日本のお隣韓国は、美容やショッピング・グルメが充実した人気の海外旅行先です。
韓国旅行中もWifiを使って現地のお店や場所の情報を調べたり、インスタやFacebookなどのSNS発信をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、韓国で快適にwifiを使うために必用な情報を徹底的に調査してみました。
現地でWifiを使う方法やフリーWifiスポット情報、Wifiルーターのレンタル料金比較や、口コミ評判をわかりやすく紹介します。

Wifiのレンタルが必要か悩んでいる方、どうやってWifiを使えばよいのかわからない方はぜひ参考にして、韓国旅行中快適にWifiを使ったインターネット通信を楽しみましょう。

韓国のフリーWifi事情

韓国に渡航する際にインターネットのことは考えていますか?
現地のフリーWi-Fiを利用しようと思っている方、レンタルWi-Fiを利用しようと思っている方など考え方は様々ですね。
初めて韓国に渡航する方はどちらを利用するべきか迷われると思いますので、今回は韓国でインターネットを利用するための方法をいくつかご紹介します。

韓国で使えるフリーWi-Fi

韓国で利用できるフリーWi-Fiには、いくつか種類があります。
基本的には、カフェやコンビニでフリーWi-Fiを利用することができます。
例えば、韓国にも日本同様、スターバックスコーヒーなどがあります。
スターバックスなどのカフェのフリーWi-Fiは、基本的に何時間でも利用することができます。

一方で、コンビニのフリーWi-Fiは利用時間が制限されている場合などがありますので、利用には注意が必要です。

・カフェのフリーWi-Fiは時間無制限
・コンビニのフリーWi-Fiは時間に制限があるため注意が必要!

フリーWi-Fiが使える場所

フリーWi-Fiは
・スターバックスコーヒー
・コンビニ
・空港
など様々な場所でWi-Fiを利用することができます。
レンタルWi-Fiなどを契約していない方は、現地に着いてまずは空港で、ホテルや観光スポットの場所を検索できますので、安心ですね。

また、インターネットに接続していなくても、オフラインの地図をダウンロードしておけば、ナビを利用することができますので、不安な方はダウンロードをおすすめします。

コンビニは、フリーWi-Fiを利用できる店舗と利用できない店舗があるようですので、利用できるかどうかを事前に確認することをおすすめします。

フリーWi-Fiを使うときの注意点

フリーWi-Fiを使う際の注意点をご紹介します。
韓国でフリーWi-Fiを利用する場合はいくつかの注意点があります。
場合によっては、ウェブで閲覧した情報が盗まれる、Wi-Fiに接続できないなどといったトラブルに見舞われる可能性もありますので、よく確認してくださいね。

フリーWi-Fiスポットは多いが、旅行者向けではない

韓国には先ほどご紹介したフリーWi-Fi以外にも、様々なWi-Fiサービスがあります。
ですが、これらのWi-Fiサービスを利用するには韓国のキャリアと契約する必要があります。
フリーWi-Fiがあって利用しようとしても、韓国のキャリアと契約している端末以外は利用できませんので注意しましょう。

セキュリティ対策が必要

フリーWi-Fiのほとんどは、セキュリティが不十分です。
つまり、パスワードが必要ないため、利用者がウェブに入力した個人情報などが簡単に盗み取られてしまいます。
フリーWi-Fiは様々な人が利用するということから、悪意ある利用者もいる可能性があるということに注意してください。

フリーWi-Fiでもセキュリティを高める方法として、VPNを利用する方法があります。
VPNとは、バーチャルプライベートネットワークといって、仮想的にインターネットの専用線を作ることで、データ通信を暗号化することができるというものです。
韓国に限らず、日本でフリーWi-Fiを利用する場合でも、VPNを利用することをおすすめします。

接続方法がわかりにくい

韓国のフリーWi-Fiは、設定ページが多言語に対応しているものが少ないため、接続するまでに少々苦労します。
英語であれば文面から多少読み取ることができますが、韓国語を理解できるという方は少ないと思いますので、接続するまでが難しいという点に注意しましょう。

韓国旅行にWi-Fiレンタルは必要?

韓国に初めて旅行する場合は、レンタルWi-Fiを利用することをおすすめします。
レンタルWi-Fiは韓国に限らず様々な国で利用できるWi-Fiサービスですので、初めて海外旅行されるという方にもレンタルWi-Fiをおすすめします。

プリペイドSIMなどでもインターネットを利用することができますが、設定方法が複雑であったり、SIMフリーの端末を用意しなければいけなかったりしますよね。
その点、レンタルWi-Fiの方が利便性も良く、簡単に利用することができますのでおすすめですよ。
後ほど、韓国でインターネットに接続する方法について紹介しますので、参考にしてくださいね。

韓国でインターネットを利用する方法

韓国でインターネットを利用する方法をご紹介します。
韓国に限らず、日本国外でインターネットを利用する場合は基本的にこちらで紹介する内容となります。
それぞれのメリット、デメリットも併せてご紹介します!

コンビニWi-Fi

日本のコンビニでもフリーWi-Fiが利用できるように、韓国のコンビニの中にもフリーWi-Fiを利用できる店舗があります。
コンビニでフリーWi-Fiを利用する場合は、サイト上で所定の手続きが必要になります。
しかし、このサイトが日本語に対応していない可能性がありますので、韓国語を読めない方は手続きに苦労するかと思います。
日本のコンビニのWi-Fi接続ページは、多言語に対応しているコンビニもありますので、韓国のコンビニも対応してほしいですね。

また、コンビニでフリーWi-Fiを利用する場合、制限時間についても注意が必要です。
30分や1時間と利用できる時間が決まっている場合がほとんどですので、制限時間を超えると利用できなくなることを頭に入れておきましょう。

メリット
・コンビニであればほとんどの場所で利用できる
・料金がかからない

デメリット
・Wi-Fi接続ページが日本語に対応していない可能性がある
・利用できる時間に制限がある

メリットは、現地にたくさんあるコンビニで利用できる点と無料である点です。
コンビニは様々な場所にありますし、24時間営業の店舗も多いので便利ですよね。
また、フリーWi-Fiは基本的に料金が無料なので、お金をかけることなく利用できる点も魅力的です。

デメリットは、接続するまでが難しいことと利用できる時間に制限があることです。
日本語に対応していない場合は手続き方法がわからなくなってしまいますので、Wi-Fiに接続できなくなる可能性もあります。
また、利用時間にも制限がある場合が多いので、長時間の利用はできないという点に注意しましょう。

プリペイドSIMカード

プリペイドSIMカードは、海外でインターネットに接続する際によく用いられる手段です。
韓国に限らず、あらゆる国で渡航者向けのサービスとして現地のSIMカードが販売されています。
空港などに専用のカウンターを設置している場合が多いです。
また、コンビニや自動販売機でも購入することができますので、利用したいときに購入できる点も便利ですね。
ある程度知識のある方であれば、簡単に手続きを行うことができますので、こちらの方法をおすすめします。

メリット
・渡航までに用意する必要がない
・自動販売機やコンビニで手軽に購入できる

デメリット
・SIMフリー端末を用意する必要がある
・ある程度知識が必要である

メリットは渡航までに用意する必要がないので、準備のし忘れなどの心配がありません。
レンタルWi-Fiは事前に契約が必要だったり、持ち歩くのに荷物になったりするので、プリペイドSIMの手軽さは大変魅力的です。
また、自動販売機やコンビニでも購入できる点も助かりますね。

デメリットはSIMフリーの端末を用意しなければならないこと、設定にある程度の知識が必要ということです。
海外の現地SIMを利用する場合は、ご自身の端末にSIMロックがかかっていると利用することができません。
日本で販売されている端末にはほとんどSIMロックがかかっていますので、渡航前にSIMロックを解除するか、SIMフリーの端末を用意する必要があります。
また、プリペイドSIMを利用する場合、通信に使用するAPN情報というものを設定しなければならず、ある程度の知識が必要となります。
こちらの設定方法はインターネットに記載されていますが、初心者には分かりにくいので十分な下調べが必要です。

海外パケット定額制

海外パケット定額は、キャリアの海外ローミングを利用してインターネットに接続する方法です。
こちらの方法が一番簡単で、特に手続きの必要もなく利用しているスマートフォンなどを海外にそのまま持っていき、インターネットに接続することができます。
ですが、キャリアの海外ローミングは料金が比較的高く、1日当たり最大3,000円程度の料金が発生してしまいます。
手軽で利用も簡単なのですが、料金が高めですので、プリペイドSIM、レンタルWi-Fiを契約できなかった時の最終手段として利用することをおすすめします。

メリット
・特別な手続き不要
・スマートフォンをそのまま使える

デメリット
・料金が比較的高額

メリットは手続きが不要で、利用しているスマートフォンなどをそのまま利用することができるという点です。
手持ちのスマートフォンを海外に持っていけば、自動的に海外のキャリアのインターネットにアクセスすることができ、すぐに利用することができます。

デメリットは料金が高額なことですね。
プリペイドSIM、レンタルWi-Fiが低価格で利用できるのに対し、海外パケット定額のローミング通信は1日当たり最大3,000円程度の料金が発生してしまいます。
長期間の滞在ですと、通信料が高額になってしまいますので注意しましょう。

海外用Wifiレンタル

海外用Wi-Fiレンタルは、スマートフォンの知識などがあまりない方、初めて海外渡航されるという方におすすめのサービスです。
事前にレンタルWi-Fiを契約し、渡航先でそのWi-Fiに接続することで電波が届く範囲であればインターネットを利用することができます。

韓国で利用できるインターネットの料金を比較

韓国で利用できるレンタルWi-Fiの料金を比較してみましょう。
初めて韓国に渡航する方は、パケット定額制かレンタルWi-Fiを利用するかと思います。
こちらではその2つを比較しながら、どちらがお得か見ていきましょう。

Wifiレンタル料金を比較

サービス名 料金
イモトのWi-Fi 500MB/680円〜
グローバルWi-Fi 300MB/570円〜
WI-HO! 300MB/750円〜
フォートラベル 300MB/250円〜(キャンペーン中)
韓国DATA 無制限/590円
JALABC 無制限/1,000円

Wi-Fiのレンタルサービスは、利用するレンタル会社によって料金が大きく異なります。
最安なのは現在キャンペーンを行っているフォートラベルです。
フォートラベルを利用した場合、1日あたり250円で利用することができます。
300MBというデータ量ですが、こちらは地図を見たり、ウェブを閲覧したりするだけであれば、問題なく利用できるデータ量となります。
ただし、インスタグラムなどのSNSに写真などをアップロードする場合は、データ量が足りなくなる可能性があります。
SNSを長時間利用したい場合は、韓国DATAのような無制限プランを利用することをおすすめします。

続いて、パケット定額制を利用した際の料金を紹介します。
主要なキャリアであるドコモ、au、ソフトバンクの料金を比較してみましょう。
キャリア名 料金
ドコモ ・パケットパック海外オプション(申込み必要)
1時間200円〜
3日間2,480円など
・海外パケホーダイ(申込み不必要)
1日あたり最大2,480円
au ・24時間あたり980円
・30日間/5,800円
ソフトバンク ・1日/2,980円
・アメリカ放題(アメリカ、ハワイ限定)
通常毎月980円
キャンペーンにつき、現在は無料
パケット定額制を利用した場合、各社で料金が大きく異なっています。

ドコモの場合は、パケットパック海外オプションというものに申し込むことで、1時間あたりで料金が発生するプランをはじめ様々なプランを選択することができます。

auは24時間あたり980円のプランの他に、長期間用として30日5,800円で利用できるサービスを提供しています。

ソフトバンクはアメリカ、ハワイに限って無料(現在キャンペーン中)と、料金を気にすること無く利用することができます。
ですが、アメリカ、ハワイ以外では1日あたり2,980円なので、韓国で利用する場合は3社の中で1番高くなってしまいます。

渡航期間、利用状況にもよりますが、ドコモとauを利用している方はあまり料金をかけることなく、韓国でもインターネットを利用することができます。

パケット定額制とWi-Fiレンタル、どっちがお得?

パケット定額制とレンタルWi-Fiを比べると、レンタルWi-Fiの方がお得です!
契約など多少の手間が発生しますが、1日あたり最安250円で利用できるレンタルWi-Fiは、フリーWi-Fi環境があまり整っていない韓国ではとてもおすすめできます。
パケット定額制は契約の手間がないなどといった点が魅力的です。
しかし、料金はレンタルWi-Fiの方が圧倒的に安いので、お金をあまありかけたくないという方は、レンタルWi-Fiを利用しましょう。

一番安くておすすめなのは?

一番安くておすすめのレンタルWi-Fiは、現在キャンペーンを開催しているフォートラベルです。
フォートラベルはホテルの予約など様々な事業を行っている会社ですので信用度も高く、安心して利用することができます。
料金も1日あたり最安250円で利用できますので、通信費をあまりかけること無くインターネットを楽しめます。
また、データ通信量無制限のプランであれば580円と、韓国DATAとあまり変わりありませんので、韓国DATAもおすすめできます。

韓国でのレンタルWi-Fiの利用方法

韓国でのレンタルWi-Fiの利用方法についてご紹介します。
Wi-Fiのレンタル方法は各社で似ていますので、こちらを参考にすると、どの会社を選んでもスムーズに利用することができますよ。

事前にネット予約する

レンタルWi-Fiを利用する場合は、事前にインターネットで予約する必要があります。
レンタルできる台数は限られていますので、事前にインターネットで予約するのを絶対に忘れないようにしましょう。
予約の際にプランの選択と料金の支払いを行いますので、お手元にクレジットカードなどを準備しておくとスムーズに契約を行うことができますよ。

宅配か空港で受取

レンタルWi-Fiは宅配か空港で受け取ることができます。

宅配の場合、配送の都合上、一番遅くても出発の4日前などに予約する必要があります。
したがって、旅程が決まって航空券を手配した段階でレンタルWi-Fiの予約を行うことをおすすめします。

空港での受け取りの場合、出発する空港か到着する空港かを選択します。
空港での受け取りの場合、在庫があれば出発の1日前まで予約することができるレンタル会社もありますので、直前まで予約を忘れていた場合などは、空港受取にしましょう。
空港受け取りの利点は、レンタルWi-Fiを忘れる心配がない点です。
宅配であれば到着から出発まで時間がありますので自宅に忘れる可能性もあります。
その点、空港での受け取りであれば、出発もしくは到着する空港で受け取りますので、忘れる心配はありませんよ。

渡航前の設定方法

渡航前の設定は特にありません。
端末の到着後、万が一バッテリーが充電されていないことを考えて一度充電をしておきましょう。
レンタル会社によっては、到着するまでに電源を入れてはいけませんという注意がありますので、このような規定がある場合は日本国内で電源を入れることは控えてください。
万が一電源を入れてしまうと、日本国内でローミングしたことになり、料金を請求されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

現地での設定方法

現地に着いたら電源を入れた後、Wi-Fiを利用したい端末にWi-Fiのパスワードを入力して接続しましょう。
レンタルWi-Fiの背面などに記載されているパスワードを入力することで、接続することができます。
接続後は特に設定などは必要ありませんので、盗まれないようにカバンなどに入れておきましょう。

注意点

レンタルWi-Fiを利用する場合の注意点をご紹介します。
レンタルWi-Fiは、モバイルルーターをレンタルするということで、利用にあたっていくつか注意点があります。
初心者の方は特に、こちらの注意点を参考にしてみてくださいね。

高額な料金を請求されないようにする

レンタルWi-Fiの規約の中には、「日本国内で電源を入れない」といった項目がある場合があります。
もしも日本国内で電源を入れると、本来韓国でデータ通信を行うように設定したレンタルWi-Fiが、勝手に日本のインターネットに接続しようとします。
接続してしまってデータ通信を行った場合、海外でローミングを行ったという扱いとなってしまい、高額な料金を請求される場合があります。
規約の中で、日本国内で電源を入れないように規定されている場合は、絶対に電源を入れないでください。

紛失、破損に備えた保険に加入する

海外でレンタル機器を紛失、破損させた場合は修理費や損害賠償を支払う必要があります。
このようなことにならないために、各レンタル会社は保険に加入することをおすすめしています。
保険の料金は各社で異なりますが、万が一のときに備えて保険に加入することをおすすめします。

レンタルWi-Fiの口コミ評判

韓国でレンタルWi-Fiを利用した方々の口コミについてご紹介します。
韓国で利用できるレンタルWi-Fiは色々ありますが、口コミは良いのでしょうか?
実際の口コミを確認してみましょう。

グローバルWIFI

グローバルWi-Fiにはこのような口コミがありました。

良い口コミ

「通信品質がよく、快適に利用ことができた。」
グローバルWi-FiはレンタルWi-Fiの提供を昔から行っていましたので、通信品質の良さには定評がありますね。
料金はそれほど安いというわけではありませんが、通信速度は速いので品質優先の方はグローバルWi-Fiですね。

悪い口コミ

「返却したのに返却していないというメールが来て、手違いとわかったのに謝罪がなかった。」
こちらはスタッフの手違いによるものですが、手違いにもかかわらず謝罪がなかったとなると、気分を害されるのも納得できます。
レンタル会社の老舗ですので、このようなスタッフのミスにはしっかりと謝罪してほしいですね。

フォートラベル

フォートラベルにはこのような口コミがありました。

良い口コミ

「キャンペーンでお得に利用することができた。」
フォートラベルは現在キャンペーンを開催しているので、最安でレンタルWi-Fiを利用することができます。
初めて韓国に行く方は、フォートラベルで契約することをおすすめします。

悪い口コミ

「端末が大きく持ち運びに不便。」
レンタル端末は選択することができませんので、旧機種のレンタルとなった場合、機器本体の大きさが大きく重くなってしまうことがあります。
通信速度は他とあまり変わりませんが、本体が大きいと持ち運びにも不便ですし、かさばってしまいますよね。

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiにはこのような口コミがありました。

良い口コミ

「イモトさんのWi-Fiということで安心して利用することができた」
イモトのWi-Fiは、イメージキャラクターにイモトさんを起用していますので、良いイメージを抱いている方が多いようですね。
イモトさんを起用しているということは、レンタル業者の評判はイモトさんの評判にも繋がりますので、評判を良くするためにも努力していると思われます。

悪い口コミ

「接続が不安定になることがあった。」
機器の不具合等でインターネット接続が途切れてしまうことがあるようです。
このような場合は、再起動を試すことで解決する場合があります。
まずは端末の再起動、それでも直らない場合はサポートセンターに問い合わせましょう。

WI-HO!

WI-HO!にはこのような口コミがありました。

良い口コミ

「地域によって差はあるが、快適に利用できた。」
レンタルWi-Fiは現地の電波を利用していますので場所によっては繋がりにくくなりますが、都市部では快適に利用することができますよ。
通信速度も比較的早く、4G通信に対応しているエリアも多いので、日本国内同様快適にインターネットを利用できます。

悪い口コミ

「バッテリーがへたっていて半日も利用できない。」
WI-HO!で目立った口コミがバッテリーに関する口コミでした。
バッテリーが消耗していてモバイルバッテリーがなければ利用できないそうなのでWI-HO!を利用する場合はモバイルバッテリー必須のようです。

まとめ

韓国でインターネットを利用するためには、パケット定額、プリペイドSIM、レンタルWi-Fiなど様々な利用方法があります。
韓国ではフリーWi-Fiを利用できる場所が限られていますので、韓国へ渡航する場合はレンタルWi-Fiかパケット定額を利用しましょう。
レンタルWi-Fiは様々な会社がありますが、それぞれメリット、デメリットがありますので、ご自身に合ったWi-Fiをレンタルしましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら