ソフトバンクエアーでテレビは見られるの?

現在のテレビは、インターネットの回線を利用してウェブサイトを見たり、インターネットの動画を見たり出来るものが増えてきました。
では、ソフトバンクエアーでテレビを見ることができるのでしょうか。

結論から言うと、接続端子の対応があるテレビであれば、ソフトバンクエアーと繋いでインターネット動画などを見ることができます。

ただし、ソフトバンクエアーではテレビ番組の視聴はできません。
また、他の無線LANルーターにあるような機能も使えません。
例えば、メインで使っているテレビに無線LANルーターの親機を接続し、子機を接続したテレビと連携するというような使い方はできません。

ソフトバンクエアーをテレビに接続する方法とは?

ソフトバンクエアーをテレビに接続する方法は3つあります。

①LANケーブルを使って接続する
②Wi-Fi接続機能が内蔵されているテレビにWi-Fi接続をする
③Apple TVやChrome Castを使って接続する

どの方法をとるかは、テレビにより変わりますので、詳しく説明していきます。

①テレビにLANポートがある→LANケーブルを使って接続する

テレビにLANポートが装備されていれば、ソフトバンクエアーとテレビをLANケーブルで接続することができます。
ソフトバンクエアーの端末の裏側には、LANケーブルの差込口が2つあります。
ソフトバンクエアーをテレビに接続する際は、LANケーブルをソフトバンクエアーとテレビに差し込むことでつなぐことができます。

②テレビにWi-Fi機能がある→Wi-Fi接続をする

お持ちのテレビにWi-Fi機能が内蔵されていれば、スマートフォンの画面と同じ設定画面がテレビに表示されますので、ソフトバンクエアーに接続することもできます。
Wi-Fi接続機能が内蔵されているかどうか知らずに購入しているかもしれませんので、確認してみるといいかもしれません。

③Apple TVやChrome Castを使って接続する

もしお持ちのテレビに、LANポートやWi-Fi接続機能が無かったとしても、デバイスを介して接続する方法があります。
それが実現できるデバイスというのが、Apple TVやChrome Castです。
Apple TVとChrome Castには、テレビに接続できるHDMIケーブルの差し込み口と、LANポートが装備されています。
つまり、HDMIケーブルでApple TVやChrome Castをテレビにつないで、LANケーブルでApple TVやChrome Castをつなげば、テレビでソフトバンクエアーのインターネット回線が利用できます。

また、Apple TVとChrome CastはWi-Fi接続も対応可能であるため、LANケーブルが無くても、ソフトバンクエアーに接続することもできます。

ソフトバンクエアーに契約している人が地デジを見る方法は?

2018年1月現在では、ソフトバンクエアーは地デジに対応していないため、ソフトバンクエアーでの契約では地デジを見ることはできません。
もしも、インターネットとテレビサービスを一緒に契約したいなら、光回線であるソフトバンク光などに加入されることをおすすめします。
ソフトバンク光などの光テレビは、地デジに対応しています。

ただし、ソフトバンクエアーに契約している人が、地デジを見る方法もあります。
①デジタルテレビで受信する
②チューナーで受信する

以下それぞれの方法について解説します。

高画質で見たいならデジタルテレビ

高画質で地デジを見たい人には、デジタルテレビをおすすめします。
ただし、この場合地デジ用のUHFアンテナの購入も必要になりますので、少々費用が高くなってしまうのが難点です。
目安としては、以下のような費用がかかります。

デジタルテレビ:3万5,000円~12万5,000円
UHFアンテナ:5,000円
UFHアンテナの設置工事:3万円
合計→7万円~16万円

低料金で見たいならチューナー

手軽に地デジを視聴できる環境を整えたい方には、チューナーで受信する方法をおすすめします。
この方法なら、通常のテレビに地上デジタルチューナー(もしくは地デジデジタルチューナー内蔵の録画機器)を繋ぐだけでいいので、それほど費用は高くなりません。
だだし、この方法で見るにも地上デジタル放送に対応したUHFアンテナの購入は必須となります。
また、デジタルテレビと比べると画質は劣ってしまう点がデメリットとなります。

費用の目安は以下の通りです。
チューナー:5,000円(チューナー内蔵録画機器:3万5,000円)
UHFアンテナ:5,000円
UFHアンテナの設置工事:3万円
合計→4万円~7万円

ソフトバンクエアーに契約している人がスカパーを見る方法は?

ソフトバンクエアーは地デジと同様に、スカパーには対応していないため、ソフトバンクエアーでの契約ではスカパーを見ることはできません。
スカパーを見たい場合は、地デジと同様に光回線のソフトバンク光などと契約すると見ることができます。

また、ソフトバンクエアーに契約している人がスカパーを見るには、以下の2つが必要になります。
・110度CS対応テレビorレコーダー
・CSアンテナ
・CSの視聴契約

必要な費用の目安は以下の通りです。

地デジCS対応テレビ:3万円~5万円(レコーダー:4万円~6万円)
CSアンテナ:5,000円
CSアンテナの設置工事:3万円
合計→6万5,000円~9万5,000円+CSの視聴料:1,980円~3,980円/月

地デジ・CS両方見たい人は?

地デジ・CS両方見たい人は、両方に対応した機器を揃えましょう。
必要なものは以下の通りです。
・地デジ・CS対応テレビorレコーダー
・地デジCSアンテナ
・CSの視聴契約

地デジCS対応テレビ:3万円~5万円(レコーダー:4万円~6万円)
地デジCSアンテナ:5,000円
CSアンテナの設置工事:3万円
合計→6万5,000円~9万5,000円+CSの視聴料:1,980円~3,980円/月

面倒ならソフトバンク光がおすすめ!

上では、ソフトバンクエアーでテレビを見る方法についてお伝えしました。
ソフトバンク光などの光テレビでも、地デジCS対応テレビを用意する必要がありますが、アンテナやチューナーの設置は必要なくなります。
ソフトバンク光のテレビ料金目安は、以下のようになっています

・地デジのみ→660円
・地デジ660円/月+CS(スカパー)契約1,833円~3,762円

以下の窓口からの申し込みなら、28,000円のキャッシュバックも受け取れますので、チェックしてみてください。

まとめ

ソフトバンクエアーはテレビに接続すると、ウェブサイトや動画を見ることができ、速度もサイト閲覧や動画視聴に問題ないと分かりました。
ソフトバンクエアーに接続可能なテレビは、LANポートやWi-Fi接続機能があるテレビですが、もし無くてもApple TVやChrome Castを使えば接続可能です。
ぜひ参考にしてみてください。
また、ソフトバンクエアーは以下の窓口から申し込みすれば、28,000円キャッシュバックがもらえて、お得に契約できます。
気になる方はチェックしてみてください!

ソフトバンクエアーのキャッシュバック比較はこちら

ソフトバンクエアーの申し込み先を徹底比較しています。

3万円キャッシュバックの申し込み先は?

ソフトバンクエアーの契約についてはこちら

地域や住居タイプからあなたにぴったりなインターネットを検索できます。

ソフトバンクエアーの契約詳細!

ソフトバンクエアーを使う場合の電話についてはこちら

ソフトバンクエアーを使う際の、お家の電話についてまとめています。

固定電話はどうすればいいの?

ソフトバンクエアーを使う場合のメールについてはこちら

ソフトバンクエアーを使う際の、お家の電話についてまとめています。

メアドはどうなる?