今までは光回線と言えば、NTTが提供するフレッツ光が主流でしたが、近年では他の事業者のものも多く出回るようになってきており、どこで契約をするのか悩ましい問題を抱えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、お客様満足度でNTTを抜いて1位に躍り出て、テレビCMなどでもその名前を聞くようになってきたauひかりをピックアップ。

auひかりは、速度に関するユーザーの評価が高く、今までフレッツ光など他の光回線を利用してきたけど、正直「高いな」や「繋がりにくい」と感じている方におすすめの回線です。

今回は、そんなauひかりに乗り換える際に知っておきたいさまざまな情報をお届けします。

.

auひかり乗り換え前の注意点!デメリットは?

auひかりにはメリットもあれば、当然デメリットも存在します。
でも、このデメリットを知らずに契約をしてしまうと「こんなはずじゃなかった!」ということになってしまう可能性も……。
ここからは、auひかりに乗り換える際に生じてしまう5つのデメリットを確認してみましょう。

IPアドレスが固定

IPアドレスとは、インターネット上で使われている住所のようなものです。
現実世界で住所が固定されていることは何も不思議なことではありませんが、インターネットの場合、固定されていることで個人が特定されてしまったり、犯罪に狙われやすくなってしまったりというリスクもあります。
しかしながら、IPアドレスが固定されていないと使えないサービスもあり、他社ではオプション料金を取られる場合もあるので、一概にデメリットとは言えないのも確かです。

ひかり電話は2台まで

自宅で固定電話を使用している人であれば、ひかり電話に切り替える人も多いでしょう。フレッツ光の場合、電話機をいくつも使用できることからも、事務所や個人商店などには便利ですが、auひかりだと2台までしか繋ぐことができません。

確かにフレッツ光でこれをメリットに感じている人にとっては、少し厄介な問題かもしれませんが、一般家庭の場合では、さほど大きな問題ではありません。

対応プロバイダが7社

そもそもプロバイダとは、光回線をインターネットに繋げる事業者のことをいいます。
フレッツ光の場合、このプロバイダ事業者を自由に選ぶことが可能ですが、auひかりだと、その数に制限があり7社に絞られています。
しかし、プロバイダに特にこだわりがないという方にとっては特に問題はないと言えるかもしれません。

工事が必要

auひかりに乗り換える場合、工事は必須となります。
工事費に関しては実質無料キャンペーンがあるため、金銭的な負担はないですが、やはり工事を行うという手間が面倒に感じる人もいるでしょう。
さらには申し込みを行ってから工事までに多くの時間を要してしまうのは、デメリットに感じるかもしれません。
込み具合にもよりますが、引っ越しなどが多い繁忙期だと1か月ほど待たされることもあります。

エリアが限られている

auひかりは70%ほどとも言われており、住んでいる地域によっては加入できない可能性もあります。
ちなみにフレッツ光では全国のほとんどを網羅しており、90%以上とも言われていますので、この点はauひかりの弱みと言えるでしょう。

またマンションでの場合は、auひかりに対応している建物が少なく、自動的にフレッツ光となってしまうこともあります。

.

auひかりに乗り換えるメリットって何?

上のようなデメリットがあるにも関わらず、auひかりがシェアを伸ばしているのは、それ以上の大きなメリットがあるからです。

ここからは、auひかりに乗り換えた際に感じることのできる5つのメリットを紹介していきましょう。

インターネット料金が安くなる

光回線を利用してきて、「月額料金が高い」と感じたことはありませんか。
確かに自宅などでインターネットを気軽に、しかも高速通信できるところには十分魅力を感じますが、家計事情には少し厳しいお値段のような気もします。
では、auひかりに乗り換えた場合、どれくらい節約できるのかを、契約者数の多いフレッツ光と比較してみましょう。

.

上の図を見ても分かるようにフレッツ光の場合、月額料金はずっと変わらず6,100円(フレッツ 光ネクストギガファミリー・スマートタイプ、OCNの場合)です。

それに対してauひかりの場合、年数を重ねるごとに料金が安くなる方式を採用しており、1年目の時点で5,100円と1000円も安くできることが確認できます。

3年目以降は4,900円で利用でき、固定費をかなり節約することができます。

高額キャッシュバックが狙える

光回線を契約する際、最大の魅力ともいえるのがキャッシュバックではないでしょうか。どれだけ多くのキャッシュバックが発生するかによっても、どの事業者と契約するのか細かく比較する人も少なくありません。
まず、ライバルとなるフレッツ光ですが、以前は確かに派手なキャンペーンを行っていましたが、現在は多くても5,000円といったところでしょうか。

一方で、auひかりの場合は今がチャンス!公式サイトでも行っていますが、多くの代理店で高額キャッシュバックキャンペーンを組んでおり、最大48,000円もの現金還元を行っているところも存在します。

月額料金が5,000円前後とフレッツ光よりは低価格なauひかりですが、それでも高いと感じてしまう人もいるでしょう。
しかし、キャッシュバック分を考慮すると、驚きの値段で光回線を利用できることに気が付くのではないでしょうか。

通信速度が速い

いくら名前が光回線といっても、通信速度が遅くなってしまうことだって当然あります。

しかし、auひかりは光回線サービスの中でも特に通信速度が速いことで有名です。
auひかりは通信エリアを制限しており、ユーザー数もそこまで多くはありません。
そのため、混雑しやすい時間帯でも快適にインターネットを利用することができ、余計なストレスが溜まる心配もありません。

フレッツ光のメリットは全国展開していることにありますが、その分、ゴールデンタイムに混雑が起こる可能性も高いと言えます。
加入者数がトップを走り続けるフレッツ光は当然、回線利用者数も他の回線と比較して圧倒的に多いです。
多くの人が一斉に使うと、その分遅くなってしまうと言われています。

auスマートバリュー適用

auユーザーの方なら、最大毎月2,000円割引してもらえる「auスマートバリュー」を適用できるため、さらにお安く利用できます。

スマホや携帯電話、タブレット端末などでauと契約をしていない人にとって、この名前を耳にするのはCMくらいですので、「何それ?」と感じるかもしれませんが、auのスマホと固定通信サービスやWi-Fiルーターなどをセットで契約することで、自分だけでなく、家族のスマホ代も安くなるというキャンペーンです。
実際にどれだけお得になるのかに関しては契約しているパケット定額のプランによっても異なります。

.

例えば、3人家族が30Gのデータプランに契約していた場合、毎月6,000円も安くすることができてしまいます。
auユーザーであれば、確実に申し込んでおきたいですね。

他社の違約金を負担してくれるから、乗り換えが無料

「今現在他社で契約中だけど、2年間の縛りがあって、途中解約したら違約金がかかってしまう!」という方も安心してください。

他社からの乗り換えにかかる違約金や回線撤去費用などは、auひかりが全額負担してくれます。

工事費実質無料

光か支援の乗り換えする上でネックとなるのが工事費ですが、この点もauひかりなら問題ありません。
auひかりの通常の工事費は戸建て37,500円、マンション30,000円です。
しかし、これに関しても工事費実質無料キャンペーンが行われているので、自分で負担する必要がありません。

全額負担するとなると、かなり大きな出費ですが、月々の分割で割引してもらえるので、安心です。

.

他社からauひかりに乗り換えるための流れ

「光回線の乗り換えなんて今まで経験したことがない!」という人は、何からすればいいの?と迷ってしまいますよね。
ここからは、他社からauひかりに乗り換える流れを説明します。

プロバイダを選択

まずは、プロバイダの選択からはじめましょう。
auひかりでは事前に指定された7社(au one net・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・ASAHINET・DTI)より選ぶことになります。
先述した通り、これ以外のプロバイダを選択することができませんが、どのプロバイダを選んでも月額料金は一定なので、安心です。

auひかりの引き込み工事

他社からauひかりに乗り換えを行う場合、引き込みの工事を行う必要があります。この場合、元々利用していた回線の撤去工事が必要な場合は、現在お使いのサービス会社に申し込みしておきましょう。

また、工事内容に関しては業者がしっかりと行ってくれますので、特にユーザーで行うことはありません。

ただし、工事前にONU(光終端装置)が送られてきますので、設置場所を決めておきましょう。工事が終わり、接続確認ができたら、いよいよ利用開始です。

auひかり電話に電話番号を移行

ひかり電話を他の業者でも利用していた人はそのままauでも利用したい人がほとんどでしょう。
その場合、電話番号をauひかりに移行することは可能です。
しかしながら、これは元々NTTの加入電話を利用していた人限定で、光回線を申し込む際に新たに番号を発行した場合は以降不可能ですので、注意が必要です。
また、auひかりのひかり電話を利用できるのは工事終了後2週間ほど経過してからですので、それまではフレッツ光などの電話サービスを併用することをおすすめします。

元の光回線・プロバイダを解約

auひかりが開通したら、これまでの光回線・プロバイダを解約しましょう。
2年間などの縛り期間がある場合は、更新期間でなければ違約金が発生してしまいますが、フレッツ光のこれに関してはauひかりが負担をしてくれるため安心です。

しかしながら、解約した後でも請求をされてしまうことがあります。これは決して不正な請求ではなく、光回線を引き込む際に必要な工事費の残金です。特にフレッツ光の場合、この工事費を30か月の分割で支払うことになっていますので、注意が必要です。

.

フレッツ光からauひかりに転用は可能?

転用とは、フレッツ光から工事なしで、自宅のネットワーク機器の変更などを一切行わずに他社サービスへの乗り換えが可能になることです。
最近ではソフトバンクやドコモなど多くの事業者が光コラボを行っていますが、auひかりではこれを行うことができません。
フレッツ光からauひかりへと乗り換えを行うためには、必ず工事が必要となりますので、注意しましょう。

.

固定電話に加入しないと「auスマートバリュー」が使えない?

auスマートバリューの適用条件は、

・auのスマートフォンを利用していること
・ネット+光電話を利用していること

です。

「今時固定電話なんて…ひとり暮らしをしていたらスマホ1台で十分でしょ?」という方もいるかもしれませんが、光回線の基本料金でも500円。
auスマートバリューが適用されれば最低でも934円割引になるので、たとえ利用しなくても、固定電話オプションを付けておけば、お得になります。

.

auひかりはどこで乗り換えるのがお得?

auひかりに乗り換えるなら、少しでもお得に乗り換えたいですよね。
他の事業者からauひかりへと乗り換えを行う際は、どのようなことを重点的に考えて、代理店を選択すればいいのでしょうか。

高額キャッシュバックが狙える

まず1番に考えたいのが「どれだけキャッシュバック金額が貰えるか?」です。
代理店独自でキャンペーンが出されているところは多く、1番見分けが付きやすい部分でもありますが、ここで注意しなければいけないのは、見た目だけで判断してはいけないということです。

それだけ高額なキャッシュバックがあるということは、適用条件も厳しくなりますので、その点も細かくチェックしておきましょう。

キャッシュバック申請手続きが簡単

契約するときはキャッシュバックがどれだけもらえるのかに関して執着していたのにも関わらず、契約後は、案外手続きを忘れてしまうということもあります。
代理店ではこの申請手続きが複雑な場合も多く、面倒だから後回しにしていて結局受け取れなくなってしまうこともよくあるのです。

代理店の中には、キャッシュバックをなるべく支払わなくても良いように条件を複雑にしているところもあります。
そのため、こういった状態にならないためにも、申請手続きが簡単な代理店を選択しましょう。

キャッシュバック申請までの期間が短い

契約後にキャッシュバックをもらい損ねる、もうひとつの理由が期間の長さです。

中には1年以上待ってようやく申請ができるという代理店もあります。
しかし、一方では契約後数ケ月で申請手続きができる代理店も出てきていますので、チェックしてみましょう。

.

auひかりの代理店ランキング

「結局のところ、auひかりに乗り換えるためには、どこの代理店で契約した方が良いの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
確かにauひかりを扱っている代理店は非常に多く存在するため、迷ってしまいますよね。そんな方のため、最後におすすめ代理店ベスト3を発表します!

1位:NEXT

もっともおすすめしたい代理店はNEXTです。
NEXTでは、キャッシュバックキャンペーンが2種類から選ぶことができます。
ひとつはオプションなしでキャッシュバック48,000円。
もうひとつが無線LANルーター付きでキャッシュバック金額43,000円です。
自宅のどこにいてもインターネットに接続可能になる無線LANルーターは非常に便利なものですので、持っていないのであれば、そちらのプランを選択するのもアリです!

また、オプションなしでキャッシュバックを受け取ることができ、自分から申請手続きする必要もないため、「面倒なことは嫌だ!」という人にもおすすめです。

.

2位:NNコミュニケーションズ

次におすすめした代理店がNNコミュニケーションズです。
最大で47,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能で、さらには手続き方法も非常に簡単なのが魅力的。WEBからの申し込み後、代理店から電話がかかってきて、それでキャッシュバック手続きは完了です。
そのため、キャッシュバックを受け取るのを忘れていたという事態も免れることが可能です。
KDDIからも優良代理店として表彰されていますので、安心です。

.

3位JTA

続いておすすめしたい代理店がJTA。
指定プロバイダ、auひかり電話加入、12か月間継続などの条件をクリアすれば、50,000円の現金キャッシュバックが受け取れる他、1人紹介するごとに10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
さらには初期費用が無料、他社の違約金も負担してもらえる、auスマートバリュー適用で、最大で164,000円がお得になるキャンペーンが行われています。

.

.

auスマホユーザーでなければ他社の方がお得なの?

auユーザーの方は、最大2,000円割引されるので、お得ですが、auユーザーでない場合はやはり、別のサービスを選んだ方が、お得になる可能性は高いと言えます。

ソフトバンクユーザー→NURO光・ソフトバンク光
ドコモユーザー→ドコモ光

でそれぞれ携帯のセット割引を行っているので、そちらを選択した方がお得に利用できます。
格安SIMを利用されている場合は、OCN光など基本料金が安いサービスを検討されるといいでしょう。


加入者の多いフレッツ光と違い、まだまだユーザーが少ないauひかりには通信速度がスムーズになるだけでなく、月額料金がお得になるなど、さまざまなメリットがあります。

乗り換えのポイントをおさえて、お得に申し込みしてくださいね。