auひかりのマンションタイプには、色々な種類があってよくわからない!という方も多いのでは?
今回は、auひかりのマンションタイプに関するあらゆる疑問にとことんお答えします!!

.

auひかりマンションの6プラン

マンションタイプの主なプランは6種類あります。
しかし、どのプランに加入するかは、マンションの状態などで決定されるため、自分で選ぶことができません。

マンションタイプV16

ネット料金:3,800円/月
速度:最大100Mbps(上り最大35Mbps)

マンションタイプの中でも一番オーソドックスなプランが「V16」です。
マンション内の多くの契約者で、光回線をシェアするため、料金はマンションタイプの中でも一番安くなっています。

マンションタイプV8

ネット料金:4,100円/月
速度:最大100Mbps(上り最大35Mbps)

同じマンション内での契約者数が少ない場合は、「V8」というプランになります。
契約者が少ない分「V16」に比べて料金は高く設定されていますが、利用者が少ないため、インターネットは快適に利用できる可能性が高いと言えます。

マンションタイプE16

ネット料金:3,400円
速度:最大100Mbps(上り最大100Mbps )

「マンションタイプ16V」が電話線を用いた方式であったのに対し、「タイプE」は、LANケーブルを使った配線タイプです。
「タイプV」に比べると速度は速いですが、導入できるマンションは限られています。

マンションタイプE8

ネット料金:3,700円
速度:最大100Mbps(上り最大100Mbps )

LANケーブルの配線方式マンションで、契約者が少ない場合は「マンションタイプE8」に加入することになります。
こちらも契約者数が少ない分「E16 」に比べて料金が高くなっています。

マンションギガ

ネット料金:4,050円
速度:最大1Gps

「マンションギガ」はマンションタイプの中で、1番インターネットの速度が速いコースです。
ただし、このコースに申し込みできるマンションは数が少ないのが現状です。

マンションミニギガ

ネット料金:5,000円
速度:最大1Gbps

上で紹介したマンションギガの3階建て以下バージョンが「マンションミニギガ」です。
マンションギガに比べて契約者が少なくなる可能性が高いため、少し高めの料金になっていますが、その分インターネットの混雑も少ないと予想できます。

.

エリア確認は必須!

マンションプランを利用するには、auひかりの提供エリア内でなくてはいけないので、まずは、エリア検索で導入可能かどうかを調べてみてください。

auひかりのエリアは、auひかりの公式ホームページや対応プロバイダのページから調べることができます。
以下は、So-netの公式ホームぺージからエリア検索をする場合の手順です。

ステップ1:郵便番号と住居形態を入力

郵便番号を入力し、住居タイプで「マンション」を選択してください。

ステップ2:自分のマンションを選ぶ

郵便番号からその地域のマンション名一覧が表示されるので、自分のマンションを選択し、「エリア判定する」を押してください。

ステップ3:判定結果の表示

上記のステップが終われば、判定結果が表示されます。
判定結果でも契約可能なプランも確認できます。

.

違約金は?

マンションタイプの場合、違約金はありません。
しかし、いつでもやめてOKというわけではないので注意が必要です。
というのも、2年以内に解約した場合、工事費の残債が請求されてしまうからです。

工事費の残債って??

auひかりでは、工事費実質無料キャンペーンを行っています。
工事費実質無料とはどういうことか?というと、30,000円の工事費を24回に分けて割引してもらえるということです。

そのため、工事費を完全無料にしてもらうにはauひかりを24ヶ月間以上継続して利用する必要があります。
それより早く解約すると、まだ割引されていない分の工事費が一括で請求されてしまいます。
工事費の残債は以下のような計算で確認することができます。

(24–利用した月数)×1,250円

.

工事の内容は?

工事の内容は、マンションの共用部まで引き込まれた光ファイバーを光ファイバー(もしくは電話回線、LANケーブル)で宅内に配線するというものです。
当日は、部屋の中にホームゲートウェイの設置をしてもらうため、立ち合いが必要になります。(マンションの状況によっては立ち合いが必要ないケースもあります)
所要時間は30分前後だと考えておくといいでしょう。

.

マンションで自分だけauひかりに契約する方法

auひかりのマンションタイプは、お住まいのマンションがauひかりに対応していなくてはいけません。
しかし、auひかりのマンションタイプに申し込みができなくても、戸建てタイプに申し込みできる可能性が残っています。

この場合、近くの電柱から直接宅内に光回線を引き込むことになります。
電柱から引き込む場合、電柱よりも高い階への引き込みは難しいですが、低層階であれば引き込みできる可能性は高いといえます。

エリア検索で、「戸建ての申し込み可」となっている場合は、申し込みが可能ですので、相談してみましょう。

しかし、申し込み前には、必ず管理会社に許可を取らなくてはいけません。
勝手に進めてしまうと、後々トラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。

また、料金は戸建てタイプと同じになり、マンションタイプのコース料金に比べると高くなってしまうので、その点は心得ておきましょう。

.

auひかりのマンションタイプは遅い??

「auひかりのマンションタイプは遅い」という口コミがしばしば見られますが、それらの多くはVDSL方式だと考えられます。

そのため、「エリア判定」をしてみて、VDSLだった場合は、auひかりの戸建てタイプに加入できないか管理会社に交渉してみてください。

それが難しければ、他社の光回線を導入するか、据え置き型Wi-fiルーターの契約を検討されることをおすすめします。

.

マンションタイプでおすすめの申し込み窓口

NNコミュニケーションズ

auひかりのマンションタイプをご検討中の方におすすめの申し込み窓口が「NNコミュニケーションズ」です。
多くの代理店では、戸建てのキャッシュバックキャンペーンがメインとなっていますが、NNコミュニケーションズでは、戸建て・マンションに関わらず、オプションなしで40,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

また、光電話に申し込みすることで、プラス7,000円受け取ることができます。
お得にマンションプランに申し込みしたいなら、ぜひチェックしてみてください。

キャッシュバック:40,000~77,000円
月額料金:3,400円~(戸建て4,900~5,200円)

.


今回は、auひかりのマンションプランについてご紹介しました。
マンションプランは特に料金コースが多く、ややこしいですが、一度申し込みをしてみれば、詳しく案内してもらえるので、それほど心配する必要ありませんよ♪