最近、その名前を聞くことが多くなったNURO光。
SONYの子会社でもあるSo-netが提供している光回線サービスです。
月額料金も安くて、何よりも通信速度が速いと評判で、関東圏在住のユーザーには、是非おすすめしたい光回線業者でもあります。

NURO光に限った話ではありませんが、光回線を自宅に導入する際に必要なのが工事ですよね。

「工事内容はどういったものなの?」
「実際に申し込みをしてからどれくらいでインターネットを開通することができるの?」など、気になっている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、NURO光の工事について詳しくご紹介していきます。

.

NURO光は申し込んでからどれくらいで開通できるの?

これに関してはNURO光に限った話ではありませんが、インターネット回線の申し込みを行った場合、実際に使用できるまでにどれくらいの時間がかかるのか疑問に思っている人も多いかと思います。
それまでに工事や機器の設定が必要になるのですが、30~40日程度かかることを想定しておけば問題ないでしょう。
もちろん、繁忙期など時期にもよりますが、そこに至るまでにどのようなステップを踏むことになるのか見ていきましょう。

申し込み以降の流れ

1、申し込み
2、NURO光の利用が可能かどうかのチェック
3、宅内工事
4、屋外工事(終了次第、インターネット使用可能)

まず、先述した通り、NURO光を利用したい場合、申し込んでから、実際にインターネットを利用できるまでに30~40日程度かかります。
これに加えて電話開通がある場合は、インターネット開通から1週間前後先になるようです。
これに関しては、ほとんどの光回線に共通して言えることですが、申し込みを行ってからすぐに利用開始できる業者はありません。
そのため、引っ越しに伴って開通したいという場合には余裕を持って申し込みを行うことをおすすめします。

工事日の確定まで

申し込みを行った後に、工事日を決定する必要があります。
NURO光だと、申し込みから2週間程度で開通センターから連絡がきます。
この際に開通センターからの電話はフリーダイヤルですので、電話を受信できる状態にしておきましょう。
NURO光の工事には「宅内工事」と「屋外工事」の2種類があり、この時に両方の日程を決定します。
どちらに関しても立ち合いが必要なため、時間を調整しておきましょう。
また、宅内工事に関してはNURO(So-net)が、屋外工事はNTTがそれぞれ行っています。タイミングが合えば、1日で終わらせることもできるようです。

工事の内容と所要時間

先に記した申し込み以降の流れを確認しても分かる通り、先に「宅内工事」を行って、その後に「屋外工事」を行います。
それぞれ、どれくらいの時間を要するのか確認してみましょう。

宅内工事

まず、宅内工事の内容ですが、ホームゲートウェイ(ONU)や光コンセントの設置を家の中で行います。
この後、家の外の壁に光キャビネットを取りつけます。
そこから光コンセントへ光回線を通す作業が行われます。
業者が自宅に到着して作業してから終了するまでに1時間くらいを想定しておけば問題ないでしょう。

屋外工事

次に行うのが屋外工事です。
この場合、電柱から設置済みの光キャビネットまで光ファイバーを敷設する作業です。
宅内工事の場合はONUなどの設置場所を事前に決めておく必要がありますが、屋外工事は特に事前準備は不要です。
こちらに関しても、家の状況などにも多少の差はありますが、1時間程度で終了します。
電線からの引き込み距離が長い場合は、少し時間がかかってしまうようです。

電話工事がある場合

屋外工事が終了した時点でインターネットの接続が可能になりますが、中にはNURO光の光電話を契約している人もいるでしょう。
その場合、電話開通のための工事は別途必要なく、番号ポータビリティなどの面倒な作業はNURO光側がすべて行ってくれます。
ただし、切り替えのために多少の時間を要するため、電話は2回目の工事から1週間前後開通までに時間がかかります。
電話が使えるようになったら、ソニーネットワークコミュニケーションズから利用開始のメールが来るようになっているので、覚えておきましょう。

.

宅内工事前に考えておきたい事・注意点は?

工事に関しては基本的に業者が行ってくれることですので、こちら側が何かを準備しておいたり、当日手伝ったりする必要もありません。

特に屋外工事に関しては何も心配することはないのですが、宅内工事に関しては少し予備知識として知っておいた方がいいことを2つご紹介します。

自宅の壁に穴が開く可能性

光ファイバーの線を屋外に取り付けてある光キャビネットへと通す方法は電話線などの既存配管を用いることがほとんどですが、稀にそれができない場合があります。
その場合、家の一部に穴を開け、そこから光ファイバー線を通すこととなります。
この場合、心配なのは穴を開けた後の処理に関してですが、そこはプロの方が行っていますので、その穴から隙間風が入らないようにパテでしっかりと埋めてくれます。
解約時も穴埋めの処理を行ってくれるので安心です。
ただし、賃貸に住んでいる方に関しては事前に大家の許可を取っておくことは忘れないでおきましょう。

どの部屋でインターネットを使うのか

工事内容に関してはプロである業者に任せておけばいいのですが、ただ以下のことについては、事前に決定しておくといいでしょう。

・インターネットをどこの部屋で、どの端末で使うのか?
・無線なのか、有線なのか?

ここまで決定していれば、ONUの設置場所を決めていなくても、これらのことを業者に伝えれば、工事もスムーズに進みますし、できる限りこちらの要望通りに設置をしてくれます。
後で「こうしておけば良かった」とならないためにも、最低限家族で話し合っておきましょう。

.

NURO光の工事費

それでも初めて利用する人にとって不安な要素は数え切れないですよね。そのひとつが工事費ではないでしょうか。
合計で2回の工事を行うNURO光は、やっぱり工事費が高いのでは?と感じている人もいるでしょう。
そこで、最後にNURO光の工事費に関してご紹介していきましょう。

基本工事費は?

それでは実際にNURO光の工事費はどれくらいかかるのでしょうか。
ズバリ40,000円です。
確かに他の光回線業者と比較をしても割高のような気もします(ちなみにauひかりのマンションタイプの場合は30,000円)。よくこの金額を一括で支払わなければいけないの?と思っている人もいらっしゃいますが、30か月の分割で支払うことになります。
そのため、1ヶ月で約1,300円の計算ですね。

キャンペーンで工事費が無料になる!

確かに一括で支払うよりは分割で支払った方が急な出費に泣くこともなくなりますが、結局同じ金額を支払うことに違いはありませんよね。
「これってどうにかすることはできないの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人もご安心ください。
NURO光が多くの人に支持されている理由がもうひとつあります。
それがキャンペーンの充実です。
通常、工事費は40,000円ですが、現在は工事費実質無料キャンペーンが行われているので、金銭的な負担なく、開通させることができます。
キャンペーンの内容は、40,000円の工事費を30ケ月に分割で割引するというもの。
つまり、1,333円×30ヶ月で、工事費が割引してもらえるということになります。

ただし、30ヶ月以内に解約すると工事費の残債が一括で請求されるので、注意してください。


関東圏在住に方には是非おすすめしたい、光回線のNURO光。
そんなNURO光の工事に関してご紹介してきました。
NURO光が開通するまでの期間は他社と比べても平均的で、申し込みを行ってから、30~40日程度要します。
また、基本的には工事内容に関して事前準備は必要ありませんが、どの部屋でインターネットを利用するかなどについては最低限決めておきましょう。
キャンペーン内容によってはキャッシュバックを受け取ることもできますので、随時チェックしてみてくださいね。

★関連記事★
NURO光を1番お得に申し込む方法とは?申し込み前に知っておきたい料金や評判も!
NURO光なのに遅いことってあるの?実際の速さはどうなの?
NURO光のしつこい電話勧誘・訪問営業!どうすれば断れるの?
NURO光のプロバイダーってどこ?料金はどれくらい?
NURO光の代理店ならココがおすすめ!キャッシュバックが高額なのはどこ?
NURO光の評判を徹底解説!口コミからわかるメリット・デメリットはコレ!
NURO光の申し込み窓口比較!1番おすすめなのはどこだっ!?
NURO光マンションの全て!加入条件や速度・工事はどうなの?
NURO光でテレビを視聴するにはどうすればいいの?ベストな方法は?
NURO光のエリアについて細かく解説!エリアの検索方法は?