この記事のまとめ
NURO光の解約をするときには、解約のタイミングを間違えると解約金や違約金が発生する場合があります。
また、メールアドレスや電話番号は解約後どうなるのかも、事前に確認して必要があります。
解約金を支払わずに、スムーズに解約できるタイミングや、解約手続きの方法、注意点とは?
hikaritayasushi
NURO光を、引っ越しや他社への乗り換えなどで解約する場合、タイミングによっては解約金や違約金が発生する場合があります。
このページでは、NURO光の解約に関するあらゆる情報を徹底調査してみました。
解約手続きの方法や注意点、いつまでに解約すれば解約金がかからないのかなどを、わかりやすく解説します。

NURO光の解約方法!手順を解説

まずは、NURO光の解約方法・手順について解説します。

サポートデスクに電話

NURO光を解約するには、NURO光のサポートデスクに連絡する必要があります。
連絡先は下記のとおりです。

■NURO光サポートデスク

電話番号:0120-117-260

受付時間:9:00~23:00

上記電話番号に電話し、NURO光を解約したいという旨を伝えると解約の手続きを行うことができます。
解約の手続き時には、契約者氏名、住所、電話番号など契約の情報が必要となりますので、契約書が手元にある方は契約書をお手元に用意しておくことで、スムーズに解約の手続きを行うことができますよ。

レンタル機器の返却をする

NURO光を契約したときに自宅に送られてきたONUなどはレンタル機器となりますので、返却を行う必要があります。
返却が必要な機器は、こちらの機器となっています。

ONU / スタンド

・電源アダプタ

LAN ケーブル

・簡易ユーザーガイド

上記機器の他に、NURO光電話を利用されている方は、以下の機器の返却も必要となってきます。

TA (テレフォニー・アダプター)

電源アダプタ

モジュラーケーブル

LAN ケーブル

返却の際は、機器を入れる箱を用意し、新聞紙など緩衝材となるものと一緒に上記機器を入れます。
返却日については、業者が自宅に来る時間が記載されたSMSが届きます。
記載された時間に機器のNURO光指定の運送業者が集荷に来ますのでSMSで記載された時間までに機器の梱包を済ませておきましょう。
注意点として、返却物が足りない場合は料金が請求される場合がありますので、返却物は梱包前にしっかりと確認し、返却漏れのないように注意しましょう。

解約金・違約金は?

NURO光を解約するときに気になるのは、解約金、違約金ですよね。
契約期間によっては解約金や違約金が発生する可能性があります。
こちらでは、解約時に発生する料金について紹介しますので、解約前に確認しておくことをおすすめします。

工事費の残債

工事費に残債について紹介します。
戸建てプランとマンションプランで異なりますので、ケース別で分けて紹介しますね。

戸建てプランの場合(集合住宅7階建て以下も含む)

戸建てプランの場合の解約金、違約金を紹介します。
解約金、違約金は利用月数によって、金額が変わりますので、利用月数ごとのどれくらい金額が違うのか表でまとめました。

利用月数解約金工事費の残額合計
1ヶ月目9,500円40,000円49.500円
2ヶ月目9,500円38,666円48,166円
・・・
24ヶ月目9,500円8,004円17,504円
25ヶ月目0円6,670円6,670円
26ヶ月目9,500円5,336円14,836円
・・・
29ヶ月目9,500円 1,334円10,834円
30ヶ月目9,500円0円9,500円
31ヶ月目9,500円0円9,500円
・・・
48ヶ月目9,500円0円9,500円
49ヶ月目0円0円0円
50ヶ月目9,500円0円9,500円

利用月数に応じた解約金、違約金はこのようになっています。
NURO光は2年契約となっていますので、2年ごとにやってくる更新月に解約すれば解約金はかかりません。
ですが、最初の契約更新の2年で解約してしまうと工事費の残債がまだ残っていますので、工事費の残債6,670円を支払い必要があります。
工事費の残債も0円で解約できる利用期間は契約から4年後となりますので、注意してくださいね。

マンションプランの場合

続いてマンションタイプの場合を紹介します。
マンションタイプの場合は、この様になっています。

利用月解約金工事費の残額合計
1ヶ月目9,500円40,000円49,500円
2ヶ月目9,500円38,882円48,382円
・・・
24ヶ月目9,500円13,325円22,825円
25ヶ月目0円12,214円12,214円
26ヶ月目9,500円11,103円20,603円
・・・
35ヶ月目9,500円 1,111円10,611円
36ヶ月目9,500円0円9,500円
37ヶ月目9,500円0円9,500円
・・・
48ヶ月目9,500円0円9,500円
49ヶ月目0円0円0円
50ヶ月目9,500円0円9,500円

マンションタイプも戸建てタイプ同様で、2年契約となっており、契約、契約更新から2年後の解約であれば、解約金はかかりません。
工事費の残債を考えると、こちらも契約から4年後に解約しないと料金が発生することなく解約をすることができませんので、注意しましょう。

違約金

NURO光の解約金は9,500円です。
NURO光は2年契約となっており、契約から2年、契約更新から2年以内の解約の場合は解約金が発生します。
契約更新月以外では解約金がかかってしまいますので、解約金を支払いたくないという方は契約更新月に解約することをおすすめします。

ひかり電話やひかりTVに加入している場合は、別途解約金が必要

ひかり電話、ひかりTVに加入している場合は、解約時に別途金が必要となってきます。

ひかり電話を利用している場合、解約工事費として1,000円の料金が発生します。
解約工事費は契約期間に関わらず、必ず料金が発生しますので、利用している方は解約時に1,000円の解約工事費がかかることを覚えておきましょう。

ひかりTVの解約金ですが、こちらは10,000円です。
ひかりTVはNURO光同様、2年解約となっていますので、契約、契約更新から2年以内の解約の場合は解約金が発生してしまいます。

NURO光の契約時にひかりTVを契約した方はNURO光の解約金がかからない時期に解約することで解約金を支払わずに済みますが、NURO光を契約して期間が経ってからひかりTVを契約した方は更新月がずれるので注意が必要です。
つまり、NURO光の解約金がかからない時期に解約しても、ひかりTVの契約期間中となり、解約金を支払う必要があります。
注意しましょう。

NURO光解約の注意点

NURO光の解約時の注意点について紹介します。
これから紹介する内容を確認しておくことで、トラブルを防ぐことができます。
ぜひ確認してみてくださいね。

「解約」ではなく「退会」にする

NURO光には「解約」と「退会」と2種類あります。
両者の違いを簡単に紹介すると、

解約・・・NURO光の提供元であるSo-netに個人情報を残しておくこと
退会・・・So-netとの関わりをすべて断つこと

解約の場合は、So-netに契約者の情報などを残すことができますので、NURO光からSo-net光に乗り換える場合など個人情報などの入力を省略することができます。
また、So-netの格安SIMなどを利用している方は基本的にこちらの解約という扱いになります。(So-netの他のサービスを利用しているため)

退会はSo-netとの関係を完全に断つことができますので、特に乗り換え予定にない方は退会で問題ありません。

日割りができない

NURO光は解約月の日割りに対応していません。
ただし、月の途中で解約した場合も、
・当月末で解約
・翌月末で解約
のいずれかを選択することができます。
当月末まで利用を選択すると、当月が末までNURO光を利用することができ、利用後にレンタル機器の返送などの手続きを行います。
翌月末に解約を選択すると翌月末にレンタル機器の発送などを行いますので、都合の良い月に解約しましょう。

おうち割は解約と同時に無効になる

NURO光は、ソフトバンクのおうち割という割引サービスを利用することができます。
おうち割を利用すると、ソフトバンクのスマートフォンの利用料金から毎月1,000円程度の料金が割引されます。
NURO光を解約すると、こちらのおうち割を利用することができなくなり、NURO光の解約と同時におうち割も解除されますので注意しましょう。
引き続きおうち割を利用したい方はおうち割対応のインターネットサービスに乗り換える必要がありますので、注意しましょう。

NURO光を解約金0円で退会する方法は?

NURO光を解約するときは、できるだけ解約金をかけたくありませんよね。
こちらでは、NURO光を0円で退会する方法を紹介しますので、参考にしてくださいね。

更新月(49ケ月目)に解約する

NURO光の契約年数は2年ですが、2年でNURO光を解約してしまうと工事費の残債を支払う必要があります。
2回目の更新である4年後であれば、工事費は支払い済みですので工事費の残債を支払う必要はありません。
解約時に解約金を支払いたくないという方は2回目の更新(49ヶ月目)に解約しましょう。

違約金負担キャンペーンをやっているサービスに乗り換える

違約金負担キャンペーンを行っているサービスに乗り換えをすれば、解約金を実質0円にすることが可能です。
実質0円ですので、解約時には一度解約金を支払う必要がありますが、その後、支払いを行った明細を乗り換え先のプロバイダに送付することで解約金を利用料金に充当やキャッシュバックを行ってくれます。
自分が利用したいサービスが違約金負担キャンペーンを行っているような場合は、見逃さずしっかり活用しましょう。
詳しくは下記ページで紹介していますので、違約金負担サービスが気になる方はチェックしてみてくださいね。

【光回線マニアが教える】違約金負担キャンペーンでおすすめのインターネット!お得に乗り換える3つのポイント

キャッシュバックが高額なサービスに乗り換える

インターネットサービスのプロバイダや代理店では、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることが多いです。

このような高額キャッシュバックを利用して、違約金に充てれば、NURO光の違約金は実質0円になります。

公式キャンペーンのキャッシュバックと代理店のキャッシュバックの両方を受け取ることができる場合も多く、大変お得になりますよ!
各インターネットサービスのキャッシュバックキャンペーンについては、以下のページで詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみましょう。

【109社比較結果】インターネット・光回線のキャッシュバック比較表2020!安くてお得なおすすめキャンペーン&注意点

NURO光の解約に関するよくあるQ&A

NURO光を解約するとき、わからない部分があったり、気になる部分がまだある人もいると思います。
こちらでは、NURO光の解約に関するよくある質問をまとめましたので、解約時に気になる点がある方はぜひ確認して見てくださいね。

撤去工事は必要?撤去費用は?

NURO光は解約時に撤去工事を行うか選択できます。
こちらの工事は任意で、必ず撤去を行う必要はありません。
賃貸の方は、撤去が必要か大家さんや管理会社に確認してみましょう。

撤去工事にかかる費用は、10,000円です。

解約後、電話や電話番号はどうなる?

利用していたひかり電話や電話番号は、解約後は基本的に利用することができなくなってしまいます。
ただし、NURO光を解約しても現在利用している電話番号を利用したい方は、NTTの固定電話に番号を戻す「アナログ戻し」という手続きをすれば、番号を残すことができます。
こちらの手続きを行う際、ナンバーポータビリティ工事費として1,500円の料金が発生しますので、注意しましょう。

解約後、メールアドレスはどうなる?

解約後、メールアドレスも解約後は利用できなくなります。
ただし、必要な場合はSo-netの「モバイルコース」というコースを契約すれば、引き続き利用することができます。
こちらのコースは毎月200円の料金が発生しますが、NURO光を解約後も解約中と同様にメール機能やメールアドレスを利用することができます。
NURO光で利用していたメールアドレスを仕事でも利用している方など、変更手続きが面倒という場合は、モバイルコースを契約しましょう。

まとめ

NURO光を解約する場合は、契約期間に注意しないと料金が発生してしまいます。
解約金が0円となるタイミングは契約から4年後、以降2年ごとの0円で解約することができます。
すぐに0円で解約したいという場合は他社の光回線に乗り換えて違約金負担キャンペーンなどを利用しましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら