インターネット回線の開通や乗り換えをする上で、「プロバイダ」については、まず知っておきたいところですよね。

インターネット回線サービスやホームページには「プロバイダ」という言葉がよく出てきますが、「そもそもプロバイダって何?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、プロバイダについて詳しく解説します。

インターネットの接続には、「回線+プロバイダ」が必須!

インターネットを始めるには、まず2つのサービスの契約が必要になります。
それが、「回線サービス」と「プロバイダ」です。

2つとも「インターネットサービス」と呼ばれているので、1つに契約すればインターネットが始められると勘違いしてしまいがちですが、インターネットがつながる環境では、必ず回線サービスとプロバイダの2つが準備されています。

回線とプロバイダの役割とは?

回線とプロバイダは、それぞれインターネット接続に欠かせない役割を果たしています。

回線は、インターネットの情報が行き来する、パイプのようなもの。
プロバイダは、インターネットの世界へそのパイプを繋いでくれる設備だと考えるとわかりやすいでしょう。

回線があっても、プロバイダがなければ、インターネットの世界と情報を交換することができないので、インターネットの接続には、必ず両者とも必要となるわけです。

インターネット回線とプロバイダの種類

インターネット回線には、光回線、ADSL、CATVといった種類があります。
光回線は、光ファイバーで情報を伝達するタイプの回線で、通信速度が速いことが特徴です。

ADSLは、光回線の一世代前の接続方式で、光回線に比べると速度が遅いため、現在はその役目を終えようとしています。

CATV(ケーブルテレビ)は、同軸ケーブル(銅をビニール素材で覆ったケーブル)で通信を行うタイプのもので、光回線より通信速度は遅いですが、テレビサービスが充実しているという特徴があります。
(それぞれの違いについては、「光回線とは?仕組みや特徴についてわかりやすく解説!」のページでも詳しく解説しています。)

一方で、プロバイダは特に種類があるというわけではなく、インターネットを利用するために必要な「IPアドレス」(インターネットにおける住所のようなもの)を発行する役割を果たし、ユーザーをインターネットの世界に繋げてくれます。

具体的にどんなサービスがあるの?

インターネット回線とプロバイダの違いは分かっても、どのサービスがインターネット回線で、どれがプロバイダなのかということは、なかなかわかりづらいですよね。

ここでは、代表的なインターネット回線とプロバイダのサービス名をまとめていますので、参考にしてみてください。

代表的なインターネット回線一覧(※プロバイダがセットになっているインターネット回線も含む)

・フレッツ光
・NURO光
・auひかり
・ソフトバンク光
・コミュファ光
・BBIQ
・eo光
・ドコモ光
・ピカラ光
・ぷらら光
・OCN光
など

代表的なプロバイダ一覧

・BIGLOBE
・@nifty
・OCN
・So-net
・Yahoo!BB
・Plala
・DTI
・hi-ho
・WAKWAK
・@TCOM

プロバイダがセットになった光回線もある

ここまでは、インターネットは、2つのサービスに契約してはじめて成り立つものだということをお伝えしてきましたが、2つの会社を選んで契約するというのは、なかなか面倒ですよね。

そこで、最近ではプロバイダがセットになった光回線サービスも数多く登場しています。
その代表的なものが、「光コラボレーション」です。

光コラボレーションとは、各プロバイダや通信事業者がNTTのフレッツ光の回線を借りて、プロバイダとセットにして、提供しているものです。

ドコモ光やソフトバンク光、ぷらら光、OCN光などがこれに当たります。
これなら、2社と契約する必要がなくなり、支払いもまとめてすることができます。

また、光コラボレーション以外に、NTTとは別の自社の持つ回線を利用し、特定のプロバイダをセットにして提供している事業者もあります。

例えば、NURO光やeo光、BBIQ、ピカラ光などがこれに当たります。
そのため、インターネット回線を選ぶ際には、プロバイダはセットになっているのか?というところをはじめにチェックする必要があります。

回線によって、選べるプロバイダが違う

「インターネット回線とプロバイダの組み合わせはどうすればいいの?」と疑問に感じている方もいるかもしれませんね。

実は、インターネット回線とプロバイダは、どんなふうに組み合わせてもOKというわけではありません。
インターネット回線には、それぞれ対応しているプロバイダがあるため、その中からどのサービスを使うか選ぶ必要があります。

プロバイダの主な役割は、どのサービスも同じですが、セキュリティ対策ツールやメール機能などの仕様が各社少しずつ異なっているので、そのような点を比較して決定するといいでしょう。

また、料金やキャンペーン、サポートなどで他社と差をつけようとしている事業者もあります。

その他には、プロバイダによってインターネットの通信速度が変わってくるというケースもあります。
速度が気になるという方は、口コミなども合わせてチェックすることをおすすめします。

回線やプロバイダはどうやって選ぶ?

回線やプロバイダの選びは、自分の住んでいる地域で利用可能なインターネット回線を調べることから始めます。
プロバイダは、回線に対応してさえいれば、全国どこでも使う利用することができますが、インターネット回線は利用できる地域が決まっています。

例えば、NURO光なら関東圏のみ、eo光なら関西圏のみの提供となっています。
一方、フレッツ光は全国の95%のエリアで利用が可能となっています。

お住まいのエリアで利用できるインターネット回線を調べたら、その中から速度や料金などを比較して、自分の希望に合うサービスを選びましょう。

回線が決まったら、その回線に対応するプロバイダを選びます。
このような流れでサービスを選べば、インターネットの接続に必要な2つのサービスをスムーズに決定することができます。

インターネットを始めるために必要なもの

インターネットを始めるために必要な契約については、上で説明した通りですが、具体的にどのような準備物が必要なのかというところも気になりますよね。
インターネットの接続に、最低限必要なものは以下の3つです。

・パソコン
・モデムor ONU(回線終端装置)
・ケーブル

有線でインターネットに接続する場合、この3つがあれば、OKです。
モデムとは、ADSL回線で送られてくる信号をパソコンで読み込める形式に変換する機械のこと。
光回線の場合は、同じ役割をする機器をONU(回線終端装置)と呼びます。

基本的には、コンセントから出ているコードをモデムやONUに差し込み、そこからパソコンにケーブルを繋げれば、インターネットを利用することができます。

モデムやONUはインターネット回線の事業者から提供されます。

複数のパソコンにつなげたいならルーターが必要

1台のパソコンだけ利用するなら、モデム(もしくはONU)とケーブルさえあれば、問題ありません。

しかし、複数のパソコンとつなげたいという場合は、「ルーター」と呼ばれる機器が必要になります。
モデム(もしくはONU)からルーターに繋げば、ルーターの差込口から複数のパソコンにケーブルを繋ぐことができます。

ちなみに、現在は複数の端末でインターネットを接続したいというニーズが増えてきていることもあり、はじめからルーター機能のついたONU(回線終端装置)を提供してもらえることも多くなっています。

Wi-fi接続をしたいなら、Wi-fiルーターが必要

有線だとなんだか見た目もよくないですし、家の中でインターネットができる場所もケーブルが届く範囲に限られてしまいますよね。
そのため、最近では無線による接続(Wi-fi)が主流になってきています。

ONUから、Wi-fiルーターに繋いで、パソコンや携帯電話、ゲーム機器でWi-fiの接続設定をすれば、ケーブルなしで家中どこでもインターネットを楽しむことができますよ。

また、Wi-fiルーターには、その名の通り、ルーターの機能も付いているので、複数の端末に繋ぐことも可能です。
また、無線だけでなく有線でパソコンとつなぐこともできます。

無線LANとWi-fiはどう違うの?

「無線LANルーター」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
「Wi-fiルーターとどう違うの?」と疑問に感じている方もいるかもしれませんが、結論から言うと、ほとんど違いはないと考えて問題ありません。

厳密に言うと、Wi-fiは、無線LANという接続方式の中に含まれる一つの規格名ではありますが、現在はほとんど同じような意味で使われています。

モバイル回線とは?

最近では、インターネットを外でも楽しめるモバイルルーターも普及してきています。
これも、通常のインターネットと同様にインターネット回線とプロバイダが必要になります。

モバイルの回線に当たるサービスで有名なものがWiMAXです。
これは、UQコミュニケーションズが提供しているモバイル用のインターネット回線です。

その他に、携帯電話通信を利用したLTEというモバイルルーターのサービスもあります。
LTEは、ワイモバイルやKDDI、Softbank、ドコモといった各携帯会社から提供されています。

おすすめのインターネットサービスは?

ここからは、これからインターネットの乗り換え・開通をしたいという方におすすめのインターネットサービスをご紹介します。

NURO光

数あるインターネット接続サービスの中で最もおすすめしたいのが、NURO光です。
NURO光は、インターネットとプロバイダ(So-net)がセットになったサービス。

無線LANのレンタル料やセキュリティ機能など、全てコミコミで、4,743円とリーズナブルかつシンプルな料金体系となっています。

また、ソフトバンクのスマホをお使いの方なら、毎月最大2,000円の割引もしてもらえるから、もっとお得に♪

提供エリアが関東のみであるというところは、ちょっぴり残念なポイントですが、関東にお住まいなら、NURO光に決まり!といっても過言ではないほど充実したサービスですよ。

NURO光については、こちらのページでも詳しく解説しています。

.

auひかり

関東以外にお住まいの方で、auの携帯を利用しているという方には、auひかりをおすすめします。
auひかりは、現在エリアを拡大しつつある人気光回線。

戸建ての提供範囲は、まだ限られていますが、マンションは全国に対応しています。
7つのプロバイダに対応しているので、自分にぴったりなサービスを組み合わせることができますよ。

また、携帯とのセット割引でお得に利用できることも、auひかりの人気の秘訣。
auのスマホをお使いの方なら、毎月最大2,000円の割引を受けることができ、さらに家族のau携帯も割引してもらえちゃいます♪

auひかりについては、こちらのページでも詳しく解説しています。

.

ソフトバンク光

関東以外のソフトバンクユーザーの方には、ソフトバンク光をおすすめします。
ソフトバンク光にももちろん携帯とのセット割があり、ソフトバンクユーザーの方は、毎月最大2,000円お得になります。

また、現在はキャンペーンも積極的に実施されているため、工事費実質無料!しかも、他社の解約時に発生する違約金も負担してもらうことができます。

現在利用しているインターネットサービスがまだ契約期間中という方も、安心して乗り換えることができますよ。

ソフトバンク光については、こちらのページでも詳しく解説しています。


今回は、インターネットを始める上で必要になる基礎的な知識を幅広くご紹介しました。

当サイトでは、各サービスの比較や具体的な利用料金、速度などについても詳しく解説していますので、気になる方は、別ページもチェックしてみてくださいね。