モバイルルーターは工事不要で利用でき、持ち運びも可能なインターネットなので、とても便利ですよね。
しかし、不安なのは速度についてではないでしょうか?

固定回線に比べると、通信スピードが遅そうなイメージがあり、本当に大丈夫なのか心配になってしまいますよね。
しかし、モバイルルーターも上手にサービスや機種を選べば、ストレスなく快適にインターネットを楽しむことができます。

そこで、このページでは、速度が速いモバイルルーターの選び方やおすすめのサービス・機種をとことんご紹介します!
これを読めば迷うことなく、モバイルルーターを選ぶことができますよ。

さらに、お得にモバイルルーターを契約するポイントも解説しているので、速いだけでなく、お得さも外せないという方は必見です。
モバイルルーター選びで失敗しないために、ぜひチェックしてみてくださいね。

各社通信速度の比較!おすすめはコレ

まずは、各社の通信速度を比較してみましょう。

キャリア 通信速度(下り最大) 月額料金(月間通信量) エリア
UQ WiMAX 708Mbps 3,696円(7G)
4,380円(無制限)
au 220Mbps
(速度アップの有料オプションあり)
3,696円(7G)
4,380円(無制限)
ドコモ 688Mbps 6,900円~(5G~)
ソフトバンク 612Mbps 3,696円(7G)
Y!mobile 612Mbps 3,696円(7G~)
4,380円(無制限)

一番おすすめは、WIMAX2+

WiMAX2+の下り最大速度は708Mbps。
動画視聴やファイルのダウンロードなどストレスなく利用できます。
エリアも山間部に行かない限り、利用できます。

ただ、通信速度が速い代わりに、エリアは多少狭いです。
山間部に行くと電波が届きにくくなり、通信速度が遅くなってしまうことがありますが、都心では問題なく利用できるでしょう。

おすすめ機種はコレ!WIMAX2+の「W05」

おすすめのモバイルルーターはWiMAX2+の「W05」という機種です。
こちらのモバイルルーターは2018年1月に発売された最新機種となります。

こちらの機種の特徴として、通信速度が最大708Mbpsという超高速通信を利用できるところです。
WiMAX2+とauのLTE回線の通信を合わせることでこの通信速度を実現しています。

実際の速度も速く、動画再生もストレスなく楽しむことができます。
バッテリーの持続時間は9時間と長持ちですので1日中利用できますよ!
サイズもコンパクトでかさばらずカバンに中にもすっぽりです。

ちなみに、その他の端末との比較表を以下に載せておきます。

機種名 W05 W04 WX04 WX03
ダウンロード最大速度 708Mbps 708Mbps 440Mbps 370Mbps
アップロード最大速度 75Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps
バッテリー持続時間 約540分(通信モード:ハイスピード/パフォーマンス設定:ノーマル) ハイパフォーマンスモード
6時間30分
バッテリーセーブモード
10時間30分
ハイパフォーマンスモード
8時間10分
エコモード
13時間50分
ハイパフォーマンスモード
7時間20分
エコモード
12時間20分
au LTE対応

申し込みのおすすめは、GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAX2+を契約する場合、公式サイトからの申し込みだと特典が少なく、あまりお得に利用することができません。
お得に利用するには公式サイトは利用せずに各プロバイダから申し込むようにしましょう。

WiMAX2+を申し込む際におすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。
GMOとくとくBBですから申し込むと今ならなんと最大34,500円のキャッシュバックを受け取ることができます。

また、GMOとくとくBBをおすすめする理由がもう一つあります。
GMOとくとくBBは端末の発送がとても早く、最短で当日に出荷されます。

平日は午後3時半まで、土日祝は午後2時までの申し込みで当日に出荷されます。
端末を早く手に入れたい方はGMOとくとくBBで契約をすると最短で翌日に手元に端末が届きますよ!

au

auのモバイルルーターはauのLTEとUQモバイルのWiMAX2+の2つの電波を利用することができます。
そのため、通常は通信速度の速い、WiMAX2+の電波を利用し、通信環境が悪くなったら、auのLTEに切り替えるといったことも可能です。

料金はWiMAX2+に比べて多少割高ですが、エリアの心配をしなくてもいいので出張などによく行く方はauのモバイルルーターを利用すると地方への出張の際も安心かと思います。

auユーザーならお得に利用できる

auのスマートフォンを利用している方は、auのモバイルルーターがおすすめです。
auのスマートフォンを持っているとauスマートバリューを利用でき、スマートフォンの月々の料金から割引を受けることができます。

auのモバイルルーターの特徴として、WiMAX2+のエリア内でも利用できます。
ギガ放題プランを契約の場合、WiMAX2+のエリア内では月間の制限はありませんので速度制限を気にすることなく利用できるかと思います。

WiMAX2+のエリア外の場合もauのLTE回線を利用して通信できますので常に高速通信を利用できます。

auのモバイルルーターを利用する際で注意点が1つあります。
auのLTE回線は月7GBという制限があります。

この月7GBの制限に引っかかってしまうとauのLTE回線だけではなく、WiMAX2+の回線にも速度制限がかかってしまいます。
auのLTE回線を利用する際は月7GBを超えないように注意しましょう。

対策として、WiMAX2+固定にすることでWiMAX2+のエリア外になってもauのLTE回線に接続せずに圏外となるのでauのデータ量を消費することはありませんよ!

ドコモ

ドコモのモバイルルーターは理論値では最速です。
光回線に近い理論値の速度なのですが、実際の速度は理論値ほど出ません。

料金は今回比較したモバイルルーターの中で1番高いです。
ですが、確実につながるという安心感があります。

また、ドコモはモバイルルーターの種類が豊富で自分の用途にあったモバイルルーターを選択できます。
単体で利用すると料金は1番高いですが、シェアパックを利用すると月々3,000円ほどで利用できますよ!

通信エリアはさすがはドコモといったかんじで山間部やトンネルでも電波が途切れることがほとんどなく、快適に利用できました。

ソフトバンク

ソフトバンクはあまりモバイルルーターに力を入れておらず、傘下のY!mobileのモバイルルーターを自社で販売する形となっています。
現在販売している機種は2機種と少なくソフトバンクでもバルルーター契約するならY!mobileで契約したほうが機種も豊富で料金面もお得になるかと思います。

エリアはソフトバンクらしく都会では途切れることなく快適に利用できるのですが、地方の方に行ってしまうとLTEの電波を拾えず圏外となることがあるようです。
地方へよく行く方、住んでいる方は注意が必要です。

Y!mobile

Y!mobileは、ながらくWiMAX2+とモバイルルーター市場を争ってきた会社です。
旧会社名はイー・モバイルでポケットWiFiを提供していました。

現在販売しているモバイルルータの名前にもポケットWiFiの名称が利用されていますね。
エリアはWiMAX2+とは違い、ビルのかげに隠れても速度が落ちることなく利用できます。

通信速度はWiMAX2+ほどではありませんが普段使いで困るほどの速度低下は発生しませんので安心して利用してください。

速度制限が緩いのはWIMAX2+・au・Y!mobile

速度制限が緩いモバイルルーターはWiMAX2+、au、Y!mobileの3社です。

WiMAX2+はギガ放題利用している場合、月の制限はありません。
ですが、3日で10GBを利用すると速度制限がかかってしまいます。

3日で10GBだとかなりの量のデータ通信を利用しなければいけないのでほとんどの方は速度が制限されることは無いかと思いますが、速度制限があるということを頭に入れておきましょう。

auのモバイルルーターを利用している場合、WiMAX2+と基本的に同じです。
この他にもauのモバイルルーターの紹介でも注意点として書きましたが、LTE回線利用時の速度制限はあります。

月7GB以上利用するとLTE回線だけではなく、WiMAX2+側の通信も速度が制限されてしまいますので注意してください。

Y!mobileの速度制限はWiMAX2+と同じで、3日で10GBを利用した場合、10GBを利用したその日の午後6時から翌1時まで速度が制限されます。

ただし、10GB利用したからと言ってすぐに速度制限がかかるのではなく、比較的混雑する夜の時間帯のみ速度に制限をかけるようです。
翌1時以降は速度制限が解除されますのでいつもどおり利用できます。

比較した、3社の中ではY!mobileが一番速度制限がゆるいかと思います。
速度制限を気にする方はY!mobileのモバイルルーターが安心かもしれませんね。

速度が速いモバイルルーターの選び方・注意点

ベストエフォート値に注意

モバイルルーターを提供する各社では「下り最大〇〇Mbps」といった数値を表示していまうすが、これはあくまで理論値であり、本当にその速度が出るわけではないので、ルーター選びの際は注意が必要です。

だいたい理論値の20~60%の速度しか出ないのが普通なので、それを把握した上で選ぶようにしましょう。

機種によって速度が違う

モバイルルーターは、同じサービスでも、機種によって速度が違います。
そのため、各社が提示している最大速度に対応している機種は、いくつかある中の一部になります。

そのため、サービスだけでなく機種の対応速度にも注意して、ルーターを選ぶことが大切です。

エリアによって速度が違う

同じサービスでも、地域によっても速度が変わってきます。
エリアごとの対応最大速度によって、実際に利用できる通信速度が変わってくるので、必ず、自分の地域では、エリア速度がどうなっているか、確認する必要があります。

エリア速度は各社のホームページで確認することができます。

お得に使うには?

プロバイダのキャッシュバックを利用する

お得に利用するには店頭、または公式サイトでの申し込みはおすすめしません。
特にWiMAX2+は、プロバイダがUQ WiMAXの代理店の役割を果たしており、公式で申し込むより、プロバイダから申し込んだ方がお得になっています。

先ほどのGMOとくとくBBを例に挙げてみると、
公式サイトのキャンペーンに加え、最大34,500円のキャッシュバックや端末代無料、最短当日発送など多くのキャンペーンが実施されています。

プロバイダは、契約を取り次ぐことで利益を得ているので、契約者により良い条件を提示しようと、各社豪華なキャンペーンをこぞって行っているのです。
キャッシュバック等お得に契約するには必ず代理店などで申し込みましょう!

格安SIMと組み合わせて使う

キャリアのスマートフォンとモバイルルーターを持っていると、それだけで月々の料金は1万円を超えてしまいますよね。
これを解決するのが格安SIMです!格安SIMをご存知無い方のために説明をすると、キャリアの回線を借りて通信事業を営んでいる会社が販売しているスマートフォンです。

このスマートフォンは月々1,300円ほどから利用できるため、キャリアで契約するよりもお得にスマートフォンを利用できるのです。

この格安SIMとWiMAX2+等のモバイルルーターをあわせても月々の料金は5,000円ほどですのでキャリアのスマートフォンと同等の値段になりますね。
キャリアのスマートフォン+モバイルルーターとの価格差は5,000円ですので大きな節約になると思います!

ただ、組み合わせなど自分で選んで契約しなくてはいけないので、通常のモバイルルーターサービスよりは、手続きなど複雑になってしまうというデメリットはあります。

モバイル―ルーターは遅い?目的別の速度を解説

ネットサーフィンは快適?

現在販売されているモバイルルーターを利用する場合、通信速度は旧機種と比べ物にならないくらい高速ですので、ネットサーフィンであればストレスなく利用できます。

ですが、速度制限に引っかかってしまうとネットサーフィンも満足にできないかと思います。
WiMAX2+、Y!monileの場合、速度制限に引っかかってしまうと通院速度が1Mbpsに低下してしまいます。

1Mbpsであれば文章ベースのWebサイトであれば問題なく閲覧できますが、画像が多いWebsサイト、動画が埋め込まれているWebサイトは読み込みに時間がかかるため、快適に利用することはできないと思います。

例えば、auのモバイルルーターを利用する場合、速度制限に引っかかってしまうと通信速度が128Kbpsに制限されます。
128Kbpsの通信速度だと文章ベースのWebサイトですら満足に閲覧することができないのでauのモバイルルーターを利用する方は注意しましょう。

動画はサクサク見られる?

動画もネットサーフィン同様、サクサク見ることができます。
画質を一番よくしても止まることなく動画が再生されるのでストレスなく動画を視聴できます。

複数の機器で動画を再生しても止まることがないのでとても快適ですよ!
WiMAX2+、Y!monileであれば速度制限がかかってしまってもYouTubeの標準画質程度の動画であれば再生できます。

オンラインゲームは可能?

オンラインゲームを利用する場合、回線の速度も重要ですが、それよりも回線の応答速度が重要です。
回線の応答速度が遅いと、ゲームをプレイしている特に遅延が発生したり、プレイ中にサーバーから切断されてしまうこともあります。

WiMAX2+もY!mobileも通信速度は問題ないのですが、やはり、無線を利用しているため、少なからず遅延が発生してしまいます。
任天堂系のゲームであればそれほど問題がない場合もありますが、PS4やパソコンであれば高性能な分、応答速度の遅れが、ゲームに支障をきたしてしまいます。

そのため、基本的にモバイルルーターでのプレイはおすすめできません。

移動時のパソコン通信は快適にできる?

モバイルルーターはもともと移動時にパソコンなどの機器を利用するために開発されたものですので、移動時の通信はとても快適です。
ですが、地下鉄やトンネルなどで電波の届きにくいところではやはり通信が不安定になることがあるので、その点はあらかじめ覚えておきましょう。

また、自分以外にもモバイルルーターを使っている人がいると、Wi-Fiが混線し、通信速度が低下することがあります。
通信速度が低下した場合は、Wi-FiをオフにしてUSBなどの有線接続に切り替えることで通信速度が低下せずに快適に利用できますよ!

まとめ

モバイルルーターを選ぶときは速度も重要ですが、料金も重要です。
プロバイダのキャンペーンを利用するか、格安SIMを利用することで月々の料金を安くすることが可能です。

速度制限は各モバイルルーターによって異なりますが、速度制限がかかるとどれも快適に利用できなくなりますので注意しましょう。