Pocket

UNEXT光とは、フレッツ光とUNEXTがコラボレーションをしたことによって、今までより使いやすく、よりリーズナブルにインターネットができるようになったサービス。

スマホと一緒に契約をすれば、お得になったり、代理店によってはキャッシュバックもあって魅力的ですが、メリットだけでなく、デメリットも知っておきたいですよね。

今回はUNEXT光を実際に使っている人の口コミ情報を徹底的に分析して、メリット・デメリットをご紹介したいと思います。

また、他社が提供している光回線と比較をして本当にお得なのか、契約はどうなっているのか? 通信速度に関しても問題はないのか? など、気になるポイントについても解説します。

.

まずはUNEXT光の特徴をチェック

口コミ・評判からわかるUNEXT光のメリットは?

工事費・違約金が不要

新たにインターネットサービスに契約をする際に、どうしても必要になってくるのが初期費用ですよね。
これがネックで中々乗り換えに踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

しかし、UNEXT光は、今までフレッツ光回線を利用していた人であれば、工事費は一切かかりません。
更には、フレッツ光の契約期間中であっても違約金が発生しないため、気軽にUNEXT光へと切り替えることができます。

尚、フレッツ光からの転用ではない新規で契約をする場合は、別途工事費が必要になります。

スマホとセットでお得に

※上の画像は公式ページより引用

U-NEXTの格安SIM「U-mobile」をUNEXT光と一緒に契約をすれば、「スーパーファミリーバリュー」というセット割引で月額料金が安くなります。

もちろん、今までU-mobileを使っていた方も、利用することができ、今までよりもお得に使うことができちゃいます。

口コミ・評判からわかるUNEXT光のデメリットは?

ここまでは、UNEXT光のメリットをご紹介してきました。
しかしながら、転用をする前にデメリットも知っておきたいですよね。

ここからは、実際に利用している人の声を交えながら、UNEXT光のデメリットについて解説していきます。

カスタマーセンターの対応がよくない

契約後やサービスの利用中、何か困ったことがあった時に頼りにしたいカスタマーセンターですが、実際に利用している人の声を聴いてみると、あまり評判は良くないようです。

連絡をしても、中々繋がらず、ようやく繋がったと思っても、あまり良い対応ではなかったという声があります。

通信速度が悪い

インターネット回線を契約する上で、月額料金の他に重要視すべき点と言えば、通信速度ですよね。
この点、UNEXTはどうなのでしょうか。

実際に利用している人の声を集めてみましたので、ご紹介します。


もちろん、地域差や環境面による違いもあるでしょうが、かなり評判は悪いようです。

UNEXT光は、最大通信速度1Gのサービス。
この数値は、決して悪い数字ではないのですが、他の光回線やインターネットサービスに比べると実際の速度は劣ってしまっているようです。

2年縛りがある

契約期間内に解約すると違約金が請求される2年縛り……。
これが存在することによって、気軽に途中解約できなくなってしまいますよね。

通信業界では、縛りを付けるのが当たり前になってきているため、仕方ありませんが、転用してすぐに解約したい!ということになった時には大きな弊害になります。

契約前にしっかりとUNEXT光の契約期間や違約金についても調べておきましょう。

新規だと初期費用が高い

現在、フレッツ光以外の回線を利用している方は、新規で申し込みをし、開通工事を行う必要があります。
しかし、UNEXT光の初期費用は、他社に比べると若干高くなっています。

具体的には、工事費(24,000円)に加えて、ルーターも必要になってきます。
レンタルには500円/月かかり、自分で用意する場合は、家電量販店などで数千円~数万円で購入する必要があります。

.

結局、どこがいいの?

UNEXT光よりおすすめの光回線

UNEXT光よりauひかりの方がお得!

auユーザーの方には、auひかりが一番おすすめです。

auの携帯電話をお持ちの方は、auひかりとセットで利用すると、auスマートバリューが適用され、auのスマホ・タブレット・携帯電話の利用料金が最長で2年間、毎月最大2,000円も割引してもらえます。

さらに、キャッシュバックキャンペーンも実施中。
しかも、他社が行っているキャッシュバックでも類を見ない高額還元です。

また、他社インターネットサービスから乗り換えた際の違約金や初期工事費は全てauが負担してくれるため、実質初期費用も0円になります。
auユーザーの方はぜひ検討してみてください。

auひかりの詳細については、こちらのページでも解説しています。

関東ならNURO光

関東圏在住の方には、NURO光をオススメします。
無線LANやプロバイダ料も全てコミコミになって、月額料金は4,743円と格安。

しかも、回線速度は、2Gbpsと超高速なのでインターネットの遅さにストレスを感じることもありません。

また、現金30,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っており、その分を差し引くと、2年間の月額負担金額は月額3,493円になります。

さらに現在、ソフトバンクのスマホを利用しているのであれば、1台につき最大毎月2,000円割引の対象になります。
関東にお住まいの方は、ぜひチェックしてみてください。

NURO光については、こちらのページでも解説しています。

関東以外のソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光

「ソフトバンクユーザーだけど、関東圏以外だからNURO光が利用できない!」そんな方にオススメしたいのが、ソフトバンク光です。

ネットは、月額5,200円で利用することができ、現金で24,000円のキャッシュバックが付いてきます。
また、キャッシュバックと言えば、契約をしてから1年以上しないともらえないというのも珍しくありませんが、ソフトバンク光では、最短2ヵ月で受け取れるので安心です。

また、ソフトバンクユーザーは、もちろんのことながら携帯とのセット割引が利用できます。
スマホ1台に付き、最大毎月2000円を割引きしてもらえ、その上、新規の方であれば、工事費も最大24,000円を負担してもらえます。

つまり、キャッシュバックと合わせて最大48,000円もお得になってしまうんですね!
関東圏以外のソフトバンクユーザーの方には一押しのサービスです。

ソフトバンク光については、こちらのページでも解説しています。

ドコモユーザーは・・・?

ドコモのスマホを利用している方であれば、ドコモ光を選ぶという選択肢があります。
しかし、割引やキャンペーンは、正直他の回線に比べると見劣りしてしまいます……。

また、ドコモのスマホや携帯電話をセットで利用することによって、スマホの料金が割引きになるキャンペーンもありますが、家族みんなでドコモ光を使っているという場合でなければ、それほど大きな割引額にはなりません。

auひかりやNURO光は携帯割引なしでもお得なサービスですので、一度チェックして比較してみてください。

.

やっぱりUNEXT光が気になる人はこちら

フレッツ光からUNEXT光への乗り換え(転用)について解説

フレッツ光とUNEXT光の違い

UNEXT光は「光コラボレーション」と呼ばれるタイプのサービス。
UNEXTがプロバイダとフレッツ光をセットにして販売しているものです。

フレッツ光の品質・速度はそのままにインターネットとプロバイダをまとめて契約・支払いできます。

これまで、フレッツ光を利用する際は、プロバイダと光回線を別々に契約してインターネットを使っていました。
しかし、それだと、どうしても月額料金が高くなってしまっていました。
UNEXT光はこんなデメリットを解消するサービスだと言えます。

また、光回線自体は、フレッツ光のものを利用するため、違約金は一切発生することなく気軽に申し込むことができます。

※上の画像は公式ページより引用

フレッツ光と比べてどれくらいお得なの?

フレッツ光からUNEXT光へと転用すると、実際どれくらい毎月の料金がお得になるのでしょうか。
マンションと戸建でも料金が異なってくるため、分けて比較をしてみましたので、まずは下記の表をご覧ください。

タイプ 戸建 マンション
UNEXT光 5,280円 4,210円
従来のフレッツ光 5,700円 4,850円

※NTT東日本フレッツ光ネクストギガラインタイプ、2ねん割、プロバイダ「U-Pa!」の場合

表を見ると、マンション・戸建のどちらも従来のフレッツ光よりお得に利用できるのが分かります。
これを年間で換算してみたら、もっと大きな差が生まれることになり、固定費をかなり節約できます。

転用する際の注意点は?

フレッツ光回線からUNEXT光へと変更するためには「転用承諾番号」という専用の番号をNTTから取得する必要がなります。
この手続きに関しては利用するユーザーが行わなければいけません。

スマホを番号そのままで他社に乗り換える際、予約番号が必要になりますが、転用承諾番号についても、これと同じイメージを持っておけば問題ありません。
この転用承諾番号がなければ、転用手続きができないため、ご自身で取得してからUNEXT光に申し込みしましょう。

UNEXT光の提供エリアは?

※上の画像は公式ページより引用

契約をして、いざインターネットを使おうと思っても、提供エリア外だった!なんてことになっては悲しいですよね。
そうならないためにも、UNEXT光のエリアを事前に確認しておきましょう。

UNEXT光の提供エリアは、フレッツ光と全く同じです。

こちらのページでは、UNEXT光の提供エリアを詳細検索することができますので、お住まいの地域がエリア内に入っているか確認してみてください。

UNEXT光の料金プランは?

月額料金は?

戸建に住んでいてUNEXT光を申し込む場合には、「にねん割」を適用して、プロバイダ料込で5,280円/月になります。

マンションなどの集合住宅(4戸以上の建物)に住んでいる方がUNEXT光を申し込む場合は、4,210円/月となります。

ちなみに、この値段は、UNEXTが提供する「U-Pa!」というプロバイダを選んだ時の料金です。
UNEXTでは他社のプロバイダも選択できますので、他のサービスを選んだ場合は、戸建て4,200円/月、マンション3,180円/月に加え、ご自身が選択したプロバイダの料金がかかってきます。

また、マンションの状況によっては、配線方式がVDSLという方式になり、「UNEXT光01」というサービスに加入することになるケースもあります。
この場合、プロバイダ込みで2,980円になります。

転用・新規の初期費用は?

UNEXT光へ乗り換えをする際に必要な費用は、どれくらいなのでしょうか。
まず、転用・新規ともに必要となるのが、事務手数料3,000円です。(「UNEXT光01」の場合800円)

また、UNEXT光のプロバイダである「U-Pa」を新規で契約する場合にも事務手数料が別途2,000円必要になります。(「UNEXT光01」以外)

転用の場合は、以上が初期費用となりますが、新規の場合は、工事費が別途必要になります。
代表的な工事内容の場合、工事費は、24,000円となります。(「UNEXT光01」の場合、16,800円)

UNEXT光、値上げしたって本当?

UNEXT光は、2016年10月に料金改定を行いました。
この背景には、個々のデータ通信料が著しく増加し、それまでの価格での提供が難しくなったということがあるようです。

具体的には、プロバイダのU-Pa!の月額料金が300円高くなっています。
それまで利用してきた人たちの料金も同様に値上げされることになり、正式発表前にユーザーへ手紙でお知らせをしたことから、一気に利用者の不満が爆発したということがあったようです。

さらに、値上げを受けて、解約しようとした人たちは、違約金も取られることになり、カスタマーセンターへの抗議の電話が殺到したという話もあります。

UNEXT光のキャンペーンやキャッシュバックは?

最近インターネット接続サービスのキャンペーンで、人気が高まっているのが、キャッシュバックですよね。
月額料金が少々高くなっていても、これがあることによって、実質、値段が安くなるといったケースも珍しくはありません。

UNEXT光には、公式のキャッシュバックキャンペーンがありませんが、ほとんどの代理店では、キャッシュバックのキャンペーンが行われています。
代理店の中には、乗り換えによって10,000円~最大で40,000円のキャッシュバックを行っているところもありますので、気になる方はチェックしてみてください。

UNEXT光のスピードはどう?

実際のスピードは、プランや契約内容によっても異なってきますが最大速度は1Gとなっています。
これは、決して遅い速度ではありません。

しかしながら、環境や使っている地域によっても差はあるようで、実際にUNEXT光を利用している人からは、他社に比べて安定性がなく、繋がりにくいという声も挙がっています。
インターネットを頻繁に利用する人にとっては少し心配な要素だと言えそうですね。

UNEXT光のプロバイダは?

UNEXT光には「U-Pa!」と呼ばれる独自のプロバイダが存在します。
プロバイダの料金は、戸建ての場合、1,080円、マンションの場合1,030円です。

上でも少し触れましたが、ここでで注意したいことが、新規・転用に関係なく、「U-Pa!」を契約する際には事務手数料として2,000円が必要になるということです。
光コラボレーションで、プロバイダに対して別途事務手数料がかかることは珍しいので、覚えておきましょう。

また、UNEXT光では、他社のプロバイダも選択が可能となっています。
その場合、プロバイダ料金は選んだプロバイダ会社の設定金額に準じることになりますので、確認しておきましょう。

UNEXT光のテレビサービスは?

UNEXT光のテレビサービスには、「UNEXT光テレビ」があります。
これは、実のところフレッツ光の「フレッツ・テレビ」と全く同じものです。

フレッツ・テレビはBSや地デジが見られるサービスです。
フレッツ・テレビについては、こちらのページで詳しく解説しています。

基本的にはフレッツ光から光コラボレーションのUNEXT光に転用しても、引き続き利用することが可能です。
また、利用料金もそのままです。

UNEXT光にすると電話はどうなる?

電話料金は?

光回線を利用したUNEXTひかり電話を利用すれば、全国どこへかけても、3分8円という通話料で利用することができます。
また、月額利用料金に関しても、500円と格安で利用することが可能です。

電話番号は変わるの?

電話サービスの乗り換えに当たって気になることが、電話番号が変わってしまうのか? ということですよね。
その点、UNEXTの光電話は、これまで利用していた番号をそのまま引き継ぐことができるので安心です。

また、新しく電話機を購入する必要もありません。

UNEXT光の工事は?

工事内容や工事費は?

フレッツ光以外から乗り換えする場合や初めて光回線を導入する場合には、導入工事を行う必要があります。
これは、NTT東日本/西日本の指定工事業者によって行われるもので、基本的には、電話用の配管を利用して、光ファイバーケーブルの引き込みを行うという内容になります。

ただし、住宅設備の内容によっては、別の工事内容が行われる場合もありますので、事前に担当者に確認しておきましょう。

工事時間は1時間前後、開通までは、3~4週間程度が目安となっています。
工事費は代表的な例の場合24,000円となります。

UNEXT光のセキュリティパックってどう?

UNEXT光では、パソコンがウィルスにさらされてしまうことを防ぐ、独自のセキュリティパックが用意されています(500円/月)。
アメリカのセキュリティソフト大手でもあるWEBROOTのソフトウェアで、クラウド上でウイルス判定を行う最新の技術が採用されています。

これは、パソコンだけでなく、スマホにも対応していて、最大で3台の端末までインストールすることができます。

モデムなどの機器はレンタルするの?

フレッツ光から、光コラボレーションのUNEXT光へと転用する場合には、ONUに関しては今まで利用していたものをそのまま使うことができます。
新規の場合は、事業者から提供されます。

ただし、注意しなければいけないことが、ルーターについてです。
ルーターはレンタルサービスで借りることができますが、料金は500円/月×30回と少々負担が大きい印象があります。

レンタルしない場合は、家電量販店などで購入する必要があります。
値段は、スペックにもよりますが、数千円から数万円するものまで様々です。

.

もしやめたくなったら?

解約について解説!

UNEXT光の契約期間と違約金は?

UNEXT光の基本プランには、2年縛りがあります。
この期間内に解約した場合は、違約金として、解除事務手数料10,000円がかかります。

さらに、「U-Pa!」のプロバイダを利用している場合は5,000円の契約解除料も必要になります。

また、工事費が30ケ月支払いになっているため、それ以前に解約した場合は、残債の分も請求されますので、注意しましょう。

解約方法は?

解約する際はカスタマーセンター(0120-010-987)に電話しましょう。
電話では音声案内が流れますので、その指示に従って手続きを行ってください。

また、先にもお伝えした通り、契約途中での強制解約を行う場合は、解除事務手数料が別途必要になるため、注意しましょう。

また、初期契約解除制度が設けられていて、契約内容確認書を受け取ってから8日以内であれば、解約金なしで契約を解除することができます。

UNEXT光への問い合わせ方法

UNEXT光への問い合わせ方法には、メールと電話の2種類があります。
電話の問い合わせ窓口は、混み合っていることが多いようなので、繋がらない場合は、メールで問い合わせをされることをおすすめします。

問い合わせ窓口の詳細は以下の通りです。

電話番号:0120-010-987
メール:こちらから

今回は、UNEXT光のサービスについて紹介しました。
UNEXTT光は、他のサービスに比べて特別メリットが大きいサービスとは言えなさそうですね。

当サイトでは、その他のサービスについても詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

Pocket