ソフトバンクエアーの5Ghz・2.4GHzどう違う?

ソフトバンクエアーの5Ghz・2.4Ghzの違いは結論から言うと電波の周波数の違いです。
では、周波数が違うとどのようなところが異なっているのか紹介します。

速度重視なら5Ghz

5GHzは2.4Ghzよりも高速で電波干渉が起きにくい周波数です。
2.4GHzに比べて通信速度が高速で電波干渉による通信が不安定になることが少なく、快適に利用できます。

最近のスマートフォンはほとんどの機種で5GHzのWi-Fiを利用できますので5Ghzに対応したスマートフォンをお持ちの方は5GHzのWi-Fiの接続するほうが良いと思います。

また、速度を求められるオンラインゲームをする際も、こちらの設定の方がおすすめです。

範囲重視なら2.4GHz

2.4GHzは5GHzに比べて、障害物に強くより広いエリアでWi-Fiを利用できます。

また、Wi-Fiを搭載しているスマートフォンなどは基本的にこの2.4GHzに対応しているため互換性が高いという特徴があります。

家の壁が多い、Wi-Fiを設置している場所から自分のいる場所が遠い場合は5GHzではWi-Fiに接続することができなくなったり、速度が低下することがありますのでこのような場合は5GHz対応であっても2.4GHzのWi-Fiに接続することをおすすめします。

ソフトバンクエアーでは5GHzと2.4GHz」の両方の電波を使用できるので状況に合わせて使い分けるのも良いと思います。

 

5GHz 2.4GHz
通信速度
電波干渉のうけにくさ
通信エリアの広さ
障害物に対する強さ

 

ソフトバンクエアーで5GHzに設定する方法

ソフトバンクエアーで5GHzに設定する方法はスマートフォンでWi-Fiに接続する際に、「〇〇〇〇○-5G」
というWi-Fiに接続するだけです。

5 GHzがWi-Fi接続時に表示されない時は?

5GHzがWi-Fiに表示されないときは、スマートフォンが5GHzに対応していない可能性があります。
一度自分が利用しているスマートフォンをインターネットで検索して5GHz」に対応しているか確認しましょう。
(5GHzのWi-Fiに対応している場合はWi-Fiの仕様が書かれている場所に802.11acという記載があります。この「ac」というところが重要で、こちらの記載があれば5GHzのWi-Fiに対応しているということになります。)
自分のスマートフォンが5GHzに対応していても表示されない場合は一度ソフトバンクエアーとスマートフォンを再起動してみましょう。

ソフトバンクエアーで2.4GHzに設定する方法

ソフトバンクエアーで2.4GHzに設定する方法は先程の5GHzのWi-Fiとは別の「○○○〇〇-2G」というWi-Fiに接続します。
こちらのWi-FiはWi-Fi対応のスマートフォンであれば表示されないということはまず無いと思います。
もし表示されないのであれば5GHz同様ソフトバンクエアーとスマートフォンを再起動しましょう。

5GHzと2.4GHzを自動で選択して接続する方法

ソフトバンクエアーには5GHzと2.4GHzを利用しているスマートフォンに合わせて自動で選択して接続してくれる機能があります。
この機能を利用すればパスワードの入力も必要なくすぐWi-Fiに接続することが可能です。
こちらの機能の名前ですが「WPS」と言います。

画像:http://ybb.softbank.jp/support/sbair/connect/terminal2/android.php

ソフトバンクエアーでは上記の位置にボタンがあります。
こちらのボタンを1~2秒間押すことでソフトバンクエアーのWi-Fiランプが点滅します。
ボタンを押したらスマートフォンでWPSの設定をします。
WPSの設定はスマートフォンによって異なりますがほとんど同じものとなっているようです。
今回はXperiaの画面を用いて説明していこうと思います。

①こちらはWi-Fiの選択画面です。
まずこちらの画面で右上の「3つの点マーク」を押しましょう。
②するとこのような画面が出てきますので「その他の機能」を選択します。


③その後、「WPSプッシュボタン」を選択します。

④すると次のような画面が出ます。

⑤無事接続が成功するれば、設定完了です。

まとめ

ソフトバンクエアーの5Ghz・2.4GHzについてご説明しました。
これを使い分ければ、より快適にソフトバンクエアーを利用することができます。
ぜひ参考にしてみてください。