この記事のまとめ
株式会社グッドラックが提供するネクストモバイル。
プラン料金が比較的安く、ソフトバンクの回線を利用しているため、速度や電波が安定しているのが魅力です。
ネクストモバイルを利用している人の口コミやメリット・デメリット、注意点は?

hikaritayasushi
ネクストモバイルは、業界最低水準という料金の安さが人気のポケットWiFiです。
そのコスパの高さが気になる方も多いのではないでしょうか?
当ページでは、ネクストモバイルの評判を調査し、メリット・デメリットについて解説しています!
プラン料金や他社との比較も掲載しているので、要チェックです。

ネクストモバイルのメリット

まずは、ネクストモバイルのメリットを解説します。

プランが2種類で分かりやすい

ネクストモバイルのプランは、フラット20GBプランとフラット30GBプランの2種類です。
それぞれのプランの内容は、以下のようになっています。

 フラット20GBプランフラット30GBプラン
月額料金(1~24ケ月目)2,400円(税抜)2,700円(税抜)
月額料金(25ケ月目以降)2,900円(税抜)3,200円(税抜)
月間データ量20GB30GB
速度制限なしなし
初期費用0円0円
支払い方法クレジットカード/口座振替クレジットカード/口座振替

支払いはクレジットカード・口座振替が可能

ネクストモバイルの支払い方法は、クレジットカードか口座振替のどちらかです。
対応しているクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubの5つで、デビットカードやプリペイドカードは対応していません。

また、口座振替を利用する場合は
・中古端末が提供される。
・支払い手数料200円(税抜)が毎月請求される。
という2つの点にご注意ください。

端末代が0円!手軽に始められる

現在キャンペーンにより、ネクストモバイルの端末代が0円となっています。
このように手軽に始められる点も、ネクストモバイルのメリットですね。

キャンペーン中は、以下の端末が無料で手に入ります。
・FS030W-モバイルタイプ
・HT110LN-ホームタイプ
・HT100LN-ホームタイプ

基本的に、持ち運びできるタイプは、FS030Wのみなので、外で利用したい方にはこちらの端末がおすすめです。

お家で利用する据え置き型の端末は、2種類ありますが、HT110LNの方が最新となっているため、自宅で使う場合はこちらを選ぶといいでしょう。

では、これらの3つの端末について詳しくご説明します。

FS030W-モバイルタイプ

FS030Wは持ち運びに適した端末です。
重さが約128gと軽く、サイズもコンパクトなので、かばんに入れて持ち運びやすいです。
FS030Wのスペックは、以下のようになっています。

サイズ(幅 × 高さ × 厚さ)74.0 × 74.0 × 17.3mm
重さ約128g
WiFiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
インターフェイスUSB 2.0
連続通信時間20時間(Bluetooth通信24時間)
連続待受時間約600時間
通信方式Softbank 4G LTE(下り最大150.0Mbps、上り最大50.0Mbps)、Softbank 3G(下り最大42.0Mbps、上り最大5.76Mbps)

HT110LN-ホームタイプ

HT110LNは家に置いて使うタイプの端末です。
端末をコンセントに繋げば、すぐに利用を開始できます。
スペックは下記の通りです。

サイズ(幅 × 高さ × 厚さ)約130 × 130 × 37mm
重さ約200g
周波数帯Band: 1(2GHz) / 8(900MHz)
WiFiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
電源AC100V±10% 50/60Hz
消費電力最大約6W
動作保障環境温度0~40℃/湿度10~90%(結露しないこと)
VCCIVCCI クラスB
通信方式Softbank 4G LTE(下り最大150.0Mbps、上り最大50.0Mbps)
国際ローミング非対応

HT100LN-ホームタイプ

HT100LNもホームタイプの端末です。
HT110LNとは異なり、支払い方法は口座振替だけとなっています。
具体的なスペックは以下の通りです。

サイズ(幅 × 高さ × 厚さ)約130 × 130 × 37mm
重さ約200g
周波数帯Band: 1(2GHz) / 19(800MHz) / 26(800MHz)
WiFiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
電源AC100V±10% 50/60Hz
消費電力最大約6W
動作保障環境温度0~40℃/湿度10~90%(結露しないこと)
VCCIVCCI クラスB
通信方式Softbank 4G LTE(下り最大150.0Mbps、上り最大50.0Mbps)
国際ローミング非対応

お申し込みから最短即日発送!利用開始までが早い

端末は、申し込んでからすぐに発送されます。
そのため、早ければ契約した翌日に、ネクストモバイルの利用を開始することが可能です。
なお、口座振替だと即日発送してもらえないため、すぐに利用したい方はクレジットカードで支払いを行いましょう。

通信エリアが広い!

ネクストモバイルはソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンクのサービスが提供されている地域は全て、ネクストモバイルの対応エリアです。
ソフトバンクの回線は北海道から沖縄まで、日本全国に対応しています。

利用できないエリアはほんの少しで、ソフトバンクの調査によると、人口カバー率は99%と言われています。
このように、ネクストモバイルは通信エリアが広く、あらゆる場所で利用することが可能です。

ネクストモバイルのデメリット・注意点

一方で、ネクストモバイルにはデメリットもあります。
契約する際は、以下の点にご注意ください。

無制限プランが無い

ネクストモバイルのプランは20GBと30GBの2つで、データ使用量が無制限のプランはありません。

無制限プランとは月のデータ使用量が決められておらず、いくら使っても通信制限されることのないプランです。
ネクストモバイルにはこのような無制限プランがなく、1ケ月に使用できるデータ量は20GBか30GBまでという風に制限されています。

普段から動画を観る機会が頻繁にあり、データ使用量が多くなりがちな方は、注意しましょう。

1度契約するとプランの変更ができない

ネクストモバイルは1度契約すると、そのままの状態でプランを変更することができません。
仮にプランを変更したい場合は、現在利用しているプランを解約する必要があります。
解約後に再契約することで、違うプランに変更することが可能です。

ただし、更新月以外に解約すると違約金が発生してしまいます。
簡単にプランを変更できるわけではないため、契約の際はご注意ください。

25ヶ月目以降の月額料金が高くなる

ネクストモバイルの契約期間は2年です。
2年経つと契約が更新され、月額料金が高くなります。
25ケ月目以降は月額料金が500円(税抜)アップするので、注意してください。

 フラット20GBプランフラット30GBプラン
月額料金(1ケ月目~24ヶ月目)2,400円2,700円
月額料金(25ケ月目以降)2,900円(税抜)3,200円(税抜)

ネクストモバイルの評判は?良い評判・悪い評判まとめ

当記事では、ネクストモバイル利用者の口コミを調査しました。
良い意見と悪い意見に分けて、ご紹介します。

良い評判

まずは、ネクストモバイルの良い口コミから紹介します。

料金が安い

ネクストモバイルの評判として多かったのは、料金が安いという点です。
インターネット料金が下がって、ネットも問題なく使えた!という声が多数ありました。

サクサク快適に利用できる

モバイル回線サービスで心配なポイントが、速度がどうなのか?ということですが、ネクストモバイルについては、「速度が速い」という意見が大多数でした。
よほどのヘビーユーザーでない限り快適に使えているようです。

屋内での利用も問題なし

お家でインターネットを利用したいという方は、ホームルーターが気になっているかもしれませんね。
ホームルーターについても、快適な速度で使えているようです。
光回線やケーブルテレビのような工事もなしでお家のネット環境が整う点も嬉しいですね。

悪い評判

一方で、ネクストモバイルのサービスを提供している株式会社グッドラックのサポート対応に対しては、不満の声も見られました。

ネクストモバイルの評判まとめ

口コミから分かったネクストモバイルのメリットは、以下の通りです。

・月額料金が安い。
・屋内でも快適に利用できる。
・回線速度は良好。

ネクストモバイルは使い心地が良く、利用者からの評価は高いです。

一方で、サポート対応が悪いという意見も見られました。
ネクストモバイルには、途中でプラン変更ができないなどのデメリットがあり、利用している方がサポート担当者とトラブルになってしまうケースもあるようです。
しかしながら、契約前にネクストモバイルの注意点を把握していれば、担当者の対応に頭を悩ませることはないでしょう。

ネクストモバイルは料金が安く、快適に利用できるため、おすすめのポケットWiFiです。

ネクストモバイルは他社と比べてどう?サービス内容を比較!

ここからは、ネクストモバイルと他社のサービスを比較していきます。
以下の表は、各サービスの内容を比較したものです。
なお、表に記載している金額は全て税抜です。

※この表は横にスクロールできます。

 ネクストモバイルGMOとくとくBB WiMAXソフトバンクエアーFUJI WiFiどんなときもWiFi縛りなしWiFi限界突破WiFiギガゴリWiFi
(※現在受付停止中)
サービス利用料(2年間)57,600円101,004円104,160円89,000円83,520円84,000円82,500円62,400円
初期費用0円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円0円3,000円
違約金1年未満:19,000円、2年未満:14,000円、契約更新月:0円、それ以降:9,500円2年未満:24,800円、契約更新月:0円、それ以降:9,500円契約更新月以外:9,500円0円1年未満:19,000円、2年未満:14,000円、契約更新月:0円、それ以降:9,500円0円2年未満:18,000円、契約更新月:0円、それ以降:5,000円1年未満:18,000円、契約更新月:0円、それ以降:8,000円
サポート安心サポート:300円、My NEXTサポート:907円安心サポート:300円
(最大2ケ月無料)、安心サポートワイド:500円
(初月無料・2ケ月目200円)
あんしん補償:500円安心サポート:300円(必須)あんしん補償:400円安心サポート:500円端末補償:500円安心サポート:300円
(最大2ケ月無料)、安心サポートワイド:500円
(初月無料・2ケ月目200円)
キャリアソフトバンクau WiMAXソフトバンクソフトバンク、au、ドコモソフトバンク、au、ドコモソフトバンク、au、ドコモソフトバンクソフトバンク
支払い方法クレジットカード、口座振替クレジットカードクレジットカード、口座振替クレジットカードクレジットカード、口座振替クレジットカードクレジットカードクレジットカード
契約期間2年2年2年なし2年なし2年1年

他社と比較したネクストモバイルのおすすめポイントは、以下の通りです。

・サービス利用料が安い。
・初期費用が無料。
・端末がコンパクトで持ち運びやすい。
・同時接続可能台数が多い。

そのため、月額料金をなるべく抑えたい、外での打ち合わせが多く、同時接続できる端末が欲しい、といった方にネクストモバイルはおすすめです。

WiMAXとの比較

GMOとくとくBB WiMAXと比較すると、ネクストモバイルの方が料金は安いです。
初期費用もGMOとくとくBB WiMAXが3,000円かかるのに対して、ネクストモバイルは無料です。
一方、通信速度はGMOとくとくBB WiMAXの方が上で、下り最大1.2Gbpsも出ます。
また、端末自体のサイズや重量には、それほど違いがありません。

安さ重視の方はネクストモバイルを、速度重視の方や月間容量制限なしで使いたい人には、WiMAXがおすすめです。

ソフトバンクエアーとの比較

ネクストモバイルの端末はコンパクトであるのに対し、ソフトバンクエアーの端末は少し大きめで重量もあります。
料金もネクストモバイルの方が安いので、持ち運び用の端末が欲しい方は、ネクストモバイルを選ぶのがおすすめです。

ただし、通信速度は、下り最大962.0Mbpsまで出るソフトバンクエアーの方が速いです。
同時に64台まで接続できる点も、ソフトバンクエアーの魅力となっています。
速度重視で、お家で利用したい方はソフトバンクエアーがおすすめです。

FUJI WiFiとの比較

利用料金を比べると、FUJI WiFiよりもネクストモバイルの方が安いです。
しかし、違約金が発生しないところはFUJI WiFiの魅力です。

通信速度は両方ともほとんど同じで、差はほとんどありません。
また、ネクストモバイルは同時接続可能台数が15台なのに対し、FUJI WiFiは5台と少ないです。

短期間で解約する可能性がある方にはFUJI WiFi、それ以外の方にはネクストモバイルがおすすめです。

どんなときもWiFiとの比較

どんなときもWiFiとネクストモバイルは、通信速度がほぼ同じです。
しかしながら、料金の安さや端末の軽さ、同時接続可能台数の多さは、ネクストモバイルの方が優れています。
そのため、持ち運ぶならネクストモバイルがおすすめです。

縛りなしWiFiとの比較

ネクストモバイルにはFS030Wというモバイルタイプの端末がありますが、縛りなしWiFiも同様の端末を提供しています。
そのため、端末のサイズや通信速度に違いはありません。
ただし、料金はネクストモバイルの方が安いため、ネクストモバイルの方がおすすめできます!

限界突破WiFiとの比較

限界突破WiFiはネクストモバイルと同じく、初期費用が0円です。
通信速度もほぼ同じです。
一方、利用料金や端末のサイズ、同時接続可能台数は、ネクストモバイルが優れています。

ギガゴリWiFiとの比較(※現在ギガゴリWiFiは受付を停止しています)

ギガゴリWiFiもネクストモバイルと同様に、FS030Wという端末を提供しています。
そのため、端末のスペックは同じです。
料金も近いですが、ネクストモバイルの方が約5,000円安いですよ。

ネクストモバイルの解約方法と違約金

ここからは、ネクストモバイルの違約金や解約方法について解説していきます。

ネクストモバイルの違約金は?

ネクストモバイルを更新月以外に解約した場合、違約金を請求されます。
以下のように、契約している期間によって請求額が変化します。

0〜12ヶ月19,000円(税抜)
13〜24ヶ月14,000円(税抜)
25ヶ月目0円
26ヶ月〜9,500円(税抜)

ネクストモバイルの解約手順

ネクストモバイルを解約するには、まず申請が必要です。
申請は、公式サイトの契約解除申請フォームか電話で行います。

・電話番号:0120-020-015
・受付時間:11:00~18:00
・受付日:月~土(年末年始は除く)

申請後は、端末を返却することになります。
端末の返却先は、以下の通りです。
なお、返却が遅れると、端末損害金40,000(税抜)を請求されます。
返却先住所は以下の通りです。

住所:〒289-1608 千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸(株)D棟3F NEXTmobileサービス受付窓口
期限:解約月の翌月5日まで

20日までに解約の申請をすると、その月に解約できますが、21日以降だと翌月の解約となります。

まとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

・料金の安さや通信エリアの広さ、プランの分かりやすさが、ネクストモバイルのメリット。
・無制限プランがない点や、解約しないとプランの変更をできない点は、ネクストモバイルのデメリットとなる。
・ネクストモバイルは屋内でも快適に利用でき、通信速度も良好なので、利用者から好評。
・他社と比べて、ネクストモバイルは料金が安くて持ち運びやすく、同時接続可能台数が多い。
・ネクストモバイルの解約申請は、公式サイトか電話で行う。

ネクストモバイルに関心を持った方は、契約を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら