人気光回線のひとつである、ソフトバンクでは、オプションとして、テレビサービスを付けることができます。
でも、少し料金やプラン内容が複雑だったりして分かりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はソフトバンク光でテレビを視聴する方法や料金・工事費などを詳しくご紹介していきます。

.

ソフトバンク光でテレビを視聴する2つの方法

ソフトバンク光でテレビを見るにはどのようにすればいいのでしょうか?
まずは、ソフトバンク光でテレビを視聴するための2つの方法を確認していきましょう。

ソフトバンク光テレビ

「ソフトバンク光テレビ」は光回線を利用したテレビサービスで、専用のアンテナを自宅に設置しなくても地デジやBSチャンネルを視聴することができます。

これは、スカパーJSATが提供している放送サービス「スカパーJSAT施設利用サービス」と同時契約することで利用することができるもの。
ソフトバンクに申し込めば、手続き完了です。

利用するためには、対応のチューナーとテレビが必要で、工事が必須となります。

ひかりTV

同じくアンテナが不要で光ファイバー回線を利用してテレビを視聴することができるひかりTV。

ハイビジョン画質でさまざまなコンテンツの映像を楽しむことができます。

ただし、ひかりTVはソフトバンク光が提供しているサービスではなく、株式会社NTTぷららが提供元です。
そのため、申し込む際は、NTTぷららに申し込む必要があります。

.

ソフトバンク光でテレビを視聴するために必要な料金は?

新たなサービスを利用する際に、気になるのは月々に必要な料金ですよね。
さらに無視できないのが初期費用。

いくら月額料金が安くても、初期費用が高すぎては意味がありません。
ここではソフトバンク光テレビ、ひかりテレビ、それぞれの料金に関して詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光テレビ

ソフトバンク光 テレビ

まずは、ソフトバンク光の料金からです。上の図を確認しても分かるように、台数を難題にしようとも月額料金は一定で月々660円です。
この基本料金では、地デジ・BSを見ることができ、さらにオプションを付ければ、専門チャンネルも資料可能となります。

しかし、気になるのはやはり工事費でしょうか。
テレビの台数が増えるごとに高くなっていきますので、若干割高に感じてしまうかもしれません。

しかしながら、テレビアンテナ工事をする場合、50,000円が相場となっているため、これを考えるとお得に利用することができるのではないでしょうか。

ひかりTV

ソフトバンク光 テレビ

次にひかりです。
こちらはソフトバンク光とうって変わって、初期費用は一切かからないという点が特徴です。
ただし、別途ひかりTV専用チューナーが必要で、レンタルする場合はその分の料金が発生しますので、注意が必要です。

また、月額プランですが、2,500円~となっています。
一見高いように見えますが、さまざまなコンテンツが楽しめるので、コストパフォーマンスとしてはいいとも言えるでしょう。
ちなみに地デジとBSチャンネルだけで十分という方は1,000円の「基本放送プラン」も用意されています。

.

ソフトバンク光テレビの特徴

料金が分かったところで、特徴を捉えていきましょう。
まずは、ソフトバンク光から確認していきましょう。

BS全チャンネル視聴可能

月額料金660円を支払うことで、地デジ・BSの全チャンネルを視聴することが可能です。

日本、東日本エリアによって視聴可能なチャンネル数は若干異なりますが、基本的に有名なチャンネルは網羅しているようです。

また、光回線が提供しているテレビサービスの中には地デジが観られないものも存在しますが、ソフトバンク光テレビであれば、問題なく放送をご覧いただくことができます。

アンテナなしで視聴可能

先程も説明しましたが、光回線で受信していることからもUHFアンテナやパラボラアンテナ等を設置する必要もありません。
その分、外観もスッキリしてテレビを楽しむことが可能です。

電波状況に左右されない

アンテナで放送を受信している場合、天気などに左右されやすく、雨や雷の時だと映像が乱れてしまうこともあります。
さらに、高圧線や高層ビルが近隣に立ち並んでいる場合でも同じですが、そんな状況でもストレスなく安心して視聴することができます。

提供エリアが狭い?

上記で説明したように、さまざまなメリットが挙げられるソフトバンク光テレビですが、デメリットは提供エリアが狭いことです。
特に東日本エリアの場合、関東圏+一部の地域のみでしか利用することができず、さらには戸建と集合住宅(西日本は戸建のみ)にしか対応していません。

.

ひかりTVが提供しているサービス内容は?

先程、料金の説明で、ひかりTVにはさまざまなコンテンツが用意されていると書きましたが、一体どのようなものなのでしょうか。
このサービス内容を知れば、月額料金が高くなってしまう理由も納得できるかと思います。早速確認してみましょう。

テレビサービス

テレビサービスとは、ただ単に地デジが観られるものではなく、最新の映画や海外ドラマ、アニメ、エンタメ、スポーツ、ニュースなど多彩なコンテンツが満載で、その数80チャンネル以上です。そしてそれら全てをハイビジョン画質で視聴できるのも嬉しいですよね。

ビデオサービス

DVDやBlu-rayを近くのレンタルショップに借りに出掛ける時代は終息を迎えようとしています。
これからは、インターネットを通じて気軽に観たい作品を観ましょう。
レンタル感覚ですが、返す必要もなく、貸し出し中になっていることもありません。
話題の最新作から不朽の名作まで約59,000本の映画やビデオが用意されています。

.

ひかりTVの申し込みから利用開始まで

利用を開始するまでに、何をやらなければいけないの?と不安に感じている方もいるかもしれません。
そこで、申し込みから利用開始までを簡単に説明していきましょう。

STEP1 申し込み
STEP2 会員登録証とチューナーが届く
STEP3 チューナー接続+ひかりTVの設定
STEP4 利用開始

NTTぷららが提供しているひかりTVの専用サイトから申し込みをスタートさせると、1週間前後でテレビチューナーが自宅に届きます。

それと自宅にあるモデムをLANケーブルで繋げましょう。
そしてテレビチューナーとテレビをHDMIケーブルで繋げれば利用を開始することができます。
非常に簡単な接続方法ですが、どうしても分からない場合はサポートセンターへと電話をすれば丁寧に対応してくれますので、頼ってみましょう。

.

その他にもテレビサービスはあるの?

ソフトバンク光テレビやひかりTVを申し込まなくても、テレビを観る方法はあります。
ここでは、最も代表的な例2つをそれぞれ紹介していきます。

テレビアンテナの設置

最も一般的な方法としてはアンテナを設置する方法です。
基本的には集合住宅でアンテナを設置することはできませんので、戸建のみの対応です。

設置するための費用は、地域によっても異なりますが、50,000円が相場。
一度取り付けてしまえば、テレビを観るためには月額料金は必要ありませんし、必要最低限で大丈夫という方にはおすすめです。

ケーブルテレビの利用

次にケーブルテレビを利用する方法ですが、ひかりTVなどと一緒で、さまざまなコンテンツを楽しむことが魅力的です。
しかしながら、利用するためにはソフトバンク光とケーブルテレビの両方と契約する必要があり、割高になってしまうことが懸念事項です。
しかしながら、提供エリアが非常に広いことから、他のテレビサービスが圏外だった場合におすすめです。

お得にソフトバンク光を申し込むためには?

せっかく光回線を申し込むのであれば、1番お得な窓口で契約したいですよね。

お得にソフトバンクを申し込むためにはどうすれば良いのでしょうか。
答えは簡単です。高額キャッシュバックを狙うことです。

ソフトバンクショップや家電量販店などさまざまな場所で契約することができますが、正規代理店を利用し、Webサイト経由で申し込むのが1番お得になります。

さらに正規代理店であれば、後にトラブルになることも少ないため安心です。

以下のキャンペーンサイトは、代理店の中でも1番キャッシュバックが高額となっています。
気になる方はチェックしてみてくださいね。

・24,000円キャッシュバック
・オプション加入なし
・現金振り込み
・ソフトバンク光が開通するまで、Wi-Fiルーター無料レンタル

ソフトバンク光 テレビ
ソフトバンク光 テレビ


今回ご紹介した通り、ソフトバンク光でテレビを楽しむためには2つのサービスから選択することが可能です。
初期費用は高いですが、地デジやBSチャンネルいった基本的な放送が視聴できれば十分という方は月額料金が安いソフトバンク光テレビがおすすめ。
それ以外にも多くのコンテンツを楽しみたいというのであればひかりTVを選択しましょう。
ご自身のライフスタイルに合ったものを選びましょう。