【モバイルルーターとは】光回線との違いを徹底調査!失敗しない選び方も解説

持ち運びが便利なイメージのある、モバイルルーター。購入しようかな?と検討されている方も多いのではないでしょうか?
でも、
・モバイルルーターってそもそもどんなものなの?
・本当に快適に使えるの?
など、疑問は次々と湧いてきますよね。
そこで、このページではモバイルルーターの基礎知識から、具体的な使い方まで詳しく解説しています。もちろん、モバイルルーターの注意点やデメリットも解説しますので、契約してから「こんなはずではなかった!」と後悔することもありません。
便利なモバイルルーターを快適に使えるように、ぜひ参考にしてみてください。

★お得情報★
おすすめNo.1は、GMOとくとくBB WiMAX!GMOとくとくBB 最高額
WiMAXサービスは、通信サービスそのものはどの会社も同じですが、価格が違います。
GMOとくとくBBは、期間限定で業界最高額のキャッシュバック最大34,500円キャンペーンを行っており、3年間のトータル料金も最安値級でお得です。

 

他社との詳しい比較は、以下のページで解説しています。

.

モバイルルーターって何?

まずは簡単に「モバイルルーターとは何なのか?」をご紹介します。
そもそもモバイルと名前が付いているわけですから、携帯端末であることは間違いありませんよね。

「じゃあ、ルーターって何?」と疑問に思う人もいるかもしれませんので、説明しておきましょう。

通常、自宅でインターネットを行う際に接続する光回線では、2つ以上の端末をネットワーク接続させるには、専用の通信機器が必要になります。

それをルーターと呼んでいるのですが、もっと分かりやすく言えば、ライトが光っている箱の形をしたアレです。

つまり、モバイルルーターとは、その名の通り、持ち運びが可能なルーターのことを指しています。
そのため、これが1台あるだけで、自宅だけでなく外出先でもパソコンやスマートフォン、ゲーム機などさまざまな端末をWi-Fiに接続することが可能なのです。

ポケットWi-FiやモバイルWi-Fiルーターという名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これもまったく同一のものです。

.

モバイルルーターの仕組みはどうなっているの?使い方は?

光回線であれば、工事など、あれこれと面倒臭い手順を踏む必要がありますが、モバイルルーターは工事の必要がなく、届いた日からすぐにインターネットを利用することができます。

では、どのような仕組みによってWi-Fiに接続できるのでしょうか。
詳しくは後程解説しますが、ここではイメージとして簡単に捉えておきましょう。
モバイルルーターは、携帯電話に使われている無線電波を利用して、様々な端末をインターネットに接続します。

その無線電波の種類には、UQが中心となってサービスを展開しているWiMAX、大手キャリアや格安SIM事業者が提供している3Gや4G(LTE)回線が存在します。
使い方は簡単。モバイルルーターのサービスエリア内で、電源をONにすると、設定していた、パソコンやスマホでインターネットを楽します。
スマホとセットで使えば、スマホの通信料も節約でき、動画などもストレスなく視聴することができます。

.

モバイルルーターと光回線を比較!メリット・デメリットは?

モバイルルーターについてわかったところで、光回線との比較をしてみましょう。
ここでは「利用料金」「通信速度」「使用可能な場所」というポイントで、比較・解説していきます。

利用料金はモバイルルーターの方が安い!!

インターネットの通信費は毎月かかるものですが、少しでもコストを抑えたいと思うのは当たり前ですよね。
結論から言えば、モバイルルーターの方が光回線より安い料金で利用できます。
まずは、初期費用から確認していきましょう。
初期費用と言っても、モバイルルーターは工事費不要ですので、事務手数料の3,000円だけで済んでしまいます。

対する光回線は工事費必須ですので、建物にもよりますが2万円以上かかってしまうことも珍しくありません。
最近では工事費無料と謳っている業者もありますので、面倒臭さを除けば引き分けです。

続いては月額料金です。
NURO光などでキャンペーンを適用すれば、3,000円未満で収まるものもありますが、基本的に光回線は若干お高めの5,000円前後が相場です。
それに対してモバイルルーターは、業界最安値のGMOとくとくBBを筆頭にほとんどが3、000円台で収まります。
これにキャッシュバックなどキャンペーンを組み合わせれば、格安で利用することができるという点からも、モバイルルーターに軍配が上がります。

速度は光回線より遅い!

インターネット回線を利用する上で、忘れずにチェックしておきたいポイントが通信速度です。
モバイルルーターの魅力は持ち運べるという点ですが、残念ながら、その分速度は光回線に比べて安定しません。

もちろん、まったく繋がらないという訳ではなく、スマートフォンで動画を観る程度なら問題ありません。
しかし、ゲーム機でオンライン通信をする場合など、速度が重要になる場合にはおすすめできません。

また、モバイルルーターには光回線と違って、速度制限が設けられている場合もあります。「3日間で3GB」など業者によってその程度は違ってきますので、事前に調べておく必要があります。
中にはWiMAXのように通信制限がないものもありますので、確認してみてくださいね。

使用可能な場所はモバイルルーターの方が広い

これに関しては、もうすでに、理解していただいている方も多いのではないでしょうか。光回線は自宅の中だけしか利用することができませんが、モバイルルーターは自宅内はもちろんのこと、外出先であるカフェや公園、会社や電車など、電波があるところではどこでも利用することが可能です。
このようなことを理由に、自宅の光回線を解約して、モバイルルーターに乗り換える人も増えてきています。

モバイルルーターのメリット

・持ち運び可能
・工事不要
・月額料金が安い

モバイルルーターのデメリット

・速度が遅い
・家族で使いにくい

光回線のメリット

・速度が速く安定している
・家族みんなで使える

光回線のデメリット

・月額料金が高め
・工事の必要がある

.

モバイルルーターがおすすめな人はこんな人!

モバイルルーターのメリット・デメリットが分かったところで、「モバイルルーターがおすすめな人は?」という疑問にお答えしましょう。

出張の多いサラリーマン

1年の内に自宅に帰るのは半分以下という忙しいサラリーマンの方もいますよね。
そのような人はもちろんですが、そこまで頻繁でなくても、月に1回以上出張をすることがあったり、仕事関連で外出先でもインターネットに接続する必要があったりする人には、モバイルルーターをおすすめします。

モバイルルーターを持っておけば、仕事の効率も格段に上がりますし、いざという時もインターネットに接続することができて安心です。

1人暮らしで、インターネット料金を抑えたい人

自宅でも外出先でもインターネットを利用したい、かつ現在1人暮らしをしている人であれば、光回線よりモバイルルーターをおすすめします。
先ほどもご紹介した通り、月額料金はモバイルルーターの方が断然安く、引っ越しの際にも面倒な手続き等も不要なので、通信速度など気にしないのであれば、モバイルルーターの方が適していると言えるでしょう。

スマホの月額料金を抑えたい人

スマートフォンの月額料金を抑えたいという人も多いのではないでしょうか。
今まで大手キャリアを使っていたけど、格安SIMに変更したという人も少なくないはずです。

でも、想像していたよりも利用料金を抑えることができなかったという人もいるのでは?
確かに、大手キャリアと比較をすれば、格安SIMは安いのですが、実際にデータ容量を考慮するとあまり変わらない結果となってしまうことも珍しくありません。

しかし、光回線からモバイルルーターへと変更すれば、1日中スマートフォンをWi-Fiでインターネット接続することができるため、データ容量を最小にして、月額料金を抑えることができます。

ただし、モバイルルーターの中には「3日間で3GB」など通信制限を設けている業者もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

.

光回線がおすすめな人はこんな人!

ここまではモバイルルーターがおすすめな人はどんな人か?をご紹介しました。
それでは反対に光回線がおすすめな人とはどんな人なのでしょうか?
説明していきましょう。

家族で共有したい

先程もご紹介しましたが、モバイルルーターのデメリットとして、他の誰かと共有することは非常に難しいことが挙げられます。

同じ端末を近くにいる人とは共有することもできますが、その分、速度も遅くなってしまい、余計にストレスになります。
これに対して光回線では、1日中家族みんなで使うことが可能です。

また、最新の無線LANを導入すれば、家中どこでもインターネットを繋げることができるため、光回線ひとつで家族全員がインターネットを快適に使用することができます。

固定電話を使いたい

固定電話の利用者数は、スマートフォンや携帯電話の普及によって、年々減少傾向にありますが、固定電話を置いておく慣習も残されており、未だに根強い人気があるのも事実です。

光回線の場合だと固定電話とセットで申し込むとお得に利用できることも多いですが、モバイルルーターの場合はそれができません。

逆にモバイルルーターと固定電話を合わせると高くなってしまいますので、固定電話を使いたいという方であれば、利用料金も安く済む光回線をおすすめします。

.

光回線を解約して、モバイルルーターに乗り換えるのはアリ??

現在、光回線を利用している人の中には、何かと不自由に感じてしまうという方もいるかもしれません。

そんな人が、モバイルルーターに乗り換えるのはアリなのでしょうか。
これを判断をするためには、まず、自分がどのような目的でインターネットを利用しているのかを再度確認することが大切です。

ただ単に情報収集の道具として使っている人もいれば、ゲームや動画のオンデマンドサービスを使うために利用している人もいますよね。

光回線を解約して、モバイルルーターに乗り換えるべきかどうかは、ご自身の利用方法によって判断されることをおすすめします。

例えば、インターネットを利用している目的が情報収集のためだけで、今後はもっと利用料金を抑えたいと思えば、モバイルルーターにしても問題ないでしょう。

反対に、ゲームや動画サービスを頻繁に利用しているという方には、光回線の安定したインターネットをおすすめします。。

.

光回線もモバイルも両方欲しい人は、セットプランを選ぶのも〇

自宅で家族とインターネットを共有したり、ゲーム機を使ったオンラインを大量に利用している人でも、仕事などで、外出先でインターネットに接続することが多いという人もいるでしょう。

そのような状況になった時は、通常は両方別々に契約することになりますが、ソフトバンク光など、業者によっては、光回線とモバイルルーターのセットプランを提供している場合もあります。

ソフトバンク光は、セットにするとWi-Fiルーターの料金から、最大1,522円/月割引してもらえ、

2つ別々に契約すると、どうしても気になるのは月々に支払う料金ですが、セットプランに契約すれば、月額料金を通常よりも安く済ませることができます。

.

モバイルルーターに使われる電波の規格は?

モバイルルーターで使われている電波の規格は3種類に分けられ、それぞれ、特徴が異なっています。
ここからは、それぞれの規格について、簡単にご紹介します。

3G

まずは、ご存知の3G回線。
スマートフォンでも多く用いられている規格ですので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。
3Gとは「3rd Generration」の略称で、現在の日本ではトンネルや地下などを除けば、ほとんどの地域で利用することができます。
しかしながら、この後ご紹介する規格に比べて通信速度が遅いのは難点だと言えます。

4G(LTE)

こちらの規格もスマートフォンで用いられているので、耳にしたことがある人も多いでしょう。
次世代高速携帯通信規格(Long Term Evolution)の略称で、3Gを進化させたものです。3Gの通信速度に比べて、5倍から10倍速いと言われており、建物の中でも届きやすいという性質を持っています。

WiMAX

モバイルルーターに関してある程度の見識を持っている人であれば、ご存知の方もいるかもしれませんが、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。
この規格を利用してサービスUQ WiMAXでは他の規格には存在しない特徴があります。それが、通信速度制限が設けられていないことです。
他の規格とは違い、スマートフォンや携帯電話で利用されていないため、速度制限を設ける必要がないのです。

.

モバイルルーターを購入する際のポイント

それでは、モバイルルーターの色々なことに関して学んだところで、実際にモバイルルーターを購入しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
でも沢山機種があって、何を選べば良いのか分からない。
そんな方のために、ここでは、モバイルルーターを購入する際のポイントをご紹介します。

電波の種類

まずは、電波の種類で先ほど、ご紹介した通り、モバイルルーターでは3種類の規格が利用されています。
どの電波に対応したものを選べば良いのかは、自分がモバイルルーターに対して求めていることに応じて選択をしましょう。
例えば、通信制限を気にせずに利用したいのであれば、WiMAXがおすすめです。
インターネットは、それほど使わないけれど、通信速度は、速い方がいいいという方
は、LTEを選ぶといいでしょう。

通信対応エリア

次に確認をしておきたいのが、通信対応エリアです。
エリアは、どの回線を用いたサービスに契約するかによって異なります。
当然、エリア外であれば、圏外となってしまいます。
まずは、自宅付近で利用できるかどうか確認しておきましょう。
利用できるエリアは、各サービスの公式ホームページで日本全国を確認することができますので、チェックしてみてくださいね。

通信速度制限

何度もお伝えしていますが、モバイルルーターには、光回線と違って、通信速度制限が設けられています。
UQ WiMAXのようにそれが一切設けられていない場合もありますが、ほとんどのモバイルルーターでは速度制限があり、利用する上でネックになってくると思った方がいいかもしれません。

契約期間

これに関しては、モバイルルーターに限った話ではなく、光回線やスマートフォンでも同様のことが言えます。
基本的には2年間の契約期間が設けられており、それを満たさずに解約すると、違約金が発生してしまう可能性もありますので、ご注意ください。
後々にトラブルとならないために、契約する際は、契約事項をしっかりと読み、2年以上利用する予定がある場合のみ契約することをおすすめします。

端末の種類

モバイルルーターには3種類の電波規格が存在するとご紹介しましたが、中には3G回線とLTE回線しか使えないもの、3種類すべての電波を利用することができるものなど、さまざまです。
自分がどの電波を利用したいかによっても、購入すべき端末の種類は変わってきますので、注意しましょう。

.

モバイルルーター・WiMAX比較!どこがおすすめ?

GMOとくとくBB WiMAX2+

月額料金は業界最安値級の3,609円で、最大34,500円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。
さらには3年間の合計支払金額に関してもこれまた業界最安値レベル。
料金面だけ考えてもかなりお得なのが分かります。

BIGLOBE WiMAX2+

KDDIのグループ会社としても人気のあるプロバイダBIGLOBEが提供しているWiMAX2+の月額料金は2ヶ月目から3,620円とリーズナブルで、他に引けを取りません。

3年間ずっと料金が上がらず、一定なので、月々の支出を抑えたい人におすすめです。

また、キャッシュバックをもらいたい人は30,000円のキャッシュバックを受けとれるコースもあるので、こちらを選びましょう。

@nifty WiMAX

老舗のプロバイダとしても知られている@niftyが提供しているWiMAX。
初月は無料になり、キャッシュバックも30,000円と高額。

月額料金は2~3ケ月目まで3,670円、4ケ月目以降は4,350円となっています。
他のプロバイダと比較すると若干お高めですが、それでも、キャッシュバック額が高額であるため、お得になるのは間違いありません。

Yahoo wi-fi

WiMAXを提供しているわけではありませんが、業界最安値級として、こちらも多くのユーザーを取り込んでいるYahoo!wi-fi。
そのお値段、1GBで月額料金1,980円となっています。

しかも大手のYahoo!が提供していることもあって安心感があります。
キャッシュバックキャンペーンがないことは少し残念ですが、とにかく月々の出費を抑えたいという方にはおすすめできます。

Broad WIMAX

WiMAXを提供しているプロバイダの中でも比較的有名なBroad WiMAX。
ギガ放題プランの月額料金は利用開始から2ヶ月間2,726円で、3~24ケ月目は3,411円、25ヶ月目以降は4,011円となります。
残念ながら、キャッシュバックキャンペーンは実施されていませんが、初期費用を18,857円割引してもらえるキャンペーンが実施されているため、お得にサービスの利用を開始することができます。


今回は、光回線とライバル関係でもあるモバイルルーターについて、比較しながら、ご紹介をしてきました。

現在、光回線を利用しているけど、何かと不便に感じることが多い人は、乗り換えてみるのもアリかもしれません。
また、これから一人暮らしを始める人にもモバイルルーターはおすすめできます。
最後にご紹介したおすすめの業者を参考にして、自分のライフスタイルに合ったものを選択してくださいね。

★関連記事★
テザリングって何?光回線やモバイルルーターとどう違うの?

モバイルサービス詳細解説の記事一覧
【徹底比較】モバイルルーターの無制限プランならコレ!快適に使うための選び方とは?
【徹底調査】ソフトバンクエアー速度の評判!結局使えるの?利用目的別の速度も解説
利用者が教えるお得情報!ソフトバンクエアーとおうち割の活用術とは
モバイルルーターの端末とサービスを徹底比較!一番お得で使いやすいのは?
ソフトバンクエアーは審査に通らずに契約できないことがあるから注意!信用情報も見られる!?
ソフトバンクエアー利用者直伝!違約金負担なしでお得に乗り換える方法
ソフトバンクエアーのタブレットキャンペーンを徹底調査!どこから申し込むのがお得?
【高額キャッシュバック?】ソフトバンクエアー代理店エンジンの口コミ・評判を徹底調査!
ソフトバンクエアー代理店ライフバンク!利用者に聞いた本当の評価とは
ソフトバンクエアーにヤフーBBから申込んで分かった本当の評価と注意点