光回線の契約をするのが、はじめてという方は、何かと不安ですよね。
「どんな流れで手続きをするの?」と疑問を抱いている方も多いかもしれません。

今回は、光回線の契約・手続きの流れや申し込みをする際の注意点などについて詳しく解説します。

光回線の契約・申し込みの流れについて

①エリアを確認

まず、申し込みの前に必ずやっておくべきことが、サービスの提供エリア確認です。

フレッツ光の光回線は、日本全国の9割以上のエリアをカバーしていると言われていますが、まだ提供されていない地域もあります。

フレッツ光以外のサービスは、もっと地域が限られており、特定のエリアの人しか利用できません。
せっかく、光回線が決まって申し込みをしても、後から「自分の住んでいる地域がエリア外だった!」ということが判明してしまっては、元も子もありませんので、事前に確認しておくようにしましょう。

エリアは、各サービスの公式ホームページから確認することができます。
検索方法は、サービスによって少しずつ違いますが、多くの場合、郵便番号や電話番号を入力すれば、簡単に検索ができます。

マンション・集合住宅・賃貸の方が申し込むには、許可が必要

マンションや集合住宅、賃貸住宅にお住まいの方は、申し込みするサービスがお住まいのエリアに対応しているからといって必ずしも導入が可能であるとは限らないため、注意が必要です。

というのも、これらの建物タイプの場合、管理会社や大家さんの許可がなくては、開通ができないからです。
許可を取らずに工事日を迎えてしまうと、せっかく作業担当者に来てもらっても工事ができないということになってしまう可能性もあります。

また、建物の状況によっては、物理的に導入ができないケースも考えられます。
申込前には、必ず管理会社や大家さんにその光回線が導入可能かどうか確認し、許可を取っておくようにしましょう。

②プロバイダを決める

申込みしたいサービスが、自分の住んでいる地域に対応しているということが確認できたら、次は、プロバイダを決めましょう。
プロバイダサービスによって違うポイントとしては以下のようなものがあります。

・料金
・付与されるメールアドレス
・インターネットのつながりやすさ
・セキュリティサービス
・サポート

このようなポイントを見て、自分に適したものを決めるといいでしょう。

ただし、最近ではプロバイダと光回線が一つになって提供されているものもあります。
そのような場合、プロバイダは固定となりますので、自分で選択する必要はありません。

プロバイダがセットになっている主な光回線には、以下のようなものがあります。

・NURO光(So-netのプロバイダ)
・eo光
・メガ・エッグ
・BBIQ
・ピカラ光
・ソフトバンク光(Yahoo!BB)
・So-net光
・OCN光
・TCOMヒカリ
・ぷらら光
など

③オプションサービスを選ぶ

プロバイダが決まったら、次は、オプションサービスを選択しましょう。
オプションサービスとは、光回線のインターネット以外に有料で契約する追加サービスのことです。

オプションサービスには、例えば以下のようなものがあります。

・電話サービス
・テレビサービス
・設定サポート
・セキュリティサービス
・Wifiレンタル

これらは、それぞれのサービスによって料金設定やサービス内容も違いますので、古式ホームページなどで、よく確認するようにしましょう。

④各サービスのホームページから申し込み

プロバイダや申し込みするオプションが決まったら、いよいよ申し込みのステップです。
各サービスのホームページもしくは、代理店のキャンペーンサイトから「申し込み」をクリックし、必要情報を入力しましょう。

⑤利用開始の案内

申込が完了すれば、メール・郵便・電話などで利用開始について案内されます。

どのような方法で、案内がされるかは、サービスによって異なりますが、多くの場合は、オペレーターから確認の電話が入ります。
工事が必要な場合は、連絡がありますので、日程を調整して工事日を決めます。

また、このタイミングで、本当にお住まいの建物に光回線の導入が可能なのか、担当者が現地調査をしに来る場合もあります。

⑥開通工事・宅内機器の接続

開通工事では、外の電柱から、光ファイバーを宅内に引き込む作業と機器の設置が行われます。
当日は、立ち合いが必要になりますので、心構えをしていきましょう。

所要時間は、ケースバイケースですが、1時間~2時間程度と考えておくといいでしょう。

⑦パソコンの設定

開通工事が終わった後は、自分で、パソコンの接続設定を行うことになります。
「パソコンの接続」と言うと難しそうに聞こえますが、無線LANから、パソコンにケーブルで繋ぐだけです。(無線接続の場合は、パソコンから設定)

パソコンの設定については、光回線の提供元から、詳しい説明資料などが渡されますので、それに従って行いましょう。
最近では、設定用CD-ROMを提供しているサービスもあり、それを使えば簡単に設定できます。

開通までの期間は?

インターネット新規開通までの期間は、1ケ月が平均的です。
しかし、繁忙期などは業者側の都合で、工事の予約が取れず、2ケ月近くかかってしまうケースもあります。

インターネットは、すぐに開通できるものではないと考えて、ゆとりを持って申し込みをされることをおすすめします。

開通までの準備は?

開通までに準備しておくことは、機器の設置位置などを決めておくことです。

機器の設置位置は、たいていの場合工事担当者と相談して決めますが、希望がある場合は、しっかりと伝えられるようにしておきましょう。

どこに設置すればいいかわからないという場合は、当日工事担当者に日ごろパソコンや電話機をどこで利用しているかを伝えれば、都合のいい位置に設置してもらえるでしょう。

機器類はほとんど、光回線事業者から提供されますが、無線LANやケーブルは、自分で用意しなければいけない場合もあります。

無線LANは、家電量販店などで3,000~20,000円で販売されていますので、必要な場合は購入しておくといいでしょう。

光回線の契約でチェックすること

光回線のサービスは、なかなかわかりづらいものです。
契約内容などがよくわからないまま、契約してしまうと「こんなはずではなかった…」と後悔することになりかねません。

契約前には、以下のような点に気を付けて、本当にそのサービスで大丈夫か検討してみましょう。

契約期間と違約金を確認

光回線を契約する時に気を付けたいのが、契約期間と違約金についてです。
最近の光回線サービスでは、ほとんどの場合、契約期間と違約金が定められています。

契約期間とは、サービスの提供元が定めた継続利用期間のことです。
この期間内に解約をすると、契約違反とみなされ、違約金が請求されてしまいます。

違約金は、1万前後が平均的で、契約期間は2年となっているサービスが多くなっていますが、これもサービスによって様々なので、事前に確認しておく必要があります。

また、多くの場合は自動更新型の契約形態となっています。
これは、契約期間が終わっても、解約の申し出がなければ、契約期間が自動的に延長されるというものです。

この場合、契約期間が終わった後で辞めようとしても、新しい契約期間中とみなされ、違約金が発生してしまいます。

自動更新型の場合は、サービス事業者が定めた「更新月」と呼ばれる期間内に解約をしない限り、解約金が取られるので、更新月は、いつに設定されているかということも確認しておきましょう。

プロバイダは込み?別?

上でもお伝えした通り、光回線サービスは、プロバイダがセットになっているものと、別で契約しなければいけないタイプのものがあります。

ここを確認しておかなければ、料金の比較も難しい上、プロバイダを2重契約してしまうようなことにもなりかねません。

光回線を選ぶ際には、必ずそのサービスにプロバイダが含まれているのかどうか?ということを確認する必要があります。

代理店と公式ホームページはどっちがお得か確認

申込みしたい光回線サービスが決まったら、どこから申し込むのが一番お得なのかを検討されることをおすすめします。

というのも、最近では、代理店によって積極的なキャンペーンが行われているため、代理店から申し込みをした方が、お得になるケースが増えているからです。

ただし、よくよく読んでみると、公式とキャンペーン内容が変わらないという代理店もあるので、注意が必要です。
その場合は、わざわざ代理店から申し込みをするメリットはありません。

代理店のキャンペーン内容をよく読んで、公式ホームページから申し込みをするのとどちらがメリットが大きいのか検討するようにしましょう。

工事費をチェック

光回線の申し込みをする上で、確認を忘れがちなのが工事費についてです。

工事費は、高い場合だと20,000円~40,000円することもあり、確認しておかなければ、後で請求額を見て驚くことになりかねません。

比較検討の段階で、工事費もチェックして、サービスを選ぶことをおすすめします。

また、最近は「工事費実質無料キャンペーン」も積極的に行われていますが、「実質」という文字が付いている場合は、注意が必要です。

「実質」というのは、何を意味しているかというと、「継続利用しなければ、無料にはなりませんよ」ということを暗に表現しているのです。

「実質無料キャンペーン」では、本来支払うべき工事費を分割した額が、毎月割引され、支払いが0円になる仕組みになっています。

そのため、工事代金が全て割引される前にサービスを解約すると、残りの金額には割引が適用されないため、その分の金額が一括で請求されてしまいます。

「実質無料キャンペーン」はお得ではありますが、一種の契約縛りの役割も果たしているということを理解した上で契約されることをおすすめします。

おすすめの光回線はこちら

ここまでは、契約後の流れや注意事項などについてお伝えしましたが、ここからはまだ、どの光回線に申し込みすべきか迷っているという方のために、おすすめの光回線をご紹介します。

NURO光

その光回線サービスに申し込むべきか、迷っている方にまずおすすめしたいのが、NURO光です。
NURO光は、安くて速いコストパフォーマンスNo.1の人気光回線。

通信速度は、業界最速の2Gbps でありながら、料金は月額4,743円とリーズナブルであることが特徴です。

しかも、この月額料金には、プロバイダ・無線LAN、セキュリティの使用料が全て含まれています。
そのため、後から余計な費用がかかることはありません。

また、ソフトバンクユーザーの方なら、セット割の適用対象となり、毎月最大2,000円の割引も受けられます。
家族にソフトバンク携帯を利用している方がいる場合は、その分も割引してもらえます。

工事費は、実質無料だから安心。
関東限定のサービスではありますが、該当エリアにお住まいの方には、1番おすすめです。

.

auひかり

auひかりは、auスマホをお使いの方に特におすすめのサービスです。
auユーザーの方なら、最大毎月2,000円が割引となり、他社回線よりもぐーんとお得に利用できます。

また、家族内にauユーザーがいる場合は、その分も割引となるので、もっとお得に♪
家族全体でかなりの額を節約できますよ。

また、auひかりは現在他社違約金負担のキャンペーンを行っています。
このキャンペーンを適用すれば、現在お使いの光回線サービスが契約期間内だという方も、違約金を自分で支払うことなく解約することができます。

また、工事費実質無料キャンペーンも実施されているため、初期費用も心配する必要がありません。

下記キャンペーンサイトから申し込みをすれば、さらに最大70,000円のキャッシュバックも受け取れるため、乗り換えるだけでお得です。

.

ソフトバンク光

関東圏にお住まいのソフトバンクユーザーさんには、NURO光がおすすめ。
ですが、それ以外の地域にお住まいでソフトバンク携帯を利用しているという方にはソフトバンク光を検討されることをおすすめします。

ソフトバンク光なら、携帯のセット割引があるから、毎月最大2,000円お得に。
さらに、家族もソフトバンク携帯を使っている場合は、その分も割引してもらえます。

工事費は、無料キャンペーンを行っているので、一切払う必要がなく安心。
以下のサイトからの申し込みなら、25,000円のキャッシュバックも受け取ることができます。

.


今回は、申し込みから開通の流れや申し込み時の確認事項などについて詳しくお伝えしました。

光回線のプランや手続きは、複雑でわかりづらいものですが、いざ契約してみると、さほど難しいものではありません。
わからないことがある場合は、気軽に問い合わせをしてみるといいでしょう。

また、当サイトでは光回線に関する様々なお悩みを解決するためのコンテンツを多数ご用意していますので、ぜひ別ページも参考にして、光回線選びに役立ててみてくださいね。