違ってくるので、事前に確認しておきましょう。

.

フレッツ光 ドコモ光

通信速度が遅くなるかも

ドコモ光へと転用したとしても、回線はフレッツ光を使っているため、通信速度は理論上変わりません。
しかしながら、口コミの中では、フレッツ光からドコモ光へと乗り換えた途端に、通信速度が遅くなったという声も、見受けられました。

この原因として考えられるのは、光回線を乗り換えたことでプロバイダの変更、セキュリティソフトの変更、PCやルーターなどの端末を変えたなどの環境変化が挙げられます。

ただし、通信速度の低下は、ドコモ光に限らず、インターネットの乗り換えにはつきもののリスクです。
こればかりは、乗り換えてみるまでわからないと考えておきましょう。

サポート窓口の電話が繋がりにくい

困った時に頼りになるサポート窓口ですが、ドコモ光は、電話が繋がりにくいことも多いようです。
対応窓口には限りがあるため、対応できる人数も限られてきます。
また、公式サイトでは「よくある質問」に対するQ&Aも用意されていますので、そちらもご覧になってみてください。

勧誘が激しい

これに関しては、転用する前の話ですが、ドコモショップ等で、ドコモ光への勧誘がしつこいという口コミもありました。
しかしながら、実際のところは販売員によりけりです。
の光回線業者に関しても、電話での勧誘や訪問販売などしつこい人がいるように、ドコモ光の場合も例外ではなく、無理やり有料オプションをつけるなどの強引な接客をする人もいるようですので、しっかりと断るか、あまりにも酷い場合は企業側へと相談をしましょう。

.

ドコモ光のココが気になる!

フレッツ光からドコモ光へと転用するのに、少し戸惑いがある人もいるのではないでしょうか。
ここからは、ドコモ光の気になる点について、お答えしていきます。

通信速度は本当に大丈夫?

ドコモ光ではフレッツ光回線を使用しているため、通信速度が遅くなってしまうことはありません。
しかしながら、プロバイダの「インターネット接続方法」によっては遅く感じてしまうこともあるようです。
そういった事態を避けるためには、「V6プラス」に対応しているプロバイダを選択することをおすすめします。

「V6プラス」を利用すれば、ゴールデンタイムなどに、混雑地帯を避けてネットに繋ぐことができるため、遅くなることも滅多にありません。
「GMOとくとくBB」では「V6プラス」に対応していますので、検討してみてくださいね。

一度変えたら戻せない?

フレッツ光からドコモ光への転用は簡単にできます。
しかも、プランなどの変更をしない限りは無料で行うことが可能です。
ただし、ドコモ光からフレッツ光へ戻すとなった時は、これほど簡単ではありません。
基本的に無料で戻す方法はなく、一旦、解約して、フレッツ光に入りなおすしかないため、違約金や初期費用などが発生してしまいます。

ただし、ドコモ光が開通してから8日以内である場合に限り、違約金免除で解約することが可能です。

.

新規の場合、開通までの流れは?

フレッツ光からドコモ光に乗り換える場合は、工事なしで簡単に乗り換えができますが、フレッツ光以外から乗り換える場合はどうなのでしょうか。
新規の申し込みであれば、開通までに1ヶ月ほど必要です。
開通までの流れを簡単に確認していきましょう。

申し込み

まずは、ドコモ光の申し込みを行いましょう。
ドコモショップなどの実店舗でもできますが、キャンペーンサイト上から申し込むとdポイント10,000ポイントが付与されます。

工事日を決める

申し込みを行った後日、ドコモ光から電話がかかってきます。
申し込み内容の確認と、不明な点があれば、この場で質問をしましょう。
問題がなければ、工事日の日程を決定します。
平日の方が、早い日程を確保できますが、土日の工事も受け付けしています。

工事が入る

約束の日に、工事業者が自宅を訪ねてきます。
この際に、立ち合いが必須ですが、大抵の場合は1時間程度で完了します。
もし不測の事態が起きたら、もう少し時間がかかってしまう可能性も考えられるため、なるべく前後に予定を入れないようにしましょう。
工事が完了次第、接続・設定をすれば、インターネットの開通が完了します。

.

ドコモ光が誕生した背景

余談ですが、ドコモ光の存在に対して違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか。
それもそのはずで、もともとNTTではフレッツ光を提供しているからです。
それでは、それを無視して、関連会社であるNTTドコモが光回線を提供しているの?といえばそうではありません。

まず、ドコモ光ができた理由のひとつに、auひかりが誕生したことが挙げられます。
携帯会社としてはライバル関係に当たりますし、auひかりを契約することによって、auのスマホが安くなるというプランも打ち立てました。

これに対抗するために、ドコモ光を発売すればよかったのですが、NTTが通信業界を独占することを認めないNTT法(日本電信電話会社法)の存在で、しばらくの間、サービスを提供することができなかったのです。

しかしながら、2014年になり、NTTは他の企業が自社のネット回線を使ってサービス展開しても良いとする「光コラボレーション」と呼ばれるサービスを打ち立てたことにより、ドコモ光が誕生したのです。

ちなみに、ソフトバンク光もNTTの回線を使ったソフトバンク光を展開しています。

.

まとめ

フレッツ光とドコモ光。
基本的には同じNTTが提供している光回線ですが、料金プランやキャンペーンはずいぶん違っています。

また、ドコモユーザーの方なら、フレッツ光よりも安く利用できる可能性が高いので、一度検討してみてくださいね。