いまどきどの家庭でもインターネットは繋いでいるもの。
携帯電話やパソコンも家族で使うなど、必要不可欠なツールとなっています。ですが水道代や電気代と一緒でインターネットの料金が毎月通帳から引き落とされるのを見るたびに「もう少し安くならないかな」と頭を悩ませてはいませんか?
「でもいったいどこの会社と契約すればいいの?」
という人は多いはずです。ここでは、光コラボの中で、どのサービスが安いのか全社調査を実施し、どのサービスを選択すればいいのか、比較してわかりやすくお伝えできたらと思います。

また、光コラボの注意点やデメリットも徹底解説!

毎月の支出になるインターネットだからこそ、お得に使いたい。
この記事を読むことで、そんなあなたの生活がより豊かなものになることをお祈りいたします。

安い光コラボを選ぶなら、スマホに合わせるのが◎

安い光コラボを選ぶのであれば、ご利用のスマートフォンキャリアに合わせた光回線を選ぶのがおすすめです!
キャリアの光回線を合わせることでスマートフォンの料金を安くできるのでとてもおすすめですよ!

キャリア以外の格安SIMなどを利用している方も、プロバイダによって割引を受けたり、お得なサービスを利用できたりとメリットはたくさんあります!

各割引サービス

キャリア各社、格安SIM会社は自社のスマートフォンやSIMカードを利用している方向けの割引サービスを展開しています。
このサービスを利用することで月々のスマートフォンの料金を抑えられ、とてもお得に利用できますよ!

Softbankおうち割光セット

ソフトバンクではおうち割光セットというサービスを展開しています。
こちらはSoftbank光とセットで利用することでiPhoneやスマートフォン、モバイルルーターといったSoftbankの回線を利用している端末の料金から月々1,000円割引されるサービスです。

従来の3Gのケータイなどは500円割引されます。
割引される期間に上限はなく、Softbank光を利用している期間はずっと割引されるので利用すればするほどお得になりますよ!

対象の固定回線ですが、Softbank光以外にも、SoftbankAirやNURO光など様々なサービスで適用可能となっています。
ソフトバンクのスマートフォンなどを利用している方はセットで契約することで月々のスマートフォンの料金をお得にできますよ!

ドコモ光パック

ドコモ光パックとは、ドコモ光と、ドコモのスマートフォン、ケータイ、モバイルルーターで利用できるデータ量がセットになったものです。
契約する料金プランによって割引額が異なりますが、ドコモの利用年数が15年以上でデータ量最大のウルトラシェアパック100を契約した場合、月々6,000円もお得に利用できますよ!

割引額が利用年数や契約プランによって異なるので少々わかりにくいですが、光回線とスマートフォンを別で契約するよりはお得に利用できます。
光シェアパックというデータ量を共有できるプランもありますので、家族でデータ量を共有する際はさらにお得に利用できますよ!

シェアパックの方が、月々の料金が高い分、割引される額も大きくなりますので、契約台数が多い方、家族の人数が多い方は光シェアパックがおすすめです!

auスマートバリュー・auセット割

auスマートバリューとは、auのスマートフォンやケータイを利用している方が、au関連サービスに契約した場合、月々の料金から最大2,000円割引されるサービスです。
auのスマートフォンを利用している場合、データ量によって割引額が異なります。

データ定額30GBのプランの場合2,000円、フラットプラン20/30GBのプランの場合、割引額は1,000円、2GBまでのプランは500円の割引となっています。
また契約者の家族のauスマホもお得になるので、家族みんなでauを利用している方はさらにお得になります。

また、光コラボでもauとのセット割があり、最大毎月1,200円お得になります。

SIMカード割

SIMカードセット割とは、格安SIMを提供しているプロバイダの光コラボと格安SIMをセットで利用することで月々の料金をお得にできるサービスです。
BIGLOBEやSo-netなど光回線のほかに格安SIMを提供している会社にみられるサービスです。

割引額はキャリアの割引額よりも少ないですが、キャリアのスマートフォンの料金よりも安くなる場合が多いので結果的にはお得になりますよ!

主要光コラボ全社比較表!安いのはどこ?

光コラボをお得に申し込むためには、数あるサービスの中で、どれが本当に安いのか見極める必要があります。
月額料金は、戸建てかマンションかによって変わってくるので、それぞれの場合について比較してみました!

戸建て(新規)の比較表

サービス名 月額料金 最大キャッシュバック額 スマホ割引 申込
U-NEXT光 4,200円 15,000円 セットでお得なプランあり
(U-mobile)
申込
excite光 4,360円 なし なし 申込
ASAHINET光 4,480円 なし 500円~1,200円
(au)
申込
So-net光 4,500円 33,000円 500円~1,200円
(au)
申込
ぷらら光 4,800円 55,000円 なし 申込
IIJmio光 4,960円 なし なし 申込
ビッグローブ光 4,980円 25,000円 500円~1,200円
(au)
申込
OCN光 5,100円 10,000円 200円
(OCNモバイル)
申込
hi-hoひかり 5,100円 なし なし 申込
ソフトバンク光 5,200円 最大30,000円 500円~1,000円
(ソフトバンク)
申込
ドコモ光 5,200円 dポイント10,000ポイント
+キャッシュバック15,000円
契約プラン、利用年数に応じて割引
(ドコモ)
申込
@nifty光 5,200円 30,000円 500円~1,200円
(au)
申込
TSUTAYA光 5,200円 なし なし 申込
Marubeni光 5,230円 33,000円 なし 申込
o‘zzio光 5,500円 なし なし 申込

マンション(新規)の比較表

サービス名 月額料金 最大キャッシュバック額 スマホ割引 申込
excite光 3,360円 なし なし 申込
So-net光 3,400円 33,000円 500円~1,200円
(au)
申込
U-NEXT光 3,480円 15,000円 セットでお得なプランあり
(U-mobile)
申込
@nifty光 3,490円 30,000円 500円~1,200円
(au)
申込
OCN光 3,600円 なし 200円
(OCNモバイル)
申込
ぷらら光 3,600円 55,000円 なし 申込
ASAHINET光 3,780円 なし 500円~1,200円 申込
ソフトバンク光 3,800円 最大30,000円 500円~1,000円
(ソフトバンク)
申込
Marubeni光 3,880円 33,000円 なし 申込
hi-hoひかり 3,900円 なし なし 申込
IIJmio光 3,960円 なし なし 申込
ビッグローブ光 3,980円 25,000円 500円~1,200円
(au)
申込
ドコモ光 4,000円 dポイント10,000ポイント
+キャッシュバック15,000円
契約プラン、利用年数に応じて割引
(au)
申込
TSUTAYA光 4,050円 なし なし 申込
o‘zzio光 4,500円 なし なし 申込

おすすめ光コラボ5選

光コラボを利用することで、フレッツ光よりもお得に利用できるケーズは実際、多くあります。
フレッツ光だと、光回線の利用料の他にプロバイダ料を別に支払わなければならず、月々の料金は6,000円ほどと非常に高くなってしまいます。

光コラボを利用すると支払いは利用するプロバイダへと一本化でき、かつ料金も4,000円ほどととてもお得に利用できるのです。

キャリアとの連携でさらに料金をお得にできますので、キャリアのスマートフォンを利用されている方は光コラボでの契約をおすすめします。

また、現在フレッツ光を利用されている方も、簡単な手続きで光コラボへの乗り換えができますのでこの機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか?
ここでは、スマホセット割がある光回線を中心に、おすすめのサービスを紹介しますので,参考にしてみてください!

ドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光コラボです。
ドコモのスマートフォンとセットで利用するとお得に利用できますよ!
また、ドコモ光では支払いをドコモのdカードGOLDにすると毎月10%分のdポイントがたまります!

dポイントはローソンやマクドナルドなど様々な店舗で利用できるポイントとなっていますので、ドコモ光を利用する方はdカードGOLDも一緒に作ることをおおすすめします!

ドコモ光はフレッツ光のようにプロバイダを選択できるところが大きな魅力です。
プロバイダは2種類のタイプに分かれていて、それぞれ料金が違います。

プロバイダによって混雑時の通信速度が違うこともあるので、プロバイダを選べるというところはとても魅力的です!

おすすめの申し込み先

おすすめの申込先は連携プロバイダである、DTIのキャンペーンページです。
DTIでは現在、ドコモ光を申し込んだ方に、公式の最大10,000dポイントプレゼントキャンペーンに加え、15,000円がキャッシュバックされます。

dポイントは様々な場所で利用できるポイントなので、実質合計25,000円キャッシュバックと考えてもいいかと思います。
代理店以外でこのような高額還元は珍しく、ドコモ光を申し込むのであればDTIがおすすめですね。

DTIではほかにも様々な特典があります。
代表的なものとして

  • 無線LANルーターの無料レンタル
  • セキュリティサービス無料(1年間)
  • 新規の方は、工事費無料

DTIから申し込みをすれば、無線LANルーターが永年無料で利用できます!
さらに、セキュリティサービス無料(1年間)や工事費無料特典もあるため、負担なく乗り換えが可能です。
申し込み先で迷っているならDTIにしておけば、間違いないでしょう。

月額料金 戸建て:5,200円~
マンション:4,000円~
最大キャッシュバック額 dポイント10,000pt+15,000円

ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクの提供する光コラボです。

ソフトバンク光はソフトバンクのスマートフォンとセットで利用することにより、おうち割光セットという割引サービスを適用でき、お得に利用できます。
これは、スマートフォンの利用料金から月々最大1,000円の割引をしてもらえるというもの。

また、このおうち割光セットは最大10回線まで適用することができますので家族のスマートフォン料金をお得にすることも可能です!

おすすめの申し込み先

ソフトバンク光のおすすめの申し込み先は代理店のエヌズカンパニーです!
エヌズカンパニーからソフトバンク光を申し込むといまなら最大30,000円のキャッシュバックをもらうことができます!

このキャッシュバックを受取るためのオプション加入条件もなく、誰でもソフトバンク光を申し込むだけでキャッシュバックを受け取ることができます。
エヌズカンパニーでは他にも25,000円のキャッシュバックと無線LANルーターがセットになった特典コースもあります。

このキャッシュバックとセットになった無線LANですが、親機と中継機の中から選択できますので、親機がほしい方は親機を、中継機がほしい方は中継機を選択するといいでしょう。

エヌズカンパニーはキャッシュバックの期間が短く、最短2ヶ月で振り込まれるので早くキャッシュバックを受け取りたい方におすすめです。
申請手続きも必要なく、契約時の確認電話で、振り込み先口座情報を伝えるだけでOKなので安心です。

エヌズカンパニー

月額料金 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
最大キャッシュバック額 30,000円

ビッグローブ光

ビッグローブ光はNECのプロバイダのビッグローブが提供する光回線です。
ビッグローブ光はauスマートバリューに対応しているため、auのスマートフォンとセットで利用するとスマートフォンの月額料金が最大1,200円安く利用できますのでお得になります。
また、IPv6に対応していますので、通信速度も高速で快適にインターネットを利用できます!

おすすめの申し込み先

おすすめの申し込みは代理店NNコミュニケーションズです。
NNコミュニケーションズでは現在、新規申し込みで25,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。
また、この他にWi-Fiルーター+キャッシュバック10,000円の特典コースも用意されています。

オプション加入の必要もなく、簡単かつ確実にキャッシュバックを受け取れるので、おすすめです。
他社でも高額キャッシュバックを行っていますが、工事費実質無料特典も付いて、25,000円もキャッシュバックがもらえるというのは、全代理店の中で最もお得な条件となっていますので、ビッグローブ光に申し込むなら、このキャンペーンを活用してください。

月額料金 戸建て:4,980円~
マンション:3,980円~
最大キャッシュバック額 25,000円

So-net光

So-net光はSo-netが提供する光回線です。
こちらも先ほどのビッグローブ光同様、auスマートバリューに対応していますので、auのスマートフォンの月々の料金を最大毎月1,200円安くすることができますよ。

IPv6にも対応していますので高速通信を利用できます。
So-netはSo-net光以外にもNURO光という光回線を提供していますが、NURO光は光コラボではなく、別のサービスなので注意してください。

おすすめの申し込み先

おすすめの申し込み先は公式キャンペーンサイトです。
So-net光の公式キャンペーンでは、現在最大33,000円のキャッシュバックを行っています。

So-net光のネットサービスを新規で申し込む場合は、30,000円、光電話をセットで申し込む場合は、33,000円のキャッシュバックという内容になっています。
公式のキャンペーンということもあり、もらい損ねる可能性も低く、安心です。

So-net光

月額料金 戸建て:4,800円
マンション:3,500円
最大キャッシュバック額 33,000円

OCN光

OCN光はNTTのプロバイダ、OCNが提供する光回線です。OCNは大手のプロバイダなのでほかのプロバイダに比べ安心感がありますね。
月々の料金も3,600円からとお手頃で通信速度も高速な日怒り回線を利用することができます。

セキュリティ対策ソフト、音ら運ストレージ機能など便利利利用できるサービスがセットになったオプションもありますので、このような機能を利用したい方におすすめです!

おすすめの申し込み先

おすすめの申し込み先は代理店のラプターです。
ラプターは、正規代理店で、評判も良いため、安心できます。

キャッシュバックは10,000円さらに、開通から最短1週間で無線ルーターをプレゼントしてもらえます。
もともと料金の安いOCN光ですが、この代理店キャンペーンを利用すればさらにお得に申し込みができるため、おすすめです。

ラプター

月額料金 戸建て:5,100円
マンション:3,600円
最大キャッシュバック額 10,000円

光コラボにお得に申し込むポイント

光コラボを申し込むときは少しでもお得に利用したいですよね?
ではここで、これまでご紹介してきた内容も踏まえて、光コラボをお得に申し込む方法をおさらいしておきましょう。

代理店キャッシュバックを活用する

光コラボを契約するときはおすすめの申し込み先で紹介したような代理店での契約をおすすめします。

代理店で光コラボを契約すると、公式では行っていないようなキャンペーンを適用でき、キャッシュバックを受け取ることができます。
キャッシュバックは代理店によって様々ですが、中には3,5000円と言うような高額なキャッシュバックを行っている代理店もあります。

公式サイトでもキャッシュバックを行っている場合がありますが、額が少なかったり、振り込みまで時間がかかったりする場合がありますので、代理店のキャッシュバックを一度チェックしてみましょう!

違約金負担サービスを利用する

違約金負担サービスと言って、自社の光回線に乗り換える方を対象に、乗り換え前に契約していた光回線を解約するときに発生した違約金を負担してくれるサービスがあります。
通常、光回線もスマートフォンの契約と同じように、契約期間があります。

この契約期間が満了するまでに解約してしまうと違約金が発生してしまいます。
契約満了後2ヶ月以内に解約の申し出が無いとまた契約が更新されてしまい、2年間など決められた年数を利用しなければいけません。

このため光回線を乗り換えたくても乗り換えることができませんよね。
そこで役に立つのがこの違約金負担サービスなのです。

プロバイダはたとえ乗り換えの際の違約金を代わりに支払ったとしても自社の回線の乗り換えてくれたほうが利益になります。
お得に利用するためにも、違約金がかかる方は、この違約金負担サービスを利用しましょう!

光コラボにデメリットはないの?

光コラボはメリットが多く、とてもお得ですよね。
ですが、この光コラボにもデメリットがあります。

プロバイダの問題や通信速度の問題、キャッシュバックの少なさなど様々です。
乗り換えてから、後悔しないよう、ここでは光コラボのデメリットの方も紹介しておきます。

通信速度が遅い

光コラボの中には、通信速度が遅いサービスもあります。
光コラボと言っても利用している回線はフレッツ光の光回線です。

フレッツ光は利用者数が多く、混雑する時間はどうしても通信速度が遅くなってしまいます。
また、プロバイダ側に問題があり、乗り換え前より速度が落ちてしまうケースも。

ただし、IPv6のサービスを利用するとある程度改善することができます。
IPv6を利用すると混雑している場所を回避して通信できるので、光コラボを契約するときはなるべくIPv6に対応したプロバイダで契約することをおすすめします!

電話窓口などの対応が悪いサービスもある

光コラボでは契約から開通まですべてプロバイダが行っています。
そのため、工事の電話の対応などもプロバイダから電話がかかってきます。

フレッツ光の電話対応はNTTということも合ってとても親切でわかりやすいと思います。
少しでもわからないことがあれば、すぐに教えてくれるのでありがたいです。

ですが、光コラボでは、電話対応に人員が少ないため、つながらないことが多いです。
また、担当者の説明も丁寧とは限りません。
この点は、注意しておいてください。

独自回線に比べるとキャッシュバックが少なめ

光コラボはNURO光等の独自で回線を保有している会社に比べキャッシュバックが少ない傾向にあります。
その理由としてはフレッツ光の回線を利用しているからでしょう。

独自回線はすべてを自社で行っていますので利益をすべて自社に来ます。
光コラボは利益の中からフレッツ光に光回線の利用料を支払わなければいけません。

すると、どうしても自社の利益が減ってしまいます。
そのため、利用者に還元することができなくなってしまうため、キャッシュバックが少なくなっていまいます。

プロバイダの乗り換えが面倒

プロバイダの乗り換えが面倒なのも光コラボのデメリットです。
フレッツ光の場合、プロバイダの乗り換えは簡単で、プロバイダを新たに申し込み、ユーザー名とパスワード設定をルーターで変更するだけで終わります。

利用しているプロバイダの通信速度が遅かった場合、これで対処できますが、光コラボはそうは行きません。
光コラボは光回線とプロバイダの料金がセットになったプランです。

プロバイダに光回線の料金も同時に支払いますのでプロバイダのみの変更ができず、プロバイダの変更をする場合は転用扱いになってしまいます。
ですので、もし契約期間内であったら違約金も発生してしまいます。

プロバイダと回線がセットになった、光コラボの場合、プロバイダ変更はできませんので、光コラボを契約するときは慎重にプロバイダを選択しましょう!

まとめ

今回は光コラボについて紹介しました。
光コラボはフレッツ光に比べ、料金も安くキャッシュバックなどの特典も多いためお得に利用できます。

キャリアも光コラボを提供しているのでスマートフォンとのセット契約でもお得に利用できますよ!
ぜひ、参考にして検討してみてください。