eo電気はケイ・オプティコムが提供

私たちの生活に欠かすことができない電気。
少しでも安くしたいけど、一体どうすれば?こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

そんな中で関西地域において注目されているのが、eo電気です。
ケイ・オプティコムという会社が供給している電気なのですが、どういった特徴があるのか確認していきましょう。

電気自由化によりeo電気が誕生

電気と言えば、これまで地域において特定の電力会社のみでしか供給を行っていませんでした。
しかしながら、2016年4月から市場独占していた数社以外でも他の企業が新規参入できるようになりました。

どうしてこうなったかの背景に関しては触れませんが、どちらにしても私たち消費者にとって「電力自由化」は非常にメリットのある制度なのです。

実際に法改正が行われた際に電力会社の再検討を行った人も多いのではないでしょうか。

ケイ・オプティコムは関西電力が親会社

この企業名を聞いても認知度は低いですが、光回線の「eo光」と言えばご存知の方も多いのではないでしょうか。

大阪府大阪市に本社を構える大手電気通信事業者です。

関西地方では主力商品である「eo光」はNTT西日本のフレッツ光に次いで2番目のシェアを獲得しています。

他にも格安SIMの「mineo」を提供していることからも、ご存知の方は少なくないでしょう。
また親会社に関西電力を持っており、電力自由化に伴って新規参入を果たしています。

自社所有の発電所

主力商品であるeo光は近畿2府4県で加入者を伸ばしていますが、eo電気も関西電力管区が供給の中心になっています。

料金プランや関西電力の違いなどに関しては後程ご紹介しますが、関西電力よりも安く電力供給をしているようです。

その理由のひとつとして挙げられるのが、自社で発電所を持たないことにあります。
実際には電力の卸し取引市場である「日本卸電力取引所(JEPX)」から約7割を調達し、残り3割を関西電力から確保しているようです。

eo電気の契約条件はeo光に加入していること

eo電気はeo光に加入していなければ、契約することができません。
正直、これがネックに感じる人も多いのではないでしょうか。

確かにeo光は関西において高シェアを誇っている光回線ですが、スマートフォンなどと連動させて他社と契約している人も少なくありませんよね。

現在eo光以外のインターネットサービスを利用中の方は、電気料金と通信費を合わせて比較してみることをおすすめします。
eo光とeo電気が同一の住所、口座振替・クレジットカードでなければ、eo電気への申し込みをすることはできないようになっています。

.

eo電気と関西電力の違いは?

実際にeo電気は関西電力から3割しか電力を供給してもらっていませんが、関西電力が100%出資した企業であることは間違いありません。

ここで気になるのが、関西電力とeo電気がユーザーの取り合いになることはないのか?ということです。

しかしながら、これに関しては、プラン内容で差別化を図っているとのこと。
一体どちらの電力会社を選択すれば良いのか、簡単に解説していきます。

プラン内容によってはお得になることも

今まで関西電力で契約をしていた人は、どのプランに加入していたでしょうか。

関西電力従量電灯A(一般家庭用プラン)であれば「スタンダードプラン」、関西電力従量電灯B(事務所やお店用のプラン)であれば「シンプルプラン」を選択することで、それぞれ約5%お得になります。

ただし、関西電力にはこれ以外のプランも存在しますよね。
「はぴeタイム」「時間帯別電灯」「時期別電灯PS」などです。

オール電化に住んでいる人や時間帯・時期によって電気料金が安くなるというプランで契約している人には、eo電気を選んでも大きなメリットは感じられません。
少し不安だなと感じる人は、公式サイト内に設置されている電気代シミュレーションを試してみてくださいね。

.

eo電気+eo光利用でもっとお得になる!?

関西電力と比較してeo光にメリットはないの?という疑問をお持ちの方も多いでしょう。

現在行われているキャンペーンと言えば2017年11月30日までの期間限定としてWebサイトから申し込むことで10,000円分の商品券が当たるチャンスがあります。
これ以外にも、eo光を契約中であればもっとお得になるキャンペーンを実施しているようです。

eo電気新規申し込みで7,000円分の商品券をプレゼント

今までeo光を契約していて、新たにeo電気を利用しようと考え中の人に朗報です。
Eo電気供給開始後、7,000円分の商品券がプレゼントされます。

面倒な手続きは一切不要。
供給開始後2ヶ月程度で利用場所住所または契約者住所に発送されます。

ただし2ヶ月以内に途中解約などをしてしまった場合は対象外となってしまうため、注意しましょう。

また、過去に「eo電気商品券プレゼントキャンペーン」を適用している場合に関しても対象外となります。

契約事務手数料・解約精算金が0円

eo電気を契約するためには光回線やスマートフォンなどと同様で契約事務手数料を最初に支払う必要があります。
これに関してはプランに関係なく1契約ごとに3,240円(税込)です。

また先にもご紹介した通り1年以内でeo電気を解約した場合は、通常だと解約精算金として3,240円(税込)が発生します。
eo光にあらかじめ加入している場合であれば、これらを無料にすることが可能です。

関電ガスeo割を新規申し込みで3,000円分の商品券をプレゼント

2017年4月から開始された「都市ガス自由化」に伴い、関西電力が新規参入を果たしました。
先にもご紹介しましたが、eo電気は関西電力のガス事業(関電ガス)とも業務提携を組んでいます。

2017年11月30日までの期間限定キャンペーンとなっていますが「関電ガスなっとくプラン(eo割)」を新規申し込みした場合に限り、3,000円分の商品券がプレゼントされます。
供給開始後3か月程度で発送されます。

eo電気とeo光を新規同時申し込みだとさらにお得

これを機にeo光に新規申し込みをしようと考えている人も少なくないと思います。
そんな方にはまとめてお得になる「eo暮らしスタート割」が適用されます。

例えば「eo光1ギガコース」と「eo電気」を同時申し込みすることで、eo光の月額料金が割引期間中は2,453円になります。

他にも「eo光テレビ」や「eo光電話」との組み合わせでもお得に利用することが可能です。ちなみ「eo光」と「eo光テレビ」を契約すれば、標準工事費が無料になります。

他サービスとのセット割が受けられる

ケイ・オプティコムが提供しているのはeo光とeo電気だけではありません。
2017年から行われている「都市ガス自由化」に伴い関西電力の都市ガス販売と業務提携を組んで、セット割を行っています。

すべてを組み合わせることによって、大阪ガス一般料金と比較して約10%お得になる場合もあります。
具体的な料金メニューに関しては関電ガスの公式サイトから確認してみてくださいね。

ちなみに格安SIMとして多くのユーザーから評価の高いmineoですが、eo電気との組み合わせで安くなるといったセットプランは行われていないようです。

.

eo電気の料金プランは?

電気サービスは内容に差はほとんどありませんが、私たちの財布に大きく影響してくる利用料金は違います。

実際に「電力自由化」が施行されてから電気料金が安くなったという人も少なくないでしょう。
それでは、安さも売りにしているeo電気の料金プランはどのようなものがあるのでしょうか。

スタンダードプラン

eo電気ユーザーで一番契約者が多いのがスタンダードプランです。
一般的な電気使用量であれば、使用量の多い少ないに関係なく関西電力の従量電灯A(一般家庭用プラン)よりもお得になります。

具体的には、電力使用量が毎月300kWhを超えた場合に関西電力従量電灯Aと比較して約5%お得になります。

基本料金は1契約ごとに1,188円。
そこから120kWh、300kWh、300kWh以上と電力量料金は加算されていく仕組みとなっています。

シンプルプラン

電気を使う場所は一般家庭だけにとどまりませんよね。
個人でお店を経営されているところなど、たくさん電気を使用するがために電気料金が高くて困っている人もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、シンプルプランです。

計算が簡単でシンプルな料金体系なのが特徴で、電気使用量が多ければ多いほどお得率がアップします。
関西電力の従量電灯B(事務所やお店用のプラン)を使っている方におすすめです。

基本料金は1契約ごとに1,030円。
1kWhごとに23.35円の電力量料金が加算される仕組みとなっています。

.

その他の注意点&チェックポイント

1年以内の乗り換え・解約で違約金が発生

eo電気を利用する上で、注意する必要があるのが最低利用期間です。これは1年間であり、途中解約・他社への乗り換えをしてしまうと解約精算金として3,240円(税込)が発生してしまいます。

他の電力会社ではどのタイミングで解約しても違約金が発生することがないことを謳っているところもあるため、ネックに感じるかもしれません。

契約してから1年以内に関西地区以外の場所へと引越しする可能性がある場合は、加入を避けた方が良いでしょう。

タイガース応援プランは終了

関西の野球球団と言えば、阪神タイガースですよね。
在阪球団ということで熱狂的ファンの人も多いのではないでしょうか。
そんなタイガースファンのために用意されていたのがタイガース応援プランです。

基本的な料金はスタンダードプランと変わらないのですが、契約することでタイガースファンには嬉しい特典が盛り沢山。

応募・抽選によって阪神甲子園球場でのすべての公式戦に招待などが含まれていました。
しかし残念ながら、2017年シーズン限定ということもあり、2017年6月30日をもって終了しています。

シンプル→スタンダードプランへの変更は無料

2017年10月現在、大々的なキャンペーンは行われていませんが、過去に行われていた「eo電気スタート割」などはスタンダードプランを選択するよりも「シンプルプラン」+「eo電気スタート割」を組み合わせた方がお得になるケースもありました。

シンプルプランに加入している一般家庭にお住まいの方は「スタンダードプラン」に乗り換えた方が得策です。
なお、eo電気では電気料金プランを変更するための契約事務手数料は一切かかりません。
そのため「スタンダードプラン」から「シンプルプラン」に変更するといった方法でも無料で行うことが可能です。

.

まとめ

関西に地盤を構える、ケイ・オプティコム。
今回は、そんな大手電気通信事業者が2016年から新たに開始しているeo電気についてご紹介しました。
プランによっては関西電力よりも安くなるということもあり、契約者数が伸びています。

また、ケイ・オプティコムが提供している関電ガスやeo光などと一緒に契約することによって、さらに月々の料金をお得にすることも可能です。

これらの料金を抑えたいと考えている人は、検討してみてくださいね。