Pocket

光コラボレーションとして登場しているMarubeni光、料金が安いので、乗り換えを検討されている方もいるのでは?

今回は、Marubeni光のメリットやデメリットだけでなく料金やキャッシュバックなどについても詳しくご紹介します。
Marubeni光が気になっているけれど、ちょっと不安…という方は、ぜひ参考にしてみてください。

Marubeni 光とは?

Marubeni(マルベニ)と言えば、大手総合商社として有名ですよね。
そのマルベニが、丸紅テレコムとして、通信事業にも進出し、サービスの提供を始めました。
それが、Marubeni光です。

これは、光コラボレーションと呼ばれるタイプのもので、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光をそのままMarubeniが販売し、ユーザーに提供しているインターネットサービスとなっています。

Marubeni光の口コミ・評判からわかるメリットは?

フレッツ光より安い

「Marubeni光にするとどれくらい安くなるのか?」は、選ぶプランの速度や契約期間によって料金は異なりますが、全てのプランにおいて、利用料金がフレッツ光より100~1050円安くなります。

現在フレッツ光をお使いの方は、乗り換えることで、月々のインターネット料金を抑えることができるので、この点はメリットと言えるでしょう。

プロバイダが選べる

光コラボレーションの中には、プロバイダが選べないケースも多いですが、Marubeni光では、プロバイダが選べます。
フレッツ光で使えるプロバイダであれば、どれでも対応可能なので、メールアドレスを変えたくない方やプロバイダにこだわりがある方にとってはメリットと言えるのではないでしょうか。

プランが選べる

他社の光コラボでは、プランの数が少なく、自分に合ったものを選択できない場合も多いですが、Marubeni光では、フレッツ光で提供されている複数のプランから選ぶことができ、自分に合った回線速度や契約期間などのプランに加入することができます。

とにかく安くしたいという方にとって、この点はメリットであると言えますね。

口コミ・評判からわかるデメリットは?

プロバイダが別契約&別料金

光コラボのサービスといえばプロバイダと回線がセットになっているというイメージがありますが、Marubeni光はプロバイダが別契約となっています。
つまり、Marubeni光を利用してインターネットを使うには、別途プロバイダ会社とも契約が必要になるということです。

マルベニのプロバイダ「MarubeniBB」を選んだ場合は、料金が一括で請求されますが、それ以外の場合は、別会社にプロバイダ利用料を支払う必要があります。

また、Marubeni光の料金にはプロバイダ料が含まれていません。
プロバイダとセットだと勘違いして「安い!」と思ってもプロバイダ料を足すと「計算していた金額と違う!」ということになってしまう可能性も・・・。

Marubeni光のサービスは、あくまでも回線サービスのみで、プロバイダ機能は含まれていないことを知っておきましょう。

セット割がない

光コラボのサービスでは、携帯や電気などとセットにすることで、料金が安くなるものも多いですが、Marubeni光では、セット割引が一切ありません。
格安ケータイをお使いの方は、検討の余地がありますが、auやソフトバンクなどの携帯を使っている方は、携帯とのセット割引があるサービスに申し込みをした方が、お得に利用できるでしょう。

違約金が高い

Marubeni光の違約金は、他社よりかなり高いので注意が必要です。
契約期間は、「2年」「3年」「4年」の中から選べるようになっており、どのプランを選ぶかによって違約金も変わりますが、一番高い場合だと36,000円も取られてしまいます・・・。
これだと、せっかく乗り換えをしても意味がなくなってしまいますよね。

「違約金なし」のプランもありますが、通常より料金が高くなってしまうので、おすすめできません。
「乗り換えの可能性があるかも・・・?」という方は、他の回線を検討した方がいいでしょう。

通信障害のトラブルが多い


口コミによると、プロバイダのサーバーの不具合によるトラブルが多発しているようです。
趣味で使うならまだしも、お仕事などで必要な時にネットが繋がらないということになると、かなりイライラしてしまいますよね。
インターネットの安定性を求める方は、契約しない方が安全と言えるかもしれません・・・。

━━━━━━━↓Marubeni光に契約する前に!こちらもチェック!↓━━━━━━━

Marubeni光よりおすすめなのは?

auひかり

auユーザーの方には、auのセット割があるauひかりがおすすめです!
通常料金は、他社に比べて特別安いわけではありませんが、auユーザーなら、毎月最大2,000円の割引が受けられるため、Marubeni光より大幅にコストダウンできます。

さらにキャッシュバックも大きいので、安さを求める方にはぴったりです。
インターネットの回線の安定性や速さも高く評価されているので、検討されることをおすすめします。
auひかりについては、こちらのページでも詳しく紹介しています。

auひかりの料金

期間 戸建て マンション
1年目 5,100円 3,800円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
※auユーザーの方は上の料金から最大毎月2,000円割引3,800円

(※キャッシュバックとスマホとのセット割引にはそれぞれ条件があります。)

NURO光

ソフトバンクユーザーの方にぜひおすすめしたいのが、NURO光です!
NURO光は、ソフトバンクと業務提携しているため、ソフトバンクユーザーなら携帯代が最大2,000円お得になるのです。

さらにキャッシュバックも30,000円で、工事費実質無料キャンペーンも行っています。

NURO光の料金

戸建て マンション
月額4,743円 月額1,900円~2,500円
※ソフトバンクユーザーなら、さらに最大2年間月々2,000円割引

(※スマホとのセット割引に条件があります。)

NURO光についてはこちらのページでも詳しく解説しています。

━━━━━━━↓やっぱりMarubeni光が気になる方はこちらをチェック↓━━━━━━━

フレッツ光からMarubeni光に乗り換え(転用)について解説

「フレッツ光からMarubeni光に乗り換えて何が変わるのか…?」は、気になるところですが、結論から言うと料金以外ほぼ変わりません。

プロバイダをMarubeniBBにした場合は、料金の請求が一括になりますが、それ以外のプロバイダなら、月額料金が安くなること以外に違いはないと考えて問題ないでしょう。

代表的な例だと以下の表のように値段が安くなります。

フレッツ光とMarubeni光の料金の違いは、プランによっても変わりますので、公式ホームページから確認されることをおすすめします。

ファミリータイプ マンションタイプ
フレッツ光(月額) 6,900円 4,250円
Marubeni光(月額) 5,180円 3,830円

※NTT東日本フレッツ光ネクストファミリー・100M200 M(+他社ISP)の場合・NTT東日本フレッツ光ネクストマンションギガ・1G(+他社プロバイダ)とMarubeni光(+MarubeniBB)の比較です。

Marubeni光の料金プランは?

「Marubeni光は安いことは分かったけど、どれくらい安いの?」と疑問をお持ちの方、お待たせしました。
ここからは、Marubeni光の料金の詳細について解説します。

Marubeni光で選べるプランは、基本的にフレッツ光のプランから選ぶと考えて問題ありません(一部選べないプランもあります)。
また、契約期間が「2年」「3年」「4年」から選べるようになっており、基本的には契約期間が長いほど、月々の料金は安くなっています。(その代わり途中で解約すると違約金が取られますので注意が必要です)

また、「一括プラン」と呼ばれる「半年or1年」の期間だけ利用できるプランも用意されています。
それぞれのプランの詳細は以下の通りです。
なお、以下に記載している金額には、プロバイダ料金が含まれていません。プロバイダの料金は、選ぶプロバイダによって異なりますので、ご注意ください。※料金表は公式ページより引用

一括プランの料金表(フレッツ光以外の方向け)

2年契約プラン(東日本)の料金表

2年契約プラン(西日本)の料金表

3年契約プラン(東日本)の料金表

3年契約プラン(西日本)の料金表

4年契約プラン(東日本)の料金表

4年契約プラン(西日本)の料金表

キャッシュバックキャンペーンは?

Marubeni光では、公式のキャッシュバックキャンペーンは現在行っていません。
月額の料金を安くするために、「削れるところは削る!」というスタンスのようですね。

ただし、代理店からの申し込みならキャッシュバックを行っているところもありますので、検討されるといいでしょう。
おすすめの代理店については、下の項目でも解説しています。

Marubeni光の速度は?

Marubeni光の速度は、選ぶプランによって異なりますが、一番速いプランだと最大速度は1Gbpsです。
回線自体は、フレッツ光のものを使用しているので、速さは変わりませんが、プロバイダ側の問題で、速度が落ちたり、インターネットがつながらなくなったりすることはあるようです。
これは、どの回線を選んでも起こりうるリスクですが、Marubeni光は特に「インターネットが繋がらない!」という口コミが多い回線なので、速さや安定性を求める方、インターネットのヘビーユーザーの方は、他の回線を選んだ方が安心だと言えるでしょう。

Marubeni光の対応エリアは?

Marubeni 光が使用できるエリアは、フレッツ光と同じであると考えて問題ありません。
そのため、これまでフレッツ光と契約されていた方は、Marubeni光でもサービスを受けることが可能です。

現在、フレッツ光以外の回線をお使いの方は、ご自身の住んでいる地域がフレッツ光の提供エリアに該当しているかどうか確かめておく必要があります。
フレッツ光の対応エリアは、全国の9割以上であると言われているため、ほとんどの場合は問題なく使用できますが、契約前にしっかりチェックしておいた方が安心です。
フレッツ光の対応エリアの詳細は、NTT西日本NTT東日本の公式ホームページから郵便番号検索することができます。

Marubeni光の電話サービスは?

Marubeni光の電話サービスは、NTT東日本・NTT西日本の「ひかり電話」と同じです。
基本料金は500円で、利用ができ、通話料は3分につき8円です。
また、電話機や電話番号は基本的に引き続き使うことができますが、ご契約内容などによっては引き継ぎができないケースもあるため、確認しておきましょう。

また、新規でひかり電話に申し込む場合は、工事が必要になりますので、工事費もチェックしておきましょう。
フレッツ光の「ひかり電話」については、こちらのページでも詳しく解説しています。

Marubeni光のテレビサービスはどう?

Marubeni光テレビとは?

「Marubeni光テレビ」は、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ・テレビ」と同じ内容です。
アンテナなしで、地デジ・BSのチャンネルを視聴することができるので、テレビ好きの方は申し込みを検討されるといいでしょう。

基本料金は月額600円、新規申し込み・転用に手数料はかかりません。
ただし、転用の際にテレビを追加する場合は、1840円手数料がかかります。

また、これまでフレッツ・テレビを使ったことがないという方は、新たにテレビ視聴のための工事が必要になりますので、注意しましょう。

※お使いの環境やオプションにより、料金が変わる可能性があります

※上の表は公式ページより引用

フレッツ・テレビの詳細については、こちらのページでも解説していますので、参考にしてみてください。

Huluという選択も

Marubeni光は、フレッツ・テレビ以外に「Hulu」のサービスともコラボしています。
Huluは、オンデマンドのサービスで、地デジやBSは見ることができませんが、お好きな動画を好きな時に見ることができます。
月額料金は、933円ですが、現在2週間無料トライアルキャンペーンを行っているので、気になる方はこの機会に試してみるのもいいかもしれませんね。

Marubeni光の工事は?

Marubeni光の申し込みで、工事が必要になるのは、フレッツ光以外の回線をお使いの方です。
また、フレッツ光を利用しているけれど、転用に伴い速度の速いプランに変えたいという場合も、工事が必要になります。

工事費は、住居タイプや契約内容によっても異なりますが、新規開通の代表的な例は19,000円(684円×30回払い)です。
ただし、土日・祝日に派遣工事をすると4,000円料金が高くなるので注意しましょう。

また、モデムは工事当日に持ってきてもらえるので、レンタルしたり自分で用意したりする必要はありません。
当日までにパソコン機器などの位置を決め、工事の時にモデムを設置する希望位置なども伝えるといいでしょう。

引っ越し・移転をする場合の工事は?

引越し・移転先でも引き続きMarubeni光を利用する場合は、残念ながら新たに工事費・手数料がかかってしまいます。
工事費は、配線方式によっても違いますが、24,000円ほどです。

また、「NTT東日本→NTT西日本への移転」など、エリアの変更が必要な引っ越しについては、事務手数料が追加で2,000円かかります。
エリア内での引っ越しの場合も820円の手数料がかかります。
引越しの際には、工事費+手数料がどれだけかかるのかを確認しておきましょう。

Marubeni光のプロバイダは?

丸紅テレコムが提供しているプロバイダに「MarubeniBB」というものがありますが、Marubeni光自体は、プロバイダサービスを含んでいないため、プロバイダは別途契約する必要があります。

MarubeniBB以外でも、biglobeや@nifty、wakwakなど、ほとんどのプロバイダサービスは、対応してもらえるので、自分に合ったプロバイダを選ぶようにしましょう。

MarubeniBBについて解説!

「MarubeniBB」は「Maruben光」と同じく、丸紅テレコムが提供しているプロバイダサービスです。
このサービスには、Marubeni光とは別に事務手数料や解約金が設定されているので、契約する際は注意しましょう。
料金は、以下の通りです。

MarubeniBBの月額料金と違約金

契約内容 月額料金 違約金
契約期間の定めなし 1,200円 なし
3年契約プラン 980円 5,000円
4年契約プラン 930円 5,000円

Marubeni光のメールアドレスは?

Marubeni光は、プロバイダサービスを含んでいないため、メールアドレスの付与はありません。
そのため、メールアドレスはご自身が選択するプロバイダに準ずるということになります。
ちなみに丸紅テレコムが提供している、MarubeniBBの場合、メールサービスは月額200円となっています。

また、メール容量の増加を希望する場合、1Gにつき月額100円が必要となります。
月額200円といえども、積み重なると大きな額になってしまうので、プロバイダのメールアドレスにこだわらないのであれば、gmailやyahooなどの無料メールの使用をおすすめします。

Marubeni光のセキュリティは?

Marubeni光自体には、セキュリティサービスがついていません。
MarubaniBBの有料メールサービスには、ウイルスやスパムをフィルタリングする機能が付いていますが、メールサービスが必要ない場合は、他社のセキュリティソフトを導入することをおすすめします。

Marubeni光のサポートはどう?

Marubeni光の無料サポートには、電話とメールの2種類があります。

電話は比較的つながりやすく、実際にお客様センターに電話をしてみたところ、すぐにオペレーターにつながり、丁寧に対応してもらうことができました。
口コミの中には「なかなか繋がらなかった」という声もあったので、時間帯にもよるかもしれませんが、それほど心配する必要はないでしょう。

メールは、公式ホームページの専用フォームから送信することができます。
問い合わせ窓口の詳細は以下の通りです。

問い合わせ番号:0120-1522-602(受付時間:平日9:15~18:00)
お問合せメール:こちらから

初心者さん用のサポートは?

無料の相談窓口の他に遠隔操作サポート(基本料金500円)もありますので、設定などに心配がある方は、申し込みをするといいでしょう。
その他、パソコン初心者さん向けにオンラインパソコン講座(30分1,850円)というものもありますので、検討されてみてもいいかもしれません。

━━━━━━━↓もしやめたくなったら?↓━━━━━━━

Marubeni光の解約について確認!

解約方法は?

Marubeni光と契約するなら、解約についても確認しておきましょう。
Marubeni光を解約するには、電話での申請が必要です。
解約が決まったら、以下の連絡先にて、手続きをしましょう。

解約電話番号:0120-152-602 (受付時間:平日9:15~18:00)

また、Marubeni光は、光回線のみを提供しているサービスなので、別途契約しているプロバイダにも解約申請をする必要があります。(ちなみに、プロバイダをMarubeniBBにしている方は、こちらの電話番号で、同時に解約手続きをすることができます)
解約をする際には、Marubeni光とプロバイダ会社の両方に解約申請をすることを忘れないようにしてください。

違約金はどれくらい?

上記でも説明した通り、Marubeni光の解約金は、他社に比べても高額となっていますので、事前に確認しておくことをおすすめします。
解約金の額は、契約期間や解約するタイミングによって異なります。
金額の詳細は以下の通りです。

Marubeni光の解約金

契約プラン 解約金
2ねん割 9,500円
3ねん割 12ヶ月以内 36,000円
13ヶ月~24ヶ月以内 24,000円
25ヶ月~36ヶ月以内 12,000円
38ヶ月以降 9,500円
4ねん割 12ヶ月以内 36,000円
13ヶ月~24ヶ月以内 24,000円
25ヶ月~36ヶ月以内 12,000円
37ヶ月~48ヶ月以内 9,500円
50ヶ月以降 9,500円

 

工事費の残債にご注意

上でも説明した通り、Marubeni光の工事費は分割払いとなっています。
月々の利用料と一緒に、少しずつ工事費を支払っているので、工事費の全額を払い終わる前に解約すると、未返済の工事費を一括で請求されてしまいます。
解約をする際は、工事費の残債がどれくらいあるのか、ということをチェックされることをおすすめします。

自動更新にご注意

Marubeni光の「2ねん割」「3ねん割」「4ねん割」は自動更新されますので、注意が必要です。
つまり、2ねん割の場合だと、開通から2年たてば、こちらから申請しなくても、契約が更新され、「また2年先まで利用を続ける」という約束をすることになるのです。
違約金なしで解約をするには、更新月(契約満了月)の1ヶ月間で、手続きを完了させる必要があります。
更新月はいつなのか?ということは、必ずチェックしておきましょう。
更新月を過ぎてから解約すると、違約金が請求されてしまうので、くれぐれも気を付けてください。

キャンセルできる?

Marubeni光は、クーリングオフができるサービスとなっております。
ただし、申し出が遅れてしまうと、手数料や工事費を支払わなくてはいけなくなりますので、注意してください。
キャンセルをする場合は、なるべく早く手続きをするようにしましょう。

━━━━━━━↓申し込みが決まったら?↓━━━━━━━

申し込みのおすすめは?

Marubeni光の申し込みをするなら、代理店経由で手続きをされることをおすすめします。
こちらのサイト(代理店:株式会社ラプター)なら、公式ホームページから申し込みするより、お得な特典を受けることができます。

このサイトからの申し込みなら、4ねん割の場合、戸建てなら最大2ヶ月、集合住宅なら3ヶ月分の利用料が無料にしてもらえます。
また、新規申し込みの方は、キャッシュバックが20,000円もらえます。
少しでも、お得に乗り換えたい!という方は、ぜひチェックしてみてください。


今回は、Marubeni光のサービス内容について解説しました。
現在フレッツ光でMarubeniBBのプロバイダをお使いの方にとっては、お得になるので、乗り換えを検討されてもいいかもしれません。

しかし、キャッシュバックインターネットの安定性という点には、少し不安も残ります・・・。
その点、auひかり・NURO光・ソフトバック光はおすすめできる回線ですので、迷われている方は、こちらも検討してみてください。
これらのサービスについては、以下のページでも詳しく解説しています。

NURO光のページはこちら
Auひかりのページはこちら
ソフトバンク光のページはこちら

Pocket