「MR05LNって実際どうなの?」
「MR05LNは他の機種と何が違うの?おすすめな理由は?」

新生活も始まる時期となってきましたが、
引っ越しや一人暮らしを始めるにあたって、インターネットやモバイルルーターについてお悩みの方は多いのではないでしょうか?

NECのAterm MR05LNは、モバイルルーターについて比較する際に必ず名前が挙がるほど、その使い勝手に定評がある機種です。

当記事では、MR05LNがおすすめされる理由や口コミのまとめ、さらに使い方・設定方法についても解説しています。
この記事を読めば、MR05LNが優れているポイントがわかり、安心して利用し始めることができますよ。

皆さんが快適なインターネット生活を送るために、ぜひ当記事をお役立てください。

mr05lnとは

mr05lnはNECプラットフォームズが販売するSIMロックフリーのモバイルルーターです。
2016年9月から発売開始となり、当時からNECも「高性能モバイルルーター」と位置づけている商品です。

さて、このmr05lnについて使うことでどんなメリットを得ることができるのか、この製品の特徴などについて、以下で説明していきます。

モバイルルーターを使うメリット

そもそもmr05lnといった、モバイルルーターの購入を検討しているということは、スマートフォンなどの速度では満足できない、もしくはそれらとは別の回線を持ちたい、といった希望があるでしょう。

しかし、モバイルルーターを持つことは、正直に申し上げれば、荷物が増える事となります。
あまり好まない方もいるのではないでしょうか。

それでは、スマートフォンと比較して、どの点がどう異なるのか、以下の項目で説明しましょう。

持ち運びとバッテリーの関係

これはスマートフォンも一緒ではありますが、持ち運ぶことで、インターネット環境を整備することができます。
スマートフォンも、モバイルルーターもこの点では同じため、大きく比較できません。

しかし、常時通信するなど、継続して利用することを考えている場合、バッテリー容量の問題があるでしょう。

バッテリー容量で比較した場合、iPhone Xは公表されていませんが、約2,600mAh, mr05lnは約2,500mAhとなっています。

単純に考えればiPhone Xの方が容量が大きい、と考えるでしょう。
しかし、スマートフォンの電話機能、メッセージ機能などを利用していれば、より電池残量を消費することでしょう。
カメラやゲームなど、複数の機能を利用すれば、より影響が出るでしょう。

対してmr05lnは、電話やメッセージ機能などが搭載されない、モバイルルーターとして機能します。
ゆえに、電池残量は相対的にmr05lnの方が、持つと言えるのではないでしょうか。

有線接続・ホームルーターとして利用可能

mr05lnは専用クレードルを利用することで、ホームルーターとして利用することができます。
また、USBケーブルを利用してパソコンなどと接続することで、有線接続扱いとなります。

ホームルーターとして活用できることは、旅先で、出張先でホテルなどの回線を利用するときに使えるでしょう。
有線LAN接続では物理的にLANケーブルを繋いでおける範囲が決まってしまいます。
そのため、必ずしも自分の考えている、快適な環境を整えることができないことがあります。

そんなお悩みを改善するのが、mr05lnの良さです。
スマートフォンではこれは対応しておらず、大きなメリットと言えるでしょう。

デュアルSIM対応

mr05lnではnanoSIMを2枚刺すことができ、それぞれの回線を切り替えて利用することができます。
動画を見る用、メッセージを送る用など、利用用途を分けて、SIMカードを契約している方も増えています。

mr05lnは約10秒ほどでSIMの切り替えができます。
自分が思ったとき、必要性に応じて素早く切り替えができることが強みです。
複数のSIMカードを利用する予定があるなら、切り替えが早く、ストレスフリーとなるだろうこの機能は注目に値するべきでしょう。

スマートフォンにもデュアルSIM対応はありますが、少なくともSIM切り替えとテザリング設定はここまで早くできません。

通信速度について

LTE-Advanced, 3波キャリアアグリゲーションに対応

皆さんキャリアアグリゲーションという機能についてご存知でしょうか。
mr05lnは通信速度を高めるため、3つの電波を同時に受信し、回線速度を高める機能が搭載されています。

近年のスマートフォンであれば対応している商品も多いですが、モバイルルーターで3波キャリアアグリゲーションに対応している商品は非常に少ないといえ、この製品の大きな強みと言えるでしょう。

なおご承知の通り、3つの電波を掴む必要があるため、それらを受信できる環境でなければ、最高の性能を出すことができません。
地域の影響を受けるとはいえ、回線の空きがあれば、理論上はこれだけのスピードを出すことができます。

wifiでの接続速度は最大867Mbps

クレードルを利用し、mr05lnをホームルーターとして活用する方法も先んじてお伝えしましたが、この速度どの程度でしょうか。
IEEE802.11acに対応しているmr05lnでは、理論上、最大で867Mbpsを出すことができます。

ただし、利用する回線次第となり、3波キャリアアグリゲーションを利用するのか、もしくは固定回線を利用するのかによって大きく異なるでしょう。

mr05lnの良い口コミ、悪い口コミ

良い口コミ

多様な使い方を示している方が多い印象です。
評価も高く、購入を悩んでいる方の一助となるのではないでしょうか。

なお、楽天が通信事業者として参入することで、MNOとなる訳ですが、現状、対応しているのがモバイルルーターであれば、mr05lnであるという点も評価に値するでしょう。

悪い口コミ

良い口コミに比べて、あまり見当たらないのが印象的でした。
高価格帯の商品であることと、手を出しづらいと考えている方が多いからでしょうか?

mr05lnの使い方と設定方法

さて、ここからはmr05lnの使い方についてお伝えします。
購入したら、このページを見て設定方法を繰り返し見ましょう。

nanoSIMカードを挿入し、電池パックを取り付ける

mr05lnはnanoSIMを利用します。本体裏側、カバーを外したところに、SIMを2つ入れるスペースがあります。

こちらにSIMカードを挿入し、電池パックを取り付け、裏カバーをつけます。
間違っても電源を投入した状態での作業はやめましょう。

SIMカードの金色の部分、読み取り部分となる訳ですが、ここはできるだけ触らないようにしましょう。
後に不具合の原因となる可能性もあります。

なお、裏カバーは脱落しないようにしっかりとつけてください。

設定ウィザートを開始する

電源を入れることで、設定ウィザードが開始されます。
まず、画面の表示に従って設定を行いましょう。

無線LAN設定を行う

ここで、WPSを利用か、もしくは手動設定を選択する画面となっているでしょう。
WPSは対応しているのであれば、ボタンを押すだけの簡単な作業となりますが、機器がそれぞれ対応しているか確認が必要です。

スマートフォンでは対応していない場合がほとんどのため、以下の手動設定の必要があります。

手動設定の場合、SSIDとパスワードを対象機器に入力する必要があります。
少々面倒ではありますが、後にこのパスワードは複数の機器をつなげる際に利用するため、先になれるため、実施しても良いかもしれません。

APN設定を行う

機器への接続設定が完了すると、APN設定画面が表示されます。新規追加ボタンを押します。

契約したSIMカードの会社が提供しているAPN情報をリストから選択しましょう。
通信事業者名を選択します。

なお、APN情報がわからない場合、契約した書類や、通信事業者のWEBページに記載がある場合が多いです。
チェックしてみましょう。

APNリストの中に必要な情報がないとき

APN情報がmr05lnのリスト内にない場合、手動にて設定する必要がります。
必要な情報は、

  • サービス名(ただしこれは自分が分かれば良い)
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証方式

となります。
これらは通信事業者のWEBページにて、公開されている情報です。
不明な場合、WEB検索でチェックするのが確実です。

バージョンアップ作業を行う

メンテナンスバージョンアップについて、文書が表示されるため、一番下までスクロールすると、OKが押せるようになります。

なお、新バージョンがあればこの時点でダウンロード等行えますが、後日手動で実施したほうが確実かもしれません。
時間の余裕があるときに行いましょう。

無線のマークが出ていることを確認する

APN情報を入力して下さい、といった表示が出る場合、選択した、もしくは入力したAPN情報が違う可能性があります。確認しましょう。

無線の電波のマークが表示されていれば、設定完了です。お疲れ様でした。

うまく動作しない場合

うまく動作しないのは、利用するSIMの選択が違っている可能性、SIMカードの読み取りがうまくできていない可能性、端末の不良など、様々な要因があります。

SIMカードの選択、読み取り不良、端末不良の順に疑ってみましょう。
なお、読み取り不良の可能性もない場合、端末リセットで効果があるかもしれません。

初期化する方法

設定→メンテナンス→初期化
と選択し、初期化を行います。

なお、初期化完了後は設定ウィザードが再開しますので、改めて作業を行ってみましょう。

これでも通信ができない場合は、通信事業者や端末購入店にサポートを依頼しても良いかもしれませんね。

まとめ

ここまでmr05lnについて、解説をしてきました。
高級なモバイルルーターであることに違いはありません。
しかしその分、性能がピカイチであるとも言えるでしょう。

この記事を見て、mr05lnを購入し、使ってみたいとお感じになっていただけたら幸いです。
ぜひ新生活に向けて、改めて検討してみてはいかがでしょうか。