PCやスマホ、タブレット、ゲーム機など…外出先でも気軽にインターネットを使うことができるモバイルルーター。
インターネットをよく使う方なら、契約を検討している方も多いのではないでしょうか。ただ、モバイルルーターは、さまざまな会社から発売されているため、
「何が違うの?」「できるだけ月額を安くおさえるにはどこが良いのか…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。このページでは、さまざまなモバイルルーターの端末やサービスについて徹底比較し、分かりやすく解説します。
ぜひ、モバイルルーター選びの参考にしてみてください。

モバイルルーターのキャリア別端末とサービスについて徹底比較!

光回線などの固定回線は、外出してしまうとインターネットが使えなくなってしまいます。

そこでモバイルルーターというものが役に立つのですが、それぞれのサービスで料金や特徴が異なります。
そこでそれぞれのサービスの違いを見てみましょう。

まず大きく分けると以下の5つがありますので、特徴を比較してみましょう。

UQ WiMAXauドコモSoftbankY!mobile
速度
速度制限条件××
データ容量無制限無制限50GB30GB無制限
月額料金3,696円3,696円6,200円4,696円3,696円
エリア×
契約期間2年2年2年2年3年
キャッシュバック・割引××

とにかく料金を安くて快適なものを選びたいなら、WiMAXがおすすめ。
WIMAXなら、キャッシュバックなどのキャンペーンも積極的に行われているため、お得に契約できます。

★1番おすすめ!
→WiMAX(Broad WiMAX)≪その他の選択肢≫

    • auユーザーでキャッシュバックより月額料金を安くしたい人

→au

    • 5GB/月以下で良い人

→Y!mobile(2,480円/月)

UQ コミュニケーションズ WiMAX

UQ コミュニケーションズ WiMAX

UQ コミュニケーションズのモバイルルーターの特徴
データ容量フラットツープラスフラットツープラス
ギガ放題
月間7GBとくになし
速度制限1ヶ月7GB以上使うと送受信
最大128kbps
3日間で10GB以上使うと送受信
最大128kbps
エリア全国的に440Mbpsの速度で通信可能

よくテレビで見かけるこの企業は、じつはスマホの大手であるauのグループ会社のひとつ。
だからこそモバイルルーターの質も高くて、人気もある会社といってもいいでしょう。
もともとau自体が昔からあることから通信環境がよく、家の中でも通信ができてしまいます。

基本的にこのキャリアは料金が安いうえに、ネットがしやすいというのが特徴。
モバイルルーターを使う場合は、携帯の電波を使うので、あまり使いすぎると速度制限になってしまいます。

しかし上記のように、プランによったらデータ容量が無制限のものを選ぶと、速度制限を気にせずネットが使えるでしょう。ところがさすがに携帯の通信を使うので、短期間でかなりネットを使ってしまった…というなら、速度制限になってしまいます。

ちなみにauの電波を使えるので、かなり山奥でないかぎり、使えなくなる心配はありません。
つまりネット環境としてはかなりいい環境と思っていい内容なのが、UQコミュニケーションズのモバイルルーターの特徴です。

料金プラン

フラットツープラスフラットツープラス
ギガ放題
料金プラン(月額)3,696円4,380円
LTEオプション料2年1,005円
3年以上無料

上記のように使い勝手のいいUQ コミュニケーションズのモバイルルーターは、料金的にもそこまで高額ではありません。

大手のモバイルルーターの企業は、2年間使うと10万円を超える料金となってしまうところがありますが、UQ コミュニケーションズは10万円程度におさえられます。

キャンペーン

実はプロバイダキャンペーンを利用した方がお得

実は、「WiMAX」という名前の付いているサービスの通信手段や提供機器は、このUQ WiMAXと全く同じです。(これは、様々なプロバイダが代理店となってUQ WiMAXの販売を行っているためです。)
そのため、UQ WiMAXを申し込むよりは、料金が安いプロバイダから契約した方がお得です。

おすすめはBroad WiMAX2+

月額料金がリーズナブルで、2,726円~で利用でき、特別な条件もなくだれでもお得に契約することができます。

3年契約でオプションを無料にできる

山奥でも通信がスムーズになるLTEオプションというサービス。
これを利用するには本来1,000円程度支払いが必要ですが、3年続けて利用すればそれが無料にできます。

もともとモバイルルーターは、持ち運ぶために使う機器。だからこそどこでも通信がしやすい環境を整えておくと、便利になるでしょう。
だからこそ3年以上の契約をしておくと、月の料金自体が変わらないうえに、どこでも通信しやすくなるプランが無料にできますよ!

端末

Speed Wi-Fi
NEXT W05
Speed Wi-Fi
NEXT WX04
Speed Wi-Fi
HOME L01/L01s
通信最大速度758Mbps440Mbps440Mbps
バッテリー使用時間9時間13時間電源供給

UQ コミュニケーションズのモバイルルーターには、3種類端末が用意されており、それぞれ特徴があるんです。

まず通信速度が速いものがいいのであれば、W05がおすすめ。
また、バッテリーのもちが1番低いものを選びたいのであれば、WX04とL01の2種類あり、WX04は持ち運び型、L01は据え置き型となっています。
使い方によって、端末を選ぶといいでしょう。

au

au

auのモバイルルーターの特徴
データ容量フラット for DATAフラット for DATA EX
月間7GBとくになし
速度制限1ヶ月7GB以上使うと送受信
最大128kbps
3日間で10GB以上使うと送受信
最大1Mbps
エリア都市部で837Mbps、その他でも440Mbpsの速度で通信可能

上記のUQ コミュニケーションズの親会社であるauも、モバイルルーターを出しています。
大手だからこそ安心して使いたいのなら、ちょうどいいキャリアだと思っていいでしょう。
そして料金的もそこそこおさえられて設定されているので、安心して使えます。

上記のUQ コミュニケーションズの親会社というのもあり、基本的にサービスの内容は、ほとんど同じになっています。

また、都市部では837Mbpsと通信速度がかなり速くなっているところがauルーターの特徴です。
通常の約2倍の数値になっており、モバイルルーターでも光回線のように使えると思っていいほどです。
そんな利点を活かして、なんとホームタイプというものも、プランとしても作っています。

フラット for HOME
データ容量とくになし
速度制限3日間で10GB以上使うと送受信最大1Mbps

それがホームタイプといわれるもので、電源がコンセントからとるタイプの、モバイルルーターのために作られたプラン。
通信をいくらしても速度制限になりませんが、3日間連続で使いすぎると、速度制限になってしまうようです。

料金プラン

フラット for DATAフラット for DATA
EX、HOME
料金プラン(月額)3,696円4,380円
ハイスピードプラスエリアモード1,005円

こちらも上記のUQ コミュニケーションズの料金と同じで、そこまで価格は高くなく、モバイルルーターを便利に使える内容になっています。

ちなみにハイスピードプラスエリアモードとは、スマホの通信でも使う4GLTE通信が使えるもので、基本的に通信が速くなるモードだと思っておきましょう。
これを使えば、通信できる範囲も増えます。

キャンペーン

auは大手というのもあって、キャンペーンに関してもかなり手厚く行っているんです。
とくに他社のネット回線から移ってくれたら、違約金を還元してくれるものだってあります。
それがauスマートバリュースタートサポートです。

auスマートバリュースタートサポート最大20,000円

現金ではなく、au WALLET プリペイドカードというものに、お金をチャージしたものをプレゼント。
そしてそれが10,000円までとし、それ以上は毎月1,000円分をプレゼントしてくれるようになっています。

そして上記でも紹介したフラット for HOMEに契約をして、スマホも一緒に契約をした場合はauスマートバリューが使えてしまうんです。
これはスマホの料金を毎月1,000円も、永年割引をしてくれるキャンペーン。

スマホも一緒に変えるのではあれば、かなりお得になりますよ!

auスマートバリュー毎月1,000円割引

端末

Speed Wi-Fi
NEXT W05
Speed Wi-Fi
NEXT W04
Speed Wi-Fi
HOME L01s
通信最大速度758Mbps440Mbps440Mbps

端末に関してもUQ コミュニケーションズと同じ名前になっていますが、詳しい情報は書かれていません。
しかし端末の名前が同じなら、詳細も似ているものと思っていいでしょう。
通信速度を重視するならW05を使い、長時間ネットを使うのならW04を使って下さい。

ドコモ

ドコモ

docomoのモバイルルーターの特徴
データ容量ベーシックパック 5GBウルトラデータLパック
月間5GB月間20GB
速度制限1ヶ月で上記の数値以上使うと送受信最大128kbps
エリア一部では最大で988Mbps、実行速度は237Mbpsで通信可能

通信大手といえばドコモ!となるとモバイルルーターも安心して使える?と思うはずです。
ところが内容を見てみると意外にもそうではないようで、長期間ドコモを使っていないのであれば、お得にはならないので注意しましょう。

唯一のメリットといえば、昔から携帯電話を出している大企業というのもあって、安定して高速通信ができるという点です。

料金プラン

ベーシックパック 5GBウルトラデータLパック
料金プラン
(月額)
5,000円6,000円
基本使用料1,200円1,200円
Mopera U シンプルプラン200円200円

料金を見てみると、かなり高額となっており、基本使用料も含めると、6,000円を超えてしまいます。
つまり、上記のキャリアのなかで1番高くなってしまうのが、このドコモのモバイルルーター。
通信容量も限られている上、この料金なので、料金的なメリットはないと言えます。

キャンペーン

ドコモでは、キャンペーンや割引を行っていません。
ドコモユーザーなら、セット割引があるんじゃないの?と期待した人もいるかもしれませんが、調査したところ、特にありませんでした。
お得さで選ぶなら、他のサービスを選択しましょう。

端末

Wi-Fi STATION N-01J
通信最大速度788Mbps

ドコモの唯一のメリットは、通信の速さ。
ドコモの端末は通信速度が速く、さまざまな機能がついています。

だからこそ上記の価格が高いのがわかりますよね。
モバイルルーターにも高機能を求める、お金に余裕のある方なら、ドコモを選んでもいいかもしれません。

Softbank

Softbank

Softbankのモバイルルーターの特徴
データ容量4G/LTEデータし放題フラット
月間7GB
速度制限1ヶ月で上記の数値以上使うと送受信最大128kbps
エリア全国的に400Mbpsの速度で通信可能

スマホを出しているキャリアは、モバイルルーターを出している傾向が強く、Softbankもそのなかのひとつ。
スマホの大手企業というのもあって、安心してモバイルルーターを使いたいのなら、ひとつの候補として残しておいてもいいでしょう。

プランそのものがひとつしかなく、とにかくわかりやすいので、面倒な人はSoftbankがピッタリ!ただし、料金は他社と比べると少し高めに設定されています。

ソフトバンクのモバイルルータープランは、月間7GBが上限。
名前は「データし放題」ですが、速度制限が気になってしまうでしょう。
このデータ容量が少ないのが嫌なら、WIMAXを選ぶといいでしょう。

それでも全国的にも通信ができるようになっているため、そういう意味では使い勝手のいいものでしょう。
もともと外出するために使う機器ですから、7GBも使わないのであれば欠点というものはありません。

料金プラン

4G/LTEデータし放題フラット
料金プラン
(月額)
4,196円
基本使用料500円
あんしん保証パック500円
あんしん保証パックプラス650円

注意しておきたいのは、他のモバイルルーターを比較して、Softbankは料金が高いということ。
これが気になるならやめておいたほうがいいでしょう。

キャンペーン

他社のモバイルルーターの料金を比較してみたら、価格が高くなってしまうデメリットを、少しでも軽くさせるためにはキャンペーンを紹介しましょう。

それが「Pocket WiFiセット割」というものです。
ソフトバンクのスマホとセットで利用すれば、1,008円/月割引となり、お得に契約できます。

ただし、ソフトバンクではキャッシュバックなどのキャンペーンは行っていませんので、他社と比べて特別お得とは言えないでしょう。

端末

Pocket WiFi
601HW
Speed Wi-Fi
NEXT W04
通信最大速度612Mbps187,5Mbps

結局端末に関しては通信速度と、バッテリーのもちの長さが重要になってきます。
バッテリーに関しての記述が601HWはありませんが、W04は10時間という長さがあることから、長期間使う予定があるならW04を使ったほうがいいでしょう。

Y!モバイル

Y!モバイル

こちらもテレビでよく目にする会社で、スマホを格安で手に入れられるようになっています。
ということはモバイルルーターも、お得になるのでは?と思うでしょうが、実際はどうなのか比較してみましょう。

じつはSoftbankのグループ会社なので、電波に限ってはとくに問題はありません。
気になる点といえば無制限のプランがなく、7GBが最高のデータ容量であるという点。
限界まで使いたいと思ってもすぐに速度制限になってしまい、遠慮気味に使うようになるでしょう。

Yモバイルのモバイルルーターの特徴
データ容量Pocket WiFiプラン2Pocket WiFiプラン2 ライト
月間7GB月間5GB
速度制限1ヶ月で7GB以上使うと送受信最大128kbps1ヶ月で5GB以上使うと送受信最大128kbps
エリア全国的に400Mbpsの速度で通信可能

それでも上記のSoftbankと比較してもわかるように、わかりやすいプランなので、使い方が明確にわかるのがいいところですね。
ちょっと外出して使いたい!と思うなら、Yモバイルを使ってみるのもいいでしょう。

そのちょっとというのがメリットとなるように、料金設定のほうも抑えられているのが、Yモバイルの大きな特徴でもあるようです。

料金プラン

Pocket WiFiプラン2Pocket WiFiプラン2 ライト
料金プラン
(月額)
3,696円2,480円
故障安心パック500円500円

なんと5GBの範囲内で通信が済むようなら、2,500円で済むようになっているのが、このYモバイルも特徴。
それを超えるようなら、500MBを500円で追加する仕組みとなっており、速度制限も気軽にその場で解除できます。

さらに500円でなにか不具合が起こったときでも、安心して使えるプランもあり、これを加えても上記のキャリアとそう料金が変わらないでしょう。

キャンペーン

ただでさえ料金が安い設定となっているのに、キャンペーンを使えばもっとお得なるものが、Yモバイルにはあります。
上記のプランにはありませんが、通信速度がそれよりも少し落ちて価格がさらに安いものがあるんです。

それが対象となるスマホやモバイルルーターを買うだけという内容で、それをするだけでなんと毎月1,000円以下のお支払で済んでしまいます。

他のキャリアと比較してみても、安いのがすぐにわかりますね。
節約しようとするならYモバイルを使うのもひとつの方法です。

端末

Pocket WiFi
603HW
Pocket WiFi
601ZT
通信最大速度612Mbps112.5Mbps
バッテリー使用時間8.5時間10時間

端末に関しても上記のキャリア同様に、バッテリーの時間の長さに違いがあります。
これを考慮して使うのはいいですが、通信速度にかなり差が出ているんです。
それでも上記のプランの料金を比較してみても、それなりに差があるので、選び方を慎重に考える必要があるでしょう。

「WiMAX」が一番おすすめ

上記のプランや料金などを比較すると、使い勝手の面ではWiMAXが1番おすすめです。
ちなみにWiMAXとはUQ コミュニケーションズと、auで使えるモバイルルーターのこと。たしかにWiMAXとよく耳にしますが、使い勝手がいいからこそ、有名になっているのでしょう。

無制限で使い放題

まずプランとしてかなり魅力的で、なんとスマホの電波を利用して通信をするモバイルルーターなのに、いくら使っても速度制限にならないプランがあることです。

3日でたくさん使ったらNGとなりますが、他のキャリアではないプランなので、WiMAXが魅力的に感じてしまいます。
しかも料金としても、他社よりあまり変わらないという印象もメリットです。

回線速度が速い

さらに電波をauのものを使っているからこそ、400Mbps以上の数値を出せているのがすごいところ。
そのauは都市部では837Mbpsにもなるというので、ほとんど光回線を使っているかのように感じるでしょう。
それでも料金はあまり他社と変わりがないのなら、WiMAXを使ったほうがいいと思うのも納得です。

w05端末がおすすめ

端末が豊富で、性能もいいという点も、WiMAXをおすすめする理由の1つ。
中でもW05はおすすめです。
これだと、最大で758Mbpsまで対応できるので、ストレスなく外出先でもインターネットを楽しめるでしょう。

キャンペーンでお得に申し込める

WiMAXは様々なプロバイダが代理店の役割をして販売しているため、キャンペーンがたくさんあります。
内容は、UQ WiMAXと同様のサービスなので、お得なキャンペーンを行っているプロバイダから契約すれば、さらにリーズナブルな値段で利用することができます。

1番おすすめはBroad WiMAX2+

Broad WiMAXは、使い放題プランの月額料金が2,726円~と安い上、違約金負担のサービスもあるため、非常にお得です。
その他、Broad WiMAXを通じて他社に乗り換えすることで、いつでも無料で解約できる「いつでも解約サポート」や端末の「店舗受け取りサービス」など、他社にはないサービスも充実しています。
便利さと兼ね備えたサービスなので、迷ったらこちらを選ぶことをおすすめします。

料金やキャンペーンについて

ギガ放題プラン1~2ケ月目2,726円
3~24ケ月目3,411円
25ケ月目以降4,011円
ライトプラン
(月間7GB)
1~24ケ月目2,726円
25ケ月目以降3,326円

料金は、ギガ放題プランorライトプラン(月間7GB)によって違ってきます。
ギガ放題プランでもかなり安い料金設定になっているので、どちらがいいかわからない場合は、ギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

申し込み方法と注意点

Broad WiMAXからWiMAXを申し込む場合、かなり簡単に契約ができるのもメリット!
webから必要事項を記入して送信するか、電話をかけて口頭で必要事項を伝えるかのどちらかです。

注意点としては、初期費用が18,857円かかる点です。
しかし、こちらはクレジットカード払い+オプション加入で0円になるので、心配いりません。
オプションが必要ない場合は、契約後すぐ外すことが可能なので、損することもありませんよ。

BIGLOBE WiMAX2+(クレジットカードを持っていない人)


Broad WiMAXの唯一の欠点が、クレジットカード払いを選択しないと、初期費用が18,857円かかってしまうところ。
口座振替で支払いしたい方にはBIGLOBE WiMAX2+がおすすめです。
この会社も長年通信大手として比較的有名なので、安心してWiMAXを契約していいでしょう。

料金やキャンペーンについて

ギガ放題初月0円
1ケ月目以降3,980円

BIGLOBE WiMAX2+には端末ありのコースと、SIMおみおコースがありますが、どちらも月額3,980円で利用できます。
端末代は別途必要になりますので、覚えておきましょう。

申し込み方法と注意点

ビッグローブの注意点は、端末代が無料ではないことです。
多くのプロバイダが端末代0円キャンペーンを行っているので、この点はデメリットと言わざるをえないでしょう。

しかし、それを考慮しても、お得なサービスなので、口座振替で支払いしたい方はこちらを選ぶことをおすすめします。

まとめ

外出先でネットを楽しむなら、モバイルルーターは必要になってくるでしょう。
どれがいいかわからないのなら、間違いなくWiMAXが使い勝手がよく、料金だってプロバイダのキャンペーンを活用すれば、お得になります。
しかも通信速度も速いので、快適に利用できますよ。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら