この記事のまとめ
マンションのWi-Fiは物件や利用者によっておすすめが変わってきます。
その為、自分に合っていないインターネットやWi-Fiを選んでしまうと、「速度が遅い」「料金が高い」など後々後悔することに・・・
後悔しないWi-Fiの選び方とは?
hikaritayasushi
マンションでWi-Fiを利用するには複数の方法があります。
当記事では、マンションで快適にWi-Fiを利用したい方に、失敗して後悔しないWi-Fiの選び方を徹底解説!
あなたにおすすめのインターネット・Wi-Fi環境はもちろん、快適に利用し続けるポイントもご紹介しています。

物件によって違う!マンションで使えるインターネットの種類

マンションで利用できるインターネットの種類は物件によって異なるため、おすすめのWi-Fiも変わってくるのです。
Wi-Fi環境が整っているものから、インターネットを利用できないマンションまで様々で、ご自身のマンションがどのタイプなのか知る必要があります。
それでは、それぞれのタイプについて詳しく見てみましょう。

無料インターネット完備の物件

無料インターネット完備の物件には、最初からインターネット回線が引かれています。
そのため、回線の契約をしていない場合でも、インターネットを利用できます。

そのため、この場合自分でWi-Fiルーターを設置するだけでWi-Fiが利用できます。

工事が不要な点はメリットと言えるでしょう。

また、備え付けのインターネットは、速度が遅い可能性がある点にはご注意ください。
利用する回線もマンション側で決められているため、自分で選ぶことはできません。

無料Wi-Fi環境が始めからある物件も

無料Wi-Fi完備の物件は、最初からインターネットを利用できる環境が整っています。
インターネットの回線が引かれており、Wi-Fiルーターも設置されているのです。

そのため、Wi-Fi完備の物件では、自分でインターネットの契約をしなくても、Wi-Fiを利用することができます。
回線引き込みなどの工事の必要がなく、余計な手間がかからない点がメリットです。

ただし、夜間などマンション内でも利用者が多くなる時間帯は回線速度が遅くなるなど、物件によっては、速度が遅くて快適にインターネットを利用できないという事もあります。

また、無料となっているとお得に思えますが、あらかじめ家賃に月々のインターネット料金が含まれていると考えておきましょう。

インターネット利用可の物件

インターネット利用可の物件でインターネットに接続するには、回線の契約が必要です。
インターネット利用料金も自分で支払わなければなりません。

また、インターネット利用可の物件では、以下の2パターンがあります。

① 共用部まで回線が来ているけれど部屋まで引かれていない場合
② 部屋まで光回線が引き込まれている場合

①の場合、建物内の共用部までは回線が引かれていますが、そこから自身の部屋まで回線を引く場合には工事が必要になります。

しかし、プロバイダを自分で選択できる点は大きなメリットです。
利用料金やキャッシュバックは、プロバイダによって異なるため、一番お得なプロバイダを自分で選ぶことができるのです。

①の場合は、工事の必要がない場合が多いです。
物件や光回線の契約時に工事の必要があるか確認してみてください。

インターネットの設備がない物件はどうする?

インターネットの設備がない物件の場合、回線とプロバイダの契約を行う必要があります。
固定回線やモバイルWi-Fiなど、自分の好きなサービスを選びましょう。
速度が気になる方にとっては、自分で回線からプロバイダまで選択できる点はメリットと言えるでしょう。

しかし、マンションの場合は、固定回線を引くにはまず大家さんや管理会社の許可が必要になることがほとんどです。

マンションは利用可能な回線が限られていることが多い

マンションで利用できる回線は、大家さん・管理会社側であらかじめ決められていることが多いです。
そのため、入居した後は、指定された回線を利用することになります。

どの回線を利用できるのか、入居前に確認しておくのが良いでしょう。

希望の回線を通したい場合は大家さんへの確認が必要

入居したマンションに対応している回線であれば、利用することが可能です。
しかし、回線を開通する場合は、自身の部屋のみでは完了しません。
場合によっては建物に穴をあけるといったことも必要になってきます。
そのため、新しい回線を通したい場合は、大家さんへ必ず確認をとりましょう。

ケース別!マンションでおすすめのWi-Fi利用方法

前述したように、物件によってインターネット設備が違います。
ここからは、ケース別にWi-Fi環境を整えるためのおすすめの方法をご紹介します。

マンションにインターネット設備がない(回線が通っていない)場合

設備がない物件でインターネットを利用できるようにするには、新規で回線と契約するか、工事不要の置くだけWi-FiやモバイルWi-Fiを利用するという方法があります。

手軽に利用したい方は、置くだけで利用できるモバイルWi-Fiを利用するといいでしょう。
速度を重視したい方には、光回線がおすすめです。

【徹底調査】マンションのインターネット契約方法&光回線おすすめランキング!知らないと後悔する注意点と選び方とは?

置くだけWi-Fi(ホームルーター)が工事不要で簡単

インターネット設備のないマンションなら、置くだけWi-Fiがおすすめです。
置くだけWi-Fiは、契約すれば工事不要で簡単に利用できるインターネットサービスです。
また、月額料金が固定回線に比べて安いことがほとんどです。

サービスに加入すると、ホームルーターが届きます。
このホームルーターをコンセントに繋いで電源を入れるだけで、Wi-Fiを利用できるようになります。(初回起動時のみ設定が必要になります)

おすすめのホームルーターはソフトバンクエアー

おすすめのホームルーターはソフトバンクエアーです。
ソフトバンクエアーはソフトバンクのサービスで、データ容量無制限となっています。
料金も比較的安く、3,800円/月~利用できます。
(25歳以下の方は2年間2,880円/月)
また、ソフトバンクユーザーなら、スマホセット割が適用でき、毎月最大1,000円/月スマホ代から割引されます。

ソフトバンクエアーに新規で契約する場合は、様々な特典を受けられます。
ただし、キャッシュバックの額や特典の内容は代理店によって異なるので、一番お得な代理店からの契約がおすすめです。

以下のページでキャッシュバックや特典について比較し、解説しているので、ソフトバンクエアーに興味がある方は、是非チェックしてみてください。

【22社比較】ソフトバンクエアーのキャッシュバックで損しない方法!1番お得に契約するには?

インターネットの回線が通っている場合

前述したとおり、インターネット利用可の物件で回線は共用部分まで通っているけれど、部屋までネットが来ていない場合、引き込み工事を行う必要があります。
この場合は、大家さんと相談して、引き込み工事の申し込みをしましょう。

反対に、光コンセントが部屋まで来ている場合は、工事なしで利用できる可能性が高いです。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

光回線のコンセント(光コンセント)ってどんなの?付いてないとどうなる?

回線の準備ができたら、Wi-Fi環境を整える

入居中のマンションで指定されている回線を契約し、部屋まで光回線が引き込まれている状態になったら、無線LANルーターを準備しましょう。

また、回線やプロバイダ次第では、無線LANルーターをレンタルできる場合もあるので、確認してみてください。

回線やプロバイダによってはルーターのレンタルが可能なので、その点をまず確認しましょう。

レンタルがない場合は、自身でルーターを購入する必要があります。
しかし、Wi-Fiルーターなら何でもいいというわけではありません。
同時にWi-Fi接続できる端末数や電波の届く範囲は、Wi-Fiルーターの種類によって異なります。
そのため、ルーターを購入する際は利用人数や間取りを考慮しましょう。

自分でWi-Fiルーターを用意するならおすすめはNEC

Wi-Fiルーターの中でもおすすめなのが、NECのルーターです。

NECのルーターには独自機能が複数搭載されており、高速で評判のIPv6通信がさらに速くなる「IPv6 High Speed」や「Wi-Fi設定引越し機能」、「ハンドステアリング機能」など、Wi-Fiの設定がしやすい便利なものばかりです。

そして、見た目もすっきりしているので、インテリアにこだわる方にも人気があります。

ルーターについてよくわからない!という方は、NECを選んでおけば間違いないでしょう。

【比較表あり】NECのおすすめルーター5選-どれがいいの?失敗しないルーターの選び方

マンションでWi-Fiを快適に利用するポイント

続いて、マンションでWi-Fiを快適に利用するためのポイントを解説します。
インターネットを快適に利用し続けるために、是非参考にしてくださいね。

Wi-Fiルーターの置き場所が重要

快適にインターネットを利用するには、Wi-Fiルーターの設置場所が重要となります。

Wi-Fiの電波には5Ghz と2.4Ghz の2種類があります。
5Ghzは壁や障害物に弱いため、ルーターと端末の間に障害物があると電波が届きにくくなるので、注意しましょう。
また、2.4GhzはWi-Fi以外でも利用されている周波数で、電子レンジなどの家電の近くでは電波干渉が起きてしまいます。

ルーターの置き場所は、棚の上などできるだけ電波の隔たりがない場所を選びましょう。

ルーターは11acに対応しているものがおすすめ

Wi-Fiには通信規格があります。
その中でも「11ac」が最新となっており、速度が速いです。

そして、Wi-Fiルーターの種類によって、利用可能な通信規格が決められています。
そのため、ルーターを選ぶ場合は11acに対応しているかどうか、製品のパッケージを確認しましょう。

間取りや利用人数に合ったルーターを選ぶ

同時接続可能台数やおすすめの間取りもルーターごとに違います。
複数人で同時にWi-Fiを利用したい場合や広範囲でWi-Fiを利用は、その点注意しなければなりません。

同時接続可能台数や間取りもルーターのパッケージに記載されているので、購入前に製品の特徴を調べ、自身に合ったルーターを選びましょう。

セキュリティ対策をする

Wi-Fiの電波が届く範囲は、住んでいる部屋の中だけに留まりません。
特にマンションの場合は、上下や隣の部屋からでも、電波を受信できます。
その為、IDやパスワードを他人に教えてしまうと、不正利用されてしまうかもしれません。

Wi-Fiを利用する場合は、セキュリティ対策をしっかりとしておきましょう。
IDとパスワードはきちんと管理し、外部に漏れないようにすることが大事です。

マンションのWi-Fiまとめ

最後に、当記事で解説した内容をまとめます。

・ インターネットの設備の状況は物件によって異なる
・ 利用できる回線はマンション側で定められている場合が多い
・ 設備がない物件なら工事不要ですぐ利用できるホームルーターがおすすめ
・ Wi-Fiルーターの中ではNECのものが多機能でおすすめ
・ 快適にWi-Fiを利用するには、用途に合った製品を購入し、ルーターの設置場所に注意することが大切

マンションでWi-Fiを利用する際は、まず自分の物件のインターネット環境を確認する必要があります。
そこから、建物の状況に合った方法でWi-Fi環境を整えましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら