配線工事が一切なしで、コンセントに差し込むだけで、インターネットが使い放題になるソフトバンクエアー。
通信速度は下り最大261Mbpsとなっており、問題なくサクサク通信することができます。

非常に人気があるおすすめサービスではありますが、料金プランがものすごくわかりづらいというデメリットは否めません。
気になるけれど、料金を見てもいまいちピンと来ないという方多いのでは?
今回は、ソフトバンクエアーの料金について、世界一わかりやすく解説してみたいと思います。

初期費用と月額料金

まずは、初期費用と月額料金を詳しく確認してみましょう。

初期費用

まず、初期費用ですがこれに関しては契約事務手数料として、3,000円だけかかります。
ちなみに、工事は必要ありませんので、工事費は必要ありません。
初期費用は、3,000円のみと考えて問題ないでしょう。

月額料金

それでは、肝心なソフトバンクエアーの月額料金について解説しましょう。
ソフトバンクエアーの料金は通信機器を分割払いで購入するか、レンタルするかで変わってきます。

分割購入の場合、1,620円×36ヶ月で通信機器を買い取る形になりますが、毎月1,620円ずつ割引してもらえるので、3年間ソフトバンクエアーを利用すれば、実質無料になります。

一方、レンタル代金は、490円/月です。
そのため、月々の料金は、分割購入の方が、安くなっています。
また、現在は「はじめようSoftBankAir割」のキャンペーンが行われているため、通常料金から1,080円割引されます。

詳細は以下の通りです。

  分割払いの場合 レンタルの場合
基本料金 4,880円 4,880円
機器料金 実質無料(-1,620円×36ヶ月) 490円
はじめようSoftBankAir割 -1,080円 -1,080円
特典適用後の

月額料金

3,800 4,290

機器は分割払いorレンタルどっちがお得?

ソフトバンクエアーの機器はレンタルか分割払いかを選択することができます。
ちなみにレンタル料金は月々490円ですが、どちらがお得なのでしょうか。
仮に分割払いを選択した場合、期間は36か月間。
途中解約せずに、3年間、最後まで使い切るというのであれば、断然分割払いの方がお得です。
というのも、分割購入の場合、毎月機器代と同じだけ割引してもらえるため、実質機器負担金は0円で済んでしまうからです。

ソフトバンクのセット割引を使う人は料金が変わるので注意!

上では、基本的な月額料金について、解説しましたが、ソフトバンクユーザーの方で、携帯とのセット割引「おうち割光セット」を利用する場合は、2年間、毎月携帯代金を1,522円割引してもらえる代わりに、「はじめようSoftBankAir割」の割引額が少なくなってしまいます。
具体的には通常1,080円割引が580円割引になります。

ソフトバンクエアーの料金だけ見ると、「ソフトバンクユーザーの方が高い!?」と思ってしまいますが、携帯のセット割とトータルすると、お得になるので安心してください。

セット割引を使う場合の料金は以下の通りです。

  分割払いの場合 レンタルの場合
基本料金 4,880円 4,880円
機器料金 実質無料(-1,620円×36ヶ月) 490円
はじめようSoftBankAir割 -580円 -580円
特典適用後の

月額料金

4,300 4,790

ソフトバンクエアーにプロバイダー料金は必要ない

「ソフトバンクエアーに申し込んだら、プロバイダー料金も別途必要なの?」と思った方、安心してください。
ソフトバンクエアーは、プロバイダーに別途契約しなくても利用することができます。
そのため、通信に必要な料金は、上の表の料金だけだと考えて問題ありません。

スタンダードプラン・プレミアムプランって何?料金は?

ソフトバンクエアーのことを色々調べていると、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」というコースを目にすることがありますが、これは任意で加入するオプションサービスで、「Yahoo!メール」「Yahoo!ジオシティーズ」「Yahoo!ウォレット」など、Yahoo!の様々なサービスをお得に利用できるというものです。

「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」は、「基本サービス」とも呼ばれているので、加入が必須なのでは?と思ってしまいますが、そういうわけではありませんので、必要ない場合は外しておくといいでしょう。
それぞれの料金は以下の通りです。

スタンダード プレミアム
300円/月 800円/月

「プレミアムプラン」の方が500円高いというだけあって、「スタンダードプラン」に比べ、充実した内容となっています。
主なサービス内容は以下の通りです。

  スタンダード プレミアム
ソフトバンクエアー機器の補償 ×
Yahoo!メール 容量無制限 容量無制限
Yahoo!ショッピング 会員対象ポイントセール期間中Tポイント上乗せ Tポイント14倍
Yahoo!ボックス

(ファイル保像サービス)

50GB 100GB

ソフトバンクエアーだけの契約では、プロバイダーのメールアドレスをもらえないため、「Yahoo!メール」が必要な場合は申し込むといいでしょう。

また、注目すべき点はソフトバンクエアー機器の補償ではないでしょうか。
後程詳しくご紹介しますが、端末価格は40,800円と決して安いものではありません。
スマートフォンなどでもそうですが、仮に壊してしまったら自分で修理代を補償しなければいけません。
しかしながら、プレミアムプランに加入しておけば、水漏れ、盗難、落雷等で壊れてしまってもソフトバンクが補償してくれます。

ソフトバンクエアーを購入した時点で1年間は補償が付きますが、プレミアムプランの場合、永年補償となります。

その他、「Yahoo!ショッピング」をよく使うという人にとってはお得になりますので、検討されてもいいかもしれません。

違約金・解約料金

ソフトバンクエアーの契約期間は他の多くの光回線と同様に2年間の自動更新となっています。

それ以内に解約を行えば、解約料金として9,500円の違約金が発生してしまうのは、他社と同様のシステムと言えます。

さらに注意しなければいけないのは、「プレミアムプラン」に加入している場合です。
これも2年間の自動更新となっているため、途中解約をしてしまうと、3,000円の違約金が発生します。
(「スタンダードプラン」の場合は、違約金はありません。)

また、機器を分割払いしている場合、3年以内に解約すれば、通信機器(Airターミナル)代金の残債が請求されます。

つまり、4年間使わないと、解約時に何かしらの料金が発生してしまうのは覚えておかなければいけません。

ソフトバンクエアー・光回線・WiMAXの料金を比較

  戸建タイプ マンションタイプ
ソフトバンクエアー 3,800円~4,790円 3,800円~4,790円
フレッツ光 4,810円 3,730円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 5,100円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
WiMAX 4,380円 4,380円

料金だけ考えると、フレッツ光などの光回線の方が安く感じますが、これらに加えて工事費も発生します。
また、それらは基本的に月額料金に上乗せされる場合がほとんどで、あまり変わらないかもしれません。
とはいうものの、auひかりのマンションタイプに関しては、プランによっては、ソフトバンクエアーよりも安くなるケースもあります。
WiMAXは工事費の負担もなく、月額料金も安いため、全体を見るとお得と言えるかもしれません。
ただし、最大通信速度は、ソフトバンクエアーの方が速くなっています。

ソフトバンクエアーの価格に関するメリット

現在、他社の光回線を利用している人で、ソフトバンクエアーに乗り換えるメリットはどういった所にあるのでしょうか。
料金に特化してご紹介します。

おうち割適用

ソフトバンクエアーを利用して、最大のメリットとなるのが「おうち割」の適用です。

これはソフトバンクのスマホやケータイを現在使用しているのであれば、月額料金が安くなるという嬉しい割引特典です。
最大で毎月2,000円割引。

ただし、データ定額30GBを契約している人のみ対象です。

そんなにデータ量多くない!という方でも、20GB、5GBの場合は毎月1,522円割引、2GB、1GBの人でも毎月500円の割引対象となっています。家族のスマホ料金も対象になるので、ソフトバンクユーザーには欠かせません。

ソフトバンクエアーの価格に関するデメリット

工事費不要で、高速通信可能、さらにはソフトバンクのスマホ料金割引対象となるソフトバンクエアー。
とっても魅力的ではありますが、デメリットもないわけではありません。
契約後に後悔しないためにも考えられる価格面でのデメリットをいくつかご紹介します。

4年使わないと損をするかも

これは先ほどもご紹介しましたが、分割払いを選択した場合、4年以内で解約してしまうと何かしらの料金が発生してしまいます。契約プランは2年なのに、どうして本体料金の支払いは3年なの?と文句を言いたい気持ちは分かりますが、それを議論していても仕方ありません。

それでも、4年間使い続けるという事は機器料金の実質負担額は0円で、違約金も発生しませんので、トラブルなしに解約することができると、前向きに考えましょう。

電気代も少しはかかる

細かい話ですが、コンセントに差して、インターネットに接続するということは、少なからず電気代はかかります。
具体的にどれくらいなのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。ちなみに、ソフトバンクエアーの最大消費電力は24Wです。
1kWhを27円と仮定します。
そして24時間、付けっ放しを1ケ月間続けた場合、月の電気代は466円です。
しかしながら、実際には使っていない時間などの待機電力に関しては加味していません。
そのため、もう少し安くなる可能性は十分にあります。

お得なキャンペーン情報

現在は様々な光回線サービスで、工事費が無料になったり、月額料金が一定期間割引になったりというキャンペーンが積極的に行われていますよね。
ソフトバンクエアーもその例外ではなく、新規顧客を獲得するためにいくつかのキャンペーンを実施しています。
ここからは、2017年8月現在、行われているキャンペーンをご紹介します。

はじめよう SoftBank Air割

ソフトバンクエアーの月額料金は4,880円。
分割払いを選択した場合、月月割によって機器代金は割り引かれるものの、正直高いなと感じた方も少なくないのではないでしょうか。
確かに、WiMAXよりも若干高くて魅力に感じなかったかもしれません。
でもご安心を!新規で申し込みを行った方限定で、課金開始月より24ケ月間、月額基本料金が割引になるキャンペーン実施中です。

SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン

「今現在、他社の光回線を利用している」「契約期間がまだ残ってるし…」なんて人も多いのではないでしょうか。
確かにソフトバンクエアーと同様で、契約期間途中で解約をしてしまうと、違約金などが発生してしまい、結局損した気分になってしまいますよね。
ソフトバンクエアーではそんな他社の違約金・撤去工事費を満額還元してくれるキャンペーンが行われています。

おうち割 光セット スタートキャンペーン

ソフトバンクエアーは魅力的だけど、他社のスマホを利用しているし、そのあたりがネック。
そんな人もいるはず。
でも、スマホだって光回線と同様に乗り換えのために途中解約をしたら違約金が発生してしまいますよね。

ソフトバンクエアーでは、ドコモ、au、UQモバイル3社の2年契約解除料を対象に、その相当額となる10,260円(1,026円×10か月)を通信料金から還元してくれます。

ソフトバンクエアーの支払いに関して

いざ、契約するとなると、細かいことが知りたくなりますよね。
支払い方法や、請求時期、支払い時期などに関してです。
支払い方法は最初に登録しておけば問題ないですが、それ以外に関しては、後であれ?とならないようにあらかじめ確認しておきましょう。

支払い方法と請求時期

支払方法に関しては以下の通りです。

・銀行ほか民間金融機関
・ゆうちょ銀行
・Yahoo!JAPAN指定銀行
・クレジットカード
・ソフトバンクまとめて請求
・合算請求

料金の請求時期と支払い時期

基本的に月額料金、オプション料金ともに、月末締めて、翌月請求です。

支払方法 支払時期
銀行ほか民間金融機関

ゆうちょ銀行

毎月27日(休日の場合は翌営業日)
Yhoo!JAPAN指定銀行 毎月26日(休日の場合は翌営業日)
クレジットカード カード会社へ要確認
ソフトバンクまとめて請求 携帯電話の支払方法に準ずる
合算請求

まとめ

通信会社の大手、ソフトバンクが提供するソフトバンクエアー。工事不要の、コンセントに差すだけで使えるおうちWi-Fiです。
料金等に関しては他社の光回線とあまり変わりませんが、現在実施中のキャンペーンを適用させれば、それらよりも安く利用することも可能です。
また、ソフトバンクのスマホやケータイが安くなる「おうち割」も適用となりますので、是非、検討してみてくださいね。

★関連記事★
ソフトバンクエアーを1番お得に契約できるのはココ!!キャッシュバックをもらう方法とは?
ソフトバンクエアーのエリアを確認!エリア外ならキャンセルできる?
ソフトバンクエアーの契約に関する疑問Q&A!利用までの流れや契約変更についても解説!
ソフトバンクエアーは審査に通らずに契約できないことがあるから注意!信用情報も見られる!?
ソフトバンクエアー2ってどう?メリット・デメリットは?
ソフトバンクエアーはレンタル・購入どっちがいいの?具体的な料金を計算!
ソフトバンクエアーの設定をケース別に詳しく解説!初心者さんでもこれで大丈夫!
ソフトバンクエアーの問い合わせ窓口一覧!電話が繋がらない時の裏技は?
ソフトバンクエアーとWiMAXを徹底比較!!迷っている人は必見です!
ソフトバンクエアーの速度はどうなの?オンラインゲームもできる?
ソフトバンクエアーが遅い・繋がらないときはこれをすべし!状況別の対処法!
ソフトバンクエアーの解約方法!違約金はいくら?0円でやめるには?