ドコモ光に新規加入する場合には光回線の工事が必要です。
どんな工事が行われるのか、初めての場合は不安になることもあるかもしれません。
今回は、工事の内容や注意点についてご紹介します。

.

ドコモ光の新規開通工事の内容とは?

基本は光ファイバーを室内に引き込む

ドコモ光はNTTのフレッツ光の回線を使っているので、フレッツ光のエリア内ならば、引き込める範囲まで光ファイバーが来ています。
そこから家の中に光ファイバーケーブルを引き込みます。これが工事の主な内容です。

また同時に「ホームゲートウェイ」という光回線を端末に繋ぐ機械を設置してくれます。

そしてホームゲートウェイを置く場所までケーブルを引っ張ってきて、光ファイバーを接続することで工事は完了します。

建物に穴を開けることはまれ

戸建ての場合は、外からケーブルを室内に入れるために家に穴を開けなければならないのではないかと思う方もいると思います。
また、工事の申し込みの際に、「穴を開けなければいけないかもしれない」と言われた方もいるかもしれません。
穴を開けるとなると賃貸物件の場合は大家さんの許可が必要にもなってきてかなり面倒ですね。

ただし、結論から言えば、家に穴を開けるのは最終手段であり、まれな事例です。
ケーブルを引き込むのは、主にエアコンのダクトや電話線の配管など既に穴があいている部分で行われます。
どうしても最初から引き込めるような穴がない場合のみ、穴は開けられますので、あまり最初から心配しなくてもいいでしょう。

大掛かりではない

工事といえば、言葉から道路工事など大掛かりなものを想像されるかもしれません。
ただし、光回線の工事はそれほど大掛かりなものではありません。
工事というより作業的なものですので、大きな重機や多数の人出があるものではありません。

工事はドコモがやるの?

ドコモ光の工事を行うのは、ドコモではなくNTT東日本または西日本です。
なぜならば、ドコモ光の光回線はNTTのフレッツ光の回線を使用しているからです。

.

マンションの新規開通工事は?

マンションの場合は、マンションの共用設備にフレッツ光の回線が引き込まれている場合が多いです。
そうすると各部屋に光回線を分配する機器が取り付けられているので、これを使って各部屋に光回線を引き込みます。
マンションの場合は比較的工事は簡単でしょう。

.

転用の場合、工事は不要?

転用の場合は、既に利用しているフレッツ光の回線網を利用するため、基本的には工事は必要ありません。
無派遣工事といって現地では工事は行われず、契約だけ切り替わるようになります。

ただし、転用の場合でも、もともと「プレミアムでマンションタイプ」または「Bフレッツ」速度をアップグレードするための工事費用が7,600円かかり、作業員が来る派遣工事が行われます。

フレッツで以前、「ネクスト」のプランだった場合は、派遣工事は必要ありません。

.

ドコモ光の工事の注意点

派遣工事の場合は立ち合いが必要

ドコモ光の工事には、立ち合いが必要です。
ケーブルを引き込む位置や、ホームゲートウェイを置く位置などを、家の持ち主に確認しなければならないからです。
数時間はかかるので、工事を申し込む時に、立ち合いの時間を確保しましょう。

近隣住民の協力が必要な場合がまれにある

いつもそうだとは限りませんが、まれに近隣にお住まいの方の協力が必要になる場合があります。
マンションだと隣のベランダに入らないといけない場合や、戸建てだと隣の敷地内に入らなければならない場合、また私有地にケーブルを通さなければならない場合などです。

ご近所の許可がおりない、また不在である場合は工事がそこでストップしたり、延期になる場合があります。

工事をやってみないとわからない

工事は始めてみないとよくわからない場合があります。
電話線の配管に光回線を通そうと思っていたのに入らない、特殊な工事が必要だった、近くにちょうどいい電線がないなど様々な理由です。

予定通り工事が行われず、延期になる場合もあります。
すぐにインターネットが使えず不便ですが、工事の難航は想定しておいた方がいいでしょう。

役所の申請が必要な場合もまれにある

めったにないことですが、住居の都合上、役所に申請を出さなければならない場合があります。
住居が市営住宅である場合や、国道や河川に光回線を通す場合は許可が入ります。
追加で工事費用が発生するわけではありませんが、思ったよりも時間がかかりますので、注意が必要です。

申し込みから工事までに時間がかかりすぎることも

ドコモ光の工事は、申込みから工事まで時間がかかることも多いようです。

通常1ヶ月程度で開通しますが、それ以上、待たされる場合もあります。
インターネットを毎日使っている人には、不便で耐え難いですね。

とにかく引越しなどで工事が必要になった場合は、できるだけ早めに申し込みをしましょう。

★関連記事★
ドコモ光は遅い?ドコモユーザーは料金が本当にお得になるの?―ドコモ光完全ガイド―
ドコモ光テレビ・スカパーについて解説!料金やチャンネルは?
ドコモ光のプロバイダはどこが一番いいの?おすすめは?
ドコモ光の問い合わせ先一覧!困ったらここに電話すべし!