「DMM光」は、フレッツ光の回線契約とプロバイダをセットにしたサービス「光コラボ」の一つです。
「光コラボ」は2015年から始まったサービスで、フレッツ光とプロバイダを別々に契約するより料金が安くなるので、気になっている方もいらっしゃると思います。

数ある光コラボの業者の中から、DMM光を選んで本当に大丈夫なのか、DMM光のメリットやデメリット、料金や工事について、お得なセット、オプションサービスなど、DMM光について詳しくご紹介していきます。

.

まずはDMM光の特徴をチェック

DMM光とは?

DMMは動画配信や電子書籍、オンラインゲームなどを始め、格安携帯やFXまで様々なサービスを提供しているサイトです、プロバイダサービスも提供しています。

「DMM光」は、2015年から登場した「光コラボ」というサービスの一つで、DMMがNTTのフレッツ光の光回線サービスと自社のプロバイダをセットにしてユーザーに提供しているものです。

つまり、これまではインターネットを利用するためには、フレッツ光とプロバイダは別々に契約する必要がありましたが、「DMM光」なら、DMMと契約するだけでインターネットを利用できるようになるということです。

今までフレッツ光を使っていた方は、「転用」という形になり、工事もなく、そのまま使うことができます。
フレッツ光利用の場合より料金も安くなり、サービスも良くなるのでお得です。

口コミ・評判からわかるDMM光のメリットは?

ドコモ光やソフトバンク光など各社が光コラボを出している中でも、DMM光の口コミや評判はなかなか良いようです。
以下、Twitterなどでの口コミを見ながらDMM光のメリットについてお伝えします。

料金が安い


DMM光は戸建てタイプが4,820円、マンションタイプが3,780円と業界の中でもかなり安い方です。
例えば、同じ光コラボサービスのドコモ光が戸建て5,200円、マンションタイプ4,000円ですので、かなりお安いですね。

DMMモバイルとセットでお得!


DMMは、DMMモバイルというSIMフリーのデータ通信や音声通話のサービスも行なっています。
SIMフリーのスマホ等の料金とDMM光とセットにすることで毎月500円割引されます。

速い&快適


DMM光は、比較的速くて快適と評判です。DMM光に転用して遅くなったという口コミはあまり見あたりませんでした。

速度に関しては、お使いの環境によってもかなり変わってきますが、悪い口コミが少ないということは、比較的安心できるサービスだと言えるのではないでしょうか。

DMMコンテンツがサクサク利用できる


DMMが提供しているサービスのDMM動画やDMM電子書籍のダウンロードがオリジナルのダイレクトコネクトで速くなります。
DMMの動画や電子書籍のサービスを利用している方にとっては、DMM光を利用した方が速くて便利に違いありません。

契約の自動更新がない


他の光コラボでは、ほとんどの場合2年契約の自動更新があり、更新月以外に解約すると法外な違約金をとられる契約になっています。

DMM光はその点、比較的良心的で2年間の定期契約があるものの、2年目以降は解約しても違約金がありません。
縛りないと、万が一乗り換えするとなった時も、負担なく解約できるので気楽ですね。

口コミ・評判からわかるDMM光のデメリットは?

開通までが遅い


DMM光のデメリットは、人気が集中しているのか、申し込んでから開通までに時間がかかることです。
いつ使えるようになるのが、曖昧なまま放置されることも多いようで、その間のサポートの対応も良いとはいえません。

インターネットが必要になる時期が近付いているのになかなか工事してもらえないとなるとイライラしてしまうので、余裕を持って申し込んだ方がいいでしょう。

特に引越しなどで新規に光回線を契約する場合は、早めの申し込みが必要です。

支払いはクレジットカードのみ

DMM光の料金の支払いはクレジットカード決済のみです。
銀行口座からの引き落としには対応していません。

クレジットカードを持っていない方や、使用したくない方はDMM光が使えないということは1つのデメリットだと言えます。

.

つまり、どこがいいの?

DMM光よりおすすめなのはこちら

auユーザーならauひかり

auの携帯電話を使用されている方は、DMM光よりも「auひかり」の方をおすすめします。

auひかりは「auスマートバリュー」というサービスがあり、ネットとスマホをセットで申し込むと、携帯代が安くなるのでお得です。

データ定額30の契約ならば、毎月2,000円、データ定額5は1,410円の値引きがあります。
これは1台につきの値引きで、家族のau携帯にも適用可能!最大月額8000円値引きになるのでかなりお得です。

また、auひかりの回線はNTTの光回線とは別の独自の光回線ですが、速度は1Gbpsでフレッツ光と同じ!
口コミでもかなり速いと評判なので、安心です。

またauひかりは、キャンペーンがとても充実しています。
キャッシュバックも高額で、お得に乗り換えができます!
auひかりのおすすめキャッシュバックキャンペーン情報はこちら

ソフトバンクユーザーで関東エリアにお住まいならNURO光

スマホのキャリアがソフトバンクの方には、NURO光を強くおすすめします。
NURO光とは、プロバイダのSo-netが提供する光回線です。
なんと、下り最大2Gbpsと業界最速!とても安定していて速いと評判です。

また、ソフトバンクの携帯とセットで割引サービス「おうち割光セット」を適用すると、データ定額30GBで毎月2,000円、データ定額20GB、5GBで毎月1,522円、データ定額3Gケータイの場合毎月500円割り引かれます。

こちらもauひかりと同様に家族全員の合算で割り引きがされます。
ただし、残念なことに現在は、NURO光はまだ関東地方でしかサービスを行なっていません。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨木県のみの提供です。
提供地域に当てはまる方は、ぜひチェックしてみてください。
→NURO光の公式キャッシュバックキャンペーン情報はこちら

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光もおすすめ

ソフトバンクユーザーでNURO光に入れない、関東地方以外にお住まいの方は、「ソフトバンク光」があります。

NURO光と同じく携帯とのセット割引「おうち割光セット」が使えて、1人あたり最大2000円割引に!家族4人で最大8000円割引になります。

ソフトバンク光の場合は、DMM光と同じく、フレッツ光と同じ光回線を利用します。
月額料金は、戸建て5200円、マンション3800円。プロバイダはYahoo!BBのみです。
フレッツ光を使っている方は、転用となり工事はいりません。

さらにソフトバンク光には、魅力的なキャッシュバックキャンペーンがあります。
新規申し込みの場合キャッシュバック24,000円、転用の場合は11,000円。
ソフトバンクユーザーの方は検討してみてください。

→ソフトバンク光に入るならおすすめキャッシュバックキャンペーン情報はこちら

ドコモユーザーは?

ドコモユーザーには、携帯とセット割がある「ドコモ光」がおすすめと言いたいところですが、残念ながら「ドコモ光パック」の割引は他に比べてお得感が少ないと言わざるをえません。

なぜならば、セット割引の「ドコモ光パック」では、携帯電話1台のみしか割引にならず、割引率が低いからです。
家族全体で「シェアパック」にしている場合は全体的に割り引かれますが、それでも100GBで最大3000円です。

1人ですと30GBでも月1,100円、5GBのパックで月800円の値引きです。
しかも割引期間は1年間のみです。
au光と比較すると割引が少ないと感じます。

その上、ドコモ光の料金はあまり安くはなく、戸建ての場合一番安くて5,200円、マンションの場合は4000円ですのでauひかりやNURO光にした方が全体的には安くなる場合があります。

また、ドコモ光には魅力的なキャンペーンがないのに対して、au光、NUROひかりはキャッシュバックキャンペーンが充実しています。

以上のような理由からドコモ光は、必ずしもドコモユーザーにおすすめとは言えません。
安易にドコモだからドコモ光と決めてしまわないほうがいいでしょう。

.

やっぱりDMM光が気になる方は、詳細をチェック

転用って?フレッツ光と何が違う?

フレッツ光と比べてどれくらいお得なの?

転用とは、今までフレッツ光を利用していた方がプロバイダと光回線がセットになっている「光コラボ」に申し込むことです。
つまりフレッツ光を使用している方がDMM光にすることを「転用」といいます。

フレッツ光の回線を使っていない場合は、新規契約となります。
転用の場合は、工事や工事費が必要ありません。

フレッツ光と比較して月額料金がお得になるのは明白です。

例えば、フレッツ光でプロバイダがOCNの場合

.

月額1,000円程度安くなりますので、DMM光に転用する方がお得です。

転用する際の注意点は?

一度DMM光に転用するとフレッツ光に戻すことができなくなります。
フレッツ光に戻す場合には、一度解約して、新規契約することになります。

諸事情でDMM光をやめて別のプロバイダに変更したいと思っても一度解約して、新規契約することになりますので注意しましょう。

DMM光の提供エリアは?

DMM光が使えるエリアは、NTT東日本・西日本のフレッツ光の提供エリア全てです。基本的にフレッツ光のエリアは全国です。

ただし、まだフレッツ光が提供されていないエリアもあるので新規契約の場合は、公式ページのエリア検索のサイトで確認してみてください。

◆NTT東日本の方はこちら
◆NTT西日本の方はこちら

DMM光の料金プランは?2段階定額が特徴!

引用:https://hikari.dmm.com/plan/

ファミリータイプ(戸建て用)には、どれだけ使っても一律定額料金4,820円というプランと「DMM光2段階定額」というプランの2つがあります。

2段階定額プランは、3040MB(3GB)までは、月額3,820円で使えます。
3040MBを超えると、100MBあたり24円ずつ課金されます。

10,040MB(10GB)を超過すると上限の5,420円の固定料金になります。
最高でも5,420円以上請求されることはありません。

あまりインターネットを使わない方、動画などをインターネットで利用しない方は2段階定額にすると通信費を安く抑えることができます。

このようなサービスを光回線でやっているのはDMM光だけです。
他とは違った特徴的なサービスだと言えますし、インターネットのライトユーザーの方にはおすすめです。

しかし、2段階定額プランのデメリットとしては、ギガスピードプランには対応していないということが挙げられます。
回線スピードは最大100Mbps。
2段階定額プランは、速さを求める方には向いていないと言えるでしょう。

ちなみにマンションタイプは、3,780円の定額コースのみで、二段階定額のプランはありません。

またマンションは、フレッツ光対応マンションであれば、DMM光を使うことができますが、マンションの光回線への対応は大家さんや管理組合が決めますので、フレッツ光が入るかどうか確認してみる必要があります。

新規・転用の初期費用は?

DMM光の初期費用として契約手数料2,000円がかかります。
これに加えて新規の場合は、工事費用がかかります。

戸建ての場合2,000円~18,000円、マンションの場合2,000円~15,000円の工事費用です。

ちなみにフレッツ光に加入している方が、DMM光に変える転用の場合は、初期費用は契約手数料の2,000円のみです。
工事費用はかかりません。

.

DMM光のセット割

DMMは格安で携帯電話を使うことができるSIMフリーのサービスDMM mobileも提供しています。
データ通信のみのSIMタイプだとライト440円、1GB~20GBまでそれぞれ月額480円~3980円の料金です。

通話つきのSIMプランだとライト1,140円、1GB~20GBで1,140円~4,680円の月額料金です。

DMM光とDMM mobileを一緒に利用すればセット割引「DMM光mobileセット割」の対象になります。
DMM光の料金をマンションタイプでも戸建てでも、2段階定額であっても、毎月500円割引してくれます。
とてもお得ですね。

.

DMM光のキャンペーンは?キャッシュバックは?

DMM光では、春キャンペーン「DMM割引キャンペーン」が実施されています。

引用:https://hikari.dmm.com/campaign/spring/

引用:https://hikari.dmm.com/campaign/spring/

新規加入の場合12ヶ月間、毎月料金を1,000円割引、そのうえDMMのサイトで使えるDMMポイント5000ポイントをプレゼントしてもらえます。

転用の場合は12ヶ月間、毎月料金300円割引とDMMのポイント2000ポイントです。

工事費無料キャンペーン

また、こちらのキャンペーンで初期費用、新規の工事費用が無料になります!最大18,000円ですのでこれは大きいですね。

ただし、キャンペーンを適用させるには、別途申し込みが必要になるので、忘れずに手続きをしましょう。

申し込みは、こちらのページから行うことができます。

DMM光のスピードは?IPV6プラス方式って?

口コミ・評判のところでもお伝えしましたが、DMM光のスピードは、安定していて比較的速いという評判です。

これは、「V6プラス方式」が採用されていることが一つの理由だと考えられます。
DMM光は通常の接続方式であるPPPoEタイプ接続(IPv4方式)とは別にv6プラスタイプ接続(IPv6方式)も利用することができます。

つまり、2つの方式でインターネットにアクセスできるようにすることで、インターネットの混雑を避けることができるのです。

「IPv6方式」は、新しいインターネットの接続方式で、国内でもまだあまり普及していない仕組みではありますが、速度が速く、セキュリティも強化されています。

ただしv6プラスタイプ接続を使うためには、「ホームゲートウェイ」が必要です。
後述しますが「ホームゲートウェイ」とは、ブロードバンドルーターです。

DMM光からの有料のレンタル品のホームゲートウェイを、月間200円~300円を利用するか対応ブロードバンドルーターを自分で用意しなければなりません。

DMM光のダイレクトコネクトって何?

引用:https://hikari.dmm.com/speed/

DMM光で、特徴的なのは「DMMダイレクトコネクト」です。
動画や電子書籍などのコンテンツ事業をもっているDMMだからこそのサービスで、「DMM動画」と「DMM電子書籍」を「超速」でダウンロードできます。

DMMとプロバイダを直接接続するのがダイレクトコネクトで、高速通信を可能にしているのです。

例えば、他のプロバイダならダウンロードに51分13秒かかる動画ファイルもDMM光では、7分28秒でダウンロードできます。
かなり速いですよね。

DMM動画や電子書籍をよく利用される方にとってDMM光のダイレクトコネクトは必須と言えるのではないでしょうか。

DMM光のテレビサービスは?

DMM光テレビとは

DMM光テレビは、月額660円でアンテナ不要で地上波、BS、CSデジタル放送を見ることができるサービス。
実は、フレッツ光で提供されている「フレッツ・テレビ」と内容は全く同じもので、DMM動画やDMM見放題などのオンデマンドサービスとは違います。

ただしCS放送を見るためには、別途料金が必要です。
またNHKの受信料やBS放送の有料視聴料が必要で、別途契約や料金が発生します。

転用後、これまでのテレビサービスは継続できる?

DMM光に転用した場合、これまでのフレッツ光のテレビサービスはそのまま継続することができます。
また、ひかりTVに関しては、ひかりTVを運営している「ぷらら」と再度契約し直さなければなりません。

DMM光にすると電話はどうなる?

DMM光で提供されている電話サービスは、フレッツ光のものと同じ内容のものです。
DMM光にすると、転用する場合は、いままでのフレッツひかり電話サービスをそのまま引き継ぐことになります。

電話料金は?

DMM光電話は、基本料金は月額500円です。フレッツひかり電話と同じ料金ですね。

電話は固定電話へは、全国一律3分8円で、NTTのアナログ電話よりもお安くなっています。

引用:https://hikari.dmm.com/option/

また、オプションサービスとしては、

・発信者番号表示サービス 月額400円
・割り込み電話 月額300円
・発信者番号通知リクエスト 月額200円
・着信転送サービス500円

などがあります。
これらのオプションをまとめてお得セットとして月額1000円で利用することもできます。これもフレッツ光のひかり電話A(エース)と同様です。

電話番号は変わるの?

NTTで加入している固定電話の電話番号は「番号ポータビリティ」で引き継ぐことができます。
引越しで地域が変わる場合は電話番号も変わります。

転用の場合も、DMM光電話に変わっても電話番号は変わりません。

DMM光を解約した場合は、DMM光電話も解約することになり、一旦アナログ電話に戻さなければなりません。
この場合、フレッツ光、DMM光とも光電話で新規加入してもらった電話番号は使えなくなります。

NTTの加入権を持っていて、ひかり電話になる前から使っていた電話番号の場合は、解約しても番号そのまま使えます。

DMM光の工事は?

工事内容は?

フレッツ光を利用していて、転用する方は、工事は必要ありません。

新規契約の方は工事が必要となります。工事は、戸建てとマンションで違いますが、戸建ての場合、基本的に工事内容は光ファイバーの線を家の中に引き込むという内容になります。
この際は、空調の穴などから引き込むことになります。

また、工事には立会が必要になりますので心づもりをしておきましょう。

マンションなどでフレッツ光に対応している建物の場合、立会も必要なく、簡単な工事で済むケースもあります。

工事費はどれくらい?

工事費用は以下の通りで、ケースによって違います。
最大18,000円と考えておけば、大丈夫でしょう。

・戸建ての場合は2,000円~18,000円
・マンションの場合は2,000円~15,000円

DMM光電話の工事費用は以下の通りです。

・担当者派遣あり 4,500円
・担当者派遣なし 1,000円

DMM光テレビの工事費用は以下の通りです。

・光回線と同時工事 3,000円
・テレビ単独工事の場合 7,500円

引越しすることになったら?

DMM光の契約中に引越しすることになるとDMMサービスセンターで手続きをすることになります。

DMM光サービスセンター(10:00~18:00)

電話番号:0120-007-497

転居先では工事が必要になるので、工事費用がかかります。
前述した新規契約と同様の料金で特に値引きはありません。

・ファミリータイプ(戸建て)の場合は2,000円~18,000円
・マンションタイプの場合は2,000円~15,000円

の工事費用がかかります。

DMM光のオプションサービスを解説!

DMM光では、全てのオプションを最大2ヶ月間無料で使うことができます。
契約する時に無料なのでオプションをつけるように促されることもありますが、明らかに使わないものは断っておいた方が良いでしょう。

解約し忘れると、2ヶ月たつと使用料金を払わなければならなくなります。
ここからは、DMM光の主なオプションサービスについて解説します。

DMM光のセキュリティサービスってどう?

DMMのセキュリティサービスは、月額350円。
アメリカ販売シェアナンバーワンのセキュリティサービス、WEBROOT社の「SecureAnywhere™」を使っています。

最大3台のパソコンや端末で利用できます。

・ウィルスブロック
・フィッシングサイトなど悪質なサイトをブロック
・盗難や紛失の際遠隔ロック

などの機能がありパソコンなどを安心して使うことができます。

DMM光端末保障サービス

月額500円で、ノートパソコンやスマホが故障や破損した場合に修理や交換をしてくれるサービスです。
DMM光申込みの時に受け付けてもらえますが、それ以外の契約期間中には入ることができません。

.

年間の利用回数は1回までです。

データバックアップ

引用:https://hikari.dmm.com/option/#other

月額350円で、クラウド上にデータを自動でバックアップしてくれます。
25GBまで利用でき、端末が故障した場合も簡単に復旧することができます。

安心パッケージ

引用:https://hikari.dmm.com/option/#other

「安心パッケージ」は遠隔サポート、パソコンセキュリティ、データバックアップをセットにした、月額950円のオプションサービス。
パック料金になっているので、別々に申し込むより250円お得になります。

DMM光遠隔サポート

「DMM光遠隔サポート」は、月額500円で、パソコンのお困りごとを解決してもらえるオプションサービス。

これは、訪問ではなくネット上でオペレーターが対応してくれるというもので、ソフトウェアのインストールや、分からない操作を教えてもらえます。

また、パソコンだけでなく、スマホの設定やセキュリティソフト、ネット接続、プリンターなどの機器の接続、Webサイトと関連の設定やグーグルアプリの初期設定や操作、Office365の操作など、聞けることがとても多いので、パソコンが苦手な方にも便利です。

モデムなどの機器はレンタルするの?

DMM光に申し込む時に機器のレンタルについて案内がありますが、ここでもご紹介しておきましょう。

まず、モデムはNTTから提供されるので、自分で用意する必要はありません。
さらにwifi接続を希望する場合は、ホームゲートウェイを用意する必要があります。

この場合、NTT東日本の地域の方は、「フレッツ 光ネクスト ギガスマートタイプ」に申し込みするか、ご自身で同等の機器を用意しましょう。
NTT西日本エリアの場合は、オプションでレンタルをするか、自分で用意するかのどちらかです。

電話オプションを付けている場合は、100円/月、電話を申し込みしていない場合は、350円です。

DMM光への問い合わせ方法

問い合わせはメールと電話で受付されています。

何かわからないことがあれば、以下の連絡先に問い合わせをしましょう。

DMMサポートセンター

電話番号:0570-088-335
IP電話・PHSから:03-6867-1270
※24時間・365日受付
メール:こちらから

.

やめたくなったら?

もしも解約したくなったら?

DMM光の契約期間は?違約金は取られる?

DMM光の最低利用期間は、2年間(24ヶ月です)。
それまでに解約すると違約金として、9,500円が請求されます。
違約金は、利用開始から2年以内なら、一律9,500円です。

ただし、DMM光には自動更新はなく2年間で契約の縛りは終わりです。
それ以降になると違約金は発生しません。
2年目以降には違約金がないのは、利用者にとってとても有難いですね。

解約方法は、DMM光サービスセンターに電話をする形となっています。

DMM光サービスセンター(10:00~18:00)

電話番号:0120-007-497

DMM光についてご紹介しました。
DMM光は、比較的安くて、サービスがシンプルであまり無駄なものがなく、速度なども良好でユーザーのニーズをよく考えられている光コラボサービスです。

DMMのコンテンツの利用や、SIMフリー携帯を使う場合はお得なのでDMM光を利用する価値が高いと思います。
光コラボをご検討中の方は、選択肢に入れてよく検討してみてください。