【保存版2018年】元光回線営業マンが教える光回線の選び方&おすすめ光回線9選!

光回線選びは、なかなか大変なもの。
種類が色々あってどれがいいのか悩んでしまいますよね。
「調べれば調べるほどわからない!!」と困った経験がある方も多いのでは?それもそのはず。
光回線は、「これが1番いい」と一概に言えるものではなく、お住まいの地域やお使いの携帯電話などによって、ベストなサービスは変わってくるので、決めるのが難しいのは当然です。そこで今回は、様々な光回線の販売に携わってきた、元光回線営業マンの私がこれまでの経験をもとにおすすめのサービスをご紹介します!2017年7月現在のサービスやキャンペーンを踏まえて、最新の情報をご紹介するので、これから光回線を契約したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

.

あなたの状況別!おすすめ光回線9選はコレ!

まずは、結論から見てみましょう。
状況別のおすすめ光回線は、以下の通りです。

.

まずはご自身の携帯でセット割引が適用できるサービスを選ぶことが重要です。
また、キャッシュバック額は申し込みする窓口によっても違うので、できるだけお得な条件で契約できるところを探しましょう。

最近では、公式サイトよりも代理店から申し込みをした方が高額キャッシュバックをもらえることが多くなっています。

ただし、高額キャッシュバックを行っているからといって、すぐに飛びつくのは危険です。
というのも、高額キャッシュバックは、オプションの追加など、条件が厳しい場合もあり、結局もらえないということもあるからです。

以下では、それぞれのサービスの公式ページとおすすめ窓口をまとめています。

.

サービス名 公式ページ・おすすめ窓口
ドコモ光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(Sonet)はこちら
詳細ページはこちら
auひかり
公式ページはこちら
おすすめ窓口(代理店NNコミュニケーションズ)はこちら
詳細ページはこちら
eo光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(公式ページ)はこちら
詳細ページはこちら
コミュファ光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(代理店NEXT)はこちら
詳細ページはこちら
ピカラ光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(代理店NEXT)はこちら
詳細ページはこちら
BBIQ
公式ページはこちら
おすすめ窓口(公式ページ)はこちら
詳細ページはこちら
ソフトバンク光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(エヌズカンパニー)はこちら
詳細ページはこちら
NURO光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(公式ページ)はこちら
詳細ページはこちら
So-net光
公式ページはこちら
おすすめ窓口(公式キャンペーン)はこちら
詳細ページはこちら

.

ちなみに、電話や訪問で光回線の営業をしてくるセールスマンもいますが、営業をされてすぐにそこで契約することはおすすめしません。
というのも、すぐに契約してしまうと、契約内容の確認が不十分のままになってしまい、トラブルの原因になりがちだからです。
セールスマンの話を聞いていると、「かなり安そう!」と感じてしまうかもしれませんが、実際はそれほど安くないということもあります。
まずは、インターネットで、比較をして、どのサービス・申し込み先が一番自分にとって特なのか比較してみてください。
以下のページでは、光回線のよくあるケースや営業の上手な断り方を解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。
光回線の勧誘の上手な断り方!しつこい電話&訪問営業への対処法は?

私がおすすめしたい失敗しない光回線の選び方―3つのポイント―

ポイント1:利用料が本当にお得なところを選ぶ

まず1つ目のポイントは、利用料金が本当にお得なところを選ぶということです。
プランによっても料金は前後しますが、以下では、代表的な光回線のおおよその料金をまとめています。

.

※プロバイダ料込

月額料金を見て比較検討することは、もちろん大切ですが、本当にお得かどうか知るためには、以下についても確認する必要があります。

・月額料金は途中で上がらないか
・携帯のセット割引があるか
・キャッシュバックはあるか
・工事費はどれくらいか

月額料金は途中で上がらないか

月額料金は、それぞれのサービス・プランによって決まっており、ずっと同じ料金の場合もあれば、途中で料金が変わることもあります。
安いと思って申し込んだのに、後から料金が上がってしまっては、結局損してしまうことになりかねないので、使いはじめの料金だけでなく、その後の料金についてもチェックしておきましょう。

携帯のセット割引はあるか

月額料金を安くする1番のポイントは、携帯のセット割引をうまく利用することです。
例えば、ドコモ光なら、毎月最大3,200円、au・ソフトバンクでは、毎月最大2,000円の割引を行っています。

.

そのため、大手3キャリアの携帯をお持ちの方は特に、携帯のセット割引を意識して光回線を選ぶことをおすすめします。

キャッシュバックはあるか

お得さを見極めるためには、キャッシュバックについても、きちんとチェックする必要があります。
キャンペーンによっては、乗り換えるだけで数万円もらえることもあるので、キャッシュバックも合算して、トータルでお得になる光回線を選びましょう。

キャッシュバックについて知りたい方は、以下のページでも解説していますので、参考にしてみてください。

光回線のキャッシュバックを徹底比較!おすすめサービスはこれ!

工事費はどれくらいか

以外と見落としがちなポイントが工事費です。
工事費はサービスによって様々です。
無料~5万円までと、料金に幅があるため、お得さに影響してくる大きなポイントと言えます。
相場としては、約1.5~4万円となっていますが、最近では「工事費無料」「実質無料キャンペーン」も多く行われているので、上手に利用しましょう。

ただし、「実質無料キャンペーン」の場合は、工事費が月々の分割で割引されるため最低利用期間を過ぎずに解約してしまうと、残債を一括で請求されてしまいます。
この点についても契約前にきちんと確認しておきましょう。

工事費について知りたい方は、以下のページでも解説していますので、参考にしてみてください。

光回線の工事費、高くない?無料にする方法はあるの?

ポイント2:速度の速い光回線を選ぶ

速度の速い光回線を選ぶことは重要です。
光回線のスピードは利用状況やお使いの環境によって変わるので、一概に「どれが速い」と言えるものではありませんが、速度に関して、筆者がおすすめしたい順に並べると以下のようになります。

NURO光・auひかり>コミュファ光・ピカラ光・eo光>フレッツ光・光コラボレーション>ケーブルテレビ

光回線サービスを選んでいる時に「どちらにしよう?」と迷ったら、これを参考に決定するといいでしょう。

上で紹介した9つの光回線は、比較的速度に関して評判の良い光回線なので、この中から選ぶのであれば、まず問題ありません。

また、ケーブルテレビは、接続に同軸ケーブルを使用するため、性質上どうしても速度が遅くなってしまう傾向があり、おすすめできません。
アンテナなしでテレビを見たい場合は、光テレビサービスなどを利用するといいでしょう。

速度について知りたい方は、以下のページでも解説していますので、参考にしてみてください。

通信速度とは?必要な速度はどれくらい??

ポイント3:大手の方が安心

光回線を選ぶ上では、信頼できる大手の会社を選ぶということも大切です。
なぜなら、大手の方が、サービスが充実しており、利用開始後のフォロー体制もしっかりしている傾向にあるからです。

また、インターネットを利用するためには、光回線だけでなく、プロバイダにも申し込みする必要があります。
このプロバイダについても、大手の方が設備は充実していることが多く、比較的安定した通信速度を期待できます。

.

状況別!おすすめ光回線9選をおさらい!

上でご紹介した3つのポイントをクリアした光回線サービスが以下の9つです。

.

.

おすすめ光回線を解説!

ドコモユーザーにおすすめ!ドコモ光

画像:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

月額料金 戸建て 5,200円~
マンション 4,000円~

ドコモ光は、NTTの光回線を利用したサービス。
300万の契約数を突破している実績からも、信頼性が高いサービスだと言えるでしょう。

ドコモ光に申し込む最大のメリットは、一人で使う場合500円~1,100円、家族で使う場合800円~3,200円毎月割引してもらえ、月々の利用料金が安くなるということです。

割引額は、携帯のプランによっても変わり、家族で利用している方は特にお得になります。

ドコモ光のデメリット・注意点

・スマホを一人で使う場合、割引額が他社に比べて少ない
・キャシュバックは、現金ではなくdポイント

ドコモ光のプロバイダについて

ドコモ光では、25社のプロバイダの中から、自分で選択する形式になっており、選ぶプロバイダによって月額の料金は、変わります。

対応プロバイダの中で、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っているのは、以下の3社のみです。

.

ちなみにこの3つのプロバイダであれば、料金は変わらず、戸建てが5,200円/月で、マンションが4,000円/月となっています。

⇒ドコモ光の詳細はこちら

auユーザーにおすすめ!auひかり

画像:https://www.au.com/internet/auhikari/

月額料金 戸建て 4,900~5,200円
マンション 3,800円

auひかりは、KDDIが所有する独自の回線網で提供されているサービスで、通信速度の速さやサポートの手厚さで人気があります。

さらに
・工事費実質無料
・他社違約金負担

のキャンペーンも行われていて、乗り換えやすさも◎です。
また、auひかりについては、代理店で高額キャッシュバックが行われているので、そちらを利用した方がお得に契約できます。

auひかりのデメリット・注意点

・テレビサービスでは地デジが見られないため、アンテナが必要
・工事が必須
・1番安いプランは3年縛り

auひかりのプロバイダ

auのプロバイダは7社から選択することができます。
ただし、どのプロバイダを選ぶかによって受けられる特典が違ってくるので注意が必要です。
2017年7月のキャンペーン状況は以下の通りです。

.

特典の充実度から判断すると、auひかりのプロバイダはSo-netが1番おすすめです。
セキュリティソフト(カスペルスキー)が無料で使えるという点は、大手ならではのサービスと言えそうです。
また、BIGLOBEも高額キャッシュバックを行っています。
ただし、キャンペーンは、次々と変わっていくので、申し込みの際は、必ずそれぞれのページで、最新情報をチェックしてください。

⇒auひかりの詳細はこちら

関西のauユーザーにおすすめ!eo光

画像:http://eonet.jp/go/

月額料金 戸建て 2,953円~
マンション 2,524円~

eo光は関西電力グループが提供している光回線サービスです。
eo光もKDDIと業務提携しているため、auのスマホセット割引が適用可能!
毎月最大2,000円お得になります。
しかも、月額料金が2,953円~業界の中でも最安値級なので、固定費を大幅に削減することができます。

しかも、
・最大30,000円の商品券プレゼント
・工事費無料

といったキャンペーンも行われているので、提供エリアにお住まいの方には、非常におすすめです。

eo光のデメリット・注意点

・提供エリアが限られている
・工事必須
・はじめの1年が安い分2年目から4,953円になる
・工事までの期間が長くなる場合がある

eo光のプロバイダ

eo光は、プロバイダ一体型のサービスです。
つまり、eo光が、光回線もプロバイダもどちらの役割もやってくれるということ。

プロバイダ料は月額料金に含まれており、追加料金は発生しません。

⇒eo光の詳細はこちら

東海地方のauユーザーにおすすめ!コミュファ光

画像:https://www.commufa.jp/cp/norikaecp/

月額料金 戸建て 3,630円
マンション 5,350円

東海地方のauユーザーには、コミュファ光がおすすめです。
コミュファ光は、auの携帯割引が利用可能で、しかもキャッシュバックが、かなり高額なので、auユーザーの方が乗り換えるには、もってこいのサービスと言えます。

公式キャンペーンでは最大55,000円キャッシュバックをもらえ、代理店サイトの中には最大80,000円の高額キャッシュバックを行っているところもあります。
また、電話やテレビもお得に使えるので、これらのオプションを利用したい人には特におすすめです。

コミュファ光のデメリット・注意点

・提供エリアが狭い
・工事必須
・マンションの料金が高い
・工事までに時間がかかることがある

コミュファ光のプロバイダは?

コミュファ光は、プロバイダの事業も行っているため、特にこだわりがない場合は、「光回線+プロバイダ」がセットになったプランを選択するといいでしょう。

ただし、プロバイダを自分で選びたい方は、コミュファ光の光回線のみ契約し、他社のプロバイダを組み合わせて使うこともできます。
月額料金が高くなってしまうので、あまりおすすめできませんが、このような契約方法もあるということは覚えておくといいでしょう。

⇒コミュファ光の詳細はこちら

四国地方のauユーザーにおすすめ!ピカラ光

画像:http://www.pikara.jp/

月額料金 戸建て 4,200円~4,600円
マンション 3,280円~3,400円

ピカラ光は、四国地方限定で展開されているサービス。
auのセット割引が使えるため、auユーザーの方におすすめです。
しかも、新規申し込みで、商品券20,000円分やタブレット端末、パソコン、空気清浄器などの中から豪華プレゼントがもらえるところも嬉しいポイント。
その上、
・セキュリティ無料
・工事費無料

などのキャンペーンも充実しています。
月額料金も他社に比べて安いので、乗り換えるだけで、かなりお得になりますよ。

ピカラ光のデメリット・注意点

・提供エリアが狭い
・工事必須

ピカラ光のプロバイダ

ピカラ光は、プロバイダ一体型のサービスなので、ユーザー側でプロバイダ会社を選ぶことができません。
料金には、すでにプロバイダ料も含まれているので、基本的には月額料金以上の費用がかかることはないと考えておくといいでしょう。

⇒ピカラ光の詳細はこちら

九州地方のauユーザーにおすすめ!BBIQ

画像:http://www.bbiq.jp/

月額料金 戸建て 2,600円~
マンション 2,000円~

BBIQ(ビビック)は、九州限定で提供されている光回線サービスです。
もともと戸建て4,400円/月、マンション3,800円/月と月額料金はリーズナブルですが、さらに今ならキャンペーン中につき、戸建て2,600円/月、マンション2,000円/月で利用できます!

しかも、auユーザーなら、最大2,000円のスマホセット割引も使えるので、利用料金が激安に。
工事費も無料で、商品券10,000円分プレゼントのキャンペーンも行われています。

BBIQのデメリット・注意点

・提供エリアが狭い
・工事必須
・工事が遅くなる場合がある

BBIQのプロバイダ

BBIQは、プロバイダ一体型のサービス。
つまり、キャンペーン適用期間は、プロバイダ料も含めて、戸建て2,600円/月、マンション2,000円/月で利用できるということになります。
かなり安いですね。

⇒BBIQの詳細はこちら

ソフトバンクユーザーにおすすめ!ソフトバンク光

画像:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

月額料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円

ソフトバンク光では、「おうち割」というスマホセット割を行っており、毎月最大2,000円お得に利用できます。
また、契約者の家族のソフトバンク携帯も割引対象となるため、ソフトバンクユーザーが多い家族ほどお得になります。

また、ソフトバンク光では
・他社違約金負担
・工事費無料

といったキャンペーンも行っており、「乗り換えやすさ」というポイントでもおすすめできます。

また、ソフトバンク光は代理店による販売も積極的に行っており、高額キャッシュバックキャンペーンも多数実施されています。
そのため、代理店を上手に利用した方がお得に契約することができます。

ソフトバンク光のデメリット・注意点

・携帯セット割引には、オプション(500円/月)の加入が必須
・メール機能の利用はオプション(300円/月~)への加入が必須

ソフトバンク光のプロバイダ

ソフトバンク光では、プロバイダがYahoo!BBのみとなっているため、自分で選ぶ必要はありません。
ただし、メール機能を利用する場合は、オプションプランに加入する必要があり、300円/月~の料金がかかります。

⇒ソフトバンク光の詳細はこちら

関東のソフトバンクユーザーにおすすめ!NURO光

画像:https://www.nuro.jp/

月額料金 戸建て 4,743円
マンション 1,900円~

関東のソフトバンクユーザーの方には、NURO光がおすすめです。
NURO光はソフトバンクと業務提携しているため、ソフトバンク携帯とのセット割引を利用することができます。
そのため、スマホ代毎月最大2,000円割引を受けることが可能です。
しかも、速度は、業界最速の2Gbosで、料金も他社に比べて非常にリーズナブルなので、提供エリアにお住まいの方には、イチオシのサービスと言えます。

・30,000円キャッシュバック
・無線LAN無料レンタル
・セキュリティ無料
・工事費実質無料

とキャンペーンも充実しており、乗り換えるだけで、お得に高品質なサービスを受けることができますよ。

NURO光のデメリット・注意点

・工事が2回必要
・提供エリアがかなり狭い
・8階建て以上のマンションプランは条件を揃えることが難しい

NURO光のプロバイダ

プロバイダは、So-netのみとなっており、NURO光に加入すれは、自動的にSo-net を利用することになります。
月額料金には、プロバイダ料も含まれているため、プラスで費用を請求されることはありません。

⇒NURO光の詳細はこちら

どれにも当てはまらない方はSo-net光

画像:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

月額料金 戸建て 4,400円~
マンション 3,300円~

So-net光は、プロバイダで有名なSo-netとフレッツ光をセットにしたサービスです。
光回線自体は、NTTのものを利用するため、現在フレッツ光に加入されている方は、工事なしで利用することができます。

また、フレッツ光の工事費を払い終えていない場合は、残債を負担してもらえるので、費用のことを気にせず、すぐに乗り換えられるというメリットもあります。

また、フレッツ光以外の方が、新規で申し込みする場合は、24,000円のキャッシュバックがあるため、金銭的な負担なく、乗り換えすることができます。

So-net光のデメリット・注意点

・31ケ月以上利用すると料金が上がる
・auのスマホ割引は1,200円で他社より少ない

So-net光のプロバイダ

So-net光という名前が付いていることからもお分かりかと思いますが、So-net光のプロバイダは、So-net一択となります。
その他のプロバイダは選べませんので注意してください。

⇒So-net光の詳細はこちら

.

その他の主要光回線はこちら

フレッツ光


画像:http://bb-navi.jp/east_campaign/2nen_wari.html

月額料金 戸建て 4,900円~
マンション 3,150円

NTT東日本・NTT西日本が行っているアクセス回線サービスのことをフレッツ光といいます。
アクセス回線とは、インターネットなどの通信ネットワークです。

月額料金500円のひかり電話に加入することで、固定電話への電話料金が1分間で3分8円で通話することが可能です。
フレッツ光は契約した住宅に直接、光ファイバーを接続するため、回線速度が速く通信速度が安定しています。

しかも、
友達紹介キャンペーンで、友達一人を紹介で3000円キャッシュバック!
友達を紹介するたびに受けることができ、紹介された方にも3000円キャッシュバックをもらえます。

対象プランを2年間契約することにより月々の利用料がお安くなり、合計最大16,800円お得に利用できます。

フレッツ光のデメリット・注意点

・スマホセット割がない
・キャンペーンやキャッシュバックが少ない
・プロバイダと別途契約が必要なので、支払いや手続きが面倒

フレッツ光のプロバイダについて

フレッツ光では、アクセス回線サービスの契約の他に、プロバイダの契約が別で必要です。
プロバイダ契約での初期費用は無料です。
フレッツ光で利用できるプロバイダは10種類以上あり、金額は最安値で月額500円からあります。

ビッグローブ光


画像:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/

月額料金 戸建て 4,980円
マンション 3,980円

ビッグローブ(BIGLOBE)光は、フレッツ光のサービスとプロバイダサービスがひとつになったサービスです。
三大特典として、
・工事費が無料
・キャッシュバック25000円
・無線LANルーター(構内情報通信網)1年間使用料0円(無料)

があります。

また、KDDIが提供するauのスマートバリューを一緒に契約することで、毎月最大2,000円の割引を受けることが可能です。

ビッグローブ光の注意点・デメリット

・公式サイトからの申し込みではキャッシュバックがほとんどない
・申し込み窓口によって料金設定が違う場合があるので、確認が必要
・更新月以外の解約には違約金がかかる

ビッグローブ光のプロバイダについて

ビッグローブ(BIGLOBE)光のプロバイダですが、当然のことながら、BIGLOBEです。
このプロバイダ料金は、光回線のサービス料金に含まれているので、別途支払う必要はありません。
また、フレッツ光でプロバイダをBIGLIBEにしている方は、簡単な手続きでスムーズに転用が可能です。

OCN光


画像:https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari/tenyo.html

月額料金 戸建て 5,100円~
マンション 3,600円~

OCN光は、プロバイダと光回線をセットにした光コラボです。
一戸建ての場合は、月額5,100円(割引前6,200円)、アパートなどの集合住宅では、月額3,600円(割引前4,700円)で利用が可能。
通信速度は最大1Gbpsです。
OCNのプロバイダにこだわりがある人に選ばれています。

OCN光の注意点・デメリット

・スマホセット割がない
・IPv6のサービスがない
・他の光コラボと比べてそれほど安くない

OCN光のプロバイダについて

通常は、アクセス回線の他にも、プロバイダ契約が必要ですが、COM光はその必要がありません。
アクセス回線と一緒にプロバイダ契約もまとめて行ってくれる仕組みです。
COM光では、プロバイダとアクセス回線が同じ業者で、NTTグループが提供しています。
契約後に数あるプロバイダの中から選んで契約する手間が省けるところもメリットです。

TSUTAYA光


画像:https://www.discas.net/netdvd/dcp/hikaric.html

月額料金 戸建て 5,200円~
マンション 3,300円~

※プロバイダ料別

DVDやCDのレンタルショップとして有名なTSUTAYAが提供している光回線サービスです。

TUTAYA光で何よりも嬉しいのは「動画見放題」のサービス!
TSUTAYA DISCASで配信される約8000タイトルの動画から好きなものを選んで観ることが出来ます。

さらに、新作・準新作も毎月2~3本無料で視聴可能!
映画・ドラマファン必見の特典です。

料金は高めですが、よくTSUTAYAを利用するという方は検討してみてもいいかもしれません。

TSUTAYAの注意点・デメリット

・光コラボでありながら、プロバイダ料が別なので、別途契約手続きが必要。そのため、料金も高くなる
・契約期間が3年
・スマホセット割引がない
・キャッシュバックがない
・支払い方法がクレジットカードのみ

TSUTAYA光のプロバイダについて

TSUTAYA光は別途プロバイダ契約が必要です。
そのためTUTAYA光の月額料金にプラスして、毎月約500円~1,000円のプロバイダ料金がかかると考えておきましょう。

格安プロバイダと契約すれば、月額料金をより安く抑えることもできますが、不安定な通信では映画が途中で停止してしまうことも…。
「動画見放題」というメリットを生かすためにも通信の安定している大手プロバイダと契約をする方がおすすめです。

Marubeni光


画像:http://www.mtc.co.jp/marubenihikari/

月額料金 戸建て 5,180円~
マンション 3,830円~

Marubeni光は日本を代表する総合商社、丸紅テレコムが提供している光回線サービスです。
CMや広告などの宣伝にあまり力を入れていないため知名度は低いですが、知る人ぞ知る光回線となっています。
契約年数は、2年、3年、4年で選べるようになっており、4年契約の割引率が高くなっています。

Marubeni光は正規販売代理店のラプターから申し込むのがおすすめです。
公式サイトには載っていないので見逃してしまいがちですが、ラプターから申し込めば高額なキャッシュバックを得ることが出来ます!
・戸建て⇒33,000円
・マンション⇒22,000円

Marubeni光のデメリット・注意点

・プロバイダは別途契約が必要なので、高くなりがち
・スマホセット割引がない
・違約金が高い(一番高い場合36,000円)
・通信障害のトラブルが多い

Marubeni光のプロバイダについて

Marubeni光は別途プロバイダを選ぶことが出来ますが、公式サイトでも推しているMarubeniBBがおすすめです。

MarubeniBBは「Marubeni光」「フレッツ光ネクスト」など限定した光回線サービスのみ使えるプロバイダのため、利用者は少数!
つまり、混雑が起こりにくいため通信速度が大変速く、動画の編集やゲームなど大きな負荷のかかる作業も快適に進められます。

さらに4年間使用すると月額1,200円⇒930円となり大変お得です。

ぷらら光


画像:https://www.plala.or.jp/

月額料金 戸建て 4,800円~(ひかりTVあり:5,700円~)
マンション 3,600円~(ひかりTVあり:4,500円~)

ぷらら光はNTTグループのぷららが提供している光回線サービスです。
基本料金が安く、とにかく料金を抑えたいという人に選ばれています。

また、フレッツ光に加入していない場合、新規申し込みで高額なキャッシュバックを受けることが出来ます。
・ぷらら光に新規申し込み⇒35,000円
・ぷらら光+ひかりTV(2年契約)に新規申し込み⇒55,000円
・既にフレッツ光に加入している場合で、新規申し込み⇒最大30,000円キャッシュバック!

さらにひかりTVと併せてよりお得になるのも魅力的!
通常の申し込みだと2年間月額2,500円のひかりTVが、ぷらら光と同時契約することで月額900円に!
ぷらら光に申し込むなら、50チャンネル以上見放題のひかりTVとの同時申し込みがおすすめです。

ぷらら光のデメリット・注意点

・回線が遅い
・営業電話が多い

ぷらら光のプロバイダについて

ぷらら光は、プロバイダと一体型となっています。
つまり、別途プロバイダ契約をする必要がないため支払うのはぷらら光の月額料金のみ!

ぷらら光が一括して運営しているためコストも下がり、別途プロバイダ契約をするよりも毎月約1,000円もお得になります。

DTI光


画像:http://dream.jp/ftth/dti/

月額料金 戸建て 3,600円~
マンション 2,400円~

DTI光はNTT東日本とNTT西日本が提供する光回線サービスです。
DTI光に加入するメリットは以下の通りです。
・新規限定で19,000円キャッシュバック
・東日本でADSL回線を使用している場合工事費無料
・開通月の月額料金が無料

さらに3つの割引サービスも展開しています。
・auと同時利用で月額最大1,200円割引
・SIMカード同時利用で月額150円割引
・東京ガスのガス・電気セット割の同時利用で月額最大250円割引

また、DTI光には最低利用期間や違約金が無いため、いつでも好きな時に解約出来ます。
ともすると1万円以上の違約金がかかるものも多い中、更新手数料や解約金がかからないのは大きなメリットです。

2015年に20万件以上のデータをもとにして行われたRBB SPEED AWARDではDTIが優秀賞を受賞しています。

DTIのデメリット・注意点

・キャッシュバックが低め
・転用の場合キャッシュバックがない
・速度が遅いかも…

DTI光のプロバイダについて

DTI光は光回線とプロバイダが一体となっています。
そのため、別途プロバイダ料金がかかることはありません。

公式サイトでは料金シミュレーションを行うこともできるので、一度覗いてみるのもおすすめです。

.

主要光回線20社比較!!

ここまで、私のおすすめ光回線をご紹介してきましたが、「やっぱり他のサービスも気になる!」という方もいるかもしれませんね。
以下では、主要光回線20社を比較していますので、参考にして、自分に合ったサービスを探してみてください。(スマートフォンの方はこちらからも表をご覧いただけます。)

.

サービス名 月額料金 キャッシュバック 工事費 スマホ割
戸建て マンション
フレッツ光 5,100円~ 3,450円~ なし
(代理店あり)
あり ×
ドコモ光 5,200円~ 4,000円~ 10,000円分 あり
auひかり 4,900円~ 3,800円 なし
(代理店あり)
実質無料
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 なし
(代理店あり)
無料
NURO光 4,743円 1,900円~ 30,000円 実質無料
(ソフトバンク)
eo光 2,953円~ 2,524円~ 最大30,000円 無料
(au)
コミュファ光 3,630円 5,350円 最大55,000円 無料
※1

(au)
ピカラ光 4,200円~ 3,280円~ 20,000円分 無料
(au)
BBIQ 2,600円~ 2,000円~ なし 無料
(au)
So-net光 4,400円~ 3,300円~ 24,000円 あり
(au)
ビッグローブ光 4,980円 3,980円 25,000円 実質無料
(au)
OCN光 5,100円~ 3,600円~ なし
(代理店あり)
あり
(OCN mobile)
JCOM 5,000円前後 5,000円前後 最大30,000円 あり
(au)
DMM光 4,820円 3,780円 1,000円分 無料
(DMM mobile)
エキサイト光 4,360円 3,360円 なし あり ×
U-NEXT光 4,200円~ 3,180円~ なし
(代理店あり)
あり
(U-mobile)
TSUTAYA光 4,500円~
※2
3,000円~
※2
なし あり ×
Marubeni光 5,180円 3,830円 なし
(代理店あり)
あり ×
ぷらら光 4,800円 3,600円 最大35,000円 あり ×
DTI光 4,800円 3,600円 最大15,000円 あり
(DTI SIM)

※1:オプション加入条件あり
※2:プロバイダ料別

まとめ

いかがでしたか?
今回は、光回線の選び方とおすすめサービスについて解説しました。

光回線サービス選びは、難しいと感じがちですが、お伝えしたポイントをおさえておけば、スムーズに決めることができると思います。
最後にもう一度、筆者のおすすめの光回線をまとめておきます。
ご自身の状況に合わせて、ベストな光回線を見つけてくださいね。

.

.

おすすめ光回線を検索

住居タイプ
都道府県
重視するポイント
お使いの携帯キャリア



スポンサードリンク



【7社比較】ビッグローブ光のキャッシュバックで損しない方法!1番お得なキャンペーンと注意点は?

光回線サービス完全ガイド

ビッグローブ光を1番お得に申し込めるのはココ! ビッグローブ光を1番お得に申し込める窓口は、現在のインターネット契約状況によって変わります。 ご利用状況別で最もキャッシュバック額が大きいキャンペーンは以下の通りです。 ・・・・

【7社比較】ビッグローブ光のキャッシュバックで損しない方法!1番お得なキャンペーンと注意点は?

光回線サービス完全ガイド

ビッグローブ光を1番お得に申し込めるのはココ! ビッグローブ光を1番お得に申し込める窓口は、現在のインターネット契約状況によって変わります。 ご利用状況別で最もキャッシュバック額が大きいキャンペーンは以下の通りです。 ・・・・

【徹底調査】コミュファ光の工事について詳しく解説!費用や注意点も紹介

コミュファ光

東海地方で人気のコミュファ光。 加入を検討されている方も多いのではないでしょうか。 加入にあたり実際にどんな工事をするのか、どれくらい期間がかかるかなど分からず不安…という方もいるでしょう。 今回は、コミュファ光を安心してお申し込みできるよう、工事について徹底調査しました。 工事の流れや費用、注... 記事ページへ

【本当の評判】楽天コミュニケーションズ光は最安で速度も問題なし?最大15,000円得する方法も

光回線サービス完全ガイド

あなたは今、「料金が安くなるなら楽天コミュニケーションズ光に乗り換えようかな・・・」とお考えではありませんか? でも、料金だけで選んでしまうと、失敗することもあるのが、インターネットサービスの怖いところですよね。 そこで、このページでは、楽天コミュニケーションズ光の口コミを徹底的に調査し、良い点・悪... 記事ページへ

【徹底調査】eo光の工事内容は?利用の流れや注意点・配線・機器も解説

eo光

eo光は「毎月の料金が安く・快適にネットができる!」と大人気の、近畿地方エリア限定で提供されている光回線サービスです。 eo光を新たに申し込む際には、利用開始までの流れや工事内容が気になりますよね? 自宅にはどんな機器が設置されるの? 配線工事の内容は? 工事の注意点は? などなど、eo光... 記事ページへ

【徹底調査】コミュファ光電話サービス詳細!オプションや電話番号の引継ぎについても解説!

コミュファ光

「月々の支払いが高額になってきたので、ネット、電話、テレビも一緒にお得に使えるコミュファ光に乗り換えを検討している。」 そんな人も多いのではないでしょうか。 この記事ではコミュファ光の電話サービスについて徹底解説しています。 これを読めば、オプションや割引キャンペーンなどについてもわかり、安心して... 記事ページへ

【徹底調査】auひかりの評判まるわかり!デメリット・注意点も詳しく解説

auひかり 光回線サービス完全ガイド

ねぇねぇ、ぴかじぃ。auひかりって何?auは携帯会社じゃないの? auひかりは、今人気のインターネット接続サービスじゃ。たしかにauと聞くと携帯のイメージが強いが、KDDIはインターネット事業にも参入しているんじゃよ! そうなんだー!!KDDIってすごいんだね! . auひかりとは? au... 記事ページへ

【評判まとめ】ビッグローブ光の速度や料金はどうなの?デメリットや注意点はある?

光回線サービス完全ガイド

ビッグローブは、長い歴史を持つ大手プロバイダ会社なので、インターネット接続に関心がある方はご存知かもしれませんね。 そのビッグローブが、近年リリースした光回線サービスが「ビッグローブ光」です。 auとのセット割やオプションの豊富さが魅力の光回線ですが、申し込むとなると 「評判はどうなの?」と不安にな... 記事ページへ

auひかりはどこで申し込むのが1番お得?8つの申し込み先の比較結果

auひかり

auひかりは、光回線の中でも特に人気のあるサービスなので、気になっている人も多いのではないでしょうか。 でも、申し込み前には、色々と不安になりますよね。 ・実際料金は高くない? ・速度で困ることはないの? ・どこで申し込むのが1番お得なの?などなど、疑問がたくさん湧いてきて、困ってしまうものです…... 記事ページへ

ページの先頭へ